自然エネルギーを考える川口市民の会


新聞を読んでいたらこんな記事があった。

BlogPaint

まだまだ知られていない電力の自由化それなりに自治体の首長の中でも動きがあるようです。

何を基準にして電力を選ぶのか。
どうやってつくられた電気なのかその情報がまだまだ不足している。
東京電力も自然エネルギーを進めている。
それと原発再稼働。

見極めが重要である。


私たちは原発県民投票を推進した川口市民の仲間が集まってつくった会です。埼玉県での請願は不採択となりましたが、県民からいただいた6万筆以上の願いを無駄にせず、身近な電力や電源について知ること、未来のエネルギーのあり方を探ること、そして賢い選択に向けた行動を起こしていきます。


その事初めとしてシェーナウの想いの上映会を企画したところ34名の参加が有りました。

シェーナウの想い表紙

この映画は、ドイツ南西部、黒い森の中にある小さなまちシェーナウ市の住民グループが、チェルノブイリ原発事故をきっかけに「自然エネルギー社会を子どもたちに」という想いから、ドイツ史上初の「市民の市民による市民のための」電力供給会社を誕生させるまでの軌跡を綴るドキュメンタリーです。

●「シェーナウの想い」を観てどんな点が印象に残りました。

・まず「シェーナウ」というところを全然知らなかったので、興味深く観ることができました。2度の住民投票をたたかって、自然エネルギーによる電力を自分たちの意志で勝ちとったということは、本当にすばらしいと思いました。中心になって運動を進めた人たちの苦労がいかに大変だったか、(特に戸別訪問)しかし、その運動を楽しみも入れながらやっていくことの大切さを実感しました。いつも、そう思っているのですが・・・) (川口、N)
脱原発への長い闘い、皆で力を合わせて行動していくことの大切さを学びました。(長瀞、O)
資本と生活者の対立があることは日本と同じと思いました。溝をうめることも必要だと思いました。(川口、U)                                                                                                        

・すばらしいドキュメンタリー

・市民の力の大きさを実感できますね。(久喜、O)
初めて視聴しました。住民レベルで脱原発を図るためのプロセスが分かり易く描かれていました。内容としては、最近観たガエル・ガルシア主演の「NO」という映画にとても良く似ていました。賛成か反対かえを住民投票によって決める際、そのプロモーション方法にも学ぶべき方法や価値観があるのではないかと思いました。(音楽会、パンフレット、情報ステーション、etc)(港区、E)              
説得力あり、大変勉強になりました。自然に恵まれた日本、再生可能エネルギーに切り替えることは可能と思われました。(川口、S)
住民運動と成功させるためのいろいろな示唆が得られた。ドイツと日本とでは制度など異なる点もあるだろうが、基本的に同じだろう。住民投票を2回も行い、最終的にわずかな差で勝利したのは多くの努力の結果であったにしても、危なっかしくて、幸運もあったように思う。もっと確実なものにするためには、時間も必要だろう。(羽生、H)
住民の意識が高いと思った。積極的に考えている人が多くいる。自分達での生活が原発によって破壊されることを理解し、そうならないようにしたいという意識が強い。(上尾、Y)
よかったです。真似したいですね。(川口、K)
市民運動が成功するには皆の想いが一つになる力が必要だと思います。同じことを日本、ここ川口で実践するには?どんなことが大切か、皆で考えていきたい。(川口、Y)
市民の熱意が実を結んだ。川口市民も出来ると思う。(川口、H)
2回目でしたが今回も参考になりました。
彼らの目標が
    全世界から原発をなくす。
    全世界に自然エネルギーを
    全世界の人に平等にエネルギーを提供する。ということがすばらしい。(八潮、K)               

 20年前のドイツことが10年後の日本になるといいです。
・あの人のつながり、日本では少なくなってきているのが残念です。(川口 W)
地道に積み重ねられてきたんだなと思いました。音楽も取り込んだり、ビールやワインの楽しみもあったりと柔軟なやり方をしているのもいいです。学校の授業として行われていたので若い人、次世代に伝えられているのがいいです。 (川口 H)
2回目、見ました。3回目、パソコンカフェでDVDを借りて、ミニ上映会します。川口のとり組み参考にしたいと思っています。やはり、多くの人に知ってもらうために広げることが大事ですね。まずは末端の人々というより、私達が勉強することが大事ですね。また、分散して運動するより、連携できるといいですね。(上尾、Y)
小さな町が自分達で目標を持ち困難を乗り越えていく姿が非常に良かった。   (さいたま市、K)
活動の方法が柔軟で創意工夫されていて参考になった。コージュネに興味が湧いた。(川口、S)
感動的でした。未来は市民が作るという実践に確信を持てました。 (さいたま市、K)
さいたま市で、私たちも2年前に自主上映したことがありました。2度目にまた、しっかり見せていただき、改めて、感銘を受けました。原発がどんな社会、経済構造や利権にからんで深くそこに根ざしているかを一方で国民一般に理解させていく運動もすすめていく必要を強く感じている。(さいたま市、N)
                  

sIMG_0235

 ●問題提起の後意見交流会を行いました。

蒔田さんが用意してくださった資料がとてもよかったです。私たちが、まずやらなくてはいけないことが(すこしですが)分かりました。すぐできるのは節電!それから、きょう分かったことを自分の回りの人達に広げていくこと。できることからやっていこうと思います。(川口、N)
色々な方が集まって頂いて、大変良かったです。
技術的なお話もきけて良かったです。(川口、U)

蒔田先生の講演、とても勉強になりました。電力会社も経営、自分達の生活がかかっているのでしょうから、民間と必死でせめぎ合いをしているとだと思います。原材料を表示しないのはフェアではないのでは。自然(再生可能)エネルギーにできるものなら、したいと思うのは市民の総意だと思います。分かりやすいプロモーションで、考えを普及していけるといいのではないでしょうか。特にネット系エンジニアと組んで、イケてるプロモーションが必要だと思います。(港区、E)                        
 難聴で聞き取れませんでした。(川口、S)                                                        

太陽光、小水力など県内には多くの資源がある。他県も含めて、実用化例を調査て、自分たちで何ができるか考えたい。(羽生、H)
詳しい説明でわかりやすかった。いろいろな会でやられている人がいて心強い。(上尾、Y)
交流会があれば参加したいと思います。(川口、K)
この熱心なる川口市民の輪が広がる事を望みます。(川口、H)
自然エネルギーに関心ある方が、こんなにたくさんいることがわかってうれしいです。 (川口、W)
いろいろな意見、さまざまな立場の人たちの思いと幅広く出ていてよかったです。いろんな視点をもらえてありがとうございます。(川口、H)
パワーポイント、よかったです。お借りして、勉強会をつくりたいです。 (上尾、Y)
非常に勉強になりました。    (さいたま市、K)
活発な意見が出て参考になった。(川口、S)
電力の事を何の情報も持ってなかったので皆さんの意見を聞けて大変良かったです。ありがとうございました。(さいたま市、T)
様々な意見や経験を持つ皆さんが集まって楽しい時間でした。まだまだ学習が不足していると思いました。大小様々なレベルで学習の場、ニュースが必要ですね。(さいたま市、K)            
 上田市の活動に大変関心を覚えました。我が家では数年前にメーラーを屋根にとりつけました。平均して、ほとんどの月は消費より発電量の方が多いのです。 (さいたま市、N)

 

                                                                                                       

 





 



このページのトップヘ