文学の師匠に、「あのさー、なんか面白い本、ない?」ってタメ口で尋ねましたところ、即座に返ってきた答えが「飛浩隆」でした。
SF畑の人ですが、純文学好きにもおいしく読める、とのことでした。
 寡作の作家で、2冊しか出てないので、一挙に紹介しちゃいます。
まずは『グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉』

★セールス・ポイント:続編はまだ刊行されていないので、今読みかけておくと、ムーブメントに乗っかることができます。
数ヶ月前に購入して、積読熟成中だったのですが、OverQさんの呼びかけのおかげで、思い出したところです。
OverQさん、ありがとうございます。
まったく読んでないのに紹介するのもアレなので、さっき数ページ読んだのですが、
これは、面白そうです。
なんていうか、レイ・ブラッドベリが長編を書いたみたいな感じですね。

もう一冊は、同じく飛浩隆の『象られた力』
帯を見ると、日本SF大賞受賞じゃないですか。
おお。
王道SFの予感。
こちらは、中篇と短篇が収められていますね。
日本SF大賞といえば、思い出すのは
『吉里吉里人』 井上ひさしの傑作のひとつだと思います。
日本SF大賞は、かなり鋭いところをついてくる、という印象を、幼いながらもおぼろげに悟った、そんな思い出の一冊。

あと、SFでお奨めなのは、『アインシュタイン交点』サミュエル・R・ディレイニー。
好みの分かれるところですが、ドナルド・バーセルミの
『雪白姫』のノリについていければ、楽しく読めると思いますよ。
バーセルミはSFじゃなくて…POP文学かな。