莫大な遺産を相続した女子高生・一華を狙う一族から身を守るため、使用人の橋田はトリック返しと呼ばれる探偵を雇うが…

講談社タイガから発売された著者の新刊は上下巻ということで、続けて読むために下巻が出てから読むかなと思ったのだが、ネットで感想を見ると上巻だけでも楽しめそうだから読んでみることにした。

実際読んでみると上巻だけでも充分楽しめる内容だ。
設定がなかなか変わっていて、ターゲットとなる主人公を殺そうと計画を立てる一族達。それぞれ様々な計画を立てるのだが、探偵によって計画が潰されてしまう。事前にというのがポイントで、ミステリに出てくる探偵は犯行が終わった後で事件を解決するのが普通だ。
しかしこの作品の探偵は、計画を立てている状態で犯人を潰してしまうのが面白い。愛川晶の連作にもそういう趣向のがあったが、実際問題書くとなるとかなり大変だろう。
しかも犯人のトリックに合わせて反撃するのも面白い。

難を言えばそれぞれの犯人の計画が、それほど面白くないところかな。
下巻ではもっと面白いトリックが出てくると楽しそうだ。
一風変わった倒叙連作として非常に楽しめた。