2015年06月28日

競馬日記。

関東の総大将的存在のドゥラメンテが両脚の骨折で今年は全休になってしまった。

あれだけの豪脚を繰り出せば、やはり脚にも負担が掛かっていたのでしょう。

やはりクラシックを戦い抜く事はそう簡単ではないって事が改めて分かったのではないだろうか。

そう思うと長期離脱のないゴールドシップなんかは素晴らしい馬なんだと。

3連覇の偉業を達成出来るのか注目したいと思います。



今週は阪神11R「宝塚記念(G)」芝2200m16頭で争われます。

注目はやはりゴールドシップ。

3連覇の偉業を達成するか。

阪神コースは連対を外してない得意コースでもあり、まさに全てのお膳立てが出来てるレース。

達成出来る確率は高いのでは?

ただ、不得手にしてた京都の天皇賞を勝利した事で、今までとは違う感じになってるのではないだろうか。

元々が気分屋なので、コロッと負けてしまう可能性もある。

ならば足元を掬う馬はいるのか?

牝馬なね注目が集まってるが、ここは11番ヌーヴォレコルトに期待したい。

今年初戦の中山記念で皐月賞馬2頭を破った。

前走は距離が短かったのと展開が緩すぎたので脚を余した。

この馬は軽い馬場より、力の要る馬場の方がいい気がします。

東京、京都より中山、阪神向き。

荒れた馬場でも抜け出す根性もあります。

前走でいい意味でガス抜きが出来たのではないだろうか。

調教もしっかりしてますし、ここで勝って昨年秋の鬱憤を晴らしてもらいたい。

11→2.5.6.7.8.13.15.16

それではGOOD LUCK!!
negio1826 at 11:28│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ