折々のことばを見るのを楽しみにしています。たまたまエネルギーと原発の事が目についたのでご存知かもしれませんがアップしました。

 

折々のことば:1331 鷲田清一

20181230

 大事なのは、自分自身が生きるために必要なエネルギーの量を知ることだ。

 (テンダー)

     ◇

 横浜生まれの自称「ヒッピー」さんは、電気・水道・ガスを契約せず、すべて自前でまかなう生活に取り組む。たとえば電気。遠隔地で発電して送る方法は送電ロスが膨大で、もったいないという。自分のエネルギー消ログイン前の続き費量を知れば、本当に必要な電力量もわかる。電気に限らず、生産の場と消費の場が遠く切り離され、問題の所在が見えにくくなっていると。『わがや電力』から。

 

折々のことば:1338 鷲田清一

201917

 限度。学問とは、限度の発見にあるのだよ。 (坂口安吾

    ◇

 原子爆弾という、人間の制御を超える装置を発明するのは学問ではない、「子供の遊び」だと作家は言う。おのれの限界をはみ出る「大ゲサ」な夢想にのぼせず、せいぜい数十年しか生きられない有限な個人として、みずから責任をとれるところでそのログイン前の続き義務を全うすること。そこに人の「戦い」がある。人はそれに勝てずとも、負けはしないと。論考「不良少年とキリスト」から。

 

(文責 守谷)