個人的に読みたいと思ったブログのRSSです。RSSに追加してほしいブログがありましたら当ブログコメントにて

不足にも満たない人物と化した自分の処遇に自分が一番困っている

7割がパート・バイト「不足」、業務縮小も 本社調査

小売りや外食の店舗運営に欠かせないパート・アルバイトの不足が深刻だ。日本経済新聞社が主要

企業に調査したところ、回答企業の約7割が不足して いると回答。このうち今後も人手不足の解消の

メドが立たないと答えた企業が6割だった。景気回復を受けた人手不足は長期化する可能性があり、

業務を縮小す る企業も出てきた。


http://www.nikkei.com/article/DGXNASDJ16H16_R20C14A7MM8000/


うーん・・・言い訳になると言われても介護のパートにすら2連続で不採用を喰らえば最早私は人と
してすら見られていないという現実が浮かび上がり、ネガティブな事しか書けない状況です。不足
しても猫の手よりも役に立たないって事ですからねぇ、そして外見的な問題だと言うのならば一朝
一夕で済むことではないですし経歴もどうしようもないしで数年前から詰んでいる状況なだけでまだ
死んでないだけですからね、いやあこんなんでも生存権があるからと開き直るしかねーよって所で
しかなく。別に構って貰わなくても飯がちゃんと問題なく食べ日々を過ごすことが出来るのならば
良いのですが、現実として構ってもらわないとそれすら厳しい世の中にしておいてそれはねーよと
思う困った構ってちゃんが私だ、その上自己主張も結構激しいぞ、聞いて色々とやってみたのに
良い結果が出なかったからな!グッドウィルに勤めていた時も言われましたが放置していた方が
勝手に物事をやりだして成長するらしいから、どうか長い目で私の好きなようにやらせて貰えないか
と思ったりですがそれって現代における最高の幸せと位置づけられるからなぁ、許されませんぜ
こんな話という状態。でも1周回って結局駄目なら同じ奇跡を願うならまだ自分の好きなことを追求
した方が早いし回収もできる可能性がある気がする今日日ですがどうなんですかねぇ?

求められた最低限にも及ばない、じゃあ下に突っ切った方が良いんじゃね?まあ勿論一番早くて
効果があるものは言うまでもないけども。とかいい年したおっさんが書いちゃう事ではないし現実的
でもないのですが、現状としてこれ以下はまずない、事実上私が生活保護から抜け出せないという
意味を示しているのだからこちらに振り切ってみるしかないのでは?という非合理を押し通したい
今日日ですね、もし自分が屑みたいな運でなければパチプロでもやっていたのかもしれませんが、
そもそも屑運で無ければ生活保護なんて受けてねーよってレベルまでは就活やってますし。とか考え
ている辺りに迷走しているのが自分でも分かるのですが、いやあ整理と覚悟が付かない次第ですわ
不足にも満たない人物と化した自分の処遇に自分が一番困っている中でどう生きたものやら



無職 ブログランキングへ 
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ 
にほんブログ村


くっそ迷惑だけど自分が好きなように出来ないならば自殺してしまえ!ぐらいに割りきってやろうかと
思ったり。少し動いて自分が窮地ってレベルじゃねーぞ!って察するのが遅かったのは就活で如何に
自分が拘りすぎていたかという現れでもあるのでしょうね、あーやっぱり生きる気力が起きないわ

上手に生きる事を求められる時代

職もお金もない「元号泣県議」 次は大阪で生活保護か

生活保護が受給できるかどうかは親の年金額次第じゃないですかね?言っておきますが審査要件

を満たすのならば断る事は出来ません、もし預貯金等隠していたらまーた詐欺になるというお話に

なるのでそんな簡単ではないと思いますがねぇ、どうも生活保護は甘い、狙い目だと思っている人が

多いようで。実際全額返金の意思を見せてますが本当に返済するかは不透明ですし、その部分も

合わせて兵庫県議会が告訴しているのでしょうがまあ返還出来たら言う程大事という話にはなら

ない気もしますわ、そんな話ばかり過去に聞きましたしどうせこいつ以外もちょろまかしているので

どっかの都議会の自民党所属議員と一緒で野々村元県議をスケープゴートにでもしてこの一件から

逃げ切る用意でもあると思ったりで。まああまりに拙いやり方だった、という所でしょうか、結局目立つ

所だけを刈って根はしっかり残っている、嫌疑がある県議をもっと追求して貰いたい所ですねぇ


しかしまあ真っ当にやるという話は馬鹿らしいって感じがしますねぇ、拗らせると俺が法だ!と勘違い

しちゃうようになりますからねぇ、ブラック企業の経営者とかその典型的な例ですし。幾らナマポが

真っ当な権利から受給していても許せないと考えちゃう間違った感情を振りかざす困ったちゃんも

多いですし、その辺は朝鮮人のナマポを減らせれるよって事で喜んでおいて下さいってところですか。

かと思えばアウトロー宣言しちゃう人もいますしねぇ、私からすれば今時流行らないと思いますし、

如何に誤魔化し、ばれないかが本当に大切という辺りが別に聖人でもないけども私なんか生き難い

事実になっているのが知性が足らない馬鹿ということなのか、とかく色んな意味で上手に生きる事を

求められる時代だなぁと思う今日日でございますわ、ダブルスタンダードぐらいじゃあ足りないね



無職 ブログランキングへ 
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ 
にほんブログ村


正直私ですら今から解体的出直しを求められても困るのに私以上に分が悪い人はもっとどうしようも

ないでしょうねぇ、あまりいないと思いますが

お前の常識こそ非常識だ!

130319_2347~01

自分が壁に貼っているポスターとかこれだけですね、もうこれも結構古いわ。とか例の女児監禁事件
での犯人がアニメポスターを貼っていた、という話に触れてみる。というか自称でしたがイラストレーター
だとしたらそういう界隈にいた訳ですし別におかしいという訳でもないだろうに、そういう事が好きでその
仕事、その点において問題視するようならプロ野球選手やプロサッカー選手なども否定できますぜ?
大体アニメ好きだからこういう犯罪に及ぶ、という因果性があると言うならそれを先に統計なり取れば
良いのに過去の重大犯罪者がアニメ好きだったから・・・とか一部を全部のように語られる仕草は生活
保護と同じような仕組みではあるなぁと思ったりですねぇ。あと、日本は漫画・アニメという文化が根付い
ていて子供の頃全くそれらに触れずにいるなんて日本で住む限りでは不可能でしょう、大人になれば
見るのを辞めるべきという義理もないでしょうしねぇ。というかアニメ・漫画以下のものが多すぎて私は
イマイチ離れられないです、大体社会が対人に多くを求めるのですから嫌気が差す世の中にしておいて
これらに没頭するのも許さないとかこちらからすればそちらの方がヒステリックに映るお話、原因を1つ
のものにしてしまうのは楽でしょうけども、一々敵視される事にメリットが如何にないか、少しはこの
ような物を好きな人には私の立場が受けているものを理解してほしいのですが・・・無論こういう立場の
人間からも攻撃されるのだからあゝ無情って感じで事の推移を見ている次第です、はい

私の立場だと女性に関わるのはハイリスク・ノーリターンなんですよねぇ、それでも養ってやんよ!って
考えてくれる天使のような女性でもいない限りは。あ、その際においてやり甲斐だけは保証しますけど
多分茨の道程度では済まない人生を選びたがる人はおらんでしょう、うむ。また右肩下がりだけどこの
ブログだけで飯食えるようになる方が可能性あるだろうなぁ、まあ何にせよ万が一を願って生きている
のでそれすら法が許しても私が許さない!とか思う人は死を望む全員に安楽死法案でも議員になって
通して下さい、センセンシャル。いやあ内容と頭皮が薄いおっさんが将来を嘱望するのも許さないと
いう余裕のない世の中になっていますが、そんなに世の中厳しいとして何の得があるのか?それを
言わされている自分というものにいい加減早く気付いて下さいな、手遅れになる前に


無職 ブログランキングへ 
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ 
にほんブログ村


期間工とか一見良さそうに見える額面から家賃だとかどれだけ引かれるのか、ってのが分かってない

馬鹿に絡まれそうになるしで何で対して調べずに偉そうに書けるんだろうか?そこが分からないし私が

この立場でもこんな事を言うのにはそれなりの論拠があるって事も理解してもらうにはどうしたら良い

のですかね?んでそんな事をしても飯は食えないしあー何でさ生きるのにこんなに枷をつけられなきゃ

行けないのか、お前の常識こそ非常識だ!と言って回りたいですね

ある程度お金がない事には何も始まらない

何か金持ちよりも貧乏人のほうがデブが多いというデータがあったのでぺたっとな

所得水準による肥満度の違い(2010年)

この記事では金持ちの方が忙しいから、という話になっているけど私はちょっと違うと思う。単純に
お金がないから動けないというのが正しいのではないか?って思うんですよねぇ。お金がなくても
フラフラするのは楽しいだろうか?ずーっとウィンドウショッピングとか面白いだろうか?それらの
行為は当初は楽しく出来ても段々買えない現実に襲われ卑屈になり、自然と足が遠ざかるという
ような事は起きて当然であろう。お金がないという状況はどうしても行動範囲を狭めてしまう、一定
の身動きに限られてくる。そしてそこから脱出しようとすると、それもまた少なからず金銭が絡んで
くる訳だ、タダで出来る事なんてかなり限られている。動かなくなり、そして食べ物の質は悪く値段
も大分安くともそちらの方が高カロリーだったりするのだ、そりゃ太るわという話に繋がる事が安易
に予想できるというお話である。まあ態々こんな事を書かなくてもネットを巡回している人にはよく
分かっている話だとは思いますが、自己管理だってある程度お金がないとやり切れないと思う訳
でして。そういう意味において30すぎの非正規雇用は厳しいだろうなぁとつくづく思うのですがまず
ある程度お金がない事には何も始まらないという現実は理解してもらいたいですねいい加減

金金金!ナマポとして恥ずかしくないのか!とか言われそうですが就活がタダで出来る訳ではない
ので致し方ない、多少は出る分もあるけど面接に行く交通費すら出ないのだからちょっと本腰を
入れて動くと受給額程度では厳しくなるというのを理解して・・・貰える日が来るんだろうか?やはり
結果が全てなので幾ら苦労をしたと言っても通じないのだろうねぇ、特にナマポという立場なんて楽
している!許せない!とかの思い込みがあるのですから。ただ楽をしている奴が原則受けれるもの
ではないんだよ、大抵の人間は不本意ながら受けているし私だってそうである。無論悪用する奴が
いて結果的にイメージが悪くなってしまうという状態ではあるけども、物事にはそこに至る背景があり、
それを理解しようとする敬意は最低限完全匿名とは行かない場所では成り立ててほしいですわ


無職 ブログランキングへ 
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ 
にほんブログ村


まあそんな事を書きながらもナマポの模範とは私は遠いのでアカンやろうなぁとか思いますが、でも

そこらのナマポよりは遥かに色々やって脱出しようとはしているという意気込みだけは認識して欲しい

というのがありますが結果はもっと大事だよというそんな状態なのを指摘しちゃイヤン


ブラック企業を支える国策

田村厚生労働大臣は北海道平取町で記者団に対し、雇用情勢の改善を踏まえ、非正規で働いて
いる若者を正社員にするため、能力開発の支援や企業への助成金の拡充などを盛り込んだ法案を、
来年の通常国会に提出したいという考えを示しました。

http://news.goo.ne.jp/article/nhknews/politics/nhknews-10013144461.html

gooの記事のほうが引用先が長く持つような気がして。まあこれはほぼ無駄に終わるでしょうね、
もし成功するのならば前回の麻生政権時で成功していると思いますし。あれ1人フリーターを正社員
として雇うだけで助成金100万円出したんだぜ、企業に。それでも正社員を雇いませんって話なの
だから企業全体に蔓延る正社員アレルギーは相当なものでございますわ。それに若者って話を昨今
拡充してますけど大体20代までなら何とか正社員の芽はあると思いますしねぇ、寧ろ芽がなく団塊
ジュニア世代でもあったりするロストジェネレーション、アラフォーあたりの就職氷河期世代とか数が
多い上で非正規のママってのが4割ぐらいあるのでしたっけ?それ何とかしないと社会保障が本当に
どうしようもない事になるというのに何故無策なのかがこれが分からない。あと安部首相は一旦この
世代を正社員にすると言ったけどあれは嘘だ、って一次政権時でやりましたからねぇ。つまりこれら
の話はブラック企業を支える国策であり、増税推進も含め国民に楽な生活をさせたくないという意思
の現れでもありますね、いやあいい加減圧政になっているので革命でも起こさないとって気分ですね

結局現状では助成金を悪用する意図しか無い企業が多いという事、今後は多少の選定がなされたり
するのでしょうかねぇ?ただ助成金は本当に助成金なので使える人材に出来ないとマイナスで、それら
に掛かる費用を考えると真っ当な会社だと要らない、って事になるんですよね。本当は安部政権から
すれば出来うる限り企業に協力をして貰いたいって所でしょうが、まあでも解雇規制緩和が進めば
その辺も問題ないから!とか裏で話を合わせて見せ掛けの良くなった求人倍率とか結果をもっとよく
したいという意図が強かにやりそうな気はしますね、結局騙す形が楽ですからねぇ、上から下まで。
こういった不正なお金の使い方を血税に充てられるというのに何かもっと怒るべき所があるだろうと
提案したいですし、有効な事を考えられる政府なら増税とかしないよというお話ですわ(´Д`)ハァ…


無職 ブログランキングへ 
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ 
にほんブログ村


しかし国民ガン無視政策をしているのによくまあそれで安倍政権を支持出来る人がまだまだいると

いう現実はまだ搾れるのですかねぇ?何か変なチキンレースになってる感じですねぇ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ