ライド時いつも向かい風

ポタ日記と時々お仕事のプログラムのお話 主に自転車の内容です たまに他の事を書いていこうと思います

アワイチ2017サポートスタッフとして参加してきました。

9/18日、アワイチ2017がなんとか開催されました
前日台風でしたが無事開催されましたやったー
今回のガーミンのログ




私は、ショップの方でサポートライダーとして参加

私のタイムスケジュールがスゴイんです



スタートの脚切りが7:20で私のスタートが7:15
AS1の脚切りが8:48で私のスタートが8:50
AS2の脚切りが10:45で私のスタートが10:38
AS3の脚切りが13:30で私のスタートが13:20
AS4の脚切りが14:40で私のスタートが14:30

スタート地点〜洲本AS
 私のスタート時間だと閑散としてて草も生えない…
 私と一緒にスタートした人はミニベロで1名でしたがいきなり置いて行かれる…
 巡航早すぎだろ…

 洲本に向けて25km/h巡航してたら他の参加者さんも後ろに来たのですが、
  坂が遅い私なので置いて行かれる…
 適度なペースで走っていたら洲本手前あたりで20分くらい前に出発した参加者さんに追いついたのでクルージングをしてました

洲本AS 8:28到着
 タイムアウト寸前にもかかわらず補給食が豊富
  豚汁美味しい
  梅おにぎり美味しい
  グリコのワンセカンドを貰い即座に飲み干す
  出発時間まで若干の余裕があったのでお手洗いタイム
 8:48 20分位の休憩を行い定刻になったのでAS1から出発

AS1〜AS2 水仙・灘エリア
 アワイチ最初の難関である水仙エリア
  まだ開始早々だったので足もあり、比較的余裕?でクリア
  てっぺんで下りの注意喚起を行い他のスタッフが来たので交代
 灘手前のストレートで30-32km/hの巡航してて後ろみたら大学生がグループが居ました
  心拍も190近くと追い込みすぎだので一旦脚を緩め28位で巡航スピードを落としAS2に到着

灘AS 10:27到着
 ここもタイムアウト寸前ですが補給食が豊富
  そうめんは無かったのですがねりもの超うめぇ
  かわらず梅おにぎり美味しい
  お水を貰い、出発準備を始める
 10:35 10分程度の休憩で定刻になったのでAS2から出発

AS2〜AS3 福良エリア
 AS2を出た瞬間に、参加者さんのロードからパンクの音
  さすがに無視することは出来ないのでメカニックを呼び、完了まで待ってました
  11:00頃 パンク修理対応が完了し、出発
   ただ、パンク対応して貰った人はタイヤのサイドカットでした
    応急処置では完治せず福良手前でリタイヤをしていました…
 このあたりからリタイア者がちらちら居ましたので連絡対応の処置を行い福良に向かう
  福良手前になると最終のアナウンスが流れる車と仲良く走行(あっちは車だけど)
 12:15頃
  一応殿なので、福良港を確認をしてみるとリタイヤ者が居ましたので
   リタイアの対応を行い、福良を出発
 AS3手前のローソンでも走者が居たりとAS3まで走行を促しAS3に到着

慶野松原AS 13:48到着
 タイムアウトになって10分程度なのですが、ASは片付け状態でした…
  お水とヨーグルト二つ+パンをいただき
  13:51 休める状態でないのでいそいそとAS3を出発

AS3〜AS4 淡路サンセットライン
 スタート時からタイムアウトなので巻くように疲れるギリギリの速度(25-30km/h)で巡航
 所々隠れるようにリタイヤする人が居ましたので見つけ次第、お声をかけ対応
 特に見どころも無く、多賀の浜ASに到着

多賀の浜AS 13:41
 タイムアウト1分後だったのですが、玉ねぎスープが無かった…
 チューベットもなく水とパンだけ貰い
 14:46 トイレに行きたいけど何故かもう片付け始めてたので泣きながらAS4を出発

AS4〜ゴール
 相変わらず25-30で巡航
 15:48 江崎灯台に到着、なんとか巻けた、やった
 お手洗いに行きたかったのでお手洗いに行き
 お手洗いから戻ってきたら回収のバスが来てた…早すぎる…
 15:54 江崎灯台を出発し殿をシルベストの方に託し出発
 16:21 なんとかゴール

今回、色々楽しかったですがストップ&ゴーが多くて流石に疲れました…
 またAS3/4は殆ど休んでなかったので疲労がヤバかったです
 予想以上に脚を使ったので次の日、ふとももが軽く限界でした…

次回もスタッフとして呼ばれるなら参加したいですね、今度は中間あたりで走りたいです

BRM0811 熊野300に参加してきました

結果から言うとPC3でDNFをしました
大きな理由としては以下になります
・オーバーナイト後の体調不良が堪えた
・手持ちの補給食が圧倒的に少なかった
・山に登れなかった(うわカッコ悪い
・純粋に貯蓄が出来なかった

今回のログはこちらです

今回は車で松阪に向かいました(これがそもそもの間違いだったのは言うまでも無いですね)
理由はコレ
・輪行だとフロアポンプが無いのでどうしても辛い
・ホテルを予約したのですが、白浜という場所が中途半端だったので車にした

ホテルで仮眠をしてたのですがチェックアウトギリギリまで寝る予定だったのに
結局、仮眠時間も少なく14時に目覚めてしまう…(また寝れば良かったのに…
チェックアウトの時間ギリギリまでホテルでグダグダと寝てたりお風呂入ったりしてました

18時頃、松阪駅付近に到着
駐車料金が24時間で600円とかクソ安いですね
車で仮眠しようと思ったけど西日がまぶしくて断念…

補給食とご飯を買い込み自転車のセットアップ



オダックス近畿の今野さんに参加証を渡したときに軽く問題が…
今野「このフォーマット、古いっすね、何処にありました?」
私「あれ…先日オダックス近畿さんのWEBページでDLしたのですが…」
今野「そっか、消したと思ったんだけどまだ残ってましたか。」

ブリーフィングでは大体10名前後の参加者さんがいて、22時スタートの人は数名いた程度でした。
内容としては最近問題になっているBRMの野良参加問題に関して話しておられました
「野良参加やサポートはダメ絶対!」

スタート〜PC1(距離56.1km)
先頭で出発を始めました
??「いっちばーん」

他の参加者さんと信号待ちでのやりとり
私「向かう先に雷鳴が見えるんですが大丈夫ですかね」
参加者「私、強い晴れ男だから大丈夫ですよ」
私「私、今年のイベントの最初は軒並み雨にやられてるんですよね」
参加者「マジっすか…」

というやり取りをしていたり
山間部に入ってから
???「ガサガサ」
参加者+私「うわぁ!シカかよ」

私「うわっ、ライト落とした(n回目)」
参加者「ちょっと固定しましょうか」
ビニールテープで補強をして貰いました、ホントありがとうございます。

色々雑談を交えながらPC1に到着しました(22:13付近)

PC1〜PC2(距離67.9km)
コーラを飲んだり補給食を食べつつまったりしていると後続のグループが合流
私達は出発し始めました

ここからちょっとずつ山岳に入りペースが乱れるので先に行かせました
また、私はちょこちょこ補給をしてたのですが、ハンガーノックになりかける(何故だよ…

0時頃、コンビニに入り補給したのですが、少し進んでまた補給…
で、体力も回復してない状態で山岳に入りただでさせ回せないクランクがさらに重たいwwww
ちょこちょこ休みながら登って走っていると急に「にょい」が襲ってきて、道の駅に逃走

こんな所にコンビニ(PC2)があるのかよ
と声に出しながら走ってたら本当にコンビニがあって笑いました(2:16頃到着)

PC2〜PC3(距離88.4km)
ご飯を食べてると後続グループの到着です、最終的に10名程度集まり、コンビニの駐車場の片隅で40分ほど仮眠
(リザルトを見てたら2:30頃に22時スタート組がPC2に到着してるとかすごい
3:30頃 出発し、朝焼けを見ながらテンションが上がってきてたのですが、少し進んだ所で軽い空腹感が私を襲う(またかよ
4:00頃 空腹感も無く、一口あんぱんを食べながら朝霜状態の中を走る、快適

5:00頃、道の駅?でSecretに今野さんに出会いサインをいただく、今野さんすごく眠そう
5:35頃、道路封鎖ゲート到着、ゲート開門が6:00で回りに参加者さんも居たので仮眠

5:55頃ゲートが開き、10kmのヒルクライムの開始
最初から斜度10%超えがお出迎え…コレ死ぬわ…クランク回せないわと泣き言を言って押して歩いてました…
最初の3-5km位はホントに小熊山レベル。
14%とか普通に出てくるの…今の私には無理www
途中6%程度になったのでペダルを回すけどすぐ12%とかが出てきて萎えてまた歩き出すの繰り返し…

7:16頃なんとか登頂(10kmで1時間超えてるとか笑えないっすわ…
行者還トンネルは噂通り怖かったです(こなみ)

下りも同様の路面コンディションでさらに怖い
ブレーキにも力が入るけど、路面が悪いからリムのダメージが怖い、手が疲れる…

8:00頃 キャンプ場みたいな所のお店で、お菓子を食べたりお手洗いを借りたりして出発

そのまま道を下りつつ、PC3に向かうのですが
オーバーナイトの疲れが出始めたのか休憩頻度が高くなる…

9:33頃、PC3到着
当初の予定より1時間の遅延、時間制限もギリギリで心理的にも焦り出す
それでも後は下り基調で100kmあるかないか程度でAve15で走ればクリアできるはずなのでクリアできるかもしれない
と思いながらカップラーメンを食べてたら、寝不足から来る胃腸の弱さがやってきて完全にココロが折れリタイアの連絡を行いました

その後、輪行準備をして11時頃吉野あたりを出発
なんだかんだと電車に揺られて松阪に到着したのが14時
電車の中で一瞬でも寝れたならまだアレでしたが、
結局寝れずにずっと起きてたとかホント自走出来たんじゃないかな…
まぁ、タラレバの話をしても仕方ないので、総括をしていきます

今回のブルベの敗因は補給を甘く見た自分の甘さでした
また、体調管理が良くなかったのが問題でした
次回はしっかりして完走したいと思ったBRM0811 松阪300でした

勝山ライドと68Di2の故障

先週の土曜日は、てっぺい氏と勝山ライドに行ってきました
ガーミンログ

今回は、比較的強度は低めなセンチュリーライド感覚です。
(それでも結構な上りを入れてますが気のせいです)

朝8時
 道の駅しらやまに集合し、スタート

てっぺい氏は野々市から自走なので脚が温まってますが、
私は温まる前からJAIST前の登坂を開始
私「あーこれ位(4%前後)の坂がつれーわー、もう機材チートしたいっすわー」
てっぺい「これ位の坂で機材チートとか機材チートの無駄使いですよ」
私「ええねん、機材チートの無駄使いしたいんだよ」

そんな雑談を交えながら軽く坂を上り、ハニベに向けてのダウンヒル(最大11%)開始です
基本片側1車線があるので前に車が居ない事を確認し、途中で止まってる車も居ない事を確認しながらアウタートップにしてペダルを踏み込む
瞬間最大時速77.4km/hを更新、コーナーがさすがに怖かった…

その後、ハニベ→粟津→山中→山代を抜けR364に突入
地味な上りでてっぺい氏に置いて行かれ、いつもなら下りで追いつくのですが…
今回は何故か追いつけず…アウタートップで激踏み
なんとか追いついたけど、上りで置いて行かれるようなやり取りをしながら永平寺に到着

山代付近はキツイ坂でもなく、距離も斜度もちょうど良い感じです
地味に結構上りますから初心者に最適なコースな気がします(車も少ないです

永平寺に到着し、勝山地方に向けて走っていると新緑がすっごい綺麗でした
意外と永平寺から勝山が遠かったのは内緒

11:20頃 勝山のセブンに到着
お昼ご飯を取って11:40分頃出発
ここからは正念場のR157クライムです

私「先に行ってトンネル前で待っててください」
てっぺい氏「わかりました」
私(はええ…おいつえねぇわ)

また、途中5%位がダラダラ続くとココロが折れて、脚着いちゃった
もうちょっと登れば、下りだったけど無理なものはムリだからね!

最終的にR157クライムにかかった時間はこれ位
てっぺい氏:50分かからないくらい
私:1時間ちょっと
てっぺい氏は山頂でハチに襲われてたみたいです…

谷トンネルを抜け白峰方面のダウンヒルをしていたのですが
R157の石川県側はお世辞にも道が良くないのですが、それでも速度は乗るので加速しているとRDの調子が良くない感覚に襲われました

信号待ちでリアのギアを4段にして、青になって加速しようとすると、ペダルが重wwwたwwwいwwww
この時は3枚目が1段と認識されていましたが、段々ズレていき、瀬女に到着する頃には11段目が1段目と認識されました
インナーに入れてるとトリムが擦れてうるさいし、チェーンにも良くないので、アウタートップ縛りで走ってました

キャニオンを走っているときの会話
私「下り基調だから、まだ何とかなるけど勝山でこうなってたらau損保のロードサービス呼ぶわ」
てっぺい「キャリーカーのアレですか」
私「ネタには最高だね」

なんとか道の駅しらやまに到着
本当に、お疲れ様でした

次は9月頃に白川郷に行きましょう

68Di2の故障は保障とかでなんとかなると良いんだけどな
ライド後、お店に行ってRDの診断をしてみたら「RDの状態がエラーが検出されました」
わかっとるわwwwww
とりあえず、shimanoに送付しました

保障とかそういうので直れば良いんですが…

2017 GF富山ロングに参加してきました。

結論から言うと、なんとかゴールが出来たという所でした…
ガーミンさんのログ

DSC_0542

前日、障害対応等やってたら退社時間が22時を過ぎていて、完全に白目をむいた

一旦帰宅して、富山に向かうにも帰宅に時間がかかってしまいこれは寝れないと判断
お金はかかるけど、富山のネカフェに向かい始める

ネカフェ、3時間で1500円って高くねぇか…
深夜8時間パックが1800円とかあからかに価格崩壊してるわ…
結局、店内が明るすぎたりして1時間程度の仮眠しかできず体調は微妙な状態でコンビニで朝ごはんを食べて会場入り

4:04時点で30台位車が居ました(※駐車場の入場は4時からです)
悪魔おじさんの自転車が一番乗りとか何時から居たんだろ…
とりあえず、場所取りを行い色々の準備を開始
自転車クラスタの朝は早い…
DSC_0540
当日受付を行い、ゼッケンを受け取りHHP先生を待ち、合流し車に荷物を投入

受付中から若干の雨粒を感じ取り…開会式前になると酷い雨
DBbN4FPUAAEsJqX
写真提供:HHP先生(無断転載)

6:20頃
スタートです、雨はヤバイ

庄川付近も雨が酷いので全然速度が出せないし、お尻が冷たい…
顔も前からの水しぶきがキツイから、ドラフティングも出来ないし脚を使わずに庄川まで連れて行って貰えるプランが崩れてる

第1エイド 庄川水記念公園
8:50着

ます寿司・バナナ・あんぱんと水をいただきmgmg
ここから山岳地帯なので貯蓄を考慮すると先頭集団をキープ

五箇山に向かう途中から急激な眠気が来たので自販機でコーラを購入し
五箇山を上り始めます…
うwwわwwwwキッツwwwwwwwいwwww

第2エイド 相倉合掌つくり
10:37着

ここでHHP先生に追いつかれました、先生早すぎます
補給もほどほど(10分程度)にし、出発
の前に、HHP先生は北日本新聞さんに取材を受けてました

道中、HHP先生は上りが早く追いつけません…
あれだけの荷物を抱えてるのに

第3エイド 利賀役場到着
11:52 着
HHP戦線より6分遅れで到着
お昼のそうめん超美味しい、どれだけでも食べれるね!

休憩はほどほどにし
12:11頃出発
最初の上りの時点でHHP先生に置いて行かれる事案が発生wwww
7分遅れで最後の山場にさしかかり、最終的に12分の差が生まれてましたwwww私くそ遅いwwww

第4エイド 八尾エイド到着
13:56頃

HHP先生と15分の差とかwwwwヤバイwwwww

14:30頃
30分ほど休憩を取って再出発(この時、結構ハンガーノックになりかけたりと散々でした
体幹はもうボロボロだし、ちょっとした坂でもう力入らないとかもう泣き言しか言ってませんでした

15:20頃
コンビニがあったので駆け込み
菓子パンとシュークリームを食べてカロリー補給し、5分ほど仮眠して15:45頃再出発
下り基調というのもあってか脚も比較的回復してきたっぽい

15:50 最終エイド 常願寺エイドに到着
コーラがあってうれしい、超うれしい
おはぎも超おいしかった!

16:01出発
HHP先生のトレイン(Ave30)炸裂
脚力も回復してたので、私のCC40cホイールのドラフティングが生きるwwwww
河口まで一気に到着し、残り6kmになってもHHP先生の速度が落ちない

そして、おいていかれる私wwww
スタッフ「追いかけましょうか?」
私「お願いします!」
狭い道路なのですが30-35クルーズで疲労感が溜まってる参加者を横目に加速
私(スタッフさんもすごいよ)

残り2km近くでようやく合流し、一緒に競輪場に到着

16:50頃 ゴール(富山競輪場)
GF富山恒例の競輪場コース体験(バンクはNG)を走っていて、コース半ばで涙が出た状態でゴールゲートをくぐりました
DSC_0542

恒例のアイスとうどんは骨身にしみました、すっごい美味しかった!
DSC_0544

今回は本当につらくて、八尾あたりから泣き言しか言ってませんでした
こんな状態でも完走出来たのはHHP先生のサポートがあったからだと思います

HHP先生にはホント感謝しかありません。
来年は、しっかりと脚力を作ってGF富山に向けてがんばります

人は木崎湖に帰るというのは本当なのか(緑のAACR2017に参加しました)

先日は、緑のAACR2017という自転車イベントに参加をしてきました。

AACRはエントリーから大変という超人気イベントなので、来年も行けるか不明なのですが
なんとか友人の分も含めた2枠を取りました

金曜日
お仕事も適度に終わらせ、自転車屋に向かい車検を行い、補給食を購入し帰宅

22時頃には就寝

土曜日
朝4時頃起床


軽く着替え、自転車を載せる準備を行う。

6時頃、てっぺい氏と合流…出来ない



少し待っていると電話がかかってきて自転車を載せこみ金沢を出発

11:30頃、AACR受付会場に到着


スペシャライズドジャパンさんの試乗車が沢山ありました
スペシャだとroubaixが好きだったのですが、今となってはディスクなので興味が無くなってます

個人的にはMavicのブースも気になったのですが、テストホイールは無く、会場を後にし、途中どこかの道の駅でおそばを食べながら木崎湖に向かいました

14時頃
DSC_0499
木崎湖自転車まつりに到着し、ほっぷ先生と合流
ほっぷ先生「せっかく木崎湖に来たんですから、小熊山行かないとダメです」
てっぺー氏「良いですね、行きましょう」
ワイ「嫌です、小熊山って激坂じゃないですか、知ってますよ」

しぶしぶ自転車を用意し、Mosaic.wavのジャージに着替え会場を歩いていたらMosaic.wavのジャージを着た人に囲まれました
男性1「愚輪(愚民?)の方ですよね?」
男性2「一緒にGSRに出ませんか?」
男性3「たのしーですよ」
ワイ「お誘いはうれしいのですが、私が石川なのでちょっと無理なんです」
と、お誘いをお断りしました…ちょっと楽しそうなのですけどね…GSR

自転車まつりで、ここのサークルさんのチャームが欲しいと思いました…というか買っておけば良かった…



15時頃
小熊山に向けてペダルを回しだす
ふえぇ…マジで激坂だよぉ…
2つ目のスノーシェードの所まで上ったのですがコレ無理だわ…と余裕の足つき
斜度が10%超えていて、再スタートが出来ない…なんだこれwww

泣きそうになりながら押したりして何とかスキー場まで到着
その後のパラグライダー場まではキツイと言いながらもゆるゆると到着
DSC_0506
確かに絶景でした、途中死んだけど
その後、写真を撮ったりして戻り始めました

下りの途中で上ってくる人を避けたらキツイ段差があってリム打ちパンクの発生
パンク修理後、空気を入れて降りはじめたら、またパンク(チューブの劣化でした)が発生

半分泣き+半分キレながらパンク修理をして空気を入れてたのですが、指の力が尽きて6気圧程度でダウンヒルの開始
砂利道走ったらパンクしました(当たり前だよ

その後、ほっぷ先生からチューブをお借りし、ポンプで空気を入れてました
???「いっぱいはいっちゃうよぉ><」
???「パンパンにしちゃうぞー」
どうみても不審者の集まりです、本当に(ry

なんとか下山し、木崎湖キャンプ場に戻り20km走破バッジをいただきました


その後、ホテルに戻り各自就寝しました。


AACR当日
朝1時
なんとなく目覚めて、テレビつけたら劇場版のラブライブをやっていたので見入る


気が付いたらテロップが流れました…

2:30
出発が1時間後と寝たら起きれないフラグなのでスーパーに朝ごはんの買い出し
車の近くにアームガードの片側だけが落ちてました…もう片方が見つからない→そのまま紛失しました

3:30
ホテルのロビーで合流、会場に向かう

4:30
会場到着、スタート地点ではすごい人、予備チューブが無いのが痛い…
DSC_0507

5時
スタート、景色は絶景でした
DSC_0508

第2エイドのねぎ味噌美味しすぎでしょ
これだけでごはんが進むわ
DSC_0509
また、サラダがあったのですが、普通にドレッシングがうますぎてヤバイ
ただ、第2エイドの公園の中のルートは地味に坂道があって体力を削られました…

途中の景色もヤバイ
DSC_0510

折り返し地点の白馬も景色がやばい(語彙力の低下
DSC_0512

白馬からの折り返しを走ってるとほっぷ先生やゆうてんさんとすれ違いました

また、途中縁川商店によっておやきを食べたりしてました
DSC_0513
また、縁川商店でパリブレストパリが売り切れという情報を聞いて泣き崩れたりもしてました
10時だぞ…早すぎだろ…

その後はゆるゆるとゴールに向けてペダルを回してました
後半はゆるやかな直線で下りというロケーションでスピードが良い感じで出ました
test
120km組や80km組の人を横目に35-40巡航で追い越しとか確かに怖いよな…

最終エイドに到着し、休み出発
エイド入る前は良く回る脚だったのに、上りだからってのもありますが脚が回らなくなりてっぺー氏において行かれましたw

13時2分前にゴールし、帰宅

木崎湖のロケーションは良かったです
アレはまた帰りたいと思う風景でした。

自転車の究極ホイールを実際に使ってみた

現在、ロードバイク界隈で究極のホイールと言われているのがlightweightとGOKISOです

両方を試乗したというインプレも少ない(あっても雑誌だと元プロとか剛脚様だと参考にならない

で、私が通っているショップでlightweightとGOKISOの体験がありましたのでホイホイ行ってきました

lightweightのmeilenstein(画像無し)
この日は、風速が6mと若干ありましたが、良く言われる、横風に弱いとか全然なく、全然フラれる見込みは無かったです
踏めば踏むほど加速して、GOKISOのような巡航とは違って、巡航が楽と言うのはちょっと難しいですが綺麗なペダリングをしていれば基本グングン進み、ものすごく楽しい
つむりさんも書いてましたが、初めてロードに乗った時のような感覚が本当にありました
もっとペダリングが綺麗で脚力がもっとあればすごい武器なんだろうなぁ…この娘は

ホイールは剛性の塊なので100kmほど走った脚でもER-01のような柔らか系フレームだと乗りやすかったです
Sタマとかだと脚壊れるんじゃないかな…私の場合

gipfelsturm
DSC_0467
こちらもmeilenstein同様ゼロ加速はマジで素敵
ただ、リムハイトが少ないので巡航はちょっと弱いかな…ペダリングをくるくるしてれば基本問題は無かったです
横風の影響はホントに無かった、すごいホイールでした
lightweightを買うとしたらgipfelsturmを買うと思います…
ただ、TUだしパンクリスクを考えたら中々厳しい所がありますが…


お次はGOKISOになります
DSC_0469

GOKISOのノーマルハブ(画像無し)で38mm
ゼロ加速はlightweightと比べると若干重たいけど、スピードに乗せてしまえば笑いが止まらないレベル
28km/h前後でペダルを止めてても全然減速しなくて笑う
また、ハブのカカリも良いので加速も鋭く大変良いホイールでした(ライトウェイトほどでは無いですが、CC40cと良い勝負だと思います

クライマーハブで24mmと38mmになります(画像は24mm)
DSC_0470
24mmは初速も軽いのですが、巡航はイマイチなレベル、常にペダルを回してないと30巡航が厳しいかな
 これならノーマルハブの38mmがオススメ出来ますって言う位ちょっと平地では勿体ない
 5%前後の坂道だと良いと思うのですが…オールラウンドって感じじゃない…
 38mmだと止まらない感覚で笑う
 また、A7075T73というジュラルミン削りだしで衝撃にも強く乗り味は最高でした

スーパークライマーの38mm
DSC_0472
クリンチャーホイールで960,000円(税込1,036,800円)というちょっと何言ってるかわかんないレベルのホイールでハブだけでもなにこれ、すごい回る…笑う
フロントホイールを回すと本当に止まるのかと逆にこっちが不安になるレベル

DSC_0473
フレームの10倍の価格差とか、マジ笑うんですけど…
乗り心地は笑うしかないレベル
また、リム交換は29年で3回無料保証という特典もあります(リム等で17万を3回なので安いのでは(混乱


個人的総括
GOKISOホイールの初速(ゼロスタート)は厳しいですね…クリテリウム等の加減速が多いレースは慣れるまで難しい気がしますが普通のロングライドやグランフォンドであればコレは強い武器になると思います
激坂やゼロ加速が多いレースならlightweightを買えば良いと思いました
また、ペダリングをしててすべてのホイールの感覚を葬りさるのであるならlightweight一択です

私の使い方を考えればGOKISOで38mmがベストバイと感じました
出来るのであればスーパークライマーの38mmが超欲しいと思いましたが100万という金額で泣き崩れていますね…
クライマーでもホント十分なのですが、スーパークライマーを知ってしまったら欲望がヤバイとしか言えないです(白目
ホント、キツイイベントに行ってしまったよ

能登半島SDライドをしてきました(今年もDNF…

年1回行われるショップライドです
SDとはセルフ・ディスカバリーの略です

パンクとかそういうのは自分でがんばってね
どうしようもない時はスタッフが助けるからというイベントです

去年は、悪天候の為中止となり、2年振りの開催です
2年前のリザルトはこちら

今回のガーミンログはこちら

今回はニューバイクということもあり、ロングライドの威力を発揮する時
DSC_0459

今回は、ドイターのフレームバッグを購入しました
フロントバックはブレーキとかの問題もあり装着できなくなった為です

私はソロ
ただ、完走は元から諦め、途中からショートカットの予定です
理由は以下
・スタートが4時、撤収時間が18時と16時間と時間制限が厳しい
 →チーム走の場合は、スタートが3時で撤収時間が18時で17時間と若干の余裕がある(逆じゃねーのかよ!
・距離が伸びたり、コースの難易度が高まった(300kmから325kmや獲得標高が500mほどアップした)
・ロングライド時の新しい自転車のポジションが確定していない(100km程度では出ない痛みが悩み←たぶんフォームの崩れだろうけど…
・チーム分けがソロ・2名・3名とあったのですが気の合うチームが作れなかった(ボッチとか言うな!

noto2017
300kmを走り切ろうとするとAve20程度の私はタイムアウトになるのです…
輪島  97.0km  5.00
珠洲 160.0km  8:00
穴水 230.0km 11:00
氷見 300.0km 15:00
羽咋 325.0km 16:00

これはいけない、やはり短縮プランです(それでも300近いですが…
noto2017_shout
輪島  97.0km  5.00(9:00)←かっこは実際の時間
珠洲 160.0km  8:00(11:00)
穴水 230.0km 11:00(15:00)
七尾 260.0km 13:00(17:00)
羽咋 290.0km 15:00(19:00)
妥当な所ですが…これも破綻しそうで怖いです…

フレームバッグには以下の装備を入れました
・予備チューブ:1本
・タイヤレバー
・ショッツのグミ:2袋←コレマジでおいしいのでオススメ
・モバイルバッテリー
・USBケーブル
・SAVASのジェル:梅味2本
・グリコCCD:1袋
・お金

以降、実際に走ってみました。続きを読む

BOMAのロードバイクに乗ってみました

先日、地元の自転車屋で、BOMAのロードバイクの試乗会がありました

他メーカもありましたが、TREKのMADONE9とかもう見飽きたので興味は無かったです

まず乗ったのがBOMA CofyIIのサイズM(完成車で23万位?)
コンポは105構成(クランクはFSAのOMEGA)でホイールはシマノWH-RS330
パーツアッセンブルから柔らかいので乗り味は普通
別段面白みはなく、長距離を淡々と走るには良いと思います、レースだと…うーんって感じ
選択的には悪くは無いのですが、初心者向けって感じ


VIDE(フレーム価格 218,000円)パーツは105構成
DSC_0449
乗り味はER-01に近いカーボンもT700なので似たような乗り味で楽しい
フレームはエアロ形状で攻撃的、このホイールもまた良くグイグイ進む(ただラチェット音が若干デカい)
BBは86なのでクランク剛性も高く105とは思えない位硬く感じた

VIDE PRO(フレーム価格 300,000円) パーツ構成 DuraDi2
DSC_0447
ホイールがカーボンTUだったので柔らかく感じたけど、他のホイールにしたら60t/HM 1K仕上げで笑う位硬いSEMPREに近いかそれ以上。
本気で踏むと私の脚が壊れるレベル
まぁ、クランクもDURAだったりするので仕方ないかもしれないですが…

後、気になったのがカーボンハンドルこれはGH-02でトップ部分が超持ちやすい
DSC_0448
リーチ部分が70mmと手の小さい私歓喜でしたが、HB-05というハンドルがさらに短い62mm
コレはヤバイ、めっちょ欲しい、夏ボに買おうかしら

今までは触った事のなかったBOMAですが、良かったですね(特にハンドル)

このような場を提供してくれた自転車屋さんに感謝します
今度BOMAのハンドルを買いに行きたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

決戦用ホイール考察(ローハイトも追加)

現状使っているホイール(CC40c)もジャンル的には決戦ホイールになりますが
たまに他のホイールも欲しいよなぁと浮気心が出ますが、CC40cが適度に便利な娘なので離れれない状況です

MavicのCC40cの良いところ悪い所
良いところ
・リム面がかっこいい(重要
・ハブのカバーがカーボンなのでかっこいい(超重要
・スポークテンションが高く、リムも適度に重たいのでなんだかんだとよく回る
・ラチェット音が静か
・パッとみるとWOでなくてTUっぽくてかっこいい

悪いところ
・40mmにしては若干重たい(ペアで1550gは40mmクラスにしては重量級で60mmクラスになる
・雨の日の制御力が弱い
→Mavic純正シュー(イエローキングシュー)ですが最近のカーボンホイール(BORA等)に比べると制御力は今一つ
・カーボンホイールとか言いながらリムにアルミがあって正確な意味でカーボンホイールじゃない
→これが無ければ1450g位になりそうですが、そのかわり下りのブレーキ放熱性が問題になりそう

そんな自分でも物欲がそそられるホイールがコレらです
 もう見てるホイールが沼の底すぎてもう…ダメだ

campagnolo BORA ONE WO
 定価 262,000
 実売 22万前後
みんな大好きBORA
なんでUltraじゃないのかって?ハブだけの違いで15万も追い銭できないからだよ(マジレス
BULLETだとULTRAとの価格差が7万なのになんでBORAだと15万と倍額の値段差なのか、ホントわからない
不満点
・不満が出ない所が不満点
普通のもかっこいいけどダークラベルもクソかっこいい、また35と50で悩む
現在のCC40cと比べると確かに軽いけどお金を出して買い替える意味が出ない(TUなら話は別)

Shimano WH9100 C40/C60 TU
 定価 36万前後
 実売 30万前後
 チューブラーじゃねぇか
  _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
   ⊂彡☆))Д´)

今回のシマノのDURAホイールのTUはかっこいいと思う
91DURAのWO?知らない子ですね…
不満点
・リム幅が28mmと相当ゴツイ
→28cのTUってZIPPかよ!
→WH9000の弱点であった剛性を出す為のワイドリム化という言い分はわかりますが…
 それにしてもワイドすぎます25mm程度ではダメだったんですかね、見た目はかっこいいけど
・なぜこの外見でクリンチャーが出なかったのか…
 シマノさんが出すフルカーボンクリンチャー見てみたいなー(チラッ
 でもクリンチャーが出たらTUのお値段が36だから40超えるんだろう…買えないわ…

ZIPP 454NSW クリンチャー
 定価 529,100円
このキワモノみたいなリムがセクシーでかっこいいです
リムの高さが40から45ミリと変化していくとかどれだけ効果あるんですかねぇ…
またディンプル加工がどこまで効果があるか不明ですが、新型の良く回る(らしい)ハブとワイドなリム
問題点
・ZIPPの利用ユーザが少ない
→少なくとも私が行ってるお店のユーザで使ってる人が居ない
→というか北陸でZIPPホイールを使ってるユーザを見たことが無い
・52万って高すぎませんか?
→アメリカでも$4000だから、単純計算でも44万4000円(3/25 12:00現在)、単純計算で8万程度の価格差だから○ンタマは良心的なのかもしれない
→そもそもZIPPがぼったk(文章はここで途切れている
→+8万だしたらLightweight買えます(保障含めたらもう少し必要だけど
・ワイドすぎるリム
→この子28mmと幅広すぎます、今のフレームなら使えるけど…SEMPREだったら死んでた
・リムの精度がいまいち(らしい
→どうもお店の人の話だと製品ムラがカンパやMAVICに比べると大きいみたいです
 特にウェイトバランスが酷い模様で手間がかかる子だから(嫌:ココロの声)と言ってました(お店の都合
・またロングライド向けじゃないよね…
→トライアスロンの人御用達なイメージしかない

ZIPP 404NSWクリンチャー
 定価 414,300円
454のようなキワモノな形をしたリムじゃなくごく普通のリムの形
でもディンプル加工はしっかりされてる、コレ効果あるんすかね(あるからやってるんだろうけど…
問題点
・454に比べると安いけど、そんでも高い気がする←お前もうダメだわ
 NSWでなくFirecrestにすれば26万と比較的お安くなるけど…
 価格差からくるハブだけならまだ理解できたけどリムも幅が違うとか、完全別物じゃねーか!
・ラチェット音が気になる

CORIMA 47mm MCC"WS+" WO
 定価 44万
スポークまで何から何までカーボンというホイール(ライトウェイトやコスカボアルティメットと同じ原理)
見た目の破壊力は抜群でフロントホイールのスポークが10本とかマジヤバい…
 また体重制限が無い(本当か?)のが素晴らしいと思います
問題点
・インプレがあまりにもなさすぎて買うのに勇気がいる
・推測だけど絶対硬い
・フレ取りできないけどどうするの?
・ラチェット音が(ry

lightweight MEILENSTEIN
 定価:59万+保障(入るなら
みんな大好きlightweightさん
ホイール重量が1kgを切ってるのに体重制限も120kgと大抵の人はカバーできる素晴らしいホイール
問題点
・フレ取りとかメンテナンス性の問題
・ハブがDTなので音が大きそう
→DTのハブは良いと思います、ただラチェット音が気に入らないだけです
・絶対硬い、私の脚力ではロングライドで扱える気がしない
・高速巡行(できないけど)をするにはリムの重量が足りないのでずっとペダルを回す必要があるのが辛い

GOKISO
 定価:43万
lightweightさんとは別のジャンルでの究極の回転体、最近のホビーライダーのレースでメキメキ名を売ってきてるGOKISOさん
ホイールを実際回すとリムの重さで回るし笑いが出たりラチェット音が静かすぎて笑いがでる、欲しい
問題点
・+5万ほどでクライマーが買えちゃうから、正直違いが知りたい


GOKISO クライマー
 定価 49万
ノーマルハブとの違いはこんな感じ
・ハブボディがジュラルミンという何の効果があるか今一つ不明
(外側弾性体構造とか言われても正直わからんよ
問題点
・リムのデザインがちょっとダサいというか今一つ(実際見たら手のひら返しそうだけど

GOKISOクライマーハブ+ENVEリム
 定価26万+20万前後+α
リムがダサいなら交換すれば良いじゃない(マリー?
手組の最高峰で定番のENVEのリムで攻めるのも面白そう
問題点
・スポーク数に悩む(定番の24/28が妥当か?)
・見た目が攻撃的すぎて困る(何言ってんだコイツ

GOKISOクライマーハブ+CORIMAリム
 定価26万+16万前後+α(工賃やスポーク代金)
ENVEと違ってリムがカーボンカーボンしててかっこいい
またリムがENVEより安くてお財布にも優しい
問題点
・CORIMAのリムのインプレが少なくて悩む所
→昔のBORAだったりMAVICさんにリムを提供してたりするので性能は高いと思いますが…

GOKISOクライマーハブ+SACRAリム
 定価26万+10万前後+α(工賃やスポーク代金)
最近登場した、カーボンリムメーカーさん
なんとノーマルブレーキシューでもOKという強気設定
問題点
・出たばかりのメーカーなのでインプレが少ない

GOKISOクライマーハブ+PAXカーボンリム
 定価26万+15万?
ここは1つキクちゃんさんに1本作ってもらいたいという要望もあります
ハブに関してはPAXオリジナルハブでも面白いとおもいますが、どうせやるなら良いものが欲しいという要望
問題点
・PAXさんが遠い(物理的に
・発注方法が不明、またその後のメンテナンスも同様…


レーシングゼロカーボン
 定価26万
 売値22万〜
ソツが無い優等生と言われている
艦むすに例えると…朝潮ぉ…ですかねぇ

欠点
C17リムなので25c以下はNGなのがキツイ(23C使いなので

キシリウムプロカーボン SL
 定価30万
なんとTUやディスクまでラインナップ
TUの評価は超高いけどTUかぁ…
普通の方は…んーわかんないや!

欠点
インスタントドライブ360は良いのは認めるけどラチェット音が気に食わねぇ
また、アルミ板もあるのでCC40cタイプ(結構肉薄)なのが気に入らねぇ←それでも軽量だけどね
レーゼロカーボンより高い…タイヤ要らないから安くしてよ(TUのタイヤは耐パンクも良いので好きですがWOのは…うーん)

ハイペロン
 定価38万
カンパさんの軽量ローハイトといえばコレ

欠点
TUしかねーじゃん!
また40万近いとかたけーよ!
これならGOKISOさん買います

PAXオリジナルカーボンホイール
 15万〜
ハブはオリジナルでこの価格
良く回るといわれるクリスキングに交換しても面白そう(そうなると+10万?)

REYNOLDS RZRとかも候補に挙げたいのですが、コイツ体重制限があるんですよね…
総重量が85kgとか自転車の重量を考慮したら10kgほど痩せないとダメなんだよね(という事で候補にすら上がりませんでした

Shimano S-PHYRE(RC9)を買ってみました

シマノからもBOAシステムのシューズが登場しました
BOAシステムが搭載されたシューズは今の所はS-PHYRE(RC9)とRC7(SH-RC700)の2つ

去年の夏からMavicのキシリウムシリーズでBOAシステムが搭載されたシューズを買う予定だったのですがいつまでたっても発売しないし
お店にはRC9がデカデカと置いてあって試着してみて気が付いたらお値段が1.5倍のRC9を買っていた…
IMG_2978
40.5ワイドの限定色の黒色の在庫があったのが悪いんだ…(責任転換

500kmほどいろんなライドで試してみました
 第一印象としては自転車で走るには良いシューズだと思いました

純正ソールのアーチサポートを使ってみましたが、私の中では微妙でした
 MIDだとフィッティング感が物足りなく、HIGHはサポートが高く、幅が広く底上げされ即ヤメ
 私はどちらかを使えというならMIDになりますね、まぁ…オーダーのソールがあるので使いませんが
 熱形成を辞めたのはどちらかというとマイナスポイントでは無いでしょうか…

BOAは締め付けの微調整が出来は良く、これは楽、ベルクロに戻れないです
 ルーティングも変更できるので使い勝手も高くて良いです(締め付けモードはホント締め付けがヤバいので私は無理
 私は甲も幅もあるので左右ともゆったりにします

また、付属でソックスもついてきます(パッと見、普通ですがバンドの所にデカデカとS-PHYREって書いてあってこれはダサい
ソックス
このソックス、甲の部分が補強してありガッチリ締め、走っていると程よい締め付けで気持ち良くなりました
 最初はこのソックスダメだな…と思ってましたが適度な締め付けで使い込んでいくとコレ良いかもと思いました
 またMAVICのソックスに比べると若干厚めで、総合的にはこっちのソックスの方が使い勝手は上
  S-PHYREのラベルが見えないように普段からレッグガードとかしておいたら良いんじゃないですかね…

ヒールラバー等の交換部品にも対応
 今までR321等はヒールラバーが交換不可能でしたが、ついに交換可能になりました(価格不明

不満点
・価格は45,000円+税と他の上位モデルを買ってもおつりが出るレベル(SIDI除く)
 シマノがいうには他のメーカで同じカーボンのシューズを作るとこんな価格ではできないとのセールストーク
 ただ、ソックスとサコッシュ(シューズバッグ)があるので実売40,000円程度と考えるのもアリだと思…わねーよ
  R321と比べても1万の価格差を埋めれるのかは正直不明です
 ガチガチな剛性やエアロや軽さででいうならR321がオススメです

・装着時、アッパーの仕上げが今一つ
 SIDIみたいにアッパーベルト側じゃなくて引っ張る側にBOAがあったら良いと思うのですよね
  →ただその場合、まんまSIDIだけど

・純正ソール確かに良いんだけど…
 もう少しアーチサポートの幅が広かったら良かったと思いました
 MIDとHIGHのみじゃなく別売りでも良いので幅広い選択が出来れば良いと思いました

見た目はシマノにしてはかっこいい、なんでこの黒は定番じゃないんですか…
白はすっごい地味!
黄色はMAVICカラーかよ!って思う位真っ黄色
青は実際みたら「あ、かっこいいかも…?」と思いましたが、私が使うかと言われたら無理かな

実際、青色は良く売れてるみたいです、確かにこの3色だと青がかっこいいとは思いますが
 自分だったら無難な白になってるかもしれないです(まぁ、この配色でしたらMAVICをずっと待ってましたが…
ツイート
訪問者数

  • ライブドアブログ