無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」

2008年05月25日

The 3rd IMPACT

31458825_68今日は初めてのビストロ★56での活動で
オカマ18人でBBQしてきました。
超超超超楽しかったです
みんな来てくれてありがとう<(_ _)>
またぜひいらして〜
LOVE♪
さ。ということでツラツラと書き綴ってきた、このブログ
「ねーやんのショウ自記モン」が本日3周年を迎えることとなりました
最初は自分のための自分の記録を記すくらいのつもりで始めたこのブログですが
いつの間にやら、たくさんの方に毎日のように見てもらえる広い場所になりました
こうやってずっとモチベーションを保っていられたのも一重に友人、知人
それからまだ会ったことないけど、ショウ自記モンに関心を持ってくれた方
みなさんが居てくれて、励みとなり色んなカテゴリーも生まれ
毎日を楽しく過ごせてきました。みなさん本当にどうもありがとうございます
mixiの趣味の欄はブログと書いているほどです
そしてこれをきっかけにブログを始めたという方もおられましたし文字の影響力にビックリです
誰かのために生きるのもいいけど、自分のために生きることでも
どこかで誰かの役に立つこともあるんだと学びました。それでもいいんだってわかりました


さて、The 3rd IMPACTと題しましたこの日記。
突然ですがこれをもちまして「ねーやんのショウ自記モン」を休止したいと思います
理由は単純にそろそろ潮時かなと思いまして。
今週ふと、ブログが3周年やなあと思い付いて。もし辞めたらどうなるやろって考えました
正直ちょっと楽になる気がしたんです。書きたいことを書きたいように書く
義務ではなく、能動の気持ちで。でも自分でも知らないうちに
ちょっとずつ書く気持ちが義務へシフトしてたのかもしれません
そういうことないつもりでしたが、たくさんの人が面白いとか毎日見てるとか
言ってくれることに応えようと気張ってしまってたのかもしれません。
超嬉しかったんですよ。マジで。
ブログがあってもなくても僕は僕で。これまでとおそらく変わらない日々を送るわけです
晒すか晒さないかの違いだけです。毎日を楽しく過ごしていけたらという思いは変わりません
mixiはそのまま続けます。あっちでたまに何か書くかもしれないし、書かないかもしれません。
今は何も考えていません。そうそう今までカキコしてくれた方が158人います
本当にありがとうございます<(_ _)>
閲覧も毎日200人を超える人が見に来てくれて。これって小学校の時の同窓生93名より
倍以上もいるんですね。すごいことですよ。ありがたくてありがたくて。

これからも僕は愛知の片隅で暮らします。まあいつか素敵な人がどこかに現れて
引っ越して来いとか言われない限りですが。
ええ、今は恋人とか新しく好きになった人とかそういうのはありません
早く愛しい人に出会いたいものです。
最後に最新のたまゆらを載せたいと思います

投稿:たまゆら 063號  ミソヒトモジ
 赤んぼみたいに 誰に気兼ねせず 君の呼吸をすればいいんだよ

0001 (2)








編集・うどん♪ 文/写真・ねーやん

そんなわけで「ねーやんのショウ自記モン」はこれで終了しますが
いつかどっかで「ねーやんのショウ自記モン2」があるかもしれません
それだったら辞めるなという話ですが。これで一区切りさせてもらいます
僕の場所は僕が開けて僕が閉めると僕が決めました。それが僕の呼吸です
僕の書く駄文との永らくのお付き合い本当に本当にありがとうございました
僕はたくさんの幸せをもらいました!感謝感謝であります

この日記のコメントへのレスはきちんとさせていただきますので
このやり逃げしてしまう僕に何か言ってくださる方がありましたら
短い一言でも書いて頂けると嬉しく思います
たまゆらとか、お話とかまたmixiにも書くかもです。

僕はネットの中ではなく、ここにいます。また会えるということです
自分の歩幅とSpeedで進んで行きます。今までどうもありがとう
じゃあ、またね(´・ω・`)ノシ ねーやんでした

最後の1曲
中島みゆき「誕生」

2008年05月24日

14歳

初体験の話を書こうと思った
















だけど、やめとく。
内緒や秘密や影だから魅力ということもあるんだ
近しい友達は結構知ってる話だけどもw
僕はおしゃべりがすぎる

今日の1曲
Cocco「海原の人魚」

ne_yan at 16:36|PermalinkComments(6)clip!昔の話 

2008年05月23日

小説:カレーライス

アニキと知り合ったのは俺が22歳の大学3年生の時で
たしかナイトで朝まで踊ってた帰り道だった
俺はどっかで朝飯でも食っていこうと思って
2丁目から靖国を歌舞伎町へ向かって歩いていた
信号を渡るとき、後ろから来たJeepの自転車に追い抜かれた
ラグシャツを着たちょっと可愛いイカホモだったが初めて見る顔だった
自転車は横断歩道を超えてすぐのところで止まって彼はスタスタと歩き
古めかしい一軒の店に入って行った
「わかば食堂」小さな木札の看板にかろうじて読み取れる程度に店の名前が書かれてあった
可愛いイケメンが気になって俺は後を追いかけた
ステンドグラスをはめ込んだ重い木製の扉をギィと開け
俺は真っすぐにカウンターに進んで座った
コーヒーの良い香りと洋食屋の匂いがした
まだ朝も早すぎて窓際のテーブルに一人と奥の薄暗いテーブルに一人
そして一つ席を空けて俺の右隣にラガシャツ君が座っていた
店内の壁に100種類はあるんじゃないかというほどメニューがずらっと貼られていた
オムライスの種類が特に多くやたらに目立っていた
カウンター越しに黙々と働くマスターに注文した
「「カレーライス 大盛 ニンジン抜きで」」
------------------------------------------------------------------------------------
さっき追い抜いた新ジャガ君だと僕はすぐにわかった
もうずっと落ち込んでいるつもりでもちゃんと見るとこは見ている自分に少し笑った
「「カレーライス 大盛 ニンジン抜きで」」
「えっ」と思った僕とマスターの吟子さんの視線がぶつかってゆっくりと新ジャガ君を見た
「あれ、俺なんかマズイこといいました?っていうかアニキもニンジンキライなんですね」彼は笑顔でそう言った
吟子さんが笑った「アニキやて。啓ちゃん、この子アンタのことアニキて」
吟子さんは腹を抱えて笑っている。静かな店内に笑い声がひときわ響いた
「吟子さん、笑いすぎですよ。僕だってもう27ですからそれくらい言われても不思議じゃない年齢ですよ」
「ごめんごめん、うちからしたらまだまだボンボンやさけ、堪忍なあ」
吟子さんはそのまま背を向けて僕らの注文に取り掛かった。その肩は未だクククと揺れていた
「アニキ27なんですか。見えませんねえ。あ、俺は22歳で航太って言います。よろしく」
僕はこの屈託のない話し方にまだ少しびくびくしながら彼を観察した
坊主にヒゲで眉毛が太くちょっとコワモテだった。若さと持ち前の無邪気な感じが怖い顔の印象を和らげていた
「僕は啓太って言います。やっぱり航太君もヲ仲間なんだよね?」
「はい、もうそりゃバリバリにウケよりのリバです。あ、オッチャン俺の飯、もうちょっと大盛にしてもらえる?」
「こら、吟子さんにオッチャンだなんて言うな。吟子さんは2丁目の店ママやオーナーさん達がおかあさんって呼んで慕ってるほどの人で新宿の生き字引なんだから」
「啓ちゃん、アンタの方がうちのこと年寄り扱いしてへんか?生き字引やなんて。うちはまだピチピチのセブンティーツーやで。はい、カレーライス 大盛 ニンジン抜き おまちど」
「あ、はい。すみません。ほら怒られたじゃないか」
「えー、俺のせいじゃないと思いますけど」
「辻さん、コーヒーおかわり淹れたろか?」
「おう、頼むわ。吟ちゃん」
吟子さんはカウンターから出てテーブルの客の方へ行ってしまった
吟子さんを目で追ってた航太が振り向いて言った
「啓太アニキは俺みたいなんどうですか?」
吟子さんが奥で失笑している。スタスタとこっちへ歩いてきて
カウンターの上のキャメルとライターを取り上げると航太の肩を叩いた
「航太くんか、アンタこの子頑張って口説き落としてみぃ。うちナンボでも応援したるで」
航太に向けて親指を立てたまま吟子さんはテーブルへ戻った
航太も白い歯を見せて同じサインを返した
「で、どうです。啓太アニキ、ダメですか?」
「どうって言われても。。。カレーライス冷めるから早く食べなよ」
「あ、そうですね。いっただっきまーす」
---------------------------------------------------------------------------------------
吟子さんのカレーライスは給食のカレーのような懐かしい味がしてめちゃくちゃうまかった
「うまっ!吟子さん、このカレーライスめっちゃウマイです。俺、超カンドー!」
「当たり前や。誰が作ってると思っとるねん」
青白い煙の立ち込める奥からちょっと華やいだ、でもしっかりとドスのきいた声が聞こえた
俺もアニキも黙って食った。結局アニキからは何も話しかけてもらえなかった
一息に水を飲んでアニキは財布を取り出した。使いこまれたPOTERだった
「吟子さん、ここに置くね」
「はい、まいどおおきに」
「ごちそうさまです」
ポカンとしている俺に吟子さんは目配せをくれ、さっさと追うようにサインを送ってくれた
俺はあたふたと1000円札を渡してアニキを追った。ドアを閉める間際に思い出して吟子さんに
「ごちそうさまです。ありがとうございます。がんばります!」と言った
閉まりきる直前に「しっかり」と言う声がたくましく聞こえた
振りむくとチャリの鍵を外してアニキは走り去ろうとしていた。俺は慌てて声をかけた
「啓太アニキ、チャリってことは近所なんですよね。家どこですか?」
「坂上だけど」
「マジで!俺、新中野です。同じ方向ですよね。一緒に帰りませんか?」
「航太君、地下鉄じゃないの?」
「俺、歩きますから。今日は歩きたい気分なんです。あ、啓太アニキが急ぐなら隣で走ります。だから一緒に帰ってくれませんか?」
「わかった。いいよ」
「『やったー!』これ“HEROES”のヒロナカムラのモノマネなんです。俺、結構ウマクないですか?最近はまってるんですよー」
後ろから昇る太陽に追いやられ、夜に取り残された月を見上げながら俺らはゆっくりと成子坂を通った
---------------------------------------------------------------------------------------
妙に馴れ馴れしくて人懐っこくて自分のことばかり話す。そのくせ嫌味に感じない
こういうヤツもいるんだと、僕は自転車を押しながら話を聞いていた。坂上の交差点に来て
「僕、こっちだから」と青梅街道の左を指差した
「あの、俺…」急に淋しそうになった面ざしにほだされたのか
「うち、来る?」
「え、はい!」
なんで誘っちゃったんだろう。こうなったら少なからず向こうも期待しちゃうんだろうな
可愛いしタイプだけど今はそれ以上何も思わない
「啓太アニキ身長いくつですか?同じくらい?」
「165の85だけど」
「マジすか。スペック全く一緒ですね。俺の方がちょっち若いですけど」
また笑顔だ。何がそんなに楽しいんだろ。出会ってからずっと笑ってる
細い路地をいくつか折れて僕はアパートの階段を上がる。人が来るのはどれくらいぶりかな
「どうぞ、何もないけど」
「お邪魔しまーす。わっ暗いなー」
もうずっとカーテンを閉めたままでいたから、それが当たり前だと思っていた
昼夜逆転の生活をしていることもあって窓から見えるはずの新宿副都心の景色をもう思い出せなかった
「暗い方が燃えますよね、啓太アニキ」
航太が遠慮なく後ろから抱きついてきた。やっぱりこうなるんだ
自分で誘っておいて、そう思うなんて相手に失礼なのかな
僕は面倒だから思考を止めて流れに任せることにした
----------------------------------------------------------------------------------------
服の上からじゃ分らなかったけど、意外にマッチョなアニキに俺は燃えた
しかもアニキから誘ってくれたし。俺は心底嬉しかった。胸に回した腕からアニキの鼓動が伝わってくる
きっとアニキの背中に張り付いた俺の心臓もいつもより早く打ち鳴らされて
全てアニキに聞かれているんだろう。それが恥ずかしくて俺はアニキの正面に回った
思いの外、顔が近くて、そのままキスをした。長くて深いキスだった
何度も何度もキスをして俺は自分からTシャツを脱ぎ捨てアニキのシャツも脱がせた
アニキはシーツを掛けただけのマットレスに俺を促して体中に優しく愛撫をくれた
耳たぶをかじり、乳首をつまんで、首すじを舐めてくれた
汗のしみ込んだ短パンが脱がされ、アニキの指は俺の股関節をまさぐる
リンパが強く押され、俺はうめく。チロチロと乳首を舐めてもらううちに
俺のブルーのトランクスには染みが広がり、生地からあふれ出して透明な露が見えていた
アニキはようやくそこに触れてくれた。染みを指でなぞりながら俺の顔を覗き込む
俺は恥ずかしくて目をそらし、アニキのチャックを下ろした
アニキは自分からパンツまで脱いでくれた。密林に覆われたそこはすごくキレイな形をしていた
サイズは特に大きくもなく普通だったが、愛しくてすぐに手をのばし上下にしごいた
俺の方も全裸にされ、アニキは俺を口に含んでくれた。温かくて柔らかくて俺は溶けた
両方の乳首は常に攻められながらアニキの口は動きを止めない
俺は漏れそうになる声を我慢することができず何度もあえいだ。両手はしっかりアニキの頭を押さえたままで。
気温の上がり始めた真っ暗な部屋にいやらしい唾液の音が響く、濃密な時間だった
玉もリンパも穴もアニキは丁寧に愛撫してくれた
「使えるの?」
あんまり経験のない俺だけど、アニキのサイズなら平気かなと思ってコクンと頷いた
アニキは俺の体を起こしてマットレスに座らせた
アニキが目の前に仁王立ちして、鎌首を持ち上げている。透明な糸が一筋ツーと垂れて床に落ちた
思いきり根元まで咥えこむと汗のむれた匂いがした。長い時間歩いたせいだと思った時
さっきアニキも俺を口に入れた時、同じように思ったのかなと赤くなった
アニキはごつい両の手で俺の頭を押さえこみ何度もピストンを繰り返した
俺は恍惚として来て右手で自分を握ろうとした。けどアニキがそれを払った
「自分で触るなよ」
俺はおとなしく言う通りにしたけど、俺の先走りでマットレスがどんどん濡れてきた
「じゃあ、そこに寝て」
アニキは枕もとの小さな棚に手を伸ばした。ラッシュかなと思ったけど、それは手錠だった
アニキは窓の手すりにロープをかけて俺はそのロープに手錠ごと拘束されマットレスの上に転がされた
それだけなのに俺の中心はすでに痛いほど天井を向いて直立していた
ひんやりとしたローションが塗り込められてアニキの指が侵入してきた
クチュクチュと俺はそれを飲み込む。アニキはわざと音を立てているようだった
両足が抱えられて真上を向いた出口からアニキが入ってきた
俺は小さく折りたたまれていた。ゆっくりとストロークが繰り返されて
アニキの両手は俺の乳首をつねる。腰使いが荒くなってケツたぶとモモが湿った音を立ててぶつかる
乳首がつまみあげられる。触られていないのに股間はもうはちきれそうになっている
アニキが体重をかけて俺の奥へと沈んできた。乳首は決して離してくれない
顔が近付いて俺とアニキはキスを貪った。アニキはわざと少し高い位置に顔を残して唇をとがらせる
手錠で融通が利かないので俺は届かなかったが、それがまた歯がゆくて良い
アニキは乳首を優しく舐めてくれた。ピストンがどんどんと激しくなる
腰が動くたびに頭の上で手錠がカチャカチャと鳴っている。今、触れられたら爆発しそうだった
アニキの愛撫は乳首、首すじ、キスへと変わった。とろける寸前の俺は今までで一番声を出してよがっていた
もうイキそうで、切なくなっている時、アニキは俺の乳首を甘噛みした
「ああっ。イクッ」とたんに俺は精を放った
頭を飛び越え、窓の下の壁にも俺の遺伝子はへばりついた。それを見てアニキは俺の中から
窮屈な栓を抜きだし、自分でシゴいて俺の体の上にたくさんの種を蒔いた
アニキは優しいキスをくれ、手錠を外してくれた。俺の手首をさすりながら
「痛くなかった?ごめんよ」と言ってくれた
アニキは仕事明けらしく、起きてからシャワーを浴びるからと俺にバスタオルを渡してくれた
俺は喉が渇いたのでアニキにインスタントコーヒーがあるか聞いた。アニキはベッドに戻りながら
「ごめん、コーヒー飲まないんだ」と言った
--------------------------------------------------------------------------------------
「ちょっと啓太。今日のお通し、なんでカレーライスしかないのよ!」
「まあまあ夏子。啓太もさあ、忙しかったんだって。これ結構おいしいよ、なんかコクが違う」
ここは2丁目の飲み屋「Garden」僕の職場だ。ママはくまだまさしに似た人でテレサという
失恋する度にテレサ・テンの「つぐない」を歌ってたからそう名付けられたらしい
もう一人は夏子さん。ママと同い年で40歳。趣味は女装とトライアスロン。引き締まり過ぎたボディーに
イエローのボディコン。トレーニングで灼けた肌に大振りの白いリングのピアスが眩しい
頬骨が張って、こちらは九州の某県知事に似ている。夏子さんは本当は夏目勇(ナツメイサム)というんだと、ついこないだ知ったばかりだ
挽き肉カレーをパクつきながら夏子さんが聞いた
「啓太、あんた最近いつSEXした?」
「えっ」
「えっじゃないよ。あんた最近いつSEXした?」
「ゆうべです」
「ゆうべだって!!」テレサママが奇声をあげた
「啓太、いつそんな相手できたんだい?」
「相手っていうか、ゆきずりですよ。連絡先も知らないし」
夕方目が覚めると航太は部屋にいなかった。鍋いっぱいに作られたカレーだけがテーブルの上にあった
腐らせても勿体ないので、僕はそれをタッパーに入れて店に持ってきた
テレサママの言うとおり、そのカレーはちょっと風味があってうまかった。吟子さんのカレーとはまた違うウマサがあった
「ちょっとー、テレサ。あたしたちもがんばろうね。じゃ、台風来てるからあたしもう帰る」
「うん、気をつけなよ。大会3連覇頑張ってね」
「ありがとー」
人間台風のような夏子さんが帰り、店は客がいなくなった
「啓太、あんたも帰りな。早い方がいいよ」
「そうですね、甘えさせてもらいます」
僕は洗い物を済ませ、外へ出た。雨足が強くなってきたので自転車を置いてタクシーで帰ることにした
翌日は休みだったのでコンビニに寄ってもらい、しこたま食料を買い込み僕は帰宅した
真っ暗な部屋の中、弁当をかっこんで、パンと牛乳を頬張った
真っ暗な部屋の片隅で、体育座りをしていたら夜明けはすぐにやってきた
今日は台風のせいで朝になっても小鳥の声は聞こえてこなかった
僕は眠ろうとした。だけど、夕べこのベッドでの生々しさを思い出し股間に手を伸ばした
果てはすぐにやってきたが、虚しさと愛しさに似た何かが生まれ胸を去来した
航太22歳。今どこにいるんだろう。今何してるんだろう
これは好きという感情かな。相手を知りたいと思う気持ちかな。
僕はどっちかわからなかった。一つわかっていることは航太にとても会いたいということだった
そんなこと考える内に僕はスヤスヤと眠ってしまっていた
---------------------------------------------------------------------------------------
カレーを作った後、俺は新中野のアパートへ帰った
大学の授業に出たのはいいけど帰りは大雨でバスでも隣に立つ女子大生の傘がべったりと足にまとわりついて
すっかりびしょ濡れになってしまった。小さな浴槽に久しぶりにお湯を張って温まった
昼過ぎまで寝て、居ないのを承知でアニキのアパートへ向かった
案の定Jeepの自転車は無く、俺は2階へ上がる階段に腰を下ろしアニキの帰りを待つことにした
ひょっとしたら、また朝帰りかも知れないと思ったけど。こうするのが一番早く会える気がした
一度セックスしたから。だから情が移って、好きな気持ちと勘違いしてるんじゃないかとも思った
それにしたって、もっと何度も会ってみないとわからない気がした
午後2時。5月の風は爽やかだけど、日差しは充分に暑かった。不意にアニキの部屋のドアが開いた
「あっ」と二人とも声を上げた
「啓太アニキ、中に居たんですか。自転車がないから、俺てっきり留守やと思って」
「あ、夕べ台風だったから2丁目に置いてきたんだ。ここで何してんの?」
「あのー、俺、啓太アニキにもう一回会いたくて、ここで帰ってくるの待ってました。ストーカーみたいでごめんなさい。えと、今からもしかしておでかけですか?」
「僕、新中野に行こうと思ったんだけど、もう用が済んだからいいや。あがる?」
俺とアニキは昼日中から一緒に風呂に入った。シャンプーしたり、ジャングルでボディーソープを泡立てたり
キスしたり、触ったり、シャワーを取り合ったりしてじゃれた
風呂から上がってアニキは閉め切ったカーテンを開けた。都庁を取り囲むビル群が手に取れるほど近くにあった
傾きかけた陽を浴びてゆらゆらと立っている。俺達は明るい部屋の中でじっくりと何かを確かめるように睦み合った
今度は手錠など使わずに昇天させられた。俺はすぐにシャワーを浴びに行った
アニキはずっと窓の外を眺めていた。俺がバスルームから出てキッチンで水を飲んでいるとおもむろにアニキが聞いてきた
「なあ、あのカレーライス何か隠し味入れてるよね?何入れてるの?」
「気付かなかったんだ。じゃあ教えないよ」
「なんで」
「ずっと知らなきゃ、啓太アニキはずっと俺に興味持ってくれるもん」
俺は食器棚に置いていたコンビニで買ったインスタントコーヒーの小壜をそっと奥へ移動させた
------------------------------------------------------------------------------------
「航太・・・君。僕たちまだその付き合うとか…」
「はい、わかっています。俺らはまだお互いのことほとんど何も知りません。だから付き合い始める準備をするための付き合いをしていきましょう」
「よかった。恋愛もカレーもじっくり煮込んだ方がいいんだよね」
「うまいこと言いますね、啓太アニキ」
航太がシーツの海にダイブして僕のすぐ隣に潜り込んできた
「啓太アニキ。お願いがあるんですけど」
「なに?」
「もう一回しません?」
「なにを?」
「アレ」
「アレッて?はっきり言わないと分らないよ」
航太は僕の耳元で小さく「セックス」と言った
僕は航太を抱きよせて「いいよ、セックスしよう」と言った
航太は嬉しそうにはにかんだ
うちの窓のすぐ下、隣の家の小さな小さな庭に濃紺の鉄線の花が咲いていた
おそらく航太のおかげで見つけることができた
航太の笑顔でこの部屋が明るくなった
「晩ごはんどうする?」
「俺、カレーライス作りましょうか」
「またカレーライス。。。うまいけどさあ」
「俺の得意料理ってカレーライスだけなんですよ」
それを聞いたら思わず両手で航太のホッペをつまんでしまった
「カレーパンマンみたいだね」と言ったら
航太は吹きだした。それにつられて僕も笑った

今日の1曲
SINGER SONGER「初花凛々」

ne_yan at 20:50|PermalinkComments(10)clip!小説 

2008年05月22日

20歳

初めて飲み屋に行ったのは、20歳になる前の週
友達が知り合った子がバイトしてるという店に
友達と二人で出掛けた店内にいる人が全員組合という
初めての異様な光景に驚いた
他の店も紹介されて行ってみた。パーティーの写真をみせてくれて
イケる人がいたら教えてなーとか言われて
彼氏がいるので大丈夫ですと真面目に断ってた
1ヶ月後彼氏も連れて今度は3人で飲みに行った
彼氏は男前だらけの堂山で目がキョロキョロしてた
後日、彼氏は単独で飲みに行って気になる人を見つけてしまい
僕らはその1ヶ月後に別れた

それから2ヶ月後。バイトしてた友達のツテで今度オープンする店の
初日と二日目のバイトを頼めないかと話が来た
僕と友達の二人でそこに入って欲しいとのこと
2回しか飲みに行ったことないのに、3回目は店子…
相当覚悟して行ってみた。なんせマスターすら初めましてだったから。
僕と友達は2日間、カウンターから出ることはなかった
友達は頼まれて酒を作ったりしていたが僕はひたすらに洗い物をしてた
少し引っ込んだところに、そのスペースがあったので
客との会話は皆無だった。人見知りの僕には本当に助かったわけで。
そんな思い出深い店だが以後、一度も飲みに行くこともなく
お店の名前すら思い出せない…
日記によると別れた彼氏と別れてから初めての再会で
彼が飲みに来てくれてるんだけどからんだ記憶がないw

3週間後、友達は別の店のレギュラーで入ることになり、すごいなーと思っていたら
翌週自分にまたバイトの話が来た
今度は友達の系列のお店とかで、友達がいない店
ゲンジ名は何がいい?と言われて「あくび」が可愛くていいなと言ったら
可愛すぎて却下だってwなので当時好きだった漫画
「きまぐれ☆オレンジロード」の春日くんから(超イケたなあw)「春日」といただきました
知らないママに知らない店子。お酒の作り方もよくわからないままに
カウンターから店内に次々と飲み物を運んだ
知らないオッサンに股間をソフトタッチされて作り笑顔で返した
客とは会話らしい会話はほぼしていなかったんだけど
一人だけ、ちょうど店が空いてきた時カウンターに座っていて
僕に隣に座れという。接客というより世間話をした
ただそれだけだったが。店が終わってからミーティングとかで
僕が従業員のくせになんで着席してんのよ!とママに怒られた
そんなルール知らねえっつうの。。。

1ヶ月後、何かのパーティーがあるから手伝ってとまた連絡が来た
今度は人でもないからと僕の友達も応援で入ることになった
だいたい1度手伝えばアテにされるんだなあとわかったw
ちなみにここまで堂山に出た回数8回。そのうち4回バイト…
このパーティーが店で働いた最後の経験になるんやけど
パーティーなんで女装よ!と言われたんだけど
服は自分で持って来てねと友達に言われて
僕は当日早めに大阪に行き、一人で、なんばプランタンでスカートを買った
ウェストはゴムで出来てて。。っていうか30分くらいその売り場でジタバタしてた
いざ、店に行ってみんなに見せてみると地味すぎるとダメ出しをくらい
僕に渡されたのはボブのウィッグと青いワンピースだった
どこぞのママさんが来てくれてメイクもしてくれた
変身願望はないので、特に嬉しくもなく、鏡すら見なかった
店が始まった。友達ともう一人の店子は女装ではなく仮装
ドデカイアフロをつけて二人してピンクレディーを踊ってた
客あしらいは彼らの担当で
僕は女装してることなどすっかり忘れてひたすらに酒を運んだ
途中、製氷機の氷が足りなくなって他の店にもらいに行くというおつかいをした
僕は青いワンピースで堂山アベニューを走っていた
氷をもらいに行った店は前に一度だけ行った店でママに気持ち悪いと言われ
氷を持って飛んで帰った
緊張も少しずつ解けて、トイレに入った時だった。トイレには洗面用に鏡がある
写ってたのは、子供の頃に参観日に見ていた母の顔ソックリの僕だった

今日の1曲
内海和子「20歳」

ne_yan at 06:49|PermalinkComments(14)clip!昔の話 

2008年05月21日

うみP

今の恋人は前の恋人よりも好きですか?
今までで一番好きな人ですか?
そんなこと比べても詮無いこと
それはまったく詮無いこと byねーやん

DSCF2499s-PCに外付けのスピーカーをつけています
PC本体にヘッドホンを差しても
YAMAHAのスピーカーがガンガン音出して
ちっともヘッドホンは活躍してくれません
コントロールパネルでも内臓スピーカーを選んでるけど
それでも外付けから音楽が流れます
YouTubeとかの音はヘッドホンから聞こえる
iTunesはスピーカーから聞こえる。ヘッドホン差したときは
全部ヘッドホンから聞きたいのに、無理なんやろうか。チッ。イラッ。
ヘッドホンでデッカイ音で聞きたいんですよ。それが叶わなくて腹立たしいの

さて、昨日はモトキとゆったんが平日だけれど遊びにきてくれました
とりあえず、マルデナポリってとこで食いました
感想。高いかな。
それからお風呂。また楽の湯。
ここで僕に近年で最高級の笑いの神が降りてしまいました
あまりのバカウケにフルチンで床に這いつくばって笑っていました^^;
内容は書くと面白さが伝わらないのでやめますw

んで、うちへ来てダラダラしつつ。動画を撮りたいとの、うーみんの希望で
色々アドリブで喋って動画撮って遊びました。

いくつか撮った結果、うーみんPによる、黄金伝説のような電波少年のような企画に
無理やり参加させられるお笑い芸人ってシチュエーションのを採用してみました
突然始まるので僕たちのチャンネルが切り替わるところもお楽しみに〜♪
つーか、部屋も枕も汚い。。。すまぬ>_<


今日の1曲目
Superfly「Oh My Precious Time」

2008年05月20日

投稿:たまゆら 062號

ようやく大事な場所にしまえたから。また歩き出せる

IMG_10366 (2)






写真・トロン 文・ねーやん

たまゆら初参加のトロンさんの作品です。身近にある瀬戸内の静かな夕暮れに
照らされて、正直な心が浮き彫りにされて。みたいな^^

いつもこういうところで暮らしているんですねー
昔、中学高校の頃って近所の海の防波堤でお気に入りの場所があって
ずっとそこで友達と何をするでもなくボーッとしてた思い出があります
朝までそこで語ったり、何も話さずに寝転がって空を見たり
服のまま海に入ったり、禁止されている原付に乗ったり
誰しも独自の思い出を持っているものです
これからもたまゆら期待していますんで、ジャンジャン参加してやってくださいね^^

ne_yan at 02:49|PermalinkComments(6)clip!たまゆら 

パラダイス・カフェ

DSCF2496s-土曜日、父と母を見送ってから、とど助君と御飯に行きました
久々に、あんかけスパ。トッピングは白身魚フライと
ウィンナーと唐揚げです。サイズはS・L・Jとあります
スナック。レギュラー。ジャンボ。です
二人ともジャンボ!ぺろりとたいらげましたが
実は麺の量は480グラムらしいw太麺だからさ。
んで食後とど助くん家に移動。二人のトークは続くよどこまでも
気づいたら朝4時。。。僕またやってしまった系w
11時に目覚まし掛けて起きたら1時。ん〜素敵
写真のお店、まんぷく太郎へGO
それはそれはカオティックなお店でして。
食べ放題なんですが、一つの鍋で焼肉もしゃぶしゃぶもできちゃう
エキセントリックなしかけ!焼肉の油が溜まったらティッシュでふき取って!
名前の通り見事にまんぷくにしていただき店を後にしました
覚王山に移動して、おサレSHOPを徘徊。あの万華鏡やら
かわいい針金細工、ビーズSHOPにも立ち寄りました
それからイオンにてトイレ休憩して、Superflyのアルバム買って
出張ミスドを買ってつまんで帰ってきました
なんか共通でできる話もいくつかあったり、全く知らない話も色々教えてもらって興味深かったです
たくさん話して距離がギュッと縮んだから今度はカラオケに行きましょうね〜♪
泊めていただきありがとう。超眠れましたんでまた行くです、はい^^

会話キーワード
あんかけスパ。キャベツベーコン。かに座。ヘラクレス。おひさまの香り。童貞9人。もやしもん。オリゼー。アオカビ。クロカビ。乳酸菌。あわもり。かもすぞ〜。日本語。全然。あらたしい。雰囲気。おざなり。なおざり。黄昏。彼誰。十分。充分。GO!GO!7188。ジェットニンジン。C7。Cocco。焼け野が原。ガーネット。風化風葬。Raining。graze shop。中島みゆき。愛してると云ってくれ。「元気ですか」。怜子。夜会。2/2。まつりばやし。信じ難いもの。テキーラを飲みほして。夜曲。パラダイス・カフェ。ブーケット。音ゲー。ダンスダンスレボリューション。ポップンミュージック。ビートマニア。ギターフリークス。スーダラ節。若頭。民族楽器。ガムラン。牛乳パック。FF。エアリス。パロム・ポロム。ゼムス。ゼロムス。ギター。奥田民生。井上陽水。元ちとせ。コナミ。UA。ユニコーン。ペーター。ブルース。同人。卒業アルバム。そろばん。絶対音感。コロッケ。ヤキソバ。唐揚げ。牡蠣。塩辛。筋っぽい肉。軟骨のある唐揚げ。ミニトマト。的な。然り。カオス。寿司。チキンラーメン。餅。うどん。ヤキソバ。パスタ。ピザ。クレープ。カレーライス。コーンスープ。豚汁。フライドポテト。たこ焼き。マグロ丼。焼肉。しゃぶしゃぶ。エリンギ。フルーツ。わたあめ。ラーメン。昆布だし。石川さん。白ぷに。カレイドスコープ。ボタン。美大。ポストカード。ドラゴンフライ。カエル。花。ビーズ。さざれ石。金魚。ショコラティエ。日泰寺。Superfly。スキャットマン。カプチーノ。GOLDEN EGGS。ダブルチョコレート。

今日の1曲
中島みゆき「パラダイス・カフェ」

2008年05月18日

殿、お世継ぎを

DSCF2487s-金曜の夜は2時まで
父と久しぶりに話しました
早くに寝た母を指さして
こいつがおってくれたからやと思うよと
そんなこと言う場面もあったりして僕は嬉しかった
でも結婚するようなええ人ないんかいと言われ
結婚せえへんからいうたら
せえへんと違うんよ、いつまでも一人じゃアカンやろだってさ…
んで、たくさん話して
来月に地元に行って来ることになりました
土曜の朝は6時から起きた父に
母も僕も起こされて
コンビニへの道を説明してサンドウィッチとか
おにぎりとかテキトーに買ってくる父
母の頼んだバナナは売っていなくて代わりに牛乳プリン
んで、欲しくもないのにサラダとか買ってきて
みんなで食べなよ、お前が食べろとなすりあいww

昼前になって名駅へ移動し山本屋で味噌煮込みうどん
意外と味噌辛くないとか、堅めのうどんにも平気みたいで
ウマイウマイと二人とも食っていました

そのまま名古屋城へ行きました。母は初めての名古屋城で
大層喜んでいました^^
DSCF2471s-





今日の1曲
中島みゆき「「元気ですか」」

2008年05月16日

僕の素

42ad9f6c.jpgお父さんとお母さんが来ています
何やら今日父が、皇居で宝生舞っぽいものをもらってきたそうです(検索で出ないように当て字にしちゃうわけ☆)
お父さんおめでとう!ご苦労さまです
夫婦で謁見?拝謁?してきたんだと
今夜は先日に続き、またまた蓬莱軒・ひつまぶしですが親孝行になったでしょうか
今月3日には結婚記念日もあったしね
もう35なのに、まだ僕にご馳走しようとする
いくらなんでもそれくらい大丈夫ですから甘えてくださいよ
本当ありがたいですね
明日はちょっと名古屋観光に連れて行きます
もし、見かけても絶対声かけないでね。バレちゃうからさ!
僕と父は違うから僕なりの何かがいずれ誰かに認められるといいかもな〜と思います
昔の反抗期もとうに過ぎてなんだか尊敬が生まれてあの頃の自分を思うと不思議な感じがします
今日は三人で僕の部屋で寝ます。グゥ〜☆


ne_yan at 22:16|PermalinkComments(14)clip!

ごん太

55a800d4.jpg加賀野菜・太キュウリ

色んな使い方がありますね
もう、た〜〜〜っぷり♪

マヨネーズとか塗ったくって

テュルテュルにしたりしてね

すっごい。こんなの初めて!

I can't live without you.


ne_yan at 01:48|PermalinkComments(20)clip!

2008年05月15日

No.2

20080514231433昨日は2年ぶりとなる
きょんと会いました。
そして、アキラ君も来ました
緊張のはじめまして。
あら、僕やっぱりすらすらと喋れているw
とりあえず、ペコペコだったんで
飯込めに。ぎんごんちゃんでハンバーグ
3人で御櫃4杯食いましたよ
きょんが食い過ぎやねんて。水も飲み過ぎやねんてw
ハッと気づくと僕ばかり一人で話してて1時間くらい経ってたw
んで、風呂へ行きまして、露天に浸かりながらまた話し。
やっぱね、2年も会ってないとなると話が溜まってるわけよ
ここ最近の恋バナとか聞いてもらいました。2時間w
久しぶりに会ったきょんは、もうナキムシでもなくなったみたいだし
身体も心も大きくなってました。しっかりして見えた
めざせ、0.1トン^^
また三人で平日の風呂飯しましょう。面白い話10個用意しとけよ、お前ら(^◇^)

今日の1曲目
SMAP「胸さわぎを頼むよ」

2008年05月14日

投稿:たまゆら 061號

誰も見ていなくとも あなた自身が見ている

daremo (2)












写真・TK 文・ねーやん


写真の中のカメラが2重になっていてちょうど目のように見えますねえw


言わなければバレない嘘はあります
だけど自分自身は嘘を付いていることを知っています
その状態が苦しくないですか?
正直に生きることは難しいと言われます。時に不器用とも言われます
でも僕は自分がしんどくないように出来るだけ嘘のない道を選んでいます
でもそれは後でもし嘘がバレた時に自分が糾弾されないための
逃げ道なんだろうなと僕は知っています
ようするにズルいけどこれが僕が見つけた楽に生きる術なんですよね
嘘も正直もどちらも人を傷つけることはできますからね
正直の方が多少、人聞きがいいというだけなんです
たくさん殻は破ってきたけど、根っこの部分で優等生から抜け出せない僕なんですよね
救いはそんな自分のことも別に嫌いじゃないということです
なんでだろうとか考えず、自分ってそうなんだなあと
自分を受け入れることが出来ていることで心のバランスは取れているみたいです

今日の1曲
モダンチョキチョキズ「新・オバケのQ太郎 MEGA MIX」

ne_yan at 18:59|PermalinkComments(0)clip!たまゆら 

2008年05月13日

MASK de Collagen

普遍的なものって知ってますか?
普遍的なものって何ですか?
愛でさえ成長して変わってゆくのに
普遍的なものって有りますか? byねーやん

20080513231047先日の食事会でね、ビンゴをやりましたの
そんでね、僕はトシ君が持ってきた
コスメなグッズが当たったの
っちゅうわけでね、フェイスマスクなんぞ
これはね、コラーゲンがたっぷりと沁み込んでいる
うーん、液がなんとなくベタッとしてる感じで
それが効き目ありそうな。韓国で買ってきたということで
裏の説明書きが半分ハングル。半分英語つまりお手上げってわけw
数字を見る限り15〜20分でいいみたい^^
欲張って30分も仮面かぶってた。かぶりすぎかしら?^^;もう他がかぶってるのに…
ささ、なんとなくしっとりモチ肌になったような気がする
顔も体も全くお手入れしないからさ、たまにこういうのすると影響されるんだけど
菜が続きしないんだよね〜^^;
コラーゲンの他にアルブチン配合ってのもあるねん。美白効果があるみたいよ

豆腐1丁のカロリーってわかります?
今日は湯豆腐2丁と小松菜。これで痩せる?^^;

ああ、今日はギターやろうと思ったんだけどなあ。。。マジでヤバイなw

今日の1曲
平井堅「君の好きなとこ」

2008年05月12日

三重Walker

DSCF2308s-週末は、独りモン同士ということで
タイチがデートに誘ってくれたので
三重県を満喫してまいりました
そりゃあもう、たっぷり骨の髄まで三重です
題して“三重Walker”デートプランは全てタイチの案です
僕はデートプランのメールをもらっていたにもかかわらず
下調べとか結局しなかったので驚くことばかりでした
流石に、三重在住して何年も経つタイチならではの
素敵デートラインナップでした^^これ見て三重堪能しに行ってもらいたいです^^

あ、本当は朝6時くらいに栄待ち合わせだったんだけど、僕が寝坊して
電話で起こされたのが7時半>_<そしたら、うちまで迎えに来てくれました。ごめんね<(_ _)>

DSCF2263s-最初に向かったのは、鈴鹿市にある
サンドイッチの有名な店
僕は知らない名前だったけども
入って、商品見たら見たことありました
名物「納豆コーヒーゼリーサンド」…
朝一番のモーニングはコレで決まり!
うんとですね、糸引きますw納豆自体は入ってる量が少なくて
意外でしたが、それでも十分主張してきますw
きっともっとたくさん入れちゃうと取り返しがつかないのかなと思いましたw
昔は嫌いだった納豆も今は食べられるようになったので、なんとか完食することができました
なんか、鈴鹿サーキットでフォーミュラなんとかとかやってた?っぽい
DSCF2280s-続きまして、写真ではどこだか
ほとんどわからないと思いますが
榊原温泉、湯の瀬という施設です
Topの鯉のぼりが泳いでいた場所で
のどかで、天気もちょっと晴れてきたので
とても気分よく湯につかりました
露天にある、箱に入って座って首だけ出すタイプの
ちょっと変わったサウナも経験しました
いつまでも入っていられたけど、おじいさんたちが変わって欲しそうだったので
大人らしく譲りました。お仲間はあんまり来なさそうな場所でした
DSCF2322s-DSCF2329s-





ランチは松阪市にあるオーシャンという焼肉屋さんです。
2300円の食べ放題があるんだけど。松坂牛もタベホ(#^.^#)
こりゃあすげえぜよ。写真の肉のこの極上の霜降り!すごくない?
でも、他の肉は松阪と違うと思うw
豚も鶏もあって、まあとりあえずこの肉食わないと腹膨れたらもったいないと
2回目のおかわりは、松阪ばかり焼きました^^ここはいいですよー。
お肉も超やわこくて、サシの脂がウマウマフ〜でした

DSCF2370s-腹ごしらえの後は
伊勢市へ行きまして伊勢神宮参拝です
もう、ここは本当に聖地でして
何度行っても大好きな場所なんです
行く前に松阪牛という生臭物を
たらふく食うってのもどうかと思いましたが
はあ、清められますよねー。
そうそう、中村獅Dが来ていましたよ。僕らより少し後ろを歩いていましたが
本殿だっけ正殿だっけで祈祷してもらってました。シュッとしてたわ〜

DSCF2397s-DSCF2405s-DSCF2406s-





DSCF2408s-DSCF2409s-DSCF2411s-





DSCF2415s-夕暮れのおかげ横丁に立ち寄り、風の市という
風鈴屋さんの露店が立ち並ぶ街をそぞろ歩き
デート感満載のプランをたっぷりと味わいました
小物屋さんで日本手ぬぐいも買いました
あ、手焼きせんべいはいっつも「ざらめ」を買います
普段はあんまり食べないけど、こういう時は
なぜかいつもざらめを選んでしまいます
ほんのりあったかい口当たりと優しいざらめの甘さがいいんですよね

さて、タイチが今日のために急遽設えたメインイベントに移動
ここからは-ねーやんPOP STARに会う-の巻ですw
三重県営サンアリーナにおきまして「平井堅Fakin' POP Tour 2008へ。」
DSCF2423s-DSCF2431s-





っていうかなにそのいたれりつくせりなプランw
新しいアルバム買ってないけど、そう言えば朝一からずっと平井堅が
車で流れてた!あ、知らされたのはサンドイッチ食べるちょっと前ですけどw
すごすぎ。堅も三重県出身だからこれも三重Walkerの一部♪
知らないと思う曲は2.3曲だったw
なんちゅうか、タイアップとかで色々耳に馴染んでるからすごく聞きやすくて
噂のトークも楽しかった。芸人じゃないのにあんなにウケ狙わなくていいと思うけどw
歌はマッキーよりも沁み込んできたかもwww
色んなこと思い出させられて何度も涙しました。4回くらいかな^^;
結構好きになりましたよ。そんなすんごい三重満喫のデートでした
タイチ、寝てないのにたくさん連れてってくれてありがとう<(_ _)>
またどっか行こうね。しばらく三重はいいわw



今日の1曲
平井堅「POP STAR × fake star [MASH UP version]」

ne_yan at 09:28|PermalinkComments(18)clip!紀行 | 動画

2008年05月10日

綾波

化かされてもバカにされても人に優しく byねーやん

20080510101003 (2)今週はGWの疲れが出たのか
休みが終わってからすぐに
風邪をひいたようで
毎日鼻水でズルズルで大変でした
気温はもうすでに暑くなって来て
仕事中は半袖Tシャツです
写真は昨日撮ったやつね
僕が綾波のものまねしてるとこw
今日は久しぶりに何もない休日
こういう日もないとね〜
明日はまた出かけるしw
鋭気をやしなわないとなー
そうそう、さっきしゅじゑからエヴァが届いたので
今日はのんびりそれを鑑賞してようかと思っとります
しゅじゑ、どうもありがとう!20080510103750








今日の1曲目
ZARD「あの微笑みを忘れないで」

2008年05月09日

投稿:たまゆら 060號

君のカラをノックしたのは僕、這い出たのは君自身のチカラ

kiminokara





写真・TK 文・ねーやん

見た瞬間にハッとしました。結構前に書いた文なので
逆に新鮮というか驚きました
桜の季節が終わったので、これを新たにプリントして
ギャラリーに加えようと思っています^^

ne_yan at 00:21|PermalinkComments(14)clip!たまゆら 

2008年05月08日

A song is born

DSCF2229s-GW最終日となった、5月5日の僕は。
しゅじゑと二人、朝のうちに
しげやんに僕の家に送ってもらう
僕に代わってFFでLaniを動かしてたら
LSメンに話しかけられて「こんにちはー」と
うまくかわしたつもりが「中の人ちがう時ある?」ってバレてたw
まりんくんスゲーw
5年の付き合いで今さら「こんにちは」とか言わないもんなw
そうだFFの辞書をPCに入れてもらった。しゅじゑアリガト♪
シャワー浴びて用意して名古屋へ
まずは名駅で新幹線のキップゲト
んでエキチカで昼飯しようと降りて行ったら
どこもここもすんげえ並んでる
DSCF2226s-しかも名古屋名物的なもんが置いてある
そういう店は片っ端から並んでる
一番は矢場とん。前回の時に二人で食ってるから
まあここはスルーして
ひつまぶしの店も、コメダも並んでるし
でも場所変えて探してる方がもっと時間かかりそうなので
初めて入る定食屋さんに。結局味噌カツ食ってました^^
もう相席とかなんとか、関係ねえって混雑ぶりでしたわ
DSCF2252s-んで、地上に戻りカラオケ屋に。
GWのせいでか、120分待ち。ウソだろ、ぉい!
マヂか…。つうことで別のとこへ
そこも50分待ち。。併設のゲーセンで時間潰し
エヴァパチンコ(旧型)をする。確変を引く。アリリ
時間になり、歌い始める。二人ともキーの高い歌が続く
挙句にデュエット的な。コラボ的な。
あゆとKEIKOとか歌ってみたり、最後にはSweet 19 Bluesとか歌って
DSCF2260s-





しゅじゑは東京に帰って行きました。あの子、絶対また来るわね♪
カラオケの様子はmixi動画にて^^

今日の1曲
奥田民生「さすらい」

2008年05月07日

18-10+2+1

080504_6あ、昨日名付けた会の名前もう替えちゃったw

5月4日の僕は。前日は朝6時くらい?
まで喋っていて、ハトちゃんと
エセカップルピロートークコントにはまっていました
それなのに、ギャラリーを放って二人就寝w
昼ギリギリに起きたら18人居たのが
8人に減っていました
それでも8人泊まったわけですがw
そうそう、昨日の日記に書くの忘れてたけど
3日のお昼から、しゅうじが来ていまして
食事会含めて一緒に遊んでいますw
ギッシリ残った昨夜の御飯を色々工夫して調理したり、カレー食ったり。
そこへ若者二人が加わってダラダラとエヴァを見て
さて。名古屋市内へ移動。名古屋で一人オカエリ〜とお迎えして
結局11人になり全員でボーリングゥ大会が始まる
080504_1DSCF2205s-DSCF2213s-





DSCF2209s-DSCF2214s-





ガチで個人戦でしたが、約1名飛びぬけて上手なカズマサがいたために2位争いw
最初は僕もそこにからめていたんだけどなあ、結局僕は99ピン
何位だろ、わかんないけどダメでした>_<
人数が多いと1ゲームに時間がかかるのでまあいっかということで
1回で終わりました。おめでとう、カズ。最後までストライクでカッコヨカッタよ…
あ、2位はことらんね。おめー^^

DSCF2217s-ゲーセンが併設されてたので休憩を兼ねて各自散らばる
ここで、とど助君のすんごい足さばきを目の当たりにw
DDRっていつのまに、二人用を一人でクリアするゲームになったんですかw
動画も撮らせてもらったけど、それは僕が個人で楽しむことにします^^
あと、マジアカを2回やったらミノタウロスになった
んで、しげやんと店内対戦♪僕が勝ちました!
しげやんは選手交代でことらんに変わったけどなんとか勝てましたw
ごきげんな気分で夕飯は食べ放題へ
ここで、おとなしく人の話を聞いていただけなのに
隣のテーブルの友達たちに「ねーやんが電池切れた」と言われましたw
そんなときもあるのよ(´・ω・`)
DSCF2222s-食後はこのまま帰りたくないよ〜組と
もう帰ろうよ〜組に分かれました
カズマサとJはここで関東へ帰って行きました^^ノシ
僕は初めてMARUちゃん家に行くことに♪
ギターとかマックとかラーメンズとか
マニヤなDVDの棚を眺めつつ
あ、しげやんとか寝ちゃったけどwずっとお疲れやったしね
そうだ、ラーメンズライブ堪能しました。「愚問」が好きでしたよー
とど助君には竹炭入りのアレをもらって今日はゴシっとしてみましたよ
僕、これでキレイになれるんだよね、そうだよね?w
3時にお家を出て、結局僕としゅうじは連続でしげやん家に泊まりました
最初の写真は、僕がイオンで無駄にY字バランスをした写真ですw
意外と足が上がってないもんだねえww

今日の1曲
斉藤由貴「石鹸色の夏」

2008年05月06日

リストランテ★SG

DSCF2183s-DSCF2185s-DSCF2186s-





5月3日の僕は。もう回を重ねること十数回かな?^^;
しげやん家で食事会。今回からその会の名前を「リストランテ★SG」としました
そしてこのたび、お招きした人数は過去最多の18人
今日はことらんに撮ってもらった写真をDVDに焼いてもらったのに
しげやん家に置いて来てしまったので
僕のカメラで撮ったものしかありませんがご了承ください<(_ _)>
あのね、ほんとたくさん来てくれて楽しかった〜
ていうかGWの真っただ中なわけよ。最初みんなを誘った時は
ある程度みんな忙しくて断られるのを覚悟してたんだけど
なんのこっちゃない。誘った人で断られたのは2人だけww
DSCF2180s-DSCF2177s-






今回は最多ということで料理の量もお皿の数も御飯の量もまるで見当がつかない
しかも大きな人が多いわけで。。色々悩みました
炊飯器は3台。25合炊きましたw
料理は14種類くらい作って更に持ち寄りでオカズやお菓子もあって酒も買って
チョコケーキとかマドレーヌとかゼリーとかアイスとかデザートもバッチリ!
それはそれは酒池肉林の様相でしたw(*´Д`*)
すんごく手分けして作ることが出来たのでいつもよりも早くに食事をすることができました
んだけど、みんな食べなさすぎ。。。それはそれはビビルくらいすぐに箸が止まって>_<
料理した人としてはとりあえず、頑張って減らさなきゃと必死で食ってました
DSCF2174s-DSCF2173s-





カレー粉なんて業務スーパーに売ってる1キロサイズ(50皿分)
もう合宿かキャンプの勢いですよw
それでもまあ本気で楽しかった!
どっかの店の周年か!と思うほどに人が多くて
それでいてみんな各自それぞれの場所で少人数で話して
新しいエヴァの映画のDVDやm-floにブルジョア男太鼓のDVDも流して
アチコチで笑いが起こっててすごくいい場所になってた
DSCF2194s-バラバラのままじゃいけないから
企画として、年末以来のビンゴ大会もやった
各自3000円ほどで景品になるようなものを買ってきた
それぞれ何が当たるか、そして何を用意したのかそのセンスが問われる
僕は顔パックとかピーリングなどのコスメニティが当たった
みんなのセンスに結構嫉妬しちゃうほどの良いラインナップでした
すっごく楽しかったんだけど、これだけ大きな男子ばかり集まって、この大きなリビングは5月なのに
冷房ガンガン♪それなのにじんわりと額から汗を垂れ流す僕でした

今日の1曲目
小泉今日子「Fade Out」

2008年05月05日

揚げハンバーグ

DSCF2094s-5月2日の僕は。
関東から遊びに来た友達Jとカズマサを
おもてなししていました
前日に名古屋で泊まってしまった僕
地元で11時に待ち合わせと思いこんでいたけども
10時だったらしく慌てて戻る
二人をお待たせして合流。ほったらかし温泉以来半年ぶり♪
Jの情報で一宮へ御飯を食べに行く
DSCF2092s-DSCF2089s-





着いたのはカツ屋さん。平日だけのランチに特別なメニューがあるとか
それは「メンチカツ定食」普通・大・特大とサイズがあるんだけども
特大サイズの大きさが半端ない
DSCF2077s-御飯もキャベツもおかわり自由
お昼12時までに入店すれば定食は100円引きってサービスもあったから
これだけ食ってたったの600円でした!
安すぎる!だけど。。。量が多すぎるっちゅうねん>_<
あ、ミンツカツの大きさはどれでも値段一緒やでw
もうしばらくメンチカツはいいです。これほんとキツかったw
ウマイけどそれは途中までだったw
なんで御飯大盛りにしちゃったんだろってほどカツで充分お腹ふくれあがったw
DSCF2107s-DSCF2100s-





写真じゃわかりにくいけども、その後に岐阜県の下呂温泉に行きました
あなまりゆっくりしてる時間がなくって
今回は湯巡りをせずに、公衆浴場に行ってみました
300円と¥激安¥1時間ほどまったりしましたよ^^
とんぼがえりみたいになったんだけどそのまままた名古屋市内に戻る
DSCF2120s-DSCF2121s-





DSCF2144s-DSCF2148s-





何軒かある中で熱田の蓬莱軒は予約可能らしくJが席を予約してくれていました
僕がもてなす側なんですがw
名古屋名物「ひつまぶし」をいただきましたよ
焦げ目とかしつこくない脂とかもうウマウマでしたってばw
DSCF2134s-僕らの席の後ろにね
小学生が居たの。両親に連れられて
ひつまぶしを食べてたの
僕は内心、小学生でウナギをお店で食うなんて
超贅沢な子供だわと思ってたんよ
そしたらね、器を下げに来たおばちゃんに
その子供が「ごちそうさまでした。おいしかったです」と言ったの
もうそれで一気に、この子エライ!って思っちゃったw
一言で他人の気持ちを一変させられる言葉ってすごいなーと思いました
DSCF2159s-DSCF2161s-





ほんで例の如く女子大に飲みに行ったのさ
そしたら帰ろうとした頃にキクリンカポーがやってきて
まあなんとナイスなタイミングw
結局3時頃まで飲み屋に居て二人はそれぞれホテルへ
僕は行きつけになりつつあるカプセルホテルへ行って寝ました

今日の1曲
小泉今日子「素敵なラブリーボーイ」