2011年10月23日

競馬日記。

6年振りの三冠馬誕生なるか。



大衆は常に英雄を求めるってよく言われるが、今の混沌とした日本にこういった明るい話題が活力になるって事は素晴らしい事ではないか?

サッカーならばなでしこJAPAN。

体操の内村選手などなど。

こういった未曾有の状況だからこそ、人を惹き付ける何かを持っている方達が出現してくれる事で生きる活力が出てくるのではないでしょうか?

たかが競馬、されど競馬。


まだ6頭しか出現していない牡馬三冠馬。

7頭目の出現で競馬の英雄になるのだろうか…。




今週は京都11R「菊花賞(G1)」芝3000m18頭で争われます。

オルフェーブルは春の二冠は圧倒的な力の差で完勝でした。

ひと夏越してもその勢力図が変わってないと思うと、ここもあっさりと考えてしまう。

だが重箱の隅をつつくわけではないがオルフェーブルだって危険な部分がない訳ではない?

過去三冠に挑戦したのは全部で14頭(不出走除く)。

そして見事三冠を取ったのは6頭。

半数以上は涙を呑んでる訳だ。

そして兄のドリームジャーニーは秋初戦を勝って菊花賞に臨み5着だった。

ステイゴールド×メジロマックイーンの血統背景はいかにも長距離向きな気がしますが、この家系に関してはベストパフォーマンスは2400mではないだろうか?

それは気性の関係もあると思う。

さらに突っ込めば京都未勝利も気になるといえば気になります。

もしオルフェーブルを負かすとすれば?

前にいてロングスパートの出来る馬。

または超スローの瞬発力勝負。

瞬発力勝負になればオルフェーブルは鉄板になるんでしょうネ。

三冠達成を願いつつ、本命は4番ユニバーサルバンク。

全く人気がないが、春はクラシック候補として名を連ねてた1頭である。

1勝馬で中々勝ちきれないイメージがあるが、春には重賞で惜しい競馬をしていた。

前々で進めるのが1番の強みであり、前走大敗したが1度使った事によりグンと体調はよくなってきてます。

有力馬が後ろで牽制しあってればしあってるほど前の馬は楽になります。

人気薄だけに3〜4コーナーからのロングスパートで直線もしのげるのではないでしょうか?

京都も4戦1勝2着3回と連対率100%も強みです。

4番の複勝・ワイドで攻めたいと思います。

4→1・5・8・10・13・14・16・17・18



それではGOOD LUCK!!

negio1826 at 07:11│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ