OCTOBER FALLS [SARASTUS] のCDレビュー買い納め

2008年03月30日

GRIS [IL ETAIT UNE FORET] のCDレビュー

プログレみたい

GRIS [IL ETAIT UNE FORET]
(2007)

分類:ブラックメタル

………満足度:96点



トラックリスト

1. Il Etait une foret...
2. Le gala des gens heureux
3. Cicatrices
4. Veux-tu danser?
5. Profonde misanthropie
6. La dryade

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カナダ産デプレッシヴブラックメタルバンドの1st。
Niflheimというバンド名から改名している。

神秘的なKEYに包まれたイントロから始まる,
しばらくするとノイジーなトレモロと絶叫が木霊する。
Niflheim時代にもあった時折入ってくるKEYがまた良い味付け。
後半は少しアップテンポになり終了。
は全体的にアップテンポですね。
甲高く泣きまくるギターと鍵盤アレンジが実に心地よい。
7:30くらいから疲労感漂う声で歌うパートと絶叫するパートが交互に訪れ
非常にドラマチックで感極まる。今作でのMy Favoriteに迷った曲だ。
い呂△笋気譴討い襪茲Δ弊峪劼両个だ爾ら静かなアコギが始まる。
そしてアコースティックな演奏をバックにヴォーカルが咳き込み始め、
その後もひたすら悲痛に泣き叫ぶ曲。
4:45くらいから哀愁漂うギターが入ってきて盛り上がるという神展開に。
またその後のヴォーカルがあまりに痛烈。
イ聾緘松し疾走するがひたすらスローテンポ。
ヴォーカルの高音絶叫もクライマックスにかけての最後の一絞りといったところか。
Δ魯凜.ぅリンや笛・ピアノなどによるクラシカルなインストで
今までのブラックメタル曲が嘘のような、
しかし、どこか今までのサウンドと通じるような物悲しげなとなっている。
メタルだけでなく、こういうのやっても一級品ってのは素直に凄いセンスだと思う。

ともかく筆舌しがたい悲壮感と、滅びの美学ともいうような美しいアレンジが秀逸な作品。
ヴォーカルには今まで聴いたことの無いほど感情が込められ
哀しみや怒りなど表情も豊かである(全部負の感情だが)。
もう本当に泣きながら歌っているかのようだ。
そんなヴォーカルが目立つが、演奏の方も煽情性が高く、聴き応えがあるパートの応酬。
同じ絶叫系でもSilencerのような狂気と鬱を感じさせるのに対し、
こちらは悲哀感と哀愁、そして哲学を感させられるのが不思議。
全曲10分前後だがこのテのタイプの音楽なら
必ず感じざるを得ないような単調さは微塵も感じない。

そんなわけで久々に衝撃を受けた作品でした。
デプレッシヴブラック好きなら是非とも聴いて欲しい作品。

You Tube
Il Etait une foret...
Veux-tu danser?
La dryade

・Myspace

//MY FAVORITE//
Veux-tu danser?
全曲素晴らしいが、これはあまりに悲しすぎる曲。
6分過ぎた辺りの声なんてこっちまで泣きたくなってくる・・・
曲名は英語表記だと「Do You Want to Dance?」で何やら意味深。

あとロゴはかあいいですね

logo

needled_2407 at 18:26│Comments(4)TrackBack(0)CD review | G

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Twilight   2008年03月30日 20:17
これはかなり良さげですね。見掛けたら買おうっと。
2. Posted by こるぴ   2008年03月30日 21:23
これは最近聴いた中でもかなり来ましたね。
今まで聴いたデプレッシヴ系の中でもトップクラスっす。
3. Posted by で   2008年03月31日 01:25
Niflheimの頃より格段に良いね。
悲壮感うpしてる。

それにしてもNiflheimって何て読むんだろう?
ネフェヒエム?ネフルヒェ・・・
4. Posted by こるぴ   2008年03月31日 12:10
Niflheimだった頃の曲はMyspaceなどで聴いたのみですが、
より悲しみに満ち、且つドラマチックですね。

「Niflheim」は北欧神話での霧と氷と闇の世界を意味する
ニブルヘイムだと思われます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
OCTOBER FALLS [SARASTUS] のCDレビュー買い納め