自然エネルギーを考える川口市民の会

福島第一原子力発電所を海からまじかに見てそこで海がどれだけ放射能で汚染されているか地道に調査を続けている認定NPO法人いわき放射能市民測定室たらちねの海洋調査を紹介します。
以下はサイトをコピペしたものです。


現在、トリチウム汚染水を含む他核種の放射性廃棄物を海洋投棄する動きが進んでおります。みなさまのご協力で、海の汚染の記録を子どもたちに残し、未来をつくる大切な判断の基準とすることができます。


kaiyou1

kaiyou2


201111月から始めて毎月データーを採って公開しています。

https://tarachineiwaki.org/radiation/result

その内の海洋調査に参加する事になりました。

 

日時:20181020日(土) 730出航1330帰港予定

(往復移動2時間・調査時間4時間 予定)

集合場所:久之浜漁港 〒979-0333いわき市久之浜町久之浜字館ノ山9

http://www.mapion.co.jp/phonebook/M16006/07204/0246823838-001/

船:第18長栄丸 

船長:石井實

たらちね海洋調査事業責任者:鈴木薫(たらちね事務局長)☎090-7525-5396

 調査内容

1.       海水採取

2.       魚採取

3.       

プランクトン採取

申し込みは直接たらちねの方へ連絡も出来ます。

これからも定期的に調査をして行きますから都合に合わせて申し込みは出来ます。


自然エネルギーを考える川口市民の会では守谷、稲毛が参加します。

まだ定員の13名になっていないとの連絡が入り、今月中に返事をすることになっています。

一緒の行きたい方がいれば、ハイエース(6人乗り)で行く予定です。
【連絡先】
メールアドレス:hiro_1953731@hb.tp1.jp  携帯番号:080-3414-1441

この間の会合で時間が経つと福島を忘れてしまうという話が出ました。
実際に行く事で現地の空気を感じ取りそれを伝えて行きたい。
(守谷)


 


9月22日(土)  
参加者(東田あ、東田の、稲毛、森、守谷、蒔田)
18:00~20:00 パートナステーション(サロンパープルブルー)
前回会議の参加者の確認(楠田、稲毛、守谷、辻)並びに、

8月25日のミニソーラーリキッドづくりのその後、どのように活用されているのかの話題があり、会議に入りました。

① 9月28日(金) 希望の牧場 最終確認  ・・・詳細は稲毛さんから5名の参加が確認されました。集合時間・。場所の確認。野馬土には5000円、希望の牧場には10000円、それぞれ活動資金の援助として寄付することになりました。参加費は1000円。交通費は参加者が実費負担も確認されました。

② 「日本と再生」上映会 12月9日(日) 第1~3会議室9月24日までに稲毛がチラシの原案を作りメールで送ります。誤字脱字等は26日です。訂正後、稲毛が訂正して、原稿を守谷さんが受け取り、印刷に回します。印刷枚数は5000枚。チケットは蒔田が作成・印刷します。チラシ等の送付は10月8日9時30分~11時30分、蒔田宅でおこないます。チラシ等の送り策はマコケンの取り組みに準じます。映画『日本と再生』が未来のエネルギー選択に大きな示唆になることを確認しておきたいものです。少なくも60人以上を集めたいものです。

③ 総会の講演会講師について来年の2~3月を目安におこないます。講師には城南信用金庫相談役の吉原毅さんがあがっています。蒔田が交渉します。

④ 海洋調査日時:2018年10月20日(土) 7:30出航13:30帰港予定(往復移動2時間・調査時間4時間 予定)集合場所:久之浜漁港 〒979-0333いわき市久之浜町久之浜字館ノ山9船:第18長栄丸  船長:石井實調査内容 
 1.海水採取  
 2.魚採取  
 3.プランクトン採取 
定員13名守谷が担当します。メール等で参加を呼び掛けます。

⑤ 報告
・8/22~29 東海第2原発の運転延長の川口市議会としての意見書。公明党の市議のSさんと連絡を取る。 8/29稲毛さんとS議員宅へ押しかけて意見書を渡す。その後Iさんに電話し新風会で意見書を出してくれるか話をする。「新風会の3人と話し合う必要がある。」期日が間に合うか。90万人以上が避難対象になる東海第二原発は40年の廃炉を20年、延長することになっています。これを認めない意見書の提出を守谷と稲毛が公明党等の川口市議に申し出しましたが、現段階では議員からの承諾は受けていません。

・9/14 小泉純一郎脱原発 講演会公吉村さんが来て、小泉純一郎の脱原発のチラシを市長、市議会へ直接渡しにいく。守谷と稲毛が10月12日当日、警備等で応援に参じます。映画『日本と再生』上映会のチラシを配らせてもらうことが確認されました。

⑥ その他とくにありませんでした。次回(第27回)は10月22日(月) 18時30分~ 桜プラザ(旧鳩ヶ谷)です。場所をお間違えないように。

自然エネルギーを考える川口市民の会の稲毛です。。

猛暑の日々が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

日頃より自然エネルギーを考える川口市民の会の催し物にご参加くださり誠にありがとうございます。

このたび、自然エネルギーを考える川口市民の会で福島の希望の牧場の視察会を行うことになりご案内させていただきます。

 

東京電力福島第一原子力発電所の事故からすでに7年の歳月が過ぎ8年目に入っています。

原発事故はいまだに収束のめどはたたづ、避難されている方々も宅才いらっしゃいます。

そんな中、原発事故で被ばくした牛たちを引き取り、その天寿を全うさせようと頑張っている福島の希望の牧場の

代表の吉沢さんとスタッフのみなさん。

自然エネルギーを考える川口市民の会ではその希望の牧場の視察会を企画しました。

吉沢さんは先日行われた浪江町長選挙に出馬され反原発の闘いをされています。

その吉沢さんのお話を伺いに行きたいと思います。

よろしくお願い申し上げます。

 

日にち:2018年9月28日(金)

 

参加費:案内人費用1500円

    (参加者各々のお支払)

 

   このほか、車代、ガソリン代、高速代、希望の牧場へのカンパ金など

   参加者の頭割り費用がさらに加わります。

 

時間や集合場所については現在未定。後日お知らせさせていただきます。

 

申し込み締め切り:2018年9月9日

 

問い合わせ、申し込み先

   080-3462-6091 (稲毛)

   p7dee6aa2b589@i.softbank.jp

 

お申込みお待ち申し上げます!!



決定、希望の牧場チラシ



このページのトップヘ