酸素療法にはホントにたくさんの種類がありますね。
低流量から高流量低濃度から高濃度。また装着についてもカニューラタイプマスクタイプ、さらには気管内チューブに直接接続できるものなどなど・・・。
最近ではNPPVと酸素療法の中間的に位置づけされる?
ネーザルハイフローシステムなど。

でも本当に正しく使われているかと云うと ?? な時もあります。

症例に合わせて正しい種類の酸素療法を正しいやり方で行う事で患者さんにより良い環境を提供でき、
陽圧換気への切り換えのタイミングを的確に把握したり、逆に陽圧換気からのウィーニングをスムーズに行わせる事が出来たりと、人工呼吸療法とは切っても切り離せない関係にある事は間違いなしですね。

臨床工学技士の中でも、人工呼吸器のメンテナンスのみを業としている方やメンテナンスはもちろん呼吸療法にまで幅広く活躍されている方などいろんな方がおみえになると思います。
また、看護師の皆さんは他の職種と比べると酸素療法に関わる機会が最も多く、日常業務の一つとして重要な部分でもあります。そんな日常業務だからこそきちんとした知識を身に付けておくことは大切ですヾ(=^▽^=)ノ
たくさんの種類・方法があるので使用に困ってしまう場合もあるかと思いますが、
基本を理解していれば何も怖くありません。
今回は、そんな呼吸療法に関する器具等について「これからは迷わずに済む!!」ために、一つずつ順をおって解説していきます。


といっても内容が多すぎまずので時間の合間をぬってアップしますので気長に見て頂けるとうれしいです。


まず、酸素療法には病院内で行う場合と在宅で行われる場合があります。
在宅で行われる酸素療法はHOT(HomeOxigenTherapy)といって通常は低流量酸素療法(今は分からなくてもOK)が基本となり、主に閉塞性肺疾患のCOPDや肺結核後遺症・側湾症などの拘束性疾患、さらには神経筋疾患などの主に慢性期疾患の患者さんに対して行われます。
そして院内においては急性期・慢性期に関わらずさまざまな病態に対して酸素療法が適応となります。

これら二つの酸素療法に共通して使用する物と言えば・・・

そうです、
酸素流量計ですね。
ということで第1弾の今回は院内で使用する酸素流量計の種類について勉強していきましょう(*゚∀゚)っ

まず見た目での大きな違いはフロート式ダイヤル式・・・

フロート式





















ダイヤル式









ダイヤル式は、経験上長期間使用すると
流量誤差が大きくなり信頼性に欠けるので当センターでは特殊な場合を除きほとんど使用しておりません
ですので今後の説明はフロート式酸素流量計についてのみ記載していきます。
もし「ダイヤル式に
ついても知りたい!!」って方はコメントくださいね。

壁面アウトレット用酸素流量計
これは
大きく分けて2種類のものがあります。
見た目ではそれほど違いはありませんが、
機能や使用できる酸素療法器具は大きく異なりますので注意が必要です。その2種類とは、「大気圧式」「恒圧式」です。

これは流量計を分解して、流量メモリ部分を外した写真ですが、見た目の違いはこれだけです・・・

分かりますか?  メモリ横の「FLOW METER」と書いてある横に「0.4MPa」の表示があるかないか・・・
0.4MPa・・・  これは壁配管からの酸素供給圧ですね。
つまりこの表示があるほうが「恒圧式」となります。
ではこの2つで何が違うの??

見た目





絵


























難しい話は無しにして、違いは ”フロート内部” が「配管圧」か「大気圧」かです。

配管圧のものが「恒圧式」、大気圧のものが「大気圧式」

簡単ですね。

でも「そんなのいちいち見てられないわ(-ε-)ブーブー」って方には別の判別方法があります。
壁配管に付けてみて下さい。どうせ使うときに接続するんだから一石二鳥!!
恒圧式は配管圧が内部に侵入しますので、配管接続時にフロートが一瞬浮き上がります。
でも大気圧式は配管出口が塞がれていますので、フロートはピクリとも動きません(流量調整ツマミは閉じたままですよ)。

どうですか・・・

酸素流量計の種類とその見分け方が分かったでしょ!
たったこれだけです・・・

でもこの酸素流量計の種類によって、行える酸素療法が変わってきますので重要な部分です。
どう変わるの?? というと、これだけ覚えておけば大丈夫!!

「大気圧式」は酸素を送り出す力が弱い
「恒圧式」は強力な力で酸素を送り出す


まずは普段からこの違いを把握するよう心掛けましょう。

そして最後に注意点だけ書いときますね。
通常酸素流量計は使用しない時は外しておく事が原則です。
でも臨床ではそんな事いってられない場合が多々あります。
つまり配管に接続したまま使用しないときです。
そんな時注意しなければならない事、それは破損です。大気圧式に関してはそこまで大事に至ることはありませんが、恒圧式の場合は私たちが生活している圧の約4倍の圧力が流量計内部にかかっている事となります。
その状態でフロート部の破損が発生すると・・・
考えるだけで怖いです。
強烈な勢いで酸素が噴出して、場合によっては部品が飛び散り、周りにいる人が怪我をしてしまう事も考えられます。
そしてもう一つ、酸素流量計とは少し話しがずれてしまう部分もありますが、人工呼吸器を使用している場合やいくつもの酸素療法を時間によって使い分けている場合などは酸素配管に2又アウトレットを接続している事もあります。
この部品を使用して酸素療法を行う場合には以下の点に注意が必要です。


2又



















片方のみ使用する場合は向かって右側に接続する。また、両方使用する場合は重いほうを右側に接続するよう心掛けてください。

なぜか??
左側に重みが加わると、酸素配管のアウトレットそのものが緩んでしまう場合があります。
つまりネジの締まる方向に力が加わるようにしたいのです 。


少し話しはズレましたが、知っておいて損はないですよぉ~

では次回からはこの酸素流量計に組み合わせるさまざまな酸素療法器具について勉強していきます。