November 03, 2008

今更ですが

Blogをお引越ししました

って、だいぶ前から更新も滞ってますが

LivedoorのBlogはそのうち閉鎖すると思いますが、しばらくお知らせとして載せておきます。

内容もスロとか全然関係ない、本当に自分の日記のようなものですが、お暇だったら見に来てください。

私は元気にやってます

http://ameblo.jp/negikonegi00/




negikonegi at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)まったり日記 

February 07, 2008

個人的なご連絡

データ移行させようとして失敗して…

 

Outlookのメール、アドレス帳が全滅した

 

うわ〜〜〜〜!!泣いても泣ききれん・・・

 

すいません、私のアドレスをご存知の友人の皆さま、これみてたらメール送ってください。。。



negikonegi at 00:02|PermalinkComments(3)TrackBack(0)まったり日記 

January 31, 2008

年金問題

またまた久々の更新です(笑)

かろうじて同じ月内に更新できてるので、私にしては頻繁かもしれません。

 

世を騒がせてる年金問題。

中国人就業者の杜撰な仕事ぶりが報道されてましたが、実際に「社会保険庁で働いてたよ〜」という人の貴重な話が聞けたので、ちょこっと触れたいと思います。

 

まず、実際どういう作業をしてるのかってとこですが。

過去の台帳が登録されてるマイクロフィルム(?)を印字したものを配布

内容を見ながら、台帳に転記。

ただし、ここに書かれてる字というのが、【果たして日本語なのか?】というものが多々あるらしい。

崩し字は勿論の事、どう見ても見たことのない字(漢字を間違えてる事も充分考えられる)、ぐしゃぐしゃってなってて、字が潰れてるもの・・・それを全部転記していくわけです。

内容を台帳と印刷物見比べながら2人1組で読み合わせ照合(今はもうやっていないという噂も)。

が、当然ながら読めない字はいくら読み合わせても読めない。

例えば【田】と【甲】、ぐしゃぐしゃって書かれてたら果たしてあってるのかどうか。当然読み合わせも【何となく】のレベルになってるのは否めない。

どうしても判別不能ってものはその道のプロ(書家の方とかになるのかなぁ)がチェックしてるらしい。

当然、仕事ははかどっておらず、予定の半分どころか1/10も終わってないんじゃないかって言われてるそうです(これは中で働いてる人達の中で言われているみたいなので、わりと現実に近いんじゃないかと)。

現在はお台場で集中して作業が行われてるらしいんだけど、そもそもこの場所自体が間違ってるんじゃないかと思うよ。

お台場(フジTVがあるとこね)、関東在住以外の方には場所のイメージつき難いかもしれないけど、交通の便は良くない=人の集まりが良いとは思えない。

ちょっと前に「これって社保庁だよな〜」って思える求人を派遣会社のサイトで見かけたり、実際に某派遣会社からの仕事紹介メールが来てたりしたけど、総じて時給は¥1,000〜1,200位。そっから交通費払って場合によっては社会保険料w払って、ってなると手取り額としてはそう多くはない。派遣会社で長期の仕事、かつ東京都となると¥1,500超なんてざらだからね。

で、結果中国人…日本人でさえ四苦八苦してる読みを母国語でない方々がすんなり読めるとは到底思えない。それが留学生で【ある程度】日本語に堪能な方であったとしても。そもそも日本人の名字と名前の区分け、わからないでしょ。

「田中昭」さんって名前を「田 中昭」って転記してた、みたいな例が出てたけど、(転記作業で派遣の中国人ら大量ミス)そりゃそうだよね。そうなる事にもっと早く誰かが気付かなかったのかって事の方が不思議。

ようは未だにお役所仕事をしてるんでしょう。○○名確保っていう、作業に携わる人の人数だけしか考えてないから、こうなる。

 

で、提案。

そもそも、そんな人が集まりにくいとこで作業をまとまってやるからこういう事になるのであって、この作業、もっと細かく分散できないものなのか?

例えば各地にある社保庁の地方事務所の会議室とかに30名ずつくらい集めて、作業するとかさ。47都道府県×30名=1410名!

 

人数大量に1箇所に集めれば集めるほど監督のしようもないけど、20名程度なら適当にやってる人いたらすぐわかるでしょ。充分1~2名で見きれる人数。

社保庁の仕事は定年後の高齢者が多いのはよくない!みたいな意見も見たことあるけど私は全くその逆の意見。

そもそも、字をあまり書かない、当然字を崩して書くなんて経験もない若造がそんな印刷物見たって余計意味わかんないでしょ。だったら、字をたくさん書いていた世代の方の方がよっぽど読める。で、最低限派遣会社は実際の転記と同じような作業(勿論本物の台帳使うんじゃなくてテストとして似た例題を作ってね)を希望者にさせて、その結果で決定するくらいの事をする必要はあると思う。

件の中国人就業者もテストは受けてたとはいうけど、簡単な日本語の読み書き程度のテストじゃ駄目だってば。そんなのが通用するような字体じゃないんだから。

あとは各市町村のシルバー人材センターとかに人選を依頼するとかね。

お台場は無理だけど、地方事務所だったら行けるよって人、たくさんいると思う。

今回は中国人の転記問題がニュースになったけど、じゃぁ日本人は完璧にこなしているのかというとそうでもないらしい。やっぱりこんな状況じゃ手を抜く人は抜くし、適当にやる人は適当にやる・・・余計に大きな混乱招くと思いませんか?

これがベストな案だとも思わないけど、社保庁さん、ちょっとは検討してもいいんじゃない?

 



negikonegi at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)まったり日記