活動記録

2009年12月28日

12/26~27 八ヶ岳アイスクライミング

PC260136 "行者小屋手前からの横岳" 

 当初金曜から休みを取ってFさんと3日間で黄蓮左のつもりだったこの週末。がまたまた今季も早い時期から降雪が何度かあり、氷の条件もあまり良くないとの情報。加えて沢筋の深雪でアプローチラッセル大変そう、ってかラッセル以前に新雪雪崩のことを考えんとアカンでしょう。そうこうしているうちに、Fさん金曜休み取れずとなり黄蓮は今年も未練なくお流れ。
 じゃあやっぱアイス系の代案をということでいろいろ情報を集めるが、下野國/常陸國附近で、12月に手軽にとりつけるゲレンデアイスはやはり八ヶ岳が定番で、しかも今季は上記のような降雪/結氷状況から、確実にたどり着けて且つ登れるのは「南沢大滝」位しかない感じ。あとはちょっと早そうだけど2年前の12月に行った戸台川流域も、こないだの足尾がなんとかなったんだから大丈夫そうだけど、家から8時間以上のアプローチの末に丹渓山荘跡までたどりついて氷がなかった時のショックはかなりのものだろうから、軽々には実行に移せず。あとは貧氷足尾のアイス、ミックスバリもシブく味わい深いんだけど、せっかく2日使えるんならやっぱもうちょっと大きな氷で練習したいしねえ。
 しかしこの時期やはりお手軽に登れる氷は本州では数少ないという事だろう、先週末あたりの南沢は、大きな事故は幸いなかったらしいが、リードとTRスダレ入り乱れて刃物同士のつばぜり合いとアメアラレの落氷のなか、悲鳴と怒号、一部血しぶきも飛び交う阿鼻叫喚の大渋滞だったらしい。
 続きを読む

nccnet1 at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月25日

12/23 UAC入会初&スパ長初体験の茶臼岳ハイク

PC230106 "山頂から冬季限定ショートカットで牛ヶ首へと下る、この日のハイライトセクション。"

 12月23日、冬至を迎えた翌朝は暖かく快晴。今日は00、メイどん、73(ろこ)の3名で茶臼まで雪上歩行。メイどんとは、サンカル以来というから10ヶ月ぶり?
 風もなく登山者も少なそう。生まれて初めてのスパ長に緊張しつつ歩行開始。
続きを読む

nccnet1 at 07:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年12月23日

12/20 下見ついでの横向沢ミックスクライミング:記録

強い冬型が続いていて、もしかしたら足尾の氷も出現かということで、00と偵察に。薄氷、貧氷でも、ミックスで登れればということで、ハーケン、カムも持参。先月の御真仏薙で体験済みで心の準備はまあいいけど、沢登、シャワークライムだけは勘弁。続きを読む

nccnet1 at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月21日

12/20 下見ついでの横向沢ミックスクライミング:写真編

PC200068 "帰路に望む赤倉山"

**********************
 0さん、Tさん、Fさん、Nさん <--00
 こんばんは。まだ全然早すぎるのですが、遠出ができないので、日曜朝から足尾の下見の下見してくるつもりです。今週の寒気で、横向沢のF2〜F4にベルグラでもくっついていればラッキーと言ったところで、アイススクリューより、ピトンとカム頼りです。いやいっそフラットソールも持って行った方がアイゼンより役に立つかも。
**********************

 というわけで、去年12月27にNさんとの下見で首尾よく悪氷紛々の横向沢を登ったので、寒気流入の持続に意を得て、さらに1週間早い週末に、暴飲暴食後に寝不足も加わった忘年会明け、実体重も体感体重も激増の身で、09との足尾アイスの下見の下見。しかしいくら下見の下見といえども、わずかなチャンスも逃すマジ(あ〜これは別にアイスに燃える情熱があるわけじゃなく、延々林道歩きで行くからには空振りはイヤです。転ぶときでも道ばたの5円玉を探すんだという、どっちかというとセコい貧乏根性のなせる技)ということで、さすがに沢靴やフラットソールは背負わなかったけど、ミックス対応で、ピトンとカムも携行。

 行動内容は09の記録を待つとして取りあえず写真とコメント掲載。続きを読む

nccnet1 at 07:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月16日

12/13 鞍掛山からボッカトレ

冬到来ながら、なかなか冬山にいけず、体力減退にわずかながらも抵抗するために、古賀志ボッカに出かける。とはいえ、腰痛、膝痛とさえないため、あまりの重さは堪えるので、少し軽めで、丁寧に歩くことを心がける。
8:50に森林公園駐車場を出発。すでに多くのハイカーが準備体操をしたりして、続々と山に向かう。
続きを読む

nccnet1 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月14日

12/14 引き続き低空調整@ウオールストリート

 長らく不調の左肩というか背中が前回のフリーメイト以降さらに悪化で、肩頚背中に負担がかかる壁や課題は自粛、ってことはほぼ傾斜30度の壁を歩いて登るくらいしかないってわけで、前回のウオールストリート以降はノージムで傾斜30度以内の昇降運動のみで、左腕伸筋群の萎縮と筋力低下は着々と進行。アイスシーズンに向けこまったもんだが、幸か不幸か今冬は南岸低気圧大流行でアイス結構凶作。出遅れ感や焦りは少なくて済む。
 今日のウオールストリートも痛みの悪化を恐れてかなり悩んだあげく、今日いかないともう年内は来れそうにないので、おそるおそる筋力低下の程度チェックに出動。あ、むろん元祖様には事前通達の上ですが、まあいずれにせよ縄張り荒らしにはほど遠い基礎トレだから心配無用でしょう(当人はそれほどこころ穏やかではなかったようすだけど)。続きを読む

nccnet1 at 23:58|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年11月30日

11/30 調整目的の地味トレ@ウオールストリート

 また上州出張の月曜。土曜のフリーメイトの惨状にさらに追い打ちで、ホレホレさぼってるとこうなるんよ、と言わんばかりのバリバリの筋肉痛が日曜から続いており、ジムトレの内因性のモチはゼロだけど、衰退をこれ以上加速させないためには、ジムトレ頻度の底上げより他ないしなあ、と心の片隅で日中悩みつつ過ごしていたところ、夕方案の定元祖様より、こんな有り難いメールが:

 「ただいま上州は風邪が猛威を振るっていて、超大変。ジムなんかいけばきっと伝染るからとっとと帰るべし」

 この親切な心遣いには感涙ものではあるが、まあ風邪もヤダけどクライミングもあまり怠けてると本ちゃんで死にそうになりそうだしなあ、と悩みつつ高速にのり、殆どコインの裏表どっちか出た方で、といった感じではあったが、結局元祖様の祈りと嚇しも空しく、月初めに続き今月2回目のウオールストリートに「行ぐ」ことに決定。なんだかここんとこサンカルよりこっちの方が回数多いかも。
 6時過ぎ到着。月夜ウオールストリートではいままでで一番混んでいる。といっても4つの壁それぞれに常連ひとりずつ張り付いているといった程度なので、間を見計らってやるには支障なし。
続きを読む

nccnet1 at 23:50|Permalink

2009年11月28日

11/28 久々フリーメイトでダメダメ

 土曜は40歳以上1000円と画期的な料金システムになったとこないだスポーレのときにメイどんから聞き、午後に3時間程とおもって、7月以来のフリーメイトへ。お店のKさんにも、いやあお珍しいといわれてしまうが、なによりワンコインならぬ、1000円札ワンシート料金にうれしくなってしまう。今日は午後1時からの開店だったとのことで、うっかり午前中からこなくてこれも正解。やっている間も終始3、4人どまりの利用者で、申し訳なくなってしまうほど気兼ねなく登れる。3分ウオーミングアップのあと、今週の初級課題は幸い今回のは素直で易しく8級程度。往復オンサイト。
 ともろもろ良かったのはここまでで、あとは惨敗。続きを読む

nccnet1 at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月23日

11/23 御真仏薙アルパインクライミング

PB230128 "初公開、冬の御真仏薙" 

まず長い能書きから:

 当初富士か裏同心予定だった、三連休後半の2日。富士は先週末からの降雨降雪気温推移などから想像するに、アイスバーンと新雪が交互に重なったモナカ雪ぽい気がする上に、日曜は終始雲の中で、もう何度も登った冬富士、いかにトレーニング目的とはいえ、至近の古賀志ならともかく、わざわざ数時間もかけて遠出して、展望もない中黙々と単調な登りを続けるのもねえ。さらに日夜にまた降雪で新雪がアイスバーンに乗りそうだし、月曜は天気回復するものの、帰路3連休最終日の大渋滞を覚悟しなくてはならないし。続きを読む

nccnet1 at 18:33|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年11月22日

11/21 秋の賑やかハイク@古賀志

PB210079b 春の鶏足山以来の癒し系企画。下野常陸からや山歴も古賀志歴もまったく様々且つ初顔合わせ同士も多数というメンバー15人が賑やかにあつまっての軽ハイキング。木曜辺りまで天気が危ぶまれていたが、望んだ以上の好天に恵まれ、これなら岩も乾いているだろうということで、当初予定の岩場を避けた周回から、東稜〜北登山道の周回コースに軌道修正。続きを読む

nccnet1 at 19:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月16日

11/15 陽だまりアイゼンハイク

藤坂で岩トレにしようかどうしようか迷っていたが、私用で都合がいい那須に急遽決定して、短時間だが久しぶりに茶臼岳に向かう。
朝起きると物凄い霧ですぐ先が見えない。一旦止んだ雨が再び降ったのか、それとも霧だけでも濡れるのか、道路もびっしょり。これだと藤坂の北面もヌレヌレだったかもしれない。
峠の茶屋
続きを読む

nccnet1 at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月07日

11/7 飽きもせず今度はアイゼンボッカで中尾根〜北尾根周回

20091107124624 "紅葉の盛りを迎えつつある古賀志。へろへろ歩きでしみじみ楽しむ余裕もなかったけれど。”

11/3のボッカ再試のあとなんとか、やらなくていい言い訳を探したのだがみつからず、しかも幸か不幸か本日3時からの用事があり、ちょうど中途半端な時間でやるにはもってこいの状況となってしまったので、毎年の定例トレの中では一番つらくてネガティブモチ満載のアイゼンボッカ中尾根〜北尾根周回にうなだれつつ出かける。
 11/3の22.8kgに加えてアイゼン+プラブーだと、2つ目の岩場で荷物の重さでふられて滑落しそうなので、アイゼン込み20.8kgと、ほぼ去年の11月のアイゼンボッカのときの重量に調整。去年はsalomon SM-8だったが、今回は8年もののLowa Chivettaで、やや重く、足首も堅い。なのに敢えてこのプラブーにしたのは、運が良ければ中尾根取り付きまでの間にプラスチックが崩壊して、夢にまで見た「アイゼンボッカやらなくて良い理由」をゲットできるかもという見苦しい期待が潜在意識にあったのかもしれないが、なにせ潜在意識というくらいだから、自分では分かりようがない。続きを読む

nccnet1 at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月04日

11/3 再ボッカ@北古賀志:中尾根〜北尾根周回

20091103113928 ”初冠雪の高原山を望む”

 急遽つかえることになった半日。10/17の北古賀志ボッカは、タイム以前に平地歩行でも重さが負担に感じられるような足腰が結構なさけなかったので、同じ重さでのアイゼンボッカはまだ時期早尚と考え、ザック、靴、コースなど前回と同条件もう一回歩いてみることにする。
 計量している時間がもったいないので、ザックには前回同様にロープ2本、ガチャ類、2Lペットボトルなどを詰め込んで、ほぼ前回と同じ重さにし、念のため、01の形見のロックハンマーも入れる。まあこれなら前回より軽いってこたあないだろう。

 続きを読む

nccnet1 at 06:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月03日

11/2 縄張りちょい荒らしのウオールストリート

20091102185842 9月28日以来ひと月強、また仕事後ウオールストリートチャンスが訪れる。無論ちゃんと礼儀正しくシマをとりしきる元祖チキン様にもご挨拶はしたのだが、元祖様はなにやら埼玉方面へ出張っているらしく、シマを見回ろうにも地元におらず。こりゃ、●○の居ぬ間に縄張り荒らし放題ではないだろうか。
 そして6時前ウオールストリート着。まるで台風のように雨風が強く、そのせいかジムには先客3人のみでこれら先客もすぐにいなくなり、ほぼ最初から7時半まで貸し切り状態となる。最近の人口過密状態のサンカルからすると、パラディッソ!と言いたくなるような一人サンカルならぬ一人ウオールストリート状態を感謝しつつ堪能。

続きを読む

nccnet1 at 20:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年11月02日

11/1 古賀志ボッカ縦走

しばらく歩いてもいないし、走ってもいないので、この日は古賀志で縦走。8時45分に森林公園駐車場を出発。木々も色づいてきて、落ちた葉っぱの上を歩いていると、深い秋を感じる。続きを読む

nccnet1 at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月25日

10/24~25 実践ロープレスキュー講習@古賀志

PA250480 今春の総会での議決通り、堤プロを招請しての2年ぶりのレスキュー集中講習。本来毎年やりたいし、やるべきだが、経済的事情でやむを得ず隔年実施。年1回でも、その時だけやりっ放しでは、実践的知識技術として定着せず、たいてい「前にやったことをすっかりわすれてをりマシタ。日頃繰り返し練習しないといけないと思ひマシタ、まる」という、ホント笑ってしまうほど誰が書いても紋切り型の反省文、いやいや反省文までも行かない感想文でおわるしかなく、またこういう感想文を書くときはまず大抵、次の講習まで自主トレはせず、異口同音同じ感想文が延々と書き継がれて行きがち。なので前回同様レスキュートレ集中月間を設け、9/30夜サンカルで一回、古賀志で、10/1218と3回のプレトレの上で講習本番を迎える。
 
続きを読む

nccnet1 at 19:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年10月21日

10/18 レスキュープレ・トレ

8時過ぎに一般ルートに到着すると、すでに00が登山道の急斜面で同僚とレスキューの練習をしている。やはり山の趣味のある人かと思っていたら、ハンググライダーのインストラクターをしていて、立ち木に引っかかったときの脱出のために練習に来ているということだった。続きを読む

nccnet1 at 22:48|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年10月17日

10/17 リングワンデリングボッカ@北古賀志

20091017122958 "北尾根間近の稜線で。重荷でうつむいて歩いていたから気づいたけど、そうじゃなきゃ踏んでたかも。本人というか本蛇は頭に松葉をかぶった擬態に絶大な自信があるようで、気づかれているという認識が全くなく、かなり近づいても結構得意そうな顔しているのがオカシイ。”

  昨夜発で今日はFさんと谷川予定だったのだが、昨日17時の気象情報みて、大ジョブかもだけどう〜んちょっとというこちらの逡巡で中止。今朝6時に気象情報やライブカメラチェックして、少なくとも谷川連峰のみならず赤城、榛名、浅間とのきなみ稜線は雲の中であることを確認し、まあ少なくとも岩が乾いて快適ってこたあなさそうだな、と強引に中止判断を正当化し、Fさんとは「きょうはどうしましょ?」の相談。「おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に」じゃないが、同じ古賀志なれど、Fさんは岩へフリクラに、00は中尾根からボッカ周回に、ということになる。
 衰える脚力と間近に迫る冬山、そろそろホントにちゃんとそれなりの重さのボッカ始めないととっくに尻に火がついている。シングルロープ2本、ガチャ類など適当にexos58Lに詰め込んで計量すると19.5kg。きりが悪いので2Lペットボトルで水増し。足許はファントムライトで冬靴履きならし。続きを読む

nccnet1 at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月14日

10/11 テールリッジウオーミングアップでウオールストリート

PA110396  というわけで、雨風の谷川から09号でわずかな移動で陽射しが暑い前橋ウオールストリートに11時過ぎ到着。2年前の5月思いがけない雪化粧の南稜敗退後にやはりこんなパターンでPさんと来たことあったよね。今回も谷川から流れてきたクライマーで混雑しているなんてことは全然なく、先客は1組二人のみ。入り口の白壁で、各自7〜6級あたりでウオーミングアップ。7級の赤T、青Tあたりがすでにキビシい感じで、いくら雨のテールリッジの上り下りで念入りすぎるほどウオーミングアップしたって、ジムトレには全然役に立たないことを改めて確認。ってか、寝不足もありすでに疲れている上に、指皮を大分テールリッジに残置してきたみたいで、最初からひりひり痛い。続きを読む

nccnet1 at 06:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年10月13日

10/11 雨のテールリッジ、中央稜取付きまで

当初、9月末に予定していた中央稜だが、所用でこの日に順延。初めの内は、寒さはあるものの、まずまずの天気だろうと予想としていたが、台風通過後、西高東低の気圧配置になって、少し下方修正。強風と雲は広がっても雨は大丈夫かなと期待しつつ、前夜18時に栃木市運動公園で00と合流してベースプラザに向かう。続きを読む

nccnet1 at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月04日

10/4 中倉山からオロ山往復

PA040285 "沢入山の紅葉"

 今年のUACの10月はレスキュートレ月間。2人以上のメンバーが集まれるときにはレスキュートレ優先の方針で、9月末にさっそくサンカルで第一弾を行ったのだが、この週末は他のメンバーいずれも都合つかず。ならば脚トレということで、調整付いたメイどんとそれぞれ靴の履き試しをかねて関東〜南東北を予定。ここ一年ほぼずっとそんな感じだったような気がするがこの週末もあまり信用ならない予想天気図。雨がちな土曜月曜に挟まれ、前線の位置如何の怪しい予報をみて、それでも栃木はまあまあなので、赤倉山の山旅で見渡した松木渓谷右岸、中倉山からオロ山間の高度感ある爽快な稜線歩きを考える。以前岳人でも紹介したが、10年以上ぶりの久々の再訪。女峰の紅葉の様子からして、足尾もそろそろそこそこに紅葉しているだろう。続きを読む

nccnet1 at 23:53|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年10月02日

10/1 満員御礼状態のT-WALLでRescue Me (17)

 レスキュートレに先立ち、都内まで仕事で来られる00とT-WALLでのプレレスキュートレを計画する。ただし、「会議長引けば無理ね」という条件付き。
続きを読む

nccnet1 at 18:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年09月29日

9/28 縄張り荒らしというほどでもないウオールストリート

20090928193655 上州での仕事のあと、6時にウオールストリート入り。しょっちゅう近隣の街に出張しているわりになかなか実現のチャンスがなく、前回以来3ヶ月ぶりだよ全く。あ、無論この辺りのシマを仕切るチキン元祖様にはご挨拶の上です。今回も身動き取れない元祖様にとって事前連絡を受けるストレスは相当大きいと思われ、それはいずれ恐ろしいチキンパワーとなって近未来の我が身に降り掛かってくるので、連絡せずにこっそりと、と思わぬでもないんだけれど、やっぱビジターの仁義ってもんがあるからなあ。いずれにせよ挑発の連絡でない事だけは火を見るより明らか、疑念を差し挟む余地は皆無でしょう。続きを読む

nccnet1 at 06:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年09月28日

9/27 昼までちょいトレ@古賀志

 昨日の女峰後、殆ど疲労の残存がないのにびっくり。スピードは去年と変わらなかったが、より低負担で周回できたということで祝着至極。で、9時半不動岩集合予定の0さんとの古賀志岩トレも、8時過ぎに先着して、左奥の一般ルートでウオーミングアップをかねて、ソロクライミングとこのところの谷川で思いついた懸垂下降時のちょっとした工夫を確認してみる。続きを読む

nccnet1 at 07:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月27日

9/26 また秋の女峰山周回

P9260227 日曜の谷川前でジムトレくらいでおとなしくしている筈だった土曜だが、谷川が流れたので、一昨年昨年に続き、脚力チェックコースの女峰周回を急遽計画。
 やや暑そうだが曇りがちの予報で日炙りは免れそうなので、今回は下山時限があるわけでもなし、ゆっくり5時半からスタートと計画書には記したものの、やっぱ定番女峰周回はヘッデンスタートで、あるきながら夜から夜明けへ秋の曙を楽しみましょうと、4時50滝尾神社Pから歩き出す。ザックは水3Lで調整して去年同様の7〜8kgくらい。足許は鳳凰三山で極めて快適だったスパなし長靴。ちょっと右膝の違和感があるので、長い下山中の悪化に備えダブルストックもザックに入れる。笹の夜露で濡れるだろうから、今回も最初から雨具のパンツを着用。続きを読む

nccnet1 at 18:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月26日

9/25 「俺だっていつかは登りきるつもりさ」トレ in T-WALL (17)

 まぁ、眠いっつってもこの機会逃しゃ当分行けなそうだしね。

 「コソトレ」、やめてみました。

 続きを読む

nccnet1 at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月23日

9/23 獅子落し、お篭り堂ダイレクトはしご

集合場所の林道駐車場まで、途中の駐車場に一台車があっただけで、9時というのに他に車はない。シルバーウィークですべて遠征しているのだろうか。それにしても近県の車も一台もいない。
続きを読む

nccnet1 at 23:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年09月22日

9/21 秋の山旅:二ツ箭山から屹兎屋山へ

P9210207 谷川登攀後のクールダウン癒し系ということで、メイどん所望の「熊と人が少ない山」、且つ連休渋滞にハマらない山を頭の中でリストアップし、長年「いぎだいリスト」にあげてあった二ツ箭山に決定。ただこれ一山だと結構な遠征距離の割にあっけないので、クライミングか屹兎屋山か背戸峨廊ハシゴを併せたいところ。幸い09も参加可能とのことなので、車2台で行って猫啼山〜屹兎屋山まで、地図上ざっと見て6時間程の縦走を計画する。3人とも初めての山となり、旅心誘われた足尾に次いでまあ秋の山旅第二弾。続きを読む

nccnet1 at 18:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年09月20日

9/19 衝立岩ダイレクトカンテ4ピッチ目初見参

P9190131 "下山時ヒョングリの滝上から振り返る衝立岩" 

 2週間前3人パーティで3P目時間切れ敗退のダイレクトカンテ。参加できなかったFさんと相談して、来年初夏の日の長い季節に再チャレ、といった話の流れになっていたのだが、週明け0さんから「今回行けなかったNさんも行きたがっているから、どうせなら手応えが残ってる年内にやった方がいいよ。」との激励メールがあり、なるほどと早速Nさんに電話。5連休の都合を聞くと、日×だけど月〜水が空いていて、ダイレクトカンテOKとのこと。喜び勇んで「じゃあ台風接近なので天気見て、月か火で宜しくお願いします」と電話を切る。
 その後のやりとりで、月火だけだと心配なので、さらに「もし万一月火ダメだったら。次の週末も大丈夫でしょうか?」と追い打ち。しかし幸いNさんもモチが高まって来たようで、日曜の用事いざとなれば外してもいいことにしたので、土曜から水曜までオール○です」ということになり、5連休ダイレクトカンテベタシフトを敷くこととなる。これなら土曜から火曜までの4日間、台風が来ようが、雨が降ろうがどこかで登れる日があるだろうとほくそ笑む。
続きを読む

nccnet1 at 16:36|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年09月19日

9/19 藤坂単独岩トレ

少し寝坊で、出発が遅れてしまったが、大型連休にはいっているし、運動会も各地で行われているようで、たぶん駐車場は空いているだろうとの予想で出発。続きを読む

nccnet1 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)