ゴキブリの幼虫の大きさと言うのは、成長過程によって大分違います。生まれたばかりの頃は、ゴキブリ幼虫のサイズは大体2ミリ程度。非常に小さい体の大きさです。それがだんだんと成長していくにあたって、どんどんゴキブリの幼虫のサイズは変わってきます。そして、約1年ほど経つと普段見かけるあのゴキブリのサイズまで成長するのです。気をつけないといけないのは、まだ体の大きさの小さい生まれたばかりの頃のゴキブリ幼虫です。ぱっとみると、あまりゴキブリの幼虫に見えないため、どうしても見逃してしまいやすくなります。ですが、ゴキブリの幼虫を見逃してしまうと、次に目の前に現れる頃にはかなり成長した状態で現れるようになります。そうなってしまうととても大変なので、やはりゴキブリの幼虫に関しては、体の大きさの小さい生まれたばかりの状態の時に退治しておきたいです。また、体の大きさが小さい頃のゴキブリ赤ちゃんは、他の小さな虫と間違えてしまいやすいです。ですので、家の中に出ている小さな黒い虫はすべてゴキブリの幼虫だと思って駆除しておくことが大切になります。