2005年11月27日

あいな里山まつり

兵庫NIEネット
http://nie.cocolog-nifty.com/nie/2005/11/1_22ce.html
自然の中で、ゆったりと過ごしている
みなさんの顔は、とても生き生きとされていますね。

今年の3月、海外から11カ国の子どもたちや先生がこの里山で手作りの公園をつくりました。そのときの様子を写真とダブらせながらみています。

aisatsu






残念ながら今年は、参加できず、惜しいことをしました。来年こそは、出かけますね
ブログ担当のみなさん
どうも ありがとうございます


2005年11月22日

「世界中の子供たちにノート PC を」プロジェクト

100ドルのノートPC、世界情報社会サミットで披露
この「世界中の子供たちにノート PC を」プロジェクトを知って 
 電流が走ったように、すごい!と感激しました。

 防災世界子ども会議(NDYS)は、運営センターがジェイアーンであり
 世界の学校が、ネットワーク化されようとしている最中
 そのネットワークをつかってどんどん世界へ防災教育の輪が広がっています。

 防災教育が大切とされるのは、災害に対して脆弱である
 開発途上の子どもたちです

 学校でインターネットにより、情報をダウンロードして、自宅にこの
 マシンを持ち帰り、羊を追いながら、また水を運びながら、電気
 が切れた際、手回しで発電するハンドルをまわし、学ぶことが
 できるのですからとにかく、すごい!プロジェクトです。
 大草原の中で、子どもたちがこのハンドルを回して、NDYS情報を
 見る、その日を夢見ています。

 日本のかつての子ども、私が、ハングリーな状態で学んだと同じように
 開発途上の子どもたちが、一生懸命学んでいくでしょう

 輝く目を失っているようにも見える日本の子どもたちは、
 いったい全体どうなるのでしょう

 日本の子どもたちに輝く目をもつようにするには
 私はどうすればいいのでしょう?

 いろいろと日本の未来、日本の教育全般を考える日々です。

2005年11月21日

ジェイアーン国際教育ネットワーク研究会

a42cabe9.jpgkandai






ジェイアーン理事他は、関西大学 総合情報学部久保田ゼミの学生さん、インドのICTコーディネータであるラザーニアさんたちを交えて、学習指導要領とiEARNプロジェクトを合成させて、授業の計画や教材作りの参考になる資料づくりをしました。これから、ひとりひとりの得意分野を持ち寄って、ジェイアーン@国際教育支援キッド(仮称)つくりに入ります。

MITの100ドルのノートPCが出来たように、ジェイアーンの国際教育支援キッドもそうありたいと願っています.

2005年11月15日

全日本教育工学研究協議会(JAET)- 長野−

JEARNメルマガ16号の原稿です。これから編集の手が入ります。

今年のJAET全国大会は、11月11・12日に長野で開催されました。
初日、日本政府の「ミレニアムプロジェクトー教育の情報化ー」企画のメンバーである岡本薫氏の特別講演:「学力、ICTとマネージメントの課題」が11日、全体会に続いてありました。

 日本におけるマネージメントの課題として、「学力(目的)」と「ICT(手段)」をはっきりと区別することが、日本人の多くが苦手であるとして、「目的と手段の混同」は、特に「手段として行われている活動」そのものに「価値がある」と思われているときに起こりがちであり、例えば、「パソコン・インターネットを使うこと自体が教育の世界において目的化する」ことも目的と手段の混同である。最後に「同質性」への信仰がのこる日本では、「システムの改善」ではなく「心の問題」で解決しようとしがちである。マネージメントのプロセスをよく理解した上で「教育改革」、「システム改革」を進めていく必要があるなど、教育の情報化に関する次なるステージに向かっての示唆として、とても迫力のある講演でした。

 12日の分科会では、「ICT(手段)」の研究で、教師が自己の実践を対象化して,発表されている姿はすばらしいなと感動しました。子どもたちがわくわくと元気よくとりくんでいる様子が見えてきました。大変だろうが、とてもやりがいのある仕事だと改めて感じました。

 ジェイアーンがとりくんでいる、「防災世界子ども会議(NDYS)」は、ネットワーク化されてきている世界の学校をつなぎ、ネットワーク上に新しい学びの共同体を形成させ、同じ被害を繰り返さないように、それぞれの地域の災害の教訓を活かし世界へ21世紀へむかって、防災教育の輪を広げています。

学びの変化にともなう責任として、学校の中で、まずよい情報環境を作ってから、外の世界と交わることを基礎基本として、慎重にすすめています。
異文化コミユニケーションの場、そのまとめとして英語でのプレゼン能力を育成する場を設定し、子どもたちの旅の先、国際社会において、地球的視野に立って、主体的に行動できる人となる!を目指して、世界の教師が力を寄せ合って協働でとりくんでいます。原語、ICTをいづれも手段として、国際教育を通して身に付ける学力が、今もっとも教育の場で大切であると信じて。

 来年度は熊本で開催されます。ジェイアーンのメンバーの多いこの地で、アイアーンプロジェクトの実践報告が数多く見られるのを楽しみにしています。

2005年11月12日

長野 善光寺 2005秋

nagano48c27f664.jpg







JAET大会でお会いした皆さん
お世話になりました、ありがとう!

長野といえば、母からよく聞いた善光寺さん。母の魂がこのお寺に生きているような気がして、閉会式はさぼって、オプションとして、善光寺にひとりで向かいました。

JAET2005の教訓
学校の中で、まずよいネットワーク環境を作ってから、外の世界と交わる配慮が必要

来年度は熊本。ジェイアーンの先生方がたくさんいらっしゃるので応援しようと思う。

全日本教育工学研究協議会(JAET) 長野大会

大会初日の模様は、こちらからご覧ください。

きょうの分科会発表のプレゼンができました。かなり修正を加えています。

国際教育ネットワーク(ネット上の学び)をつかって
目標とする 学力とはなにか
それをかなえる ICT(手段)とは

「教育の情報化」の次のステージ
21世紀に必要とされる教育

国際教育、防災教育 どんな人材を育成したいのか

ジェイアーンからの提案として発表します。

2005年11月11日

長野へ陸上移動

10:00東京発 あさま509号
滞在中に、地震は発生しなかった。 やれやれ
ホテルから7.8分歩くと東京駅についた。
tokyost
ネットワーク化が進み、膨大な情報量が手に入る。大切なのは情報を見極め、今、役に立つ最適な情報を選ぶことである。こんかい大手界隈を駆け足で回ったが、地元を守る警備員?と思われる年を重ねた青年にたくさん出会った、
“東京駅は、こちらでいいですね”
“はい、そこを真っ直ぐに出かけて5分ほどで、左側にあります。
気をつけていきなさいよ“
優しい男たちが旅先情報ナビゲーションになってくれた。
メールやフォーラムによるコミユニケーションは、なんとも味気ない。情報の中で、私は人との会話、コミユニケーションが一番楽しい。元気に答えてくれる人の表情を見ると、わくわくしてくる。会うことはなんとこころが伝わりやすいものか。たとえ間違った情報であっても、間違っててもいいさ 間違うから人間らしいとも思う。

このあさま509号には、モバイルパソコンを前に、情報をつくっている人が目に付く。
おそらくJAET長野大会にむかう人たちなんだろう

先ほど、内田洋行の大久保さんにお会いした。7月の“ネットデイinひょうご”以来、4ヶ月ぶりである。いつも笑顔を絶やさないこの方は、強い人であると思う。

トンネルを抜けると、急に光が差し込んできた。
車窓からの眺めは、錦をおりなす 秋

1時間44分の移動で長野到着!
さっそく、私の情報発信ルームを確保した。着30分後
ここは、ホテルメトロポリタン長野
外向きのゴージャスな雰囲気がとてもいい。fc5cf69a.JPG

2005年11月10日

東京 江戸通り

msms2






国際とは、国の際 国の違い という意味である

まずは、国際サービスエージェンシー(西新宿)
NDYS2005のお礼に伺った。

大手町界隈
国際協力銀行、国際郵便局などなど
国際めぐりの一日であった。
目に留まったのは、マイクロソフトの広報

”We see”

歩き疲れて、オークラ(虎ノ門)にでもタクシーで出かけようかと思ったが
とりやめた。あそこは、ネットワーク化が未熟である

そこで10月1日にオープンした話題の 京王プレッツイン(日本橋)に
飛び込んだ。ダメもとで予約なしで飛び込んだ。予想通り満室
断れたのである。そこは、この手のキャリアがある
キャンセル待ちを希望
支配人がやってきてOK
20分ほど待って、OK
その間 IP電話 3分無料 あちこちと電話をかけた
IDが打ち込まれた薄いカードで部屋にGO!

室内は、無線は使用できないけれど、高速のネットワークがシャキシャキと走っていた。台湾、ナイジェリアなどNDYS情報をゲットする。

明日は、長野へ

ed

東京へ陸上移動

e8cdba7c.JPGのぞみ78号で東京へ移動

季節限定 秋味満点、新幹線お弁当

とにかく美味しかった。

2005年11月09日

韓国 マイクロソフト社主催 2nd Innovative Teachers Conference

わが良きパートナー、納谷さんが7日より参加しています。
世界の先生方にNDYSを知っていただけるといいですね

ms01ms02






Sent: Wednesday, November 09, 2005 12:05 AM
Subject: [Jearn:4855] マイクロソフト社主催 2nd Innovative Teachers Conferenceの様子

なやです。

マイクロソフト社主催の会議に参加しています。
世界の先進的な取り組みを見て
新しい学習方法などをいっぱい学んでいます。

本日は第1日目で
午前中はキーノートスピーチとポスターセッションでの発表
午後は学校訪問がありました。

ハードスケジュールで自由な時間がほとんどないのですが、
時間を見て、様子を紹介しますね。

http://blog.livedoor.jp/yoshien1/
==


Archives
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: