元フリーターのネガティブなブログ

キフリー。 30代フリーター。を辞めて契約社員(笑)へ転職。 もう少しもがきます。

昨日面談があった。そして雇用契約書を貰った。

「雇用期間に定めなし。」
という記載が目に入りましてね。

・・・これは契約社員を脱したということなのか?ヒャッホウ!

という歓喜の渦の中へ身を委ねる準備をしていたのも束の間。




やはり三日天下であったか・・。
敵は本能寺にいなかった・・・。


羽柴秀吉の中国大返しに匹敵する驚愕の策がここには存在したのだ。




上げて落とす。

これは痛い。

1回上がってるからね、上がってない所から落とされるよりもダメージは大きいよ。当たり前ですよね、だって高く上がってるんだからさそりゃ痛いでしょアハハハハ!!下げて落とすよりは確実に痛いでしょおおおおおオオお!!!

・・・・俺は何を言ってるんだ?





・・・・。




基本給が大幅に下がってるんですけど。
そして各種手当てが増えている模様。

あと月によって給料に大幅な変動があるんですが・・。

何か会社が根本から変わったっぽいんだけど。

年俸制っぽくなってるの?
え?
何コレ怖い。

手取りが10万を下回る月があるし、20万程度の月もある。
各種手当てで何かを調整しているッ・・・!



「あのな・・・所詮は下請けだか孫請けのブラックなんだよ。
こうやって企業形態を変えまくって生き残りを賭けてんだろ。」

といった事を古株先輩社員様から聞きました。
が、今回ばかり社内でも動揺が広がっているようで。。



「賞与あり、ただし会社の業績による。」


これは賞与なしに相当しますね。




これさ、、労働基準監督署に訴えたらどうなるのかな。

たぶん俺は社員さん達にボコボコにされて海に沈められるという私刑を執行されて他界すると思う。




フリーターは脱出したんだけど、やっぱ底辺貧困は抜け出せないみたい。

とりあえず来月の手取りは10万です。

ショックでフォークリフトの手元が狂ってリフトのツメをガリガリってやっちゃいそうだよ。

はぁ・・・。





旅に出よう。この世じゃないあの世へ。





 

 
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

にほんブログ村

ネガティブ日記 ブログランキングへ

いやぁ、解雇だよ解雇。

まあクビってやつだわね。
クビですよクビ!





























・・・・・えあ?
いやぁ、違う違う。俺じゃないんだわ。

同期の20代?

そうだったら嬉しいんだけど違うんだよ。 



同期は数人いてね、その中の40代の同期さんがが突然の解雇勧告を受けてしまったってわけなんだ。

この同期40代さん、車を所有しておらず、通勤は原付バイクだったんだよね。



もうこの時点でド田舎では有り得ない。
田園広がる殺風景な国道を原動機付き自転車で疾走するという行為自体が異質なわけなんですよ。
毎朝会社の駐車場に原付で進入する40歳さんにはとてつもない哀愁が漂っていた。

スクーターにフルフェイスという絶望的な組み合わせを、さも当然のように創造する40歳同期さん。
俺は「ドナドナ」の歌詞とどちらが悲惨だろうかと何度も自問自答に耽ったよ。

しかし、それももういい思い出。

もう彼はいない。


「今日で終わりだって。」

ハニカミながらそう言った40歳さん。
ラスト原動機付き自転車ランを、沈みゆく夕日が照らしていた。
彼がこの駐車場に入ることはもう無いのだろう。
この寒空の帰り道、後続車に煽られながら彼は何を思うのだろうか。。



俺は彼が好きだったよ。
俺も前のバイト先では原付で通勤を1年やったからね、田舎の原付乗りが、どんな差別を受けるかを俺は熟知しているつもりだ。親近感が凄いことになっていたよ。
実家にある今は使わないエンジンオイルをあげたりもした。

気を使わないで会話の出来る社内では数少ない大切な存在だった。

でも俺は、彼の携帯番号を知らない。
ラインのIDも分からない。

彼からすれば俺はただの鬱陶しいクソガキだったのかもしれない。




明日はわが身と気を引き締めるべきなのだろうか。。


しかし俺は2月に検査入院がある。
この病欠というか、入院のための休暇を会社に付け込まれてしまえば、俺の解雇も十二分に有り得ることなのだ。


何とも恐ろしいことである。



この世って地獄なのかな。










 

にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

にほんブログ村


ネガティブ日記 ブログランキングへ

昨晩、断れない飲み会があった。
あの難局を切り抜けるには、飲まねばならぬのだよ、飲まねば・・。

しかし何でいちいち空気がピリつくかなぁ。

己の一挙一動と言動に細心の注意を払わなければならない飲み会って何?
掴みあいになる可能性の高い口論の中に身体を張って入り、道化になりきり緊張を緩和させなければならない飲み会って何?

もう疑問符しか付かないわい。


当然今日は二日酔い。
当たり前ですよこんなん。

とりあえず昨日から念押しされていた絶対に遂行しなければ業務は終わらせて早退した。 

昨晩の立ち回りが良かったのかな。

「アレじゃしょうがないわな。」

と、皆快く俺を帰してくれたよ。


逆に言えば戦力外。

という風にも取れるのかな。


その辺は考えると病むので、今から寝ることにする。


おやすみ!



追記

底辺職場のコミュニケーションツールとして使っていた煙草だが、もう一生吸えないと思う。
受動喫煙を免れない環境にいるのが歯がゆいが、これも人生のレールを外れてしまった罪の1つなのだろう。


 

にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

にほんブログ村


ネガティブ日記 ブログランキングへ

このページのトップヘ