こんにちは。管理人のネグゼロです。


お久しぶりです。今回は天獄の王に関する記事です。

突然ですが、皆様は天獄の王をご存知ですか?

このカードです↓


IMG_0330



このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:自分メインフェイズに発動できる。手札のこのカードを相手ターン終了時まで公開する。この効果で公開し続けている間、フィールドにセットされたカードは効果では破壊されない。②:セットされた魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。手札で公開されている状態でこの効果を発動した場合、さらにデッキから魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。そのカードは次のターンのエンドフェイズに除外される。



このカードについてはメタビ色の強いデッキに入りやすいということで、エルドリッチや蟲惑魔と相性が良いと言っている人が多かった印象です。

であれば、私は蟲惑魔の考察に関しては一日の長を自称しておりますので、今回は蟲惑魔と天獄の王の相性について考えて、私は蟲惑魔考察でトップの座に君臨したいと思います。



Q1.そもそも蟲惑魔デッキに天獄の王は入れた方が良い?

個人的には、必須カードたり得るレベルで相性が良いと思います。というのも、まずは天獄の王を使った基本的な動きを見てもらいましょう。

必要なカードは蟲惑魔、通常罠、天獄の王です。蟲惑魔と通常罠はほぼ確実に初手にあるので、天獄を引いた場合の動き、と言った感じですね。

IMG_0337

まずカズーラの蟲惑魔を召喚しセラの蟲惑魔に変換、罠を伏せて、天獄の王を見せてターンを渡します。

そして相手ターン、いい感じのところで罠カードを打ちます。


IMG_0338


                                                   /発動\

セラの蟲惑魔の効果でランカの蟲惑魔をデッキから特殊召喚できます。

もちろん天獄の王も特殊召喚できますし、天獄の効果で好きなカードを伏せられます。

フィールドはこうなりますね↓

IMG_0341

         /制限カードさえ可能\


ここでまさかのランカの蟲惑魔③の効果、フィールドに伏せられた魔法罠をフリーチェーンで手札に戻す効果が役立ちます。


IMG_0339


                         /やったあ\

天獄の王で伏せたカードをランカの蟲惑魔の効果で手札に回収。
これで天獄の王のデメリットは完全に消えますし、手札に回収すれば相手に破壊される心配もほぼゼロ。
1ターンまたぎますが、これで魔法罠なんでも好きなものサーチの出来上がりです。

IMG_0343
                    /おまけで落とし穴もついてくる\

↑ランカの蟲惑魔の効果が発動したので、セラの蟲惑魔の効果でデッキからホール・落とし穴カードをセットできますね。
面倒なコンボもなく、全く無理なく簡単に揃う手札でここまで動ける点、蟲惑魔と天獄の王の相性は良いと言い切っても良いでしょう。


Q2.じゃあ天獄の王は何枚入れる?

これは今でもかなり迷っているのですが、サイドチェンジありのマッチ戦を想定するなら、メインデッキに一枚入れておけば良いと思います(サイドにも12枚入れておきます)

理由は、一本目から罠カードを叩き割られる可能性がそこまで高くないことや、天獄の王は妨害札ではないため、素引きすると妨害が減る点が挙げられます。

天獄を二枚以上引いたら、普通に天獄が邪魔で負けかねませんし、あんまり後攻捲りにも役に立ちませんし。


Q3.天獄の王、1枚じゃ引けないじゃん

天獄の王は岩石族なので、御影志士でサーチできます。

蟲惑魔は先攻でランク4を作ることも珍しくないため、素引きした罠が多くて相手の羽根やライストが不安だというときにサーチで持ってくると良いでしょう。

ということで、この構築が良いのでは? と、ある程度固まったデッキレシピがこちらです。


IMG_0169


この画像を作った後、狡猾な落とし穴はやっぱり弱いので別の落とし穴に変えたり、セラの蟲惑魔3枚は多いので1枚バグースカに変えたりしましたが、おおよそこんな感じです。

Q4.カードの採用理由

1.蟲惑魔

召喚してアドが取れるトリオン、ランカは3枚必須です。

ティオは迷いますが、1ターン目でアドが取りづらいので2枚。

ジーナは素引き前提ではなく、ランカで持ってくる先としての一枚です。若干アド損しますが、ランカからランク4を立てられる択があるのは安心感があります。

カズーラについてはあまり引きたくないカードです。素引きは弱いですが、セラでデッキから特殊召喚する前提に限れば一番強いまであるので、一枚だけ入れてます。あと、カズーラ可愛いでしょ。

手札に三枚も四枚も蟲惑魔が来たら普通にボロ負けするので、枚数はこれくらいがちょうど良いです。


2.手札誘発

Gうららは必須として、今回は御影志士を採用するのでニビルを1枚メインに入れてます。

素引きしても、ニビルは活躍してくれること多いですし。

無限泡影は後攻取った時に撃つとブリガンダインが使えなくなる点や、先行で引いた泡影はフィールド上で発動した効果を止めるだけの弱カードなので今回は不採用です。


3.魔法カード

壺は強貪と迷いましたが、デッキ10枚飛ばすの地味に辛いし、2ドローしても引きたいカード引けなきゃ意味なしと言う点、事故率を下げるため金謙にしました。

指名者は先攻後攻どちらでも機能する素晴らしいカードなので、二枚フルに採用してます。


4.罠カード

落とし穴は4枚くらいで良いです。増やせば増やすほどデッキが弱くなります。3枚は少な過ぎたので、45が一番良い調整だと思います。

便利な強制脱出装置、とてもつよい激流葬、羽根箒から身を守る神の宣告や王宮の勅命はかなり大事なカードだと思います。


5.ブリガンダインとパラレルエクシード

ブリガンダインは一枚が二枚になる爆アドカードなので、完全に三枚必須だと思っています。

仮に増Gを打たれても、セラブリガンダインの動きが出来るならツッパしても良いぐらい強いです(サイドチェンジ後なら流石に止まったほうが良い)

パラレルエクシードは爆発的にアドが取れるわけではないため、正直無くても良い気はします。

しかし、後攻捲りに寄与してくれる点、御影志士で天獄の王をサーチする動きを安定させたい点で今回採用しました。


というわけで、いかがでしたか? 天獄の王の有用性が伝わりましたでしょうか?

伏せを守る、アドを取る、とかなり有用性が高そうですね。さらに、防御札としてだけでなく、単純に打点としてかなり強いです。


IMG_0344

相手ライフを削りたい場合は、相手ターンに天獄を出した時に強制脱出装置を伏せます。

↑上記の盤面だけで、なんと相手のライフ8000を削り切れるんです。

やり方ですが、バトルフェイズに、まずセラと天獄が普通に攻撃して相手に3800ダメージ。しかしまだバトルフェイズは終わりません。天獄で持ってきた強脱を天獄に打ちます。

当然、セラの蟲惑魔の効果が発動してデッキから蟲惑魔モンスターを特殊召喚できますし、手札に戻った天獄がなんか手札から出てきます。

なんで? それおかしくね? と思うかもしれませんが、これは天獄が「場合できる」の効果持ちモンスターだかららしいです。チャットでKONAMIに聞いたので間違いないです。

というわけで、出てきた天獄での攻撃+出てきた蟲惑魔の攻撃で4200以上は削れるので、8000ライフは終了です。

打点に悩む蟲惑魔にとって、これはありがたい。

墓穴ホールで2000ダメージを与えていれば、天獄だけで6000削れるのでより簡単にキルできます。

というわけで、以上、今更ですが天獄の王入り蟲惑魔考察でした。

ではノシ