ライド時いつも向かい風

ポタ日記と時々お仕事のプログラムのお話 主に自転車の内容です たまに他の事を書いていこうと思います

BOMAのロードバイクに乗ってみました

先日、地元の自転車屋で、BOMAのロードバイクの試乗会がありました

他メーカもありましたが、TREKのMADONE9とかもう見飽きたので興味は無かったです

まず乗ったのがBOMA CofyIIのサイズM(完成車で23万位?)
コンポは105構成(クランクはFSAのOMEGA)でホイールはシマノWH-RS330
パーツアッセンブルから柔らかいので乗り味は普通
別段面白みはなく、長距離を淡々と走るには良いと思います、レースだと…うーんって感じ
選択的には悪くは無いのですが、初心者向けって感じ


VIDE(フレーム価格 218,000円)パーツは105構成
DSC_0449
乗り味はER-01に近いカーボンもT700なので似たような乗り味で楽しい
フレームはエアロ形状で攻撃的、このホイールもまた良くグイグイ進む(ただラチェット音が若干デカい)
BBは86なのでクランク剛性も高く105とは思えない位硬く感じた

VIDE PRO(フレーム価格 300,000円) パーツ構成 DuraDi2
DSC_0447
ホイールがカーボンTUだったので柔らかく感じたけど、他のホイールにしたら60t/HM 1K仕上げで笑う位硬いSEMPREに近いかそれ以上。
本気で踏むと私の脚が壊れるレベル
まぁ、クランクもDURAだったりするので仕方ないかもしれないですが…

後、気になったのがカーボンハンドルこれはGH-02でトップ部分が超持ちやすい
DSC_0448
リーチ部分が70mmと手の小さい私歓喜でしたが、HB-05というハンドルがさらに短い62mm
コレはヤバイ、めっちょ欲しい、夏ボに買おうかしら

今までは触った事のなかったBOMAですが、良かったですね(特にハンドル)

このような場を提供してくれた自転車屋さんに感謝します
今度BOMAのハンドルを買いに行きたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

決戦用ホイール考察(ローハイトも追加)

現状使っているホイール(CC40c)もジャンル的には決戦ホイールになりますが
たまに他のホイールも欲しいよなぁと浮気心が出ますが、CC40cが適度に便利な娘なので離れれない状況です

MavicのCC40cの良いところ悪い所
良いところ
・リム面がかっこいい(重要
・ハブのカバーがカーボンなのでかっこいい(超重要
・スポークテンションが高く、リムも適度に重たいのでなんだかんだとよく回る
・ラチェット音が静か
・パッとみるとWOでなくてTUっぽくてかっこいい

悪いところ
・40mmにしては若干重たい(ペアで1550gは40mmクラスにしては重量級で60mmクラスになる
・雨の日の制御力が弱い
→Mavic純正シュー(イエローキングシュー)ですが最近のカーボンホイール(BORA等)に比べると制御力は今一つ
・カーボンホイールとか言いながらリムにアルミがあって正確な意味でカーボンホイールじゃない
→これが無ければ1450g位になりそうですが、そのかわり下りのブレーキ放熱性が問題になりそう

そんな自分でも物欲がそそられるホイールがコレらです
 もう見てるホイールが沼の底すぎてもう…ダメだ

campagnolo BORA ONE WO
 定価 262,000
 実売 22万前後
みんな大好きBORA
なんでUltraじゃないのかって?ハブだけの違いで15万も追い銭できないからだよ(マジレス
BULLETだとULTRAとの価格差が7万なのになんでBORAだと15万と倍額の値段差なのか、ホントわからない
不満点
・不満が出ない所が不満点
普通のもかっこいいけどダークラベルもクソかっこいい、また35と50で悩む
現在のCC40cと比べると確かに軽いけどお金を出して買い替える意味が出ない(TUなら話は別)

Shimano WH9100 C40/C60 TU
 定価 36万前後
 実売 30万前後
 チューブラーじゃねぇか
  _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
   ⊂彡☆))Д´)

今回のシマノのDURAホイールのTUはかっこいいと思う
91DURAのWO?知らない子ですね…
不満点
・リム幅が28mmと相当ゴツイ
→28cのTUってZIPPかよ!
→WH9000の弱点であった剛性を出す為のワイドリム化という言い分はわかりますが…
 それにしてもワイドすぎます25mm程度ではダメだったんですかね、見た目はかっこいいけど
・なぜこの外見でクリンチャーが出なかったのか…
 シマノさんが出すフルカーボンクリンチャー見てみたいなー(チラッ
 でもクリンチャーが出たらTUのお値段が36だから40超えるんだろう…買えないわ…

ZIPP 454NSW クリンチャー
 定価 529,100円
このキワモノみたいなリムがセクシーでかっこいいです
リムの高さが40から45ミリと変化していくとかどれだけ効果あるんですかねぇ…
またディンプル加工がどこまで効果があるか不明ですが、新型の良く回る(らしい)ハブとワイドなリム
問題点
・ZIPPの利用ユーザが少ない
→少なくとも私が行ってるお店のユーザで使ってる人が居ない
→というか北陸でZIPPホイールを使ってるユーザを見たことが無い
・52万って高すぎませんか?
→アメリカでも$4000だから、単純計算でも44万4000円(3/25 12:00現在)、単純計算で8万程度の価格差だから○ンタマは良心的なのかもしれない
→そもそもZIPPがぼったk(文章はここで途切れている
→+8万だしたらLightweight買えます(保障含めたらもう少し必要だけど
・ワイドすぎるリム
→この子28mmと幅広すぎます、今のフレームなら使えるけど…SEMPREだったら死んでた
・リムの精度がいまいち(らしい
→どうもお店の人の話だと製品ムラがカンパやMAVICに比べると大きいみたいです
 特にウェイトバランスが酷い模様で手間がかかる子だから(嫌:ココロの声)と言ってました(お店の都合
・またロングライド向けじゃないよね…
→トライアスロンの人御用達なイメージしかない

ZIPP 404NSWクリンチャー
 定価 414,300円
454のようなキワモノな形をしたリムじゃなくごく普通のリムの形
でもディンプル加工はしっかりされてる、コレ効果あるんすかね(あるからやってるんだろうけど…
問題点
・454に比べると安いけど、そんでも高い気がする←お前もうダメだわ
 NSWでなくFirecrestにすれば26万と比較的お安くなるけど…
 価格差からくるハブだけならまだ理解できたけどリムも幅が違うとか、完全別物じゃねーか!
・ラチェット音が気になる

CORIMA 47mm MCC"WS+" WO
 定価 44万
スポークまで何から何までカーボンというホイール(ライトウェイトやコスカボアルティメットと同じ原理)
見た目の破壊力は抜群でフロントホイールのスポークが10本とかマジヤバい…
 また体重制限が無い(本当か?)のが素晴らしいと思います
問題点
・インプレがあまりにもなさすぎて買うのに勇気がいる
・推測だけど絶対硬い
・フレ取りできないけどどうするの?
・ラチェット音が(ry

lightweight MEILENSTEIN
 定価:59万+保障(入るなら
みんな大好きlightweightさん
ホイール重量が1kgを切ってるのに体重制限も120kgと大抵の人はカバーできる素晴らしいホイール
問題点
・フレ取りとかメンテナンス性の問題
・ハブがDTなので音が大きそう
→DTのハブは良いと思います、ただラチェット音が気に入らないだけです
・絶対硬い、私の脚力ではロングライドで扱える気がしない
・高速巡行(できないけど)をするにはリムの重量が足りないのでずっとペダルを回す必要があるのが辛い

GOKISO
 定価:43万
lightweightさんとは別のジャンルでの究極の回転体、最近のホビーライダーのレースでメキメキ名を売ってきてるGOKISOさん
ホイールを実際回すとリムの重さで回るし笑いが出たりラチェット音が静かすぎて笑いがでる、欲しい
問題点
・+5万ほどでクライマーが買えちゃうから、正直違いが知りたい


GOKISO クライマー
 定価 49万
ノーマルハブとの違いはこんな感じ
・ハブボディがジュラルミンという何の効果があるか今一つ不明
(外側弾性体構造とか言われても正直わからんよ
問題点
・リムのデザインがちょっとダサいというか今一つ(実際見たら手のひら返しそうだけど

GOKISOクライマーハブ+ENVEリム
 定価26万+20万前後+α
リムがダサいなら交換すれば良いじゃない(マリー?
手組の最高峰で定番のENVEのリムで攻めるのも面白そう
問題点
・スポーク数に悩む(定番の24/28が妥当か?)
・見た目が攻撃的すぎて困る(何言ってんだコイツ

GOKISOクライマーハブ+CORIMAリム
 定価26万+16万前後+α(工賃やスポーク代金)
ENVEと違ってリムがカーボンカーボンしててかっこいい
またリムがENVEより安くてお財布にも優しい
問題点
・CORIMAのリムのインプレが少なくて悩む所
→昔のBORAだったりMAVICさんにリムを提供してたりするので性能は高いと思いますが…

GOKISOクライマーハブ+SACRAリム
 定価26万+10万前後+α(工賃やスポーク代金)
最近登場した、カーボンリムメーカーさん
なんとノーマルブレーキシューでもOKという強気設定
問題点
・出たばかりのメーカーなのでインプレが少ない

GOKISOクライマーハブ+PAXカーボンリム
 定価26万+15万?
ここは1つキクちゃんさんに1本作ってもらいたいという要望もあります
ハブに関してはPAXオリジナルハブでも面白いとおもいますが、どうせやるなら良いものが欲しいという要望
問題点
・PAXさんが遠い(物理的に
・発注方法が不明、またその後のメンテナンスも同様…


レーシングゼロカーボン
 定価26万
 売値22万〜
ソツが無い優等生と言われている
艦むすに例えると…朝潮ぉ…ですかねぇ

欠点
C17リムなので25c以下はNGなのがキツイ(23C使いなので

キシリウムプロカーボン SL
 定価30万
なんとTUやディスクまでラインナップ
TUの評価は超高いけどTUかぁ…
普通の方は…んーわかんないや!

欠点
インスタントドライブ360は良いのは認めるけどラチェット音が気に食わねぇ
また、アルミ板もあるのでCC40cタイプ(結構肉薄)なのが気に入らねぇ←それでも軽量だけどね
レーゼロカーボンより高い…タイヤ要らないから安くしてよ(TUのタイヤは耐パンクも良いので好きですがWOのは…うーん)

ハイペロン
 定価38万
カンパさんの軽量ローハイトといえばコレ

欠点
TUしかねーじゃん!
また40万近いとかたけーよ!
これならGOKISOさん買います

PAXオリジナルカーボンホイール
 15万〜
ハブはオリジナルでこの価格
良く回るといわれるクリスキングに交換しても面白そう(そうなると+10万?)

REYNOLDS RZRとかも候補に挙げたいのですが、コイツ体重制限があるんですよね…
総重量が85kgとか自転車の重量を考慮したら10kgほど痩せないとダメなんだよね(という事で候補にすら上がりませんでした

Shimano S-PHYRE(RC9)を買ってみました

シマノからもBOAシステムのシューズが登場しました
BOAシステムが搭載されたシューズは今の所はS-PHYRE(RC9)とRC7(SH-RC700)の2つ

去年の夏からMavicのキシリウムシリーズでBOAシステムが搭載されたシューズを買う予定だったのですがいつまでたっても発売しないし
お店にはRC9がデカデカと置いてあって試着してみて気が付いたらお値段が1.5倍のRC9を買っていた…
IMG_2978
40.5ワイドの限定色の黒色の在庫があったのが悪いんだ…(責任転換

500kmほどいろんなライドで試してみました
 第一印象としては自転車で走るには良いシューズだと思いました

純正ソールのアーチサポートを使ってみましたが、私の中では微妙でした
 MIDだとフィッティング感が物足りなく、HIGHはサポートが高く、幅が広く底上げされ即ヤメ
 私はどちらかを使えというならMIDになりますね、まぁ…オーダーのソールがあるので使いませんが
 熱形成を辞めたのはどちらかというとマイナスポイントでは無いでしょうか…

BOAは締め付けの微調整が出来は良く、これは楽、ベルクロに戻れないです
 ルーティングも変更できるので使い勝手も高くて良いです(締め付けモードはホント締め付けがヤバいので私は無理
 私は甲も幅もあるので左右ともゆったりにします

また、付属でソックスもついてきます(パッと見、普通ですがバンドの所にデカデカとS-PHYREって書いてあってこれはダサい
ソックス
このソックス、甲の部分が補強してありガッチリ締め、走っていると程よい締め付けで気持ち良くなりました
 最初はこのソックスダメだな…と思ってましたが適度な締め付けで使い込んでいくとコレ良いかもと思いました
 またMAVICのソックスに比べると若干厚めで、総合的にはこっちのソックスの方が使い勝手は上
  S-PHYREのラベルが見えないように普段からレッグガードとかしておいたら良いんじゃないですかね…

ヒールラバー等の交換部品にも対応
 今までR321等はヒールラバーが交換不可能でしたが、ついに交換可能になりました(価格不明

不満点
・価格は45,000円+税と他の上位モデルを買ってもおつりが出るレベル(SIDI除く)
 シマノがいうには他のメーカで同じカーボンのシューズを作るとこんな価格ではできないとのセールストーク
 ただ、ソックスとサコッシュ(シューズバッグ)があるので実売40,000円程度と考えるのもアリだと思…わねーよ
  R321と比べても1万の価格差を埋めれるのかは正直不明です
 ガチガチな剛性やエアロや軽さででいうならR321がオススメです

・装着時、アッパーの仕上げが今一つ
 SIDIみたいにアッパーベルト側じゃなくて引っ張る側にBOAがあったら良いと思うのですよね
  →ただその場合、まんまSIDIだけど

・純正ソール確かに良いんだけど…
 もう少しアーチサポートの幅が広かったら良かったと思いました
 MIDとHIGHのみじゃなく別売りでも良いので幅広い選択が出来れば良いと思いました

見た目はシマノにしてはかっこいい、なんでこの黒は定番じゃないんですか…
白はすっごい地味!
黄色はMAVICカラーかよ!って思う位真っ黄色
青は実際みたら「あ、かっこいいかも…?」と思いましたが、私が使うかと言われたら無理かな

実際、青色は良く売れてるみたいです、確かにこの3色だと青がかっこいいとは思いますが
 自分だったら無難な白になってるかもしれないです(まぁ、この配色でしたらMAVICをずっと待ってましたが…

CARRERA ER-01 ショートインプレッション

先日、フレームが届いたという記事だけ挙げましたが、
今回は結構乗ってきたのでインプレッションもやっていきます

まず、ER-01のスペックは本家のサイトではこう書かれています
 イタリア国内のカレラのホビーレーサーは年間2万キロ以上乗っています。
 そういったライダーをターゲットに開発された、ミドルグレードの性能を持つバイクです。

イタリアでは年間2万キロはホビーレーサですか、ぱねぇ…
日本だとその半分位が大半じゃないかな
(私はさらに少ない年間5000km程度)

さて、完成図はこうなりました
DSC_0408
やだ…ブレーキの主張が強すぎ…
 かっこいいけどこんなはずじゃなかったような気もする(主にブレーキとクランク

落差?そんなのいらねーんだよ!
 自分の身体の能力もあってか、落差がキツイと200kmを超えたライドが辛いんです(体幹が弱いとか言うな!
 また、HCも長くてハンドルもこれ以上落とせないのでそんなに落差はできない、いいね?

クランクがROTOR 3D PLUS POWER CRANKと剛性感はたっぷり
 しかもPCDが130だから53/39と剛脚さん向けギア構成(苦手な上りがさらにヤバい…)

では、ER-01の総評を書いていきます
ここでの評価は既存の構成Bianchi SEMPRE PRO(2014)+68アルテを100としています
また、タイヤもパナレーサEvoD3からコンチネンタルのGP無印に変更しているので乗り心地とかは大きく変わってます
チューブは同じものを利用してます
 前:ミシュラン
 後:SOYOブチル

乗り心地 95点
 フレーム自体は結構柔らかいけど不快感を出すようなことはない
 路面からの突き上げはSEMPRE PROに比べてもそこまで大差なし(こんなのタイヤで大きく違いますからね

スプリント 80/100点
 SEMPRE PROと比べると間に1枚何かがあり違和感はある
 またCAAD12のようなアルミと比べられると確実に柔らかい印象は持たれると思う
 コスカボのようなカチカチホイールとの相性は良い感じ
  シマノとかカンパのような柔らか系ホイールも面白そう(疲れが出にくそうな感じで
 スプリントで50km/h以上を常用する豪脚様には完全に向いてない

登坂能力 90/100点
 アップポジションなので5%以下の斜度であれば登りは楽に感じれましたが…
 それ以上の登りは…そもそも苦手なのでそこまで変化なし

ダウンヒル 90/100点
 SEMPRE PROと比べるとフォークの剛性は若干弱め…攻めたダウンヒルは辞めた方が良いかな
  しっかり減速しないとラインがズレる
 105やアルテのブレーキなら問題なさそうだけど、DURAブレーキレベルだとフロントが若干怪しい(ハイグリップなタイヤでもなりそう)

総評 90点
 RS21で105ベースであれば結構柔らかい気がします
 ホイールを若干固めなホイールに(アクシウムとか)アッセンブルするとキビキビ進むような面白いロードな気がします

このフレームは万人にはオススメしにくいと思います
明確的に目的が決まってるならオススメしやすいのですが…
ホイールで例えるならR-SYSのようなホイールでメリットも大きいのですが、デメリットも大きいからです

メリット
・フレーム重量が1150g前後と結構な重量で軽量とは言えないカーボンフレームなのでT700と弱めなカーボンでも剛性がしっかりしている
・ヘッドチューブが長いのでアップポジションで楽(逆にデメリットにもなりますが…
・ホイールベースが長いので低速安定感も高めで扱いやすい
・28cタイヤまで使える(らしい
・BBがBSAなので色々安心(異音とかメンテとか

デメリット
・ヘッドチューブが長いので落差を出すには結構厳しい(Lサイズだと170mmと長い)
・強い剛性を求めるフレームではないのでガチなレース(沖縄とかはちょっと厳しそう
・レースフレームにありがちな即レス感は無いのでパリっとした感じを求める人には向いてない
・UCI認証マークが無いのでガチなレースには使えない(一般人は困るのか?

FORTUNEBIKEさんにも同様のことが書いてありますねER-01の評価

どういう人にオススメかというと、私の見解だとこんな感じ
・初めてロードバイクに乗りたい人で安価でカーボンフレームを探している人
・ブルベやロングライドイベントで淡々と走る人
・普段の練習用(なるか不明だけど値段的な意味ではオススメできそう

確かにカレラさんが言うとおりミドルライダーまでですわ、それ以上だとAnchorのRL9とかをオススメします

Flak 2.0 (Asia Fit)を買いました

以前アイウェアを購入しましたという記事を年末頃に書かせていただきました

現在のオークリーさんの度付きレンズは本国(アメリカ)生産になるので最低でも1ヶ月弱待つ必要があります。

で、待つこと1ヶ月半くらいすると私の携帯に見知らぬ番号からの着信があり
受け取ってみると完成しましたと連絡が入りました。

DSC_0414





やだ、このフレームのクリア具合かっこいいじゃないですか(歓喜

まだ受け取ってきたばかりなのでライド中の利用はまだなのですが
先日通勤中に使ってみました

メリット
・フィット感が高いので風が顔に当たっても目が乾くことが無い
・軽いので付け心地が良い
・調光レンズの感覚は自然に変わっていくので違和感はまったく無い

デメリット
・フィット感が高いのは良いのですが、目がかゆくなったとき気軽にこすれない(こするなよ

夜はクリアになるのでものすごく見やすい
コレもっと早く買っとくべきだったわ…

MAGURA RT8c ファーストインプレッション

こんなキワモノパーツ、ググっても全然情報が出ないのに買うとか馬鹿ですね
まず、デメリットから書いていくぜ!

デメリット.1:値段が高い
 発売当初から値上がりが起きたのでさらなる値上がり状態で、もうホント高い
 RT6cで58,000円
 RT8cで74,000円
 そしてRT6は10月頃に廃版となって余計誰も買わないよ状態

 ちなみにBR9100で35,000円位
 SRAMやスーレコで50,000円位
 RT-6cならSRAMとお値段が同様レベルなので面白そうだから買おうってなるかもですが
 こんなの普通買わないし、無駄に油圧ラインもあるから故障の確立も高くなるから
 純粋なレース機材にもなるか不明(それに余分なものもあるから重たいからね

デメリット.2:コンバータが左前ブレーキとなっている
 日本のブレーキ事情は7割以上が左前ブレーキみたいです(baruさん調べ)

 もしかしたら油圧ラインを切り替えたらできるかもしれないですが
 ウチのメカニックさんはちょっと難しそうな回答をいただきました
  MCさんに聞いてみるのも良いかも知れないですが…

 で、ブレーキが左右逆になるのは怖いので、どうしたかというと、これ
 DSC_0399
 ブレーキワイヤーを大きく旋回させるというウルトラCレベルの対応
 配線の湾曲もそこまで窮屈じゃないので問題なさそう
 さらなるカオスっぷりがヤバい

デメリット.3:ミネラルオイルが高い
 シマノですら1Lが1000円超えて高いとか言われてるのに
 500ccで3000円とか高すぎるよ

デメリット.4:タイヤの脱着ができない
 書き方にちょっと語弊がありますが
 一般的なタイヤの場合、リムよりタイヤがはみ出ているのでリリース状態にしてもタイヤが当たる状態
 ひっぱりタイヤがあるなら問題なさそうですが(チューブラーとか?

 これじゃあ、タイヤの脱着をどうやってつけるんだよというと、こうやるんです
 脱着手順
  1.タイヤの空気を抜きます
  2.コンバーターをリリース状態にします
  3.ホイールを脱着します
  4.タイヤの空気を入れます
 わぁ、めんどくさい、コレが一番運用を考えるとヤバイ
 輪行とかどうするんだよ、フロアポンプがある駅で降りないと大変じゃないか

デメリット.5:ブレーキシューが減った時の対応がめんどくさい
 油圧なので引きしろの調整が基本できません
 じゃあ、どうやってシューが減ったら調整するんだ?
 というと、船とアームの間にワッシャーを挟む事で対応を行います
  うわ、糞めんどくせぇ、メカニックが

散々悪口を書きましたが、メリットも書いていきます
メリット.1:引きが軽い
 これ、マジで軽いです
 ぬるっとブレーキが利いて止まる感じ
 ブレーキの剛性は結構高いので思いっきり引くと怖い

メリット.2:見た目がカッコいい
 DSC_0400
 ほら見てくださいよ、この見た目、厳つくてカッコいい
 DSC_0402
 かっこいいでしょ!?

あとは、maguraさんのオイルの持ちですね
MCさんはオイルはそれなり(数年単位)で持つと回答が来ました
が、半年に1度の点検はして欲しいとの事でした

後は雨の日とかそういう時の感想を書いていきます

CARRERA ER-01が納車されました

ようやくやってきました
CARRERAのエントリーグレードでフルカーボンフレームのER-01
DSC_0395

ホント、どうやったらこの価格でリリースされるのかが本気でわからなくて怖い
フレームにUCIのマークが無かったのでUCIの認定フレームじゃないんですかね・・・?
割とどうでもいいですが、気になる人は気になるかもしれないです

フレーム単体の体重測定をしてみると1150gと当たり素材?
カタログでMサイズが1150gでコレはLなのでもう少し重たくても良いと思うんですが・・・

また、画像の状態からボトルゲージをつけたフル装備の実測値は8,320gでした

ここから重量に関しての推測
 フォークが500g前後と推測
 6870がフルセットだと2190gですが
  チェーンとスプロケが90DURAで若干の減量が見込めます
  クランクがROTOR POWER+noQ53/39+CR2477(*2)=766g
  謎ブレーキさんは480gと150gの増加
 CC40cは素だと1550g(カタログ値
  タイヤ(230g)とチューブ(70g)なのであわせて2200gと推測
 ハンドルやシートポストなどで1kgくらい
 ケーブル類は多くても300gか?

計算すると7,800gと500gの誤差が発生www
 相当な誤差じゃねーかよ…

次回、インプレッションを乗せていく予定です(天気が良くなればですが・・・

今年(2017年)に買いたいものリスト

さて、年も明けたので今年の買えたら良いなって感じのリストを作成しました
(完全物欲と備忘録なので基本スルー推奨ですよ

また、書いたけど本当にそれを買うかは不明です

ヘッドセット(2万前後+工賃)
・CANE CREEK 110CLASSIC. EC 30 THREADLESS
 純正のFSAでも普通に問題は無いし不満はないだろうけど交換したら違いがあるのかを確かめたい
 またヘッドセットだと定番がクリキンだけど、こっちも110年保証と気になるのでこちらをチョイスする予定

BB(2万前後+工賃)
・ROTOR BSA30 / ITA30
 現在はROTORのSTEEL BEARINGの方を使っていくのですが(予算不足)
 BianchiのSempreの時もセラミック(TNI)を使っていたので、セラミックにしようと思います
  とりあえず、純正のBBがどれくらいのモノなのかも確認して予算が出来たら交換します
 BSAのBBでもから30个砲垢襪發里ROTER以外にもあるっぽいのでお店の人と相談です

コンポーネント(20万前後?+工賃)
・Shimano Dura-Ace9150
 現状68Di2のスペックに不満は無いのですが
 私だけ起きる謎の現象(イベント時、勝手にシフトアップ・ダウン)が発生するのが悩みです
  現に2015のビワイチで1回・2016のアワイチで数回発生してます
   →ただし、スタートから1時間程度で、それ以降はめったに発生しません
   ※イベント時、Di2調整モードにはよく陥る
 交換対象部品はケーブルを除いたすべてとか泣きたくなるレベル
 BT-DN110(バッテリー)
 FD-R9150(フロントディレイラ―)
 RD-R9150(リアディレイラ―)
 ST-R9150(STI)
 EW-WU111(ワイヤレスユニット)←BTDN110で対応可能?
 あと、シンクロシフトが魅力的で欲しいってのもありますよ

後はホイールとか以前から言ってますが
 目的のホイールはどれも高いので買うとするなら相当節約しないとダメなのでもう少し様子見ですね

2016年の統括 2017年の抱負というか目標

もう1月の6日目で今更感が高いですがまとめておきます

2016年走った距離は4700km位
2015年走った距離は4800km位

距離差は100kmですが15年の方が沢山走った気がします。
確かにアクティビティとか見てたら15年の方が短距離でしっかり走ってることが多かったので脚も結構できてたのですが、去年はそこまで追い込んでなかったです
昨年は1回のライドが長かったのですが…

今年の目標としては5000kmと以下のライドを目標
・羽咋から木崎湖(200km)
・白山ループ(350km)
・羽咋→乗鞍→木崎湖→糸魚川(350km)
・羽咋→白川郷→名古屋→米原(350km

あと、ブルべにも復活する予定です
AJ近畿さんのブルべで行われる
 BRM0401の福井200
 BRM0506の高岡200か300

あとイベントとして参加したいのがコレ
 AACR(5月版)←確定しました
 GF富山(6月)
 アワイチ(9月?)

また、本年もイベント等で出会ったらよろしくお願いいたします。

度付きのアイウェアに関して考えてみた

メガネをしている人だとアイウェア(度付き)が気になる人が多いと思います。

有名所だとオークリーが憧れになりますが
いかんせん高いのが難点です
レンズ度数は確か6.00まで対応・調光あり

他のメーカーだとRUDY PROJECTという所があります

お値段はオークリーと良い勝負ですが、こちらのレンズは8.00まで対応しているので
オークリーで無理だった人でもこちらなら行けると思われます。調光は不明

後は、安価な所だとエレッセが有名所ですね
ただ、内部にレンズがあるのでどうしても見える所の誤差が出やすいのが難点ですが
何もつけないよりは良いと思われます

で、半年間悩んだ末、購入しました
main







ただ、注文をしただけでまだ手元には届いてないです

フレームと調光レンズで6万の出費は痛いよなぁ
こちらの方も届き次第レビューをしていきたいと思います

視野のズレは普通のメガネとどうなのか等
ツイート
訪問者数

  • ライブドアブログ