ブログネタ
こんなことありました・4 に参加中!
ついに胃カメラだった。
胃腸科に行けばそうなる、って分かっていたから、
足が遠かったんだけど。
経鼻なら、ラクかな? なんて。
前日になって、本当にラクなのか? って急に心配になった。
「苦痛が少ない」
・・・そうだ。少ない、って言ってるだけじゃん。
ない、って言ってるわけじゃ、ないじゃん!Σ(=゚ω゚=;)

ネットで動画を二本ばかり、見た。
うう〜ん。どうなのだ・・・
前に耳鼻科で、喉を見るからといって鼻から喉までの
カメラなら、入れられたことあるんだけど、と。

当日、いざ、内視鏡室へ。
「雨は上がりました? 良かったですねぇ。朝は
すごかったですもんねぇ。」など、看護士さんが
気をつかって話しかけてくれる。
まず、胃の中をきれいにする(?)液体とかいう、
コップに入った白濁したものを飲む。
しょっぱいですけど、って。
たしかにしょっぱいんだけど、今日は朝起きてから、
コップ一杯の水しか飲んでなくて、すでに11時を
回ってるから。むしろ、美味しかった。
次は、鼻に麻酔。
なんか、パイプ状のものを片方の鼻孔に差し込まれる。
「ちょっとイヤな感じですよね」などと言いながら、
看護士さんが薬を注入。
のどのほうに行ったら飲み込んで構いません、
ていうので、ごくり、ごくりと。
んで、寝台に、左を下にして横になる。
しばらくしたら、のどが・・・腫れたような感じに。
んん〜、腫れてきた、腫れてきた、なんて感触を
確かめようと、何度もごくり、ごくりを繰り返してたら、
もう、すごい違和感で、とうとう、おえっ、と。
一度やっちゃうと続くので、三回ばかり、おえおえっ、と。
何にも出ないから、音だけだけど。
「大丈夫ですか。無理に飲み込まないで・・・」
風邪で喉がひどく腫れたときのような感じ。
なるべく、ごくりごくりをやらないように、口で息をした。

喉の違和感が少し薄れたころ、先生登場。
追加の麻酔しますから〜、って、口の中に、
しゅしゅ、と薬を噴霧。
えぇ〜、まださらにヒリつくのかな、
そうでなければ、いっそすっかり感覚がなければ
いいのに、とか思ううちに、先っぽにライトがついた
黒いチューブが用意され、看護士さんがなにやら
塗り薬をせっせとつけて、いざ、挿入〜。

これが、けっこう痛いのね。
「押し広げる感じなのでね〜」と言われる、
いや、まったく。鼻の奥、ぱんぱんな感じで。
「どうですか〜」「いちゃい(痛い)です〜」
なんて言ってたら、あっという間に
「もう胃まで届きましたよ」
えっ、そうなんだ。

枕元の高いところにあるモニターを、
先生と一緒に眺める。
「何かあったら声出して言ってくださいね、
顔しかめても、見てませんから」
看護士さん、笑う。
いえ、別に面白くないんですけど・・・Σ(´д`;)

初めて見たよ〜、自分の内臓。
ここが十二指腸、とか。
ごくたまに、蚊に刺されて赤くなったみたいなところがある。
あ、あそこ赤いな、って思うと、先生もすかさず
静止させて見てる。
それが軽い胃炎なんだそうだ。
「さっき飲んだ液体がここ、ちゃぽちゃぽしてるから、
吸い出します」とか、ん〜、確かに、白濁した液体が。
「ガスを入れてふくらませます、ヒダの奥に何か
あるといけないからね〜、伸ばして確かめるから」って。
んん〜、確かに。おなか張った感じ、あ、ズボンの
ウエストきついかな、とか。
「・・・おなかぱんぱん・・・」
「そうでしょ、おなかいっぱいならいいのにね〜」
え、はい、まぁ・・・
管を差し込んだ鼻孔からは鼻汁垂れているらしく、
看護士さんがたびたび、ぬぐってくれていた。

いつ終わるのかな〜、って患者は心待ちにしてるんだけど、
先生は、せっかくだからと思うのか、ここが喉の声の出るとこ、
ここが鼻ね、ちょっと広げたんで充血してるけど、
など、説明はいいので、早く抜いて・・・(;´Д`) って
思いつつ、ようやく、検査終了。ほっ。

しかしまぁ、その後30分は、管を入れた方の鼻は
完全につまっていたし、2時間くらい、鈍痛も残った。
さらに帰宅して昼を食べたら猛烈な眠気が来て、
昼寝したはいいけど、起きたら頭痛・・・
吐きそうなほどの頭痛で、いつもの偏頭痛なら
何か食べればおさまるんだけど、
なかなかすっきりせず、結局、夜寝るまで頭が痛かった。
翌朝、ようやく全回復。

まぁ、何事もなかったからいいんですけど、
そう、ラクってもんでも、ないですなぁ。
普通の胃カメラと比べたら、きっと格段にいいんだろうね。
1週間前に母の胃癌を見たばかりなので、
まずまず、無事で良かったですが。
先生も、ほっとして明るい顔してましたっけ。
発ガンリスク高い患者だと思ったんだろうね、やっぱり。
・・・・・。(T_T)。