ねじまき研究所(仮)

次の更新日時は未定。

とりあえずタイトルは仮

2011年12月

12/20

ヴァイスシュヴァルツが出るので日常のカードゲームを考えてみた。


概要
・「いっせーのせ」が基本ルール
→2人プレイ推奨だけど多人数でもいける?
・自分の持ち点(40ポイント)が無くなったら負け
・使える数字は0~4まで(カードごとに決められている)
・特殊効果カードでチート可能(枚数制限あり)

デッキ
・30枚で1デッキ
・通常カードと特殊効果カードがある
・特殊効果カードは10枚、同じカードを入れるのは不可(数字は被ってもいい)
・通常カードは20枚、同じカードがあってもいい

カードの置き方(場所によっての呼び方)
・山札エリア、待機札エリア(遊戯王でいうところの墓地)、勝負札エリアがある
→該当エリアに置かれたカードはそれぞれ山札、待機札、勝負札と呼ぶ
・これらを適当に置いておく
・でも勝負札は向かい合うように置くといいかもしれない
・引いたカードはもちろん手札

基本ルール(特殊効果カード無しの場合)
両方:お互いのデッキをシャッフルする
両方:先攻・後攻をジャンケンで決める(日常なので東雲ジャンケン推奨)
両方:山札から3枚引く(手札)
先攻の攻撃ターン
両方:手札から出すカード1枚を決めて、勝負札エリアに裏返して置く
先攻:「いっせーのせ『(0~4までの数字)』」と宣言する
両方:勝負札をひっくり返す
先攻:お互いのカードが宣言した数字と同じなら、相手にその数字分ダメージ
    宣言した数字と違ったらダメージは与えられない
    例 「いっせーのせ4」→両方4→相手に持ち点-4のダメージ
    数字が「0」のカードは5ダメージ
両方:勝負札エリアに置いたカードを待機札エリアに置く
先攻の攻撃ターン終了
後攻の攻撃ターン
「先攻の攻撃ターン」「先攻の攻撃ターン終了」と同じ
(「先攻:」から後を後攻がする)



特殊効果カードありルールの説明はそのうち。
なんて自己満足な記事だ!

4c587e6a.png



ナナドラ2020のパーティー編成について考えてみた 12/1

サムライ
よしの みほし 笹原

サイキック
田中

デストロイヤー
ちゃんみお 小木 高崎先生 桜井

ハッカー
はかせ 中村先生 関口

トリックスター
みさと 安中さん 麻衣ちゃん


ここらへんから編成しようと思う。まだ買ってないけど。
日常キャラなヒントは小木。
プロフィール

らと

記事検索
  • ライブドアブログ