自然エネルギーを考える川口市民の会

2016年01月

6/16「パワーシフト宣言」の吉田明子氏を講師としてお呼びし電力の自由化について学習会を開きました。

 9/19「シェーナウの想い」の上映会を開き、その後蒔田から問題提起をしてフリートークに入り各自の思い語ってもらいました。

IMG_0235

12月8日には林恒男氏を講師にお呼びして、川口で市民による発電の可能性について話をしてもらいました。

20151208林講師

そして設立総会を迎えることが出来ました。



   自然エネルギーを考える川口市民の会 設立総会議案書

日時:201611614時~

        場所:川口市キュポラパートナステーション第一会議室





目     次

0.挨拶

1.記念講演(14:0015:00

   吉田明子氏(FoE Japan)「電力自由化と自然エネルギー」

2.総会

  ①議長の選出、書記の選出

②議事

第一号議案:設立趣旨ならびに会則(案)について

第二号議案:代表世話人その他の役員選出(案)について

第三号議案:当面の活動方針(案)について

    ※質問と意見交換をおこないます。

③設立総会アピール文(案)



※総会終了後に懇親会をおこないます。自然エネルギーのこと、脱原発や温暖化のこと、新電力のことなど自由に情報交換しましょう。  

第一号議案

設立趣旨ならびに自然エネルギーを考える川口市民の会会則 () について


設立趣旨

私たちは原発県民投票の署名活動をおこなった川口市民の仲間が集まってつくった会です。原発県民投票の結果は62846筆と法廷署名数約118千筆(川口市5669/法廷署名数9259筆)に届かず、埼玉県議会は昨年219日、国の安全保障に関わるエネルギー問題に市民は口を出すなと論断して、この請願を「極めて無責任な態度」と決めつけ、不採択としました。

しかしこの署名活動は、これまでつながりのなかった市民同士が原発をキーワードに広く連帯していく道を開いてくれました。これを機に毎日の生活に欠かせない電気とその電源についてみずからで考え、よりよい未来のための選択をしていこう、そんな思いで私たちは、ささやかながらその後も活動を続けてきました。そのなかで改めて原発の危険性、自然エネルギーへの転換の必要性を再認識してきました。

私たちは3.11以降の現実の中にありながら、あいもかわらず日々、電気を使う生活を続けています。そして政府は市民の意に反して原発の再稼働を推し進め、その輸出まで推進しようとしています。しかし私たちはもう、電気やエネルギーを政府や専門家たちに任せ、「安全神話」に胡坐をかくことはできません。これからのエネルギーのあり方・電気のあり方を決めていくのは私たち市民であるという認識をもつことで、未来への責任をはたしていかなければならないと考えます。

全国各地で活動する心ある市民と手を携えながら、私たちといっしょに、電力や電源について関心を深め、知識を増やし、未来のエネルギーの賢い選択に向けた行動をおこなってゆきましょう。

   



自然エネルギーを考える川口市民の会会則 ()

(名称)

第1条 この会は、「自然エネルギーを考える川口市民の会」とする。

(構成)

2条 この会は、川口市内もしくは賛同する個人を原則に構成する。

(目的および活動)

第3条 この会は、自然エネルギーを普及・推進することを目的とする。

4条 この会は、前条の目的を達成するため次の活動を行う。

    (1) 学習や啓発活動をおこなう。

    (2) 目的を同じくする他団体との交流をはかる。

    (3) その他、目的達成のための必要な活動。

(組織及び運営)

第5条 運営は自由な参加で、世話人会を構成し、活動は世話人会の合議ですすめる。

第6条 総会は、原則として年1回開催する。

(役員)

第7条 この会に次の役員を置く。

    (1)代表世話人1

    (2)世話人       

    (3)会計1名 

    (4)会計監査2名          

(財政)

第8条 この会の財政は、会費、寄付金、その他の収入をもって充てる。

    (1)年会費は、一口500円とする。 

    (2)会計年度は、1月1日から12月31日とする。

(付則)

    この会則は、2016年1月16日より施行する。    



第二号議案  代表世話人その他の選出(案)について

   代表世話人1名  守谷裕之

   世話人      稲毛成育、東田伸夫、森克彦

            権田常行、蒔田豊明

会計1名     東田あけみ

   会計監査2名   吹上早苗



第三号議案:当面の活動方針(案)-2016112月-

 (1)自然エネルギーの新しい波を学ぶ-相乗りくん-

(2)小川町風土活用センター(NPO ふうど)のメタンガス発電見学

(3)河合弘之監督「日本と原発 4年後」 上映会

(4)その他自然エネルギー、電力自由化に関する学習会

(5)世話人会の定例化(2か月に1回)



設立総会アピール



自然エネルギーを活かし脱原発の未来を



いま、政府・電力会社によって着々と原発の再稼働が進んでいます。

東京電力福島第一原発事故による避難などで福島県の人口は5年前の国勢調査から115458人(5.7%)減り、同県で過去最大の減少率となりました。また東日本大震災と原発事故関連の自殺者数(昨年1月~11月)は、前年に比べて宮城県と岩手県は減りましたが、福島県では逆に15人から19人に増え、事故以来80人が自殺しています。

また、子どもの甲状腺ガンが全国平均の2050倍に激増しています。915万立方メートルもの除染廃棄物が県内11万ヶ所に仮置きされたままです。放射線セシウム濃度が1キログラム当たり8000ベクレル以上の高濃度の指定廃棄物の処分場設置の目処すら立っていません。さらに、海へ流せないほど高濃度の汚染水が日々、増加し続けています。

原発はひとたび大事故を起こせば広範囲に長期間、計り知れない被害をもたらすことを、私たちは知らされました。



今年の4月から電力の自由化が始まります。消費者が自由に電気事業者(新電力)を選べるようになります。これは今まで東京電力しか選べなかった立場から大きな転換点となります。これまで、原発の電気を買う他に選択肢がなかったのが、これからは、原発に頼らない電気事業者から、安全・安心で安価な電気が買える道が開かれるのです。このような動きのなかで市民が知恵を出し合って電気を作る市民電力という新たな動きもあります。

未来のエネルギー・電力を選ぶのは私たち市民です。原発に依存せず環境にやさしい自然エネルギーへの転換を願う、個人・団体と連帯し、その実現をめざします。

 これからのエネルギーについてみんなで学び行動してゆきましょう。

              

             2016116
自然エネルギーを考える川口市民の会設立総会


2社の新聞に掲載されました。


埼玉新聞 1月17日付

saitamasinnbunn


朝日新聞 埼玉版 1月19日付
 
 asahisaitamaban


 

パワーシフト宣言

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


2016年1月16日、川口市内キュポ・ラにて設立総会が開催されました。
今年4月からの電力完全自由化に向けて、原発に頼らない社会を目指すために
私たちはどのような行動が望まれるのか、FoE Japanの吉田さんに、記念講演
をしていただきました。






パワーシフト宣言

新電力とは
パナソニック、東京ガス、東邦ガス、西部ガス、NTT、ソフトバンク、トヨタ自動車、ホンダ、KDDI、JX日鉱日石エネルギー(旧日本石油)、エネット(東京ガス+大阪ガス+NTTファシリティーズ)、といった日本の一流企業である。‥‥広瀬隆氏講演より
『福島と日本の運命―わたしたちの未来』2016年1月10日、福島県いわき市での講演(主催:脱原発福島ネットワーク)が動画で公開されています。
77分のうち、前半は電力の自由化について詳しく説明しています。参考になります。

http://www.weblio.jp/redirect?url=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DxyFG9VyJzWM&etd=044ef560d2aa3454
company1
company2
gain
gain2

昨日の打ち合わせ会議に続き、川口駅東口前で設立総会と記念講演会のチラシを配る。

マイクを持って

「これから、安全で安い電気を選べるようになります。」

「今の東電を使いたくなという人が6割を超えています。」

「電力の自由化の専門家をお呼びして講演会を開きます。是非、お越し下さい。」
 と丁寧に呼びかけた。


チラシを配布したメンバー5名、人によってポジションによって受け取ってくれる人は様々だった。
とりあえず用意したチラシは手渡すことが出来た。



s20160112街頭


sチラシ

「パワーシフト宣言」にアクセスして登録しよう。
http://power-shift.org/

東京電力離れは下の記事よりあきらかである。
何とか生き残ろうとセット割引で安ければ良いと戦略を練っている。

東電新料金「セット割」軸」
・電気料金にポイントを付与
・携帯電話(ソフトバンク)やLPガスとのセット割
・定額料金のプラン
 マンションに住む4人家族(40㌂契約、月に400kw時)でLPガスセットなら現行料金より年6500円 安い。

自然エネルギーの値段はどうやって決めるのか。調べてみよう。

東京新聞原発の電気はいや

このページのトップヘ