恩田陸

「午前零時」

ブログネタ
読んだ本 に参加中!
13人の作家によるアンソロジー。
お初の人もいれば、おなじみの作家さんも。
午前零時がテーマなので、怖い系が多いかも。
好きなところから読めるので、楽しい。

「ハンター」鈴木光司

この人の作品、「リング」「らせん」「ループ」と、
夢中になって読んだなぁ。映像作品は怖くてあまり
見なかったけど。ある意味、それらしい短編でした。

「冷たい手」板東眞砂子

身につまされる作品がふたつあったが、
これがそのひとつ。あんまり読んでいないが、
もう少し読んでみたい作家さんの一人。

「夜、飛ぶもの」朱川湊人

好きな作家さんなので、一番最初に読んだ。
怖さはそれほどでもなかったけど、
きれいな映像があとに残る。

「卒業」恩田陸

ワケのわからなさが、いかにも恩田さん。
それでいて、意味深で怖い。
どこかに、この続編とか、ないんだろうか・・

「分相応」貫井徳郎

まったく知らない作家さん。
初めは面白いと思って読み始めたが、
結果を言えばつまらなかった。
サラリーマン向けの週刊誌ならウケそうなお話。

「ゼロ」高野和明

こちらも、まったく知らない作家さん。
SFチックでけっこう面白い。
もしかしたら、他の作品を読むかも。
あまりハードボイルドタッチじゃないといいんだけど。

「死神に名を贈られる午前零時」岩井志麻子

この作家さんらしいタイトルだと思った。
オチがもうひとつよく分からないけれども、
何か暗い真相を暴いている気がする。

「箱の部屋」近藤史恵

初めての作家さん。なんだけど、かなり共感した。
他の作品が読めたらいいなぁ。
それが私に面白いといいなぁ。

「午前零時のサラ」馳星周

読んだことはなかったが、この作家さんの名前は知っていた。
宮部さんの作品の解説とか、書いてなかったかなぁ。
このアンソロジーの中で、唯一、泣けた。
でも、長編を読むのはシンドイかな?
評判はすごくいいんだけど、テーマが私向きじゃないかも。

「悪魔の背中」浅暮三文

まったく聞いたことのない作家さん。
オチもなんとなく見えてしまったし、
道ですれ違ってもお互い気付かない存在(!?)かも。

「1、2、3、悠久!」桜庭一樹

名前は知っていたが読んだことがなかった。
今日、新聞に新刊の案内が出ていた。
「道徳という名の少年」、
極彩色のファンタジック連作集!! だそうで、
その中に、きっとこの短編も入っているんじゃないかと
想像した。分からないけど。

「ラッキーストリング」仁木英之

まったく初めての作家さん。
海外留学経験があるそうで、それが創作に
生かされているんだろうと思う。異国情緒たっぷりで、
好きな人はすごく好きかも。

「真夜中の一秒後」石田衣良

一番最後に読んだ。
本の一番最後にあったから。
人気作家さんだが、私はもうあまり読まないことに
している。この作家さんと私とでは、
興味を持っている事象があまり一致しないらしい
ことが、いくつかの作品を読んで分かったから。


以上、珍しく丁寧に書いてみました。
初めての作家さんで、お気に入りの人が
できるといいなぁ、って思ってます。



「蛇行する川のほとり」恩田陸

ブログネタ
ミステリ小説 に参加中!
慣れてしまうと、美しい少年少女の物語も
いいものです。
振り返っても、自分の実人生では、
そこまでの気持ちで同級生なり先輩なり、
見つめた事はなかったけれど。
美しい先輩ならいたなぁ、学生のときの
サークルだけど。ちょうど美術系で、
このお話の世界にぴったり。
読みながら、昔知っていた先輩の面影が
何度もよぎりました。
少女向けファッション雑誌の読者モデルを
していたくらいの美貌でした。
たとえれば、フランス人形。
で、なぜかその先輩、絵を描くとフランス人形の
絵が多かった。
自画像? (〃゚д゚;A・・ って思って、
サークルの展覧会場で、その先輩の絵を
しげしげと、眺めたことがありました。
残念ながらこの作品に出てくるような、
内面のキリっとした美少女ではなかったですが。
かといって可愛さを鼻にかけるタイプでも
なかったかな・・
異性からの誘いを断れない性格だったらしく、
二股かけた、いや三つ股だなどと、
周囲は常に騒がしかったです。
後年、卒業生名簿を見たら、姓が変わってました。
それを見て、あっ(゚∇゚ ;) と思いました。
結局、一番最初に付き合った(らしい)彼と、
結婚したらしくて。
その彼は工学部だったので、3年から別の町の
キャンパスに引っ越してしまったんですね。
彼氏の留守に、何人もの男が先輩に手を
出したらしい。でも、結局最初の彼が
好きだったんですね〜。
なんか、いじらしいような。

って、本の内容とは無関係の昔話ヾ(;´▽`A``

恩田陸さんにしては、謎解きがあると思います。
恩田陸さんらしい、世界観です。

「ライオンハート」恩田陸

ブログネタ
読んだ本 に参加中!
電車の中で読み継ぎ、長い期間かけて読了。
電車の中の読書って、好き。
多少つまらない本でも、けっこう読めるし?ヾ(;´▽`A``
いや、でも、この本がつまらなかったなんて言ってる
ワケじゃないです。でも、家で椅子に座って(あるいは
寝ころんで)読み通せたか、って思うと、難しいかも。
時間と、場所とがあちこち交差して、年表でも作って
確かめないと、実はよく分からない。んでも、そんな
細かいことを確認するのがこの小説の核心じゃないと
思う、きっと。いいんだ。分からなくたって。なぜ二人は
何度も出会うのか? って、そんなことは、いいんだ。

私が感じたのは、恋愛というよりは、運命でした。
邯鄲の夢とか、人間の想いというものを
波間に浮かんでは消える泡みたいなものに
たとえたりするところとか、そういう、大きな
球体のような宇宙とか時間とか、ひとりの人間の
存在を越えた大きなものからドラマを見ていく、
そういう視点のあり方が、ステキでした。
恩田さんの作品は、だいたいいつも、謎は解けない。
そういう謎解きを楽しむ物語じゃない。

読みながら癒されればそれが一番、って思います。
そういう意味では、このあいだ読んだ伊坂幸太郎の
「終末のフール」もそうでした。
これはもう、巻末の解説に、癒しの文学、ってことが
テーマとして出てきていたと思います。
伊坂さんのは、登場人物の飄々としたところが、
気持ちがいい。飄々としてはいるけれど、決して
悟った人物群ではない。いざとなればきっと慌てる、
みじめにじたばたする、そう思いながらも、
世界の終末に向かって、「日常」を生きていく。
そういうあり方を自分もしたいなと思うような人物像。

先日、実家へ行って花を植えました。
小さい頃、長い時間ひとり遊びをした庭です。
そのころ庭の隅には大きな八重桜の木があって、
その下に死にかけたアゲハが落ちていたことがあった。
だんだん動きが鈍くなるアゲハに、少しずつアリが
たかり始める。はじめのちは羽をふるわせてアリを
払い落としていたんだけど、そのうち力が落ちてきて、
払いのけることができなくなる。そうするとたかっている
アリの数が増えてきて、やがて動かなくなったアゲハの身体が、
黒いアリに覆われて見えなくなっていく。
そんなのを長い時間、観察してたこともありました。
あのころから今まで、すでに40年以上が過ぎていて、
そのあいだには、もちろん、いろんな事があったんだけど。

でも、もしかしたら一瞬の出来事なのかな。

そんな風に視点を変えてみるっていうことが、
ひとつの癒しになることもあるし、
そう思うことで、目の前の大変さから一瞬解放されて
みたりする、
読書ってそういう効果があるかな、って・・ 思います。



「木曜組曲」恩田陸

ブログネタ
最近読んだ本 に参加中!
映画になっていたんですね、
全然、知らなかったです。
登場人物が女ばかりなので、誰が誰やら・・(´ ▽`).。o♪♪
検索して映画のサイトを見て、
女優さんの顔をあてはめたら、覚えやすくなりました。
これはもの書きのモノローグ。
たぶん恩田さん自身の本音があちこちに?
って思って読んじゃいましたが、
文庫版の解説者も、おんなじようなことを
言っていました。

ハードボイルドは男のメロドラマ。
あぁ、ついこのあいだ、別の文庫のあとがきで、
著者インタビューとして、
ハードボイルドは男のハーレクイン・ロマンスだ、
って読んだばっかりです。
やっぱり、これは著者の本音がザクザク?
トマトと茄子のスパゲッティに関する定義。
が、面白かった。

いつか、映画を観てみたいです。

「MAZE」恩田陸

ブログネタ
最近読んだ本 に参加中!
カルボーンというお菓子が、昔あったんだけど
覚えている人はいますか。
検索したら、今はドッグフードでそういう名前のが
あるらしい。そうじゃなくて、人が食べるお菓子です。
あったんです、今は無くなったけど。
それを思い出しました、謎の「トーフ」の材質を
考えていて。犬が舐めていたっていうし、
かなり似てるかも?
できればそのまんま、骨でできてる壁でいて欲しかった。
床が突然沈み込み、ぬるぬるとした消化液に漬かって
人体があっという間に溶かされていくとか、
あまり映像では見たくないホラーですが。
国家の軍事機密とか、恩田さん、意外と好きで
ラストに持ってくるんですけど、あまり似合ってないと
いうか、とってつけた感が否めませんヾ(;´▽`A``
あとは視点人物かな。
満という男なんですが、あまり興味が持てなくて。
恵弥を視点人物にしてくれた他作品のほうが、
面白かったかも〜・・
一瞬を百年に引き延ばされた人間達が、
自分の身に起こったことを自分では何も知らずに
空間を漂っている図だけが、
印象に残りました。
記事検索
楽天市場
ギャラリー
  • 好きな絵を毎日見る。
  • 氷川丸のお掃除
  • 秋の林
  • 「江ノ島と小さなヨット」
プロフィール

ねじればな

livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ