September 30, 2011

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
日付変わりまして本日!
9月30日、FoZZtoneの全国ツアーが名古屋にて初日を迎えます。
ここ3、4年間の累計では、彼らの音源をいちばん多く聴いてるんじゃないかっていうくらい大好きなバンドさんですよ。

FoZZtone 「Lodestone Tour 検 at the NEW WORLD”」
2011/09/30(金) @ell.FITS ALL
open/start 18:30/19:00
※当日券あり、詳細はこちら☞ TANK! the WEB

名古屋でのワンマンは2回目?!
前回は確かワインドアップツアー@ell.SIZEだったかな......だとすると2008年9月以来ということに。
まあ、私個人的にはその間待ち切れずはずもなく、2度も東京でワンマン見てますけれども。

NEW WORLDNEW WORLD
アーティスト:FoZZtone
販売元:バウンディ
(2011-07-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


今回は、2枚組コンセプトアルバム『NEW WORLD』を引っ提げてのツアーとなる訳ですが。
これ、決して聴き易いものではないかもしれない。
取材の際、渡會さんも「無理やりCDプレーヤーの前に座らせて、『1時間なんにも考えず音楽を聴け!』みたいな」作品だとおっしゃってましたが、まさに。
感情の表層で聴くことが難しいので、何か他事をしながら聴こうという気には全然なれないし。
1日を終える時のためにとっておいた小説を開くかのように、できればこの作品を聴くためだけの時間を楽しみたい。
この記事のいちばん下に貼った〈口笛男〉という美しい楽曲で幕を開けるのですが、これを聴いてもらえれば私がつべこべ言っていることがスッと腑に落ちるはずです。

そして、そんなアルバムを紐解くヒントとして、またツアーへのアプローチとして、こちらをぜひ。

■「TANK! the WEB」 FoZZtone インタビューコメント

このインタビュー、超長いの(笑)。
いや、これでも切ったし、もっと読みやすいようにさらに半分バッサリいってやろうかと悩んだんです。
でも、FoZZtoneを好む人なら、この長さを読むのも苦ではないだろうと。
初めて彼らに触れる人は、取り敢えずリードを読んでくださいよと。
それに、地方ならではのもののほうがいいと思うし。

しかし、このインタビュー後に収録されたコメントでは、メンバーの皆様もはや疲れの色を隠そうともしていません(笑)。
ほんとすみませんでした。
今日のライブ、楽しみにしています。


FoZZtone〈口笛男〉(アルバム『NEW WORLD』収録)

(01:26)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字