2007年07月08日

Within Temptation ライヴレポ

今回のライヴは良いライヴやったな。

ステージセットはシンプルにアンプ等無く、

映像を上手く使ったステージに

バンドのパフォーマンスがマッチしており、

見惚れてしまった。

シャロンのヴォーカルの素晴らしさにノックアウト!!

ロバートやルードのギタープレイも

ややヘヴィに感じたものの、良かったわ。

また、ベースのイェローンと3人で

ステージ上を動き回っているパフォーマンスも印象的で、

シャロンを上手く立ててました。

欲を言えば、シャロンが他のメンバーと

絡むパーフォーマンスをもっとやって欲しかったな。

セットリストは、3rd、4thアルバムが中心で、

その中に2ndの名曲を絡めたセットリストで、いい流れやった。

01.Our Solemn Hour

02.The Howling

03.Frozen

04.Stand My Ground

05.Forsaken

06.The Cross

07.What Have You Done

08.The Heart of Everything

09.Mother Earth

10.Intro〜See Who I Am

11.Angels

12.Hand of Sorrow

13.All I Need

14.The Truth Beneath The Rose

〜アンコール〜

15.Deceiver Of Fools

16.Memories

17.Ice Queen

1stの曲も入れて欲しかったけどな。

ただ、10曲目のIntro〜See Who I amの流れは、

ちょっと流れを止めちゃうかもしてないかなと感じた。

この場合、1曲目に持っていくか、アンコール1曲目に持っていくか、

Introを削ったほうが良かったな。

でも、ええライヴやったわ!!



neil_citron at 23:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ロック 

2007年05月05日

Dark Tranquillity "Fiction"

メロディック・デス・メタルのトップを走り続けている

Dark Tranquillityの8thアルバム



Mikael Stanne(Vo)のデス・ヴォイスと

エッジの効いたギターリフ、

キャッチーなギターのメロディとキーボードのメロディ、

メロデスらしいヘヴィなサウンドを強調させるベースとドラム

のバランスが良い。

曲は、似た雰囲気ではあるが、ファストテンポチューン、

ミドルテンポチューンともに構成が巧い。

アルバム全体としても、構成が良く、違和感なく聴き進められる。

Mikaelがクリーン・ヴォイスと織り交ぜながらの曲もあり、

さらなる味わいを引き出している。

早く、ツアーで日本に来て欲しいな!!

↓のが最新PV




neil_citron at 16:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レヴュー(D) | ロック

Rush "Snakes & Arrows"

カナダのプログレシッヴ・ハードロックバンド

Rushの18thアルバム

http://livedoor.blogimg.jp/neil_citron/imgs/f/2/f2577821.jpg?blog_id=1346201

Rushらしいメロディ、テンポであるが、

今までの作品と違い、曲がシンプルな印象が強い。

やはり、カヴァーアルバムの"Feedback"で

彼らが影響を受けた名曲から、シンプルさの大事さを

再確認したのではないかと思われる。

それに、今回の作品でプロデューサの一人に若いプロデューサを

起用している。

そのプロデューサは、Foo Fightersやvelvet Revolverの作品を

プロデュースした人だ。

過去の名曲と向い合い、若い力も入れることにより、

さらなるレベルアップさせた感じがある。

アルバム全体も巧くまとまっており、

素晴らしい作品となっている。

今年のアルバムBest10には、入るね。



neil_citron at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レヴュー(R) | ロック

2007年04月26日

Porcupine Tree "Fear of a Blank Planet"

UKのプログレッシヴ・ロックバンド、

Porcupine Treeの12thアルバム。



前作"Deadwing"のサウンド路線から始まるこの作品。

メランコリックなサウンドの中に、

艶のあるストリングスの音と、

ディストーションが効いたギターサウンド、

曲への織り交ぜ方が巧い。

キーボード、シンセサイザーも曲の魅力を引き立て、

ドラム、ベースもヘヴィなサウンドで、

メランコリックなサウンドに重みを持たせている。

ヴォーカルの声のウェット感が

曲一つ一つの味わいを深くしている。

アルバム全体としては、前作ほど起伏は激しくはないが、

丁度良いぐらいの抑揚である。

素晴らしい作品だ。

PVは↓



neil_citron at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レヴュー(P) | ロック

2007年04月25日

The Wildhearts "The Wildhearts"

離合集散を繰り返しているThe Wildheartsのニューアルバム。

http://livedoor.blogimg.jp/neil_citron/imgs/a/0/a0ebf6f0.jpg?blog_id=1346201

1曲目を聴き始めたとき、これは本当にThe Wildheart!?

今まで以上にザクザクとしたヘヴィでアグレシッヴなギターリフ、

メタルコア的なヴォーカルがあったりと、

今までの作品とは一味違う面があった。

でも、やはりThe Wildheartらしいポップで

キャッチーなメロディ、すばらしいハーモニーと、

味わえる作品である。

でも、以前の作品よりか、パンキッシュなサウンド色は薄れた感じ。

割と長い曲もあり、多彩な曲と、

今までと一味違ったThe Wildheartsが楽しめると思う。



neil_citron at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レヴュー(W) | ロック

2007年04月23日

第16回ヘヴィメタル王座決定戦

今年も開催されます、

&size(25){ヘヴィメタル王座決定戦}

今年も参加したいです。

昨年は、戦利品は少なかったが、筆記試験まで行きました。

今年の目標は、筆記試験をパスし、

早押しに参戦したいです。

このヘヴィメタル王座決定戦の詳細は↓

http://blog.livedoor.jp/neil_citron/archives/50729020.html

bayfmのリスナーしか参加できないイベントです。

筆記をパスするために情報収集をせなな。



neil_citron at 00:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)PRT | ロック

2007年04月22日

シャロン嬢再び

&size(30){Within Temptation}

の7/4(水)のライヴチケットをゲットしました。

仕事終わった後に行く予定なので、

到着時には、始まっていそうだな。

後ろの方で、いい音でライヴを観たいから、ええかな。

とにかく待ち遠しい。



neil_citron at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ロック 

2007年04月19日

TorN "葵 -Cerulean-"

ディスクユニオンで一押しになっていたのと、安さ、

ボーナスディスクにメロトロン使用バージョンが

あるということで、購入。

シングルだったから安かった。

http://livedoor.blogimg.jp/neil_citron/imgs/8/4/843a64fa.jpg?blog_id=1346201

聴いてみた。

1曲目の"葵 -Cerulean-"は、

初期の鬼塚ちひろみたいなサウンドだった。

出だしから中盤にかけては、ありきたりな展開に感じたが、

中盤から最後にかけては、創り込み、展開に味が出てきた。

2曲目の"Somebody Like Me"は、

スローテンポなヘヴィサウンドな曲。

ヘヴィなサウンドと展開、ヴォーカルが、うまくマッチしている。

3曲目は、1曲目のアコースティックヴァージョン。

アコースティックヴァージョンは

アコースティックなサウンドになったことで、

味のある部分も出てきた。

全体的にメランコリックなサウンドが良かった。

今年の秋にファーストアルバムを出すみたいだから、

それに期待。



neil_citron at 05:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レヴュー(T) | ロック

2007年03月27日

Anthemのスタジオライヴ

今年の夏に発売されるAnthemのベストアルバムに付くDVDは、

スタジオライヴの映像が収録される。

その収録の見学に10名参加できるんだって。

めっさ、参加したかったが、

ガンズのライヴと日程が被っている・・・。

ん〜、残念。



neil_citron at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ロック 

2007年03月26日

ワイハーの新曲

The Wildheartsのニューアルバムが

&size(25){4月18日}発売

ということで、新曲がPRTで流れた。

伊藤政則氏が言うように、The Clashみたいやな。

聴き終わった後の感想としては、

(クラッシュ+ワイハー)÷2

って感じ。

早く全曲聴きたいな〜♪



neil_citron at 00:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ロック 

2007年03月25日

今年のDownload Festival

今年のダウンロードフェスもメンツは凄い!!

でも&size(25){意外}だったのがいくつか。

1日目のヘッドライナーが、

&size(25){My Chemical Romance}ですよ。

まぁ、確かに

BuckcherryやDream Theater、

Dimmu Borgir、DragonForce、

Bowling for Soup、Chimaira

などが同じ日に出ているがセールスの面から

考えるとそうなるわな。

2日目のヘッドライナーが、

&size(25){Linkin Park}

Marilyn MansonやMötley Crüeという

大物ヘッドライナークラスがいるのに

リンキンがヘッドライナー、驚き!!

他にも

Evanescence、Killswitch Engage、

Korn、Lamb of God、Machine Head、

Megadeth

等が出演する。

3日目のヘッドライナーが、

&size(25){Iron Maiden}

これは納得。

他に

Slayer、Shadows Fall、

Stone Sour、Unearth、

Velvet Revolver、Wolfmother、

Within Temptation

等が出演する。

Within TemptationやKornは昨年も出演していたね。

ヘッドライナークラスがたくさん出演しているのに

1日目に持ってこないとはね・・・。

しかし、毎年思うが、

メンツが&size(25){凄い!!}



neil_citron at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ロック 

2007年03月21日

大鴉 "Seeds of Rain"

先週、発売された&size(25){大鴉}の2ndアルバム。

http://livedoor.blogimg.jp/neil_citron/imgs/2/8/28e15f61.jpg?blog_id=1346201

1stでの叙情的、欧州のバンドとは違うダークさで

メランコリックな路線行きつつ、キャッチーさが加わった。

曲の構成、それぞれの音の生かし方がレヴェルアップしている。

ギターは大鴉のギターだと判る音を作っている。

リズム隊もしっかりしている。

キーボードの入れ方もいい。

周りのサウンドがしっかりしており、

それに負けないヴァーカルの存在感がいい。

こりゃ、ライヴが楽しみやな。



neil_citron at 08:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レヴュー(T) | ロック

2007年02月25日

ガンズや!!

&size(25){Guns N' Roses}

の来日が&size(30){決定!!}

4月14日(土)、15日(日)幕張メッセで。

んでもって、

チケット&size(30){ゲット!!}

千数百番代だから、やや早いほうかな。

中盤ぐらいで観るのがええかな、

いい音で聴こうと思ったら。

とにかく

&size(25){めっさ、楽しみや!!}



neil_citron at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ロック 

2007年02月08日

ALCATRAZZ vs JLT

&size(30){グラハム vs JLT}

という凄腕ヴォーカリスト対決が決定したみたい。

ALCATRAZZは、どんな選曲をするのだろうかな?

まぁ、グラハムはしっかり歌詞を覚えて、

ステージに臨んで欲しいけどね。

Anthemのときのように、歌詞見ながら、

歌うのは、やめてほしいわ。

Joe Lynn Turner Bandは、ここ数年間の日本公演の編成の

梶山とジェラルドのメンツだから、

いいステージが見られそうや。

平日じゃなかったら、行ってそうやな。

http://www.zak-tokyo.co.jp/artest/2007/ALCATRAZZ/ALCATRAZZ.html



neil_citron at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ロック 

2007年02月01日

Evanescence "Fallen"

Evanescenceの1stアルバム



全世界でのフィーメイル・ヘヴィロックの火付役の作品。

メランコリックなサウンドに起伏が効いた構成が良い。

線の細いAmy Lee(Vo)の声が、曲に繊細感を持たせている。

最初のPV "Bring Me To Life"



次のPVは"My Immortal"

この曲は繊細でいいね。


次は"Everybody's Fool"



アルバム全体としては、インパクトのある作品だ。続きを読む

neil_citron at 01:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ロック | レヴュー(E)
Recent Comments
Recent TrackBacks