2016年05月04日

真室川マラソン

朝は曇りだったが、会場に向かう途中に雨が降ってきた。
会場に着いたら、過去の参加の時は余裕で入れられた駐車場が、もう満車だった。
山の上にある遠い駐車場に停めると、シャトルバスが待っていた。
この大会も参加者が多くなったのかなと思って、要項を見ると以前よりも相当参加者が多くなっていた。マラソンブームはまだ続いているようだ。

本大会の本部とゴールは、山の上になる。スタートは山の下の橋なので、ちょっと不便だ。あいにくの雨だったけど、レストハウスの軒下に場所取りができて、ラッキーだった。

雨が本格的に降っているので、使い捨てカッパを着てアップを少しだけ5分やって、スタート受付に行った。足は重いので、今日は一時間を切るぐらいの走りしかできないだろうと思い、初めからゆっくり走った。時折雨に風が混じってきて非常に厭だった。折り返しを過ぎると雨がやんだので、少し良くなったが、足の状態は相変わらずで、時折つりそうになった。最後のゴールへの山道の坂を上る時には、歩きほどのスピードしかなかった。

タイムは、55分46秒 だった。
情けないけどこんなもんだろう。

昨年から、仕事に時間がとられるので、ランニングをする時間が取れなくなっている。
4月からは、職場が変わり、自宅から45キロ離れた小学校に異動になった。
通勤の時間は片道約50分。この時間をランニングに使えたらと思っても、どうにもならない。

土日しかランニングができない状態で、月に100卅れなくなった。
土曜日のランニングは、疲れが残っていて非常にきつい。
9月の秋田内陸100劵泪薀愁鵑砲録修傾んだが、果たしてまともに走れるかどうか、赤信号状態である。

nekko55 at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会参加記 

2016年01月04日

暖冬の正月

新年になって暖かい日が続き、雨も降り、雪がどんどんとけています。
昨年末にドカ雪が降り積雪60cmを超えましたが、今は17cmとのこと。
今朝は、気温が氷点下にならず、1℃でした。
夏用のふつうのシューズ朝ランができました。
やっぱり足が軽くていいですね。
調子よく90分走ってきました。
地上には、霧が立ちこめています。
まるで、3月のようでした。

1月後半のスキー授業ができるかなあ。

nekko55 at 09:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)春夏秋冬 

2016年01月01日

2016年になった

2701485c.jpg
あけましておめでとうございます。
これは我が家から見える雪景色です。
2016年の朝は、穏やかに雪が降っています。
新年の朝は、一本だけついている車の轍をたどりながら、雪の中を朝ランに出かけてきました。
我が家には大学受験生がいるので、正月は静かにして受験生の背中を押しております。

昨年の総走距離を計算してみると、約1300劼任靴拭
土日以外に走る余裕がなく、月に100劼いないこと多でした。
大会参加数も過去最低でした。
2015年前半は、剣道部保護者会長として、大会のサポートに行くことが多く、大会に出られない一因でした。
それでも、9月の100劵泪薀愁鵑砲蓮■嫁連続の完走ができました。
昨年一番充実していたのはこの時でしたね。
あとは、何回か書いたけど、体力的にはがたがたです。
関節リュウマチと高血圧症で投薬をしています。
どちらも目に見えて良くなるという状態ではなく、長い治療になりそうです。
両方とも、「まだ軽い」と言われていますので、何とか治したいと思っております。
「年齢だね」と高血圧の医者には言われました。

2016年の抱負は、やっぱり100劵泪薀愁鶸袷です。
完走確実と確信してからの走りの高揚は、忘れられません。
仕事が忙しい状況は、今年も変わりないだろうから、土日ランナーはしかたないかと思っています。
それから、病気を是非治して、すっきりさせたいです。
40代の体力には戻れないだろうけれど、爽快な気分で走りたい、が今の目標です。
正月休みには、100劼倭りたいと目当てにしています。あと50劼任后

nekko55 at 12:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)春夏秋冬 

2015年11月01日

前沢マラソン

今年最後の大会に参加してきました。
ハーフの部に出走しました。
なんと、初めて、時計を忘れていきました。
タイムにはもうこだわらないという気持ちの表れでしょう。
日曜ランナーになってしまった今年、納得いくようなタイムが出るはずもなく。
結果は、1時間51分15秒でした。

天気は最高で、気温が低く、ランニングに最適のコンディションでした。
田園の風景も最高でした。遠くに冠雪の焼石連峰が望めました。
しかし、月100劼發いない練習で、快適に走れる訳がなく。
10劼垢たら、足がしんどい状態でした。
何とか、2時間にはならなかったものの、今の自分には仕方ない状態かな。

ゴールしたら、胃のあたりが不快でしたが、牛丼はしっかり食べました。
岐路の途中にある、ひめかゆ温泉に寄って、露天風呂で体をほぐし、うとうとして疲れを取りました。
この温泉、料金が600円に上がっていました。
日帰り入浴にしては、少し高いです。

前沢には、奥羽山脈を越える山道を往復しました。
この道9日には冬季の閉鎖になるのですが、落ち葉が舞い散る中を運転してきました。
大森峠は、山々の木々はもう枝しかない状態でした。

それにしても、4月から、仕事はランニングができない程多く、関節リュウマチと高血圧に悩まされ、昨年とは大違いです。
年でしょうか、体が変わってきたのでしょうか。


nekko55 at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会参加記 

2015年10月10日

秋田内陸リゾートカップ100劵泪薀愁

 大会から,2週間がたちました。ようやく参加記録を書くことができます。何していたわけではないのですが,やっぱり,仕事に気を取られてアップする気分になれなかったというところでしょうか。

 昨年に続き2年連続で完走できました。今年も,ゴールの大太鼓の歓迎感動を味わうことができて感無量です。これで,6回参加して2完走です。
 今年の完走はどうかなと思っていました。4月に職場を異動して,平日は走られなくなってしまいました。土日祝日ランナーになってから,月の走行距離は,100卅宛紊箸覆蠅泙靴拭B膕饂臆耽瑤半分になりました。8月は休暇もあるので何とか,300匐瓩まで走り込むことができ,これが今回の完走に効いたのだと思います。でも,完走後のダメージも大きく,何となく疲れがとれないような気分で毎日過ごしています。

 さて,大会のようすです。
 今年の駐車場は,昨年よりスタート地点から遠い場所を指定されました。1勸摸イ譴討い燭里な?廃校になった山の上の小学校の校庭が駐車場でした。前日の土曜日に駐車場に着き,車中泊の準備をして,受付と前夜祭に行きました。
 前夜祭,今年も仙北市長のあいさつは楽しかったです。話が上手な市長ですね。珍しい。市長は,この大会が廃止されるといううわさがありますがこれからも長く続けます,と宣言しました。会場からは大きな拍手が起きました。これで,自分が参加できるうちは廃止にならないだろうと,嬉しくなりました。
 ビール,酒,食事,角館高校生の民謡ステージ,で前夜祭は盛り上がっていました。ランナーの皆さんはそんなに酒やビールを飲まないのですね。大量に残っていました。もったいない,からと言って飲み過ぎると明日に響くので,自分もそこそこにしました。食事もたくさん残っていましたので,おにぎりと唐揚げを持ち帰りました。明日の朝食を確保しました。ほろ酔いでそばもいただき,前夜祭会場を後にしました。車中泊は快適でしたが,気持ちが高揚していたせいか,熟睡はできませんでした。
 朝,3時頃起床。おにぎりと飲み物をとり,4時頃スタート地点に着くように出発しました。辺りは当然真っ暗ですが,林の向こうにぼーっと空が明るくなっている場所があり,そこがスタート地点でした。天気は曇り,気温が高く参加者に渡されている防寒用の大きなポリ袋は不要でした。

 4時30分にスタートしました。毎回のスタート風景です。今回の自分のテーマは,「頑張らず,あきらめず」にしました。走り込み不足なので無理はできないが,完走は目ざしたい,そんなところです。まずは,50卉賄世忘把磽胸間で着くこと。5劼鬘械格ぐらいで走っていきました。
 一時間ぐらいすると,毎回声援をおくってくれる,西明寺地区のスポ少の少年少女の子どもたちと,タッチをしました。毎回早朝から元気な声援を送ってもらえて,ありがたいです。保護者の皆さんは大変だろうに,えらいですね。感謝。

 前半,頑張らない方針が功を奏したか,わりと順調に距離をかせいでいきました。エイドでは,食べ過ぎにならないようにご飯一口と水分補給と飴ぐらいにしました。仙北市と北秋田市の境界の最大の峠は,当然歩きました。峠の頂上に,今年もいました巫女さんのふん装をした応援団が。知り合いの巫女さんと一年ぶりの再会。今年も走っていることに「すきだねえ。」と賞賛ともあきれたとも取れるお言葉をいただいて,そう言う巫女さんも人のこと言えないでしょう。hideさんを見かけたかと聞くと「30分ほど前に通過していった。」はやっ。

 峠からの8劼猟垢げ爾蠅魎萃イ辰徳ってしまったので,50劼砲詫祥気韮胸間を切りました。しかし,この頑張りが後で響いてきました。50キロメートルのエイドで,栄養ドリンクとアミノ酸を補給。阿仁合のハンカチ母さんの所までは最悪でも到達しなければ。足の調子は,峠の下りの影響で,ももの前部が筋肉痛になってしまった。もちろん足全体も疲労していいる。阿仁合の町に入る前に国道のトンネルを避けて,旧道の林道を走る。これが毎回けっこうきつい。いやな場所の一つ。やはり,歩きが入った。

 今年も着きました,阿仁合のハンカチ母さんの家の前に。いましたいました。さっそく,昨年両手ハンカチのおかげで完走できたことを報告。湯沢からもってきたお土産を渡しました。漆塗りのストラップです。母さん「もらったハンカチを十枚も持ってくる人がいるよ。」そうだったのか,去年のハンカチを持ってくればいいのか。「洗濯しないでそのまま持ってくるんだよ。」だって。汗くさくないかな。今年は母さんに一枚手首に巻いてもらい出発しました。当然そのすぐ後の阿仁合の町中の急坂は歩きました。北緯40°ゲートで記念写真。800円也。

 70丗が痛いながらも何とか通過。完走ペース。その後の75辧ど婉瓠げ燭苦しい。体に力が入らない。おかしい,体調不良か?走れないので歩く。体がだるいように苦しい,おかしい。胃に空腹を感じる。腹減った。ふと,思い立ったのは,エネルギー切れか!次のエイドで,見ると蜂蜜があるではないか。パンに蜂蜜を山ほど付けて,3きれも食べた。他にも,果物なども食べて栄養補給してみた。これでしばらく歩いて運良く体調が回復してくれれば,完走の可能性が出てくる。どの位歩いただろうか,1〜2劼阿蕕い亙發い慎いする。次第に力が出るような気がしてきて,80夘婉瓩らエイドまで再び走ることができた。ラッキー。

 米内沢のエイドで少し休んで,時間を見ると残り約3時間でした。これなら,この足でもまだ間に合うかもしれない。足が一ででも動かなくならなければ,完走の可能性がある。そう思ってエイドをスタート。yないざわを出て,阿仁川の橋を渡ると,ここから長い田んぼの中の退屈な道が続く。これがけっこう精神的にきつい。平坦部で歩いたら完走できない,その思い一つでゆっくりになっても足を止めないで痛くて重い足を動かした。90匱蠢阿虜籠擦蓮な發い拭昨年はこの付近で足が動かなくなり長い距離を歩いたが,今年は足が動く程度の踏ん張りに押さえて,それこそそろりそろりと走った。歩いているランナーがたくさんいたが,踏ん張って走った。

 秋田北空港の下の長い登り坂のトンネルは,全部歩いてしまった。でも,トンネルを抜けると,鷹巣の市街地が見えるはず。そこからは走ろう。最後のエイドが見えてきた。このままで行くとぎりぎり完走できるはず。最後のエイドは,パスして米代川の長い橋を走った。夕日がきれいだった。この夕日を橋の上で見ると,完走できるという感慨に浸れる。橋を渡って右に折れて,市街地へと入っていく。あと2辧H鷯錣紡がつらい。何とか,何とか走る。商店街アーケードで,選手の名前をコールしてくれるのだけれど,ボーとして自分の名前がよく聞き取れなかった。太鼓の音が聞こえる。沿道の皆さんが声をかけてくれる。ようやくゴールできた。

 ふらふらとマッサージコーナーに行ったら,もう〆切の時間だった。冷たいプールに足を突っ込んで冷やしていたら,親切にもスタッフが氷を持ってきてくれたり,足を冷やしてくれたり,熱いお茶を持ってきてくれたりした。何て親切なんだ,ありがたい。しばらく休んで,完走証をもらって,荷物を取りにいったが,ふらふらとしか歩けない。車いすのスロープでこっそり着替えをした。後夜祭が始まっていたが,何も食べる気がしなくて座って休んでいたら,hideさんから電話が来た。行ってみると,3人でくつろいでいた。私はようやく食べる気になって,きりたんぽや生ビールを食べた。Hideさん達から生ビールをもらって飲んだが,後夜祭が終了近くの時間になると生ビールお代わり自由となっていた。4杯ぐらい飲んだがなぜか,全然よった気がしなかった。

 角館に向かう内陸戦最終列車の時間になったので,重く痛い足を引きずって駅まで歩いた。列車で,千葉からきたランナーと話をした。トライアスロンをする方だった。角館までの時間は長かった。駅に着くと10時近かっただろうか。駅から駐車場までの歩きが長かった。車に着くとそのまますぐに眠った。

 5辧。械簡 39秒   55辧。械簡 05秒
10辧。械格 05秒   60辧。械景 58秒
15辧。械簡 05秒   65辧。苅格 49秒
20辧。械格 25秒   70辧。械喫 52秒
25辧。械己 50秒   75辧。苅科 44秒
30辧。械喫 41秒   80辧。苅己 16秒
35辧。械簡 22秒   85辧。械景 21秒
40辧。苅永 49秒   90辧。苅喫 45秒
45辧。械簡 57秒  100辧。牽科 53秒
50辧。苅喫 54秒

トータル 12時間55分

nekko55 at 06:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会参加記 

2015年09月13日

コスモスマラソン

 コスモスマラソンという,湯沢市の高松地区の小さな小さなマラソン大会に行ってきました。
 2劼良瑤硲喚劼良瑤ありました。参加者は小学生が50人ぐらいと,おとなが5人ぐらいでした。私は,自分の勤務する小学校の子どもたちが参加するし,学校の地域の行事なので参加しました。私のクラスの子どもは2人ですが参加しています。勤務校からもっとたくさん参加してもらいたいところでしたが,バスケットボールの大会と重なっていて,そちらに参加したこの方が多かったのでしかたがないところでした。
 競技の距離があまりにも短いので,はじまる前に8劼曚疋献腑ングをしました。天気は曇りで気温は快適,山あいの田んぼの稲穂は刈り時を迎え,とんぼが次第に数を増していっているという様子で,山あいの沢目に沿って集落がある地域ですが,景色が気持ちの良いジョギングでした。
 2劼良瑤髻せ劼匹發燭舛醗貊錣冒りました。1年生から3年生までのちびっ子達と話をしたり励ましたりしながら,集落の中を走るのは,とても楽しかったです。2劼鬟粥璽襪靴董い垢阿烹喚劼離魁璽垢冒っていって,4劼諒の高学年にも応援してきました。
 自分のレースでは,記録を気にして苦しい走りが常ですが,こんなのんびり楽しむのもいいものでした。

nekko55 at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会参加記 

2015年08月07日

湯沢七夕マラソン

 理念以上の猛暑が続いています。この湯沢の地にも。
スタート前のアナウンスでは「ただ今の気温は29℃」と言っていました。アメダスだったらもう少し低いかと思いますが,ともかくも暑いスタートでした。
 10劼良瑤忙臆辰靴泙靴拭A阿瞭曜日に,10卅っているのですが,昨日のんびりと足やすめの日にしたので,アップの時は足が軽かったです。この暑さと,ペース配分と色々考えましたが,スタートしてしまいました。
1辧。簡33秒
2辧。簡46秒
3辧。簡46秒
4辧。簡45秒
7辧13分28秒 時計を押し忘れた。
8辧。簡38秒
9辧。喫03秒
10辧。喫02秒
トータル47分5秒 でした。
 最後の2劼蓮ぢが思うように動きませんでした。無理をすると,体がおかしくなるかなと思われました。
 昨年より,1分半ほど遅いです。練習不足と天候のせいなことにしておきます。

 今年は,勤務している小学校からバスケットボールスポ少の子どもたちが出場しました。子どもたちに声をかけました。それから,自分の学級の子が応援にきていて,私をゴールの所で待っていてくれました。ありがとう。嬉しかったです。勤務校の子どもに応戦してもらうのは何年もなかったことです。それから,同僚の先生方にも応援してもらいました。ありがとうさんでした。

 これで,夏のレースはおしまい。これからは,8月いっぱいは,100劵泪薀愁鵑妨けて長い距離を走り込むぞ。ゆっくり走っても,少しぐらい疲労が溜まっても気にしないで走れます。故障だけには気をつけよう。


nekko55 at 18:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会参加記 

2015年08月03日

沢内マラソンマスターズ

 久々に投稿です。と,いつも同じことを書いてますが。
 8月2日に,毎年参加している,沢内マラソンマスターズの10劼良瑤忙臆辰靴討ました。連日の暑い夏の日が続いていますが,標高の高い沢内村は少し涼しいように感じました。
 4月から,土日ランナーになってしまったわけですが,学校が夏休みに入ってから約十日間,ようやくデイリーランナーに戻れました。8時間労働で持ち帰り残業なしというのは,ほんとうに幸せですね。
 で,そろそろ疲れも溜まってきたかなという日の大会参加でしたが,確かに疲れはあるかな,とアップしていて感じました。
 スタートして,前半の5辧い泙△泙苦しくもなくいい調子で走りました。それもそのはずで,5分/劼離好圈璽匹世辰燭らです。前半から苦しいほどに走るのはいやだ,と気持ちが言っていました。後半もそのペースを維持してゴール。最後の急坂は足がつりそうになりました。49分33秒でした。何と評価したらいいものか?もう少し苦しむ走りをすれば,数分は縮まった可能性はあります。苦しみもがくランニングは根性がなくなりました,なのかも。
 ゴール後,沢内村内を1時間ジョギングをしてきました。余裕あるじゃん。まあ,それぐらい追い込んでいない走りだったということでしょう。

 さらに,月日は戻りますが,7月5日に,平鹿町のあやめマラソン10劼暴个泙靴燭,こちらは49分22秒でした。50分ランナーになりました。

 今週の7日には,湯沢市の七夕マラソン10劼暴个泙后

nekko55 at 05:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会参加記 

2015年05月31日

錦秋湖マラソン

 半年も投稿していませんでした。久しぶりです。
 母親が亡くなってから,半年がたちました。
 49日を終え,雪が消えてから納骨をし,その後仏壇の購入,お墓の建立と続き,一通りの事は済ませました。
 今は,母親がいないというだけで,あとは日常に戻りました。

 それから,次男の高校剣道部の保護者会長の任務が,これがなかなか面倒で,保護者会が2つに割れて,そのために何やかんやとやることが増え,しかも役員会や総会では注文が多く出されるし,ストレスでした。
 その会長の任務は,あと一週間で終了となります。県の高校総体が今週末から始まり,それが最後です。一年間長かった。

 さらに,4月から教職員組合の専従が終了し,市内の小学校へ移動になりました。そして,学級をもちながらの教務主任となりました。初めての教務主任です。教材研究や学級経営をしながら慣れない教務主任の仕事で,毎日8時まで学校で仕事をする状態になってしまいました。家での持ち帰り仕事一時間と合わせると,時間外勤務は月80時間を超えます。これは,法律で医療機関に相談する必要がある時間です。
 そんなわけで,4月は80辧ぃ儀遒錬隠械悪劼函ぅ薀鵐縫鵐阿竜離が半分から三分の一程度になってしまいました。土日ランナーになりました。

 そんな中,今年初めてのマラソン大会が,錦秋湖マラソンとなりました。昨日までの真夏のような気温は一変して,雨の降る肌寒いスタートになりました。ま,走るにはこの方がいいかも。目標タイムのない大会参加は,全然テンションが上がりません。まるで,普段のランニングに出るような気分でした。足も出来ていないし,2時間で楽しく完走しようと思っていました。その通りに,前半は5分30秒ぐらいで走っていきました。

 折り返すと,これがまだ楽に走れそうでした。それなら,後半のペースを落とさないように,あわよくば後半の方がラップを上げようと思ってはしったら,これが結構走れました。さすがにラスト3劼和がつりそうになったときもありましたが,結局,1時間48分台でゴールできました。これならまだやれそうだなと,妙にうれしくなりました。

 帰りは,昨年から気に入っている湯川温泉の高繁旅館のろてん風呂にゆっくり浸かって,リフレッシュしてきました。

0〜2辧。隠永26秒  12辧。簡58秒
  3辧。喫35秒   13辧。簡55秒
  4辧。喫15秒   14辧。喫02秒
  5辧。喫13秒   15辧。簡52秒
  6辧。喫30秒   16辧。喫00秒
  7辧。喫17秒   17辧。簡46秒
  8辧。喫15秒   18辧。喫06秒
  9辧。喫10秒   19辧。喫02秒
 11辧。隠以26秒  20辧。喫11秒

記録 1時間49分07秒
ネットタイム 1時間48分47秒
順位 229位


nekko55 at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会参加記 

2015年01月01日

2014をふり返って

2015年が始まりました。寒波の新年と報道されているにもかかわらず、穏やかな1日の朝です。
ランニングに出たいところですが、昨日まで4日続けて走っているので足の疲れがとれなくて休足しています。

2014年はいろいろとあった忘れられない一年になりました。
新年の話題ではないのですが、12月12日に、母が亡くなりました。81才でした。
2年半前にたおれてから、寝たきりで施設で生活していたのですが、1年前に脳出血の追い打ちに遭い、とうとう亡くなりました。
12日の一週間前ぐらいから、覚悟をしておくように特老の医師から言われていたのですが、10日に今夜あたりが限界かもと言われ、その後頑張っていたのですが、12日の早朝5時に亡くなったとの電話がありました。

その時から、喪主としての、目の回るような一週間が始まりました。
わが家は、初めての仏様だったのです。ノウハウや経験が何もありませんでした。
葬儀屋から聞き、近くに住む親戚から聞き、近所の人から聞き、最終的には自分で判断していかなくてはなりませんでした。
近くのお寺には、檀家になることをお願いに言ったりもしました。
家に来る弔問の人たち、葬儀に呼ぶ親戚、そしてその接待、家に来る様々な人への対応にすごく気を使い、そして疲れました。

葬儀が終わると、仏壇を選びに行きました。
20日には、仏送りをしました。
これで一段落、必要なことをほぼやり終えて、ほっとしました。
母親の生前のことなど、ゆっくりと考えたり感慨にふけたりする十分な時間がなく過ぎていったのですが、年末の休みに入ってやっといろいろと思ったりしているところです。

先ごろ偶然「西の魔女が死んだ」というDVDを観たら、中学生の少女が「死ぬとどうなるの」とおばあさんに投げかけていましたが、自分もその中学生レベルからちっとも抜けていないと感じます。それで、今思うことは、死者を送ったりそのあと祀ったりするのは、これからしばらくは生きていく者のための生の足掛かりなんだということです。
でも、これ以上の事はまだ考えつきません。これから、ぼちぼち思っていくことでしょう。

こんな事で暮れた2014年でしたが、ランニング的には「100劵泪薀愁鵝廚鬘鞠目の挑戦で完走した記念すべき年でした。同時に、50代中盤にさしかかり脚力の衰えを大会毎に痛感させられた年でした。計算してみると、年間走距離約2800劼任靴拭まずまずのランニング生活をキープできていると思っています。

他にもいろいろなことがあったので2014年はめまぐるしい年でした。考えてみると前年と同じような生活ができるということは殆どなく、毎年毎年自分の回りの生活環境は変わっていくものです。そのきっかけは1年の中のいつと思うと、ほんの1週間、ほんの1日で起きてしまうもののようです。2015年、私の仕事の環境は2年ぶりに大きく変わり(又は変わらない想定もある)、家族それぞれの生活も大きく変わることでしょう。
やっぱり生きている限り、どんなことが起きていたとしても、「去年はよい年だった、新年もよい年になるように頑張ろう。」と言うより他にはないのだという感情に今はなっている。



nekko55 at 07:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)春夏秋冬 

2014年10月13日

北上マラソンで苦渋を嘗める

 10月12日、日曜日、北上市陸上競技場をスタートとする、北上マラソンのフルマラソンに出場してきました。過去最悪のフルマラソンとなりました。本当に、苦しかった。
 朝は少々冷えたものの、天気が良く、絶好のコンデションでした…が。改装なった北上陸上競技場は、動画の映る大型スクリーンも、ぴかぴかの走路も、すばらしかった…が。
 最悪の結果となりました。途中、走れなくなって歩きを入れざるをえず、タイムは自己最長になりました。

0辧 1辧6分11秒   21辧22辧4分56秒
1辧 2辧5分55秒   22辧23辧5分14秒
2辧 3辧4分48秒   23辧24辧5分22秒
3辧 4辧5分02秒   24辧25辧5分19秒
4辧 5辧5分07秒   25辧26辧5分21秒
5辧 6辧5分05秒   26辧27辧5分25秒
6辧 7辧4分58秒   27辧28辧6分18秒
7辧 8辧5分01秒   28辧29辧5分51秒
8辧 9辧4分57秒   29辧30辧6分02秒
10辧11辧5分03秒   30辧31辧6分44秒
11辧12辧5分01秒   31辧32辧13分30秒
12辧13辧5分00秒   32辧33辧7分58秒
13辧14辧5分05秒   33辧34辧8分07秒
14辧15辧4分52秒   34辧35辧7分18秒
15辧16辧5分03秒   35辧36辧7分02秒
16辧17辧5分03秒   36辧37辧11分53秒
17辧18辧5分02秒   37辧38辧8分21秒
18辧19辧5分24秒   38辧39辧10分05秒
19辧20辧5分19秒   39辧40辧7分02秒
20辧21辧5分11秒   40辧41辧11分24秒
             41辧42辧7分53秒

4時間25分30秒

本レースの目標は、調子のよい区間では、5分/劼覗ること。
最低でも、3時間台でゴールすること、でした。
25劼阿蕕い泙任蓮¬槁個未蠅膨柑劼茲進めました。
特別な不安もなく、進んでいきました。
ところが、27劼△燭蠅痢∨名綮坡甲呂惴かっている田んぼの中の道で、急に足が苦しくなってきて、動かなくなりました。気持ちで、沢山の人が応援している駅の東側はよたよたと走ったものの、市街地を出ると、もう限界、歩きました。
無理して走るのは、足が故障したら元も子もないのと、この先10匐瓩だらだら登ることを考えると、歩きました。
歩いていると、風が冷たく、体が冷えるのを感じました。頭痛がしました。
汗が出ないので、エイドで給水する気も足に水をかける気も起きませんでした。
でも、空腹は強く感じたので、バナナを食べました。
女子高生がさかんにコップやスポンジを差し出してくれ、励ましてくれるのに、ぜんぜんそれに応じる気力がなく、ひたすら下を向いて歩いていました。

1卷茲妨鮓澆吠發い燭蝓△茲蹐茲蹐帆ったりしました。
よろよろと走ると、7〜8分/劼任靴拭100キロマラソンの後半を思い出し、あの時もこんなに遅かったっけ!

はたして、いつゴールにたどりつくのか、それを考えると果てしない感じでした。
35夘婉瓩任蓮∩宛紊法∧發い討い襯薀鵐福爾多くなってきました。
40夘婉瓩任蓮∧發い討い訖佑諒が多くなりました。
4時間30分位でゴールするようです。4時間30分でゴールするランナー達の様子は、こんな感じなのか、初体験でした。別に、上から目線で言っているわけではないけど、今まで知らない世界でした。

苦痛に耐えながら、歩いたり走ったりしている時に感じたのは、同じような状態の歩きでも、100劼了との違いです。
このペースでいけば完走できると希望を胸に歩いていた100丗膕顱▲粥璽襪靴討皺燭隆遒咾發覆い世蹐Σ燭里燭瓩鵬翹してレースを続けているんだろうと思って歩いている今、同じようなふらふらしていた状態なのに、全く違います。
「希望」の偉大さをしみじみと思い知らされました。

最後の1匐は、見栄で走りました。
昼食のいものこ汁は食べたけど、お握りは一個しか食べられませんでした。
小休憩をして、帰路へ、綱取り温泉へ向かいました。
温泉で、少しでも疲れを取る。
十分温まって、板張りのデッキに横になり、涼しい秋の光と風を浴びる。
これがしたくて綱取り温泉です。
うとうとと眠ったりして、1時間以上温泉で休憩、少しは元気になりました。

今回の大会で、今年の予定レースは、終了です。
例年だと、もう3回ぐらいは出るんだけど、今年は仕事や高校生の次男の剣道大会と日程が重なり、出場できません。
来年の3月まで、長い大会オフです。

nekko55 at 11:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会参加記 

2014年09月29日

五度目の挑戦でとうとう100甸袷

9月28日、秋田内陸100劵泪薀愁鵑如念願の完走を果たしました。
ゴールでは、思わず、ガッツポーズと雄叫びとジャンプをしました。
やっと、ゴール地点に正面から入ることができました。
大太鼓の響きは、ゴールできたことの歓喜で、あまり記憶に残っていません。
ゴール後、一息ついているときに、大きな音だなあと、あらためて感じました。

昨年同様、土曜日に車中泊をしました。
今年は、前夜祭で思いっきり飲み食いしようとたくらんでいたので、
まずは飲む前に、スーパーに行って、明日の朝の食べ物などを買って(お酒も)
準備を整えて、エントリーしに行きました。
飲み食いのためには、両手を空けなくてはならないので、ナップザックも持って。

開会式が始まりました。
スズメバチの注意を聞いているときに、スズメバチのような大きな虫が飛んできて、
オードブルに止またり飛び回ったり。みなさん体をよけて逃げているので、私が紙コップで捕まえて、つぶしました。
拍手喝采を受けてしました。さい先いいぞ。

来賓あいさつ、仙北市の門脇市長は面白いぞ。
角館高校の民謡のお嬢さんたちは、秋田美人。
千葉からきたおじさんは、かぶりつきで写真を撮りに行っていました。

ビールと日本酒と、料理を堪能しました。ランナーの皆さんあまり飲まないんですね。
それとも、やっぱり秋田県人の私は、酒飲みなのか?
ビールを、手酌でぐいぐいやってしましました。
前夜祭が終わって解散の時に、見ると何人かが、残った料理をタッパに詰めて持ち帰りしていました。たくさん残っていたんです。日本酒を持って帰る人も。手つかずのビールも何本もありました。
これだ、来年はタッパ持参で来るぞ。おにぎりがたくさん余ってたし。

夜は、9時頃眠ったと思います。

朝起きたのは、計画通り3時。
昨日スーパーで買った弁当を食べて、おはぎを食べて、お腹は一杯になりました。
時間がなくなり、あわてて会場へ、スタート受付をしたら、もう4時でした。あせりました。
ランナーたちは、ぞくぞくスタートゲートの後に集合していました。
ストレッチして、少し早足で歩いて、並びました。

4時30分、スタートしました。
あまり寒くなく、快適に進んでいきました。
でも、朝食が未消化で腹に響きます。サバ味のゲップが出てきたり、唐揚げ弁当にすればよかった。
それでも、リタイヤした昨年よりは、少しペースを上げて走りました。
アップしてないことや、消化中なことが影響してか、少しからだが重かったです。

10劼いないうちに、昨年走りながら話をした、同郷のお嬢さんと一緒になり、今年こそは完走をなどと話しているうち。西明寺のスポ少の子ども達が今年も並んで応援してくれてたので、タッチをして来ました。

今年はエイドに長居しない、と考えていたので、エイドでは水や食べ物少し、ストレッチやエアサロンパスだけにして、かけた時間はたぶん長くても3分ぐらいだったと思います。

20劼魏瓩ると、消化が終わったらしく、だんだんお腹が快適になってきました。
太陽も見えてくると、時折山あいの村のすばらしくきれいな情景が目に入ってきました。

登りがだんだんきつくなってきた頃のあるエイドで、サロンパス噴射隊の皆さんに感激しました。3人が両手にサロンパスを持って前後から一斉にかけてくれるんです。ここまでしてくれるとは、ありがたかった。後のエイドでは、若いお姉さんに、ランパンをめくり上げて腿に噴射してもらい、微妙な気分でした。

標高450m超の、大覚野峠の最もきついところは、当然歩きで登り、頂上付近に来ると、巫女さんのコスプレをした集団が応援していました。ほー、と見ながら走りすぎようとすると、なんとその中に7年ぐらい前一年間だけ一緒に仕事をした女性がいるではありませんか。何年かぶりの再開をこんな所でしようとは、驚きました。巫女さん達は移動しながら応援していたので、その後2度合いました。

峠を下って、50卉賄世砲蓮■技間30分前後が目標でした。下りを飛ばしすぎると足に来るのでセーブしながら走って、目標通りに50卉賄世謀着。
まず、足指がおかしくなってきたので、ワセリンを塗って、アキレス腱がすれ気味なのでシューズを代えて、アミノ酸を飲んで、蜂蜜食って、忙しく出発しました。

走りながらの目印は、過去のリタイヤ地点でした。
50劼任蓮△海譴如■嫁前のリタイヤ地点はクリア、次は5年前の70辧△伐甬遒里海箸思い出されます。
急坂は無理せず歩き、足が重く少し痛い部分がありながらも、過去に悩まされた激痛にならずに進めました。そこで、会ったのが何回も完走している、いろいろな大会で会うHさんでした。過去の大会で会えなかったけど、このペースで走っていけば完走できるんだと、心強くなりました。沿道で応援してくれる老若男女、特にじいちゃんばあちゃんには、大きく「頑張るよ。」と声をかけましたが、大きな声を出すと自分が元気になることが分かりました。

阿仁合駅前のエイドに着いて、去年手首にハンカチを巻いてくれたお母さんがいました。「去年は、せっかく完走できるおまじないやってもらったのに、できなかった、ごめん。今年は完走するから。」と言うと、なんと両手首にハンカチを巻いてくれました。お母さんありがとう、完走できたよ。お母さんの横には、おばあさんらしい方の写真がおいてありました。聞く時間はなかったけど、このマラソンと関係のある方なんでしょうきっと。阿仁合の北緯40度記念撮影ゲートでは、お母さんのハンカチの両手をかざしてポーズしました。

過去の70劵螢織ぅ簔賄世鰐技通過。次は去年の80卉賄世任后その前の長い直線道路は足が痛くて走れなかったことを思い出し、無心で通過しました。
80劼魃曚┐董⊃控箸療弔鵑椶涼罎猟垢つ樟道路に来ました。ここは90劼妊螢織ぅ笋靴燭箸に歩いたところです。苦しさを紛らすために、音楽を聴き始めました。音楽は効果抜群でした。歌の世界に気持ちが入りこんでしばし苦しさがまぎれます。そこで意外なことを発見しました。「ランニングで体も心も極限状態になると、感情が高揚して止められなくなる。」ということです。聴いていた曲は、「秋桜」や「M」など、若いとき聞いた感傷的ソングですが、曲に感情移入して何と涙が出てくるのです。自分でもびっくりの心理現象でした。泣きながら走ってました。

過去何度も、リタイヤランナー収容バスに乗って、高いところからランナーの列を眺めて何とも言えない気持ちになっていましたが、バスを見るたび「今日はまだこちら側にいるぞ。」という思いになりました。

85劼離┘ぅ匹如朝会った同郷の女性と再開し、「おめでとう完走できそうですね。」と声をかけられました。音楽で、足の疲れれを忘れ、90匱蠢阿泙任禄臘瓦某覆鵑任いました。ところが、ここでアクシデント発生。足の疲れを忘れるのも善し悪しでした。限界を超えてしまったのか、左膝の裏側が痛くなり、膝カックン状態になって走ることができなくなりました。歩くことはできるんですが、走ると膝が外れたように崩れます。あと10辧∋弔蟷間は2時間。急ぎ足で歩けば間に合う時間だし、回復を信じて歩きました。前後にも、歩いている人はたくさんいたので、ちょっと安心。

残り9劼里つい登り坂、3年前ここでリタイヤしたことを思い出しながら、まだ間に合うと、歩きました。エイドの間を全部歩きました。

残り7劼らは、今まで見たことのない景色です。下りでした。そろそろと走ってみると、超遅いけど、何とか走れそうでした。鷹巣の街が見えてきたときは、感動しました。空港の下の長いトンネルを抜けると、また少し走れるようになりました。

最後のエイドからは、ラン再開ができました。これで何とか走ってゴールできるかも。希望が湧いてきました。もうすぐ日が落ちそうな時間、米代川にかかる橋を渡り、左折して市街地に入りました。応援の人たちがだんだん多くなってきました。アーケード街に入ると、歩いていたHさんに声をかけられました。巫女さんとも三たび会いました。大太鼓の響きが聞こえてきました。最後は並んで商店街からゴールに向かって走りました。沿道の応援の声や拍手は、毎年リタイヤして帰りの駅に向かいながら、うらやましく見ていたものですが、今年は逆の立場になれました。何て気分がいいのだろう。最高でした。そしてゴール。

木製の完走証をもらい、後夜祭。ビールがうまかった。
後夜祭でビールを飲みながら、同席した、千葉県と神奈川県の方と、マラソンの話をしました。

今年の大会は初完走で感激でしたが、同時にとても沢山の人と交流できました。これぞ、秋田内陸100丗膕颪梁藐鑢でした。

自分の記録です

10辧1時間7分13秒
15辧31分43秒
20辧31分52秒
25辧34分32秒
30辧33分19秒
35辧31分10秒
40辧38分01秒
45辧36分53秒
50辧47分10秒
55辧30分29秒
60辧37分24秒
65辧42分47秒
70辧36分50秒
75辧38分22秒
80辧39分21秒
85辧43分36秒
90辧48分15秒
95辧1時間36分52秒…膝裏痛のため歩く
100辧32分09秒…膝裏痛少し回復、最後の力で走る。


nekko55 at 16:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)大会参加記 

2014年09月14日

西目健康マラソン

本日、ただ今、西目健康マラソンから帰宅しました。
爽やかな秋空の下で、(記録のことはさておいて)気持ちよく走ることができました。
5劼良瑤忙臆辰靴泙靴拭
タイムは、21分11秒で、昨年よりも40秒ほど遅くなりました。
ラスト2劼覆鵑は、呼吸が苦しく、腿が疲れて動かなくなり、頑張ったのですが、
それでもタイムは落ちていきました。

走り終わった後、約11劼鬟献腑ングしました。
そんなに走れるんだったら、もっとレースの方を粘ればよかったのに、
でも、最近不思議なことに、ゆっくりだったら、足が疲れていても何とか走れるんです。
ゆっくり足になってしまったのでしょう。

当たる確率の高い抽選会は、外れでした。がっかり。

今日は、金浦町にある、はまなす温泉に行ってみました。
結果、とても気に入りました。
きれいな建物、設備でした。
ヨウ素を含有している茶色の温泉で、私好みのぬるーい露天風呂で、出たり入ったりしながら1時間以上もいました。
体を冷やしてくれる、秋の風が最高でした。
しかも、入浴料300円で格安。

わが家から遠いのが難点で、気楽に来られません。それが残念です。

次は、2週間後に、100劵泪薀愁鵑澄

nekko55 at 16:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ランニング 

2014年08月07日

湯沢七夕マラソン

 地元開催の大会なので、参加して少しでも貢献しないといけません、と、なんか義理で出ているみたいに聞こえますが、七夕絵灯ろう祭りの大イベントになっています。
 こんな一年で最高に暑い時期にマラソンなんて、とっても体に悪い。でも、今年は暑さよりも、どしゃ降りの雨に遭いました。スタートして前半は上からは豪雨、足元は水が流れている状態でした。

 さて、タイムは、
1辧腺貝辧。隠格22秒
3辧腺喚辧 。簡26秒
4辧腺記辧 。格47秒
5辧腺境辧 。簡45秒
7辧腺賢辧 。簡44秒
8辧腺広辧 。簡50秒
9辧10辧 。簡48秒

合計 45分23秒

前半5劼噺緘升記劼任蓮■格も違っていて、ばててしまったのでした。
足が弱くなったけど、忍耐力もかなり落ちました。
3劼阿蕕い泙任歪柑劼茲足が動いていたのに、その後は走ってて痛みが出そうでした。
ゴール直前の角を曲がったところに浅利純子さんが声援を送っててくれてたのに、苦しくて気がついたのは通り過ぎてからでした。ハイタッチすればよかった。

nekko55 at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会参加記 

2014年08月03日

沢内マラソンマスターズ

快晴、気温はきっと25℃以上はあった。湿度は50%なかったはず。
でも、暑かった。汗だくで、肌はひりひりになった。
会場で、数年ぶりで英さんに会った。同じ10辧50才〜54才の部に出場。
100キロマラソンの話になる。英さんは何回も完走している。
どうして俺はまだ一度も完走できないのか。

さて、アップの時はちょっと筋肉に疲れがとれないことから来る痛みがあった。
アップしてたらとれた。いいのか悪いのか分からない。
すたーと。
初めの3劼老觜汁れた。
そして4劼阿蕕いら、足がだるくなってきて、5匆瓩たらもうこれ以上頑張れない、できればあまりペースを落とさないようにしよう、で精一杯。
もちろん呼吸も苦悶する。
近年、我慢できるレベルが下がってきたなあ。何回も歩くことを夢想してしまった。
根性がなくなってきた。

1辧4分11秒
2辧4分17秒
3辧4分50秒
4辧4分50秒
5辧4分26秒
6辧4分21秒
7辧4分56秒
8辧5分07秒
9辧4分58秒
10 5分09秒

トータル 47分09秒 でした。
足の疲れがとれていたら、もう少し速くなるのか、7日の七夕マラソンで試してみよう。

nekko55 at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会参加記 

2014年07月21日

与次郎駅伝に参加

 職場に、ランニングの好きな人が数人いて、与次郎駅伝に参加しようという話が出ていました。
 仕事があって、直前まで走れるかどうか心配だったんだけど、仕事を他の人に頼むことができたので、何とか出場できました。
 広小路の広場は、人でいっぱいでした。参加者と応援者であふれていました。千秋公園内を走る、順位とかタイムとかを気にするようなレベルにないチームだったので、要するに参加することに意義があるチームだったので、気楽で楽しく参加できました。
 千秋公園ないに入ったのも、本当に久しぶりでした。私は秋田大学出身なので、千秋公園で花見をしたり、いろいろしたものです。走りながら、千秋公園内の様子を忘れていたことに驚きました。
 あと、広小路は駅に向かって結構な登り坂になっていることにも初めて気がつきました。広小路は一方通行なので、駅に向かって車で走ったことがなかったのです。
 早く走ったチームよりも、パフォーマンスのユニークなチームの方がずっと注目されていた大会でした。来年も出るとすれば、工夫して目立ちたいですね。

 大会終了後、夜に、横手で反省会が盛り上がったのも、楽しかったです。

nekko55 at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会参加記 

2014年07月06日

あやめマラソン

隣町の横手市朝舞では、あやめ祭りがにぎやかに開催されています。
そのイベントの一つ「あやめマラソン大会」10劼良瑤暴仭してきました。

まだ梅雨が明けていないものの、天気は快晴で強い日差し、風が弱くて暑い一日でした。
10劼離織ぅ爐蓮47分09秒でした。
この二日間ランニングを休んで(飲み会もあって)休養したのに、足がちっともよく動きませんでした。
膝が上がらない感じでした。
それに、呼吸も苦しかったし。
やっぱり、45分を切るのが容易でない状態になっていることを、認めざるをえません。
がっかりです。
最近大会に出てはがっかりすることばかりになりました。

走り終わったあと、ウオークとランで2時間ばかり、周辺の村を巡ってきました。
辺りの田んぼといい村の家々といい、夏だなあという感慨にひたりました。
小中学校に歩いて通ってた頃は、身近な感覚だったので、40数年たっても子どもの頃の感覚に懐かしくも戻ります。

いま、少子化による学校統合で小学生はバスによる登下校が急激に増えています。
彼らは、歩くことによって感じ沁みる自然や季節の感覚を、どのように身に付けて成長するのでしょうか。いいものなのになあ、この感じ。

nekko55 at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会参加記 

2014年06月22日

十文字さくらんぼマラソン

夏らしい空、次第に入道雲が大きくなっていきました。
気温は、25度ぐらいかな、でも風のなかに時々冷風が混じって爽やか。
コース沿いのたくさんのさくらんぼ畑では、家族連れがさくらんぼ狩りを楽しんでいました。
小学生以下の家族連れを見ると、十年前を思い出す。あのころも良かったなあ。
秋田県南の夏ですね。

5劼暴个泙靴拭
毎年出ているので、自分の走力の指標になる。
それで、今回はどうだったか。
昨年より、約20秒遅くなりました。
必死で頑張ったんだけどね。苦しかった。
3劼魏瓩たら、足が動かなくなりました。
年とともに、着実に走力は落ちている。
情けないけど、現実を受け入れなければならないかな。

21分31秒


nekko55 at 15:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会参加記 

2014年06月01日

最上川マラソン

IMGP2292













この大会は、気に入っています。
まず、参加人数が少なく約500人、アットホームな雰囲気がする大会。
駐車場が会場のすぐ近くで、車で準備して、スタートまで10m。
大会参加費が1000円で格安。それでTシャツまでついている。
参加者全員に、何かくれる抽選会。一品100円から300円ほど。
自転車やテントが特別に当たる。
掛け流しのろてん風呂のある温泉が、町内にある。
大石田町はコンパクトできれいな町、歴史もある。

本日の天気は、まっさらの快晴。気温は、25度ぐらいかな。
でも、風があって気持ちよい。
全国的には、季節先取りの真夏日でした。
先週は走る距離を短めに、軽くして調整。
アップの足はまずまずのコンデション。
1劼老擇、4分30秒。ここから少しスピードアップ。
とここまでは良かったが、4劼阿蕕い廼譴靴なってきた。
折り返しでは、足が重くなってきた。22分ぐらい。
結構暑く、口が渇くが、給水を取ってもこのスピードでは飲めない。足にかけた。
折り返し後は、ひたすら我慢の23分でした。

45分28秒。去年よりはいいタイムを出したかったが、家に帰って記録をみると、
何と、去年と全く同じタイム。こんなこともありか。

レース後は、お気に入りの温泉で足をいやしました。
帰り道、高速道路を行かず、最上川沿いの里山道路をゆっくりきょろきょろしながら帰りました。
写真はその時、大石田町と舟形町の峠から写したものです。
最上川は見えませんが、中央の青い橋が、最上川にかかる橋です。

6月は、少しスピードを出して3劼阿蕕ちるのを、取り入れよう。


nekko55 at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会参加記 

2014年05月25日

錦秋湖マラソン

錦秋湖マラソン大会、30劼良瑤忙臆辰靴討ました。
自宅から一時間弱で会場に到着する、一番近い大きな大会ですね。
一ヶ月前のさくらマラソン30劼離織ぅ爐鮠絏鵑譴襪里。

しかし、朝眠くてなかなか起きられなかった。
会場についてアップを始めたら、とても足が重い。
これは、快走どころではない。完走できないかもしれない。

おかしい。この大会前の三日間、ランニングをしないで休養した。
はずなのに、疲労が回復していない。
これが、老化というものか?

初めの5辧10劼任気─⇒動廚任呂覆った。
顔をしかめ、あえぎながら走っていた、と思う、端から見れば。
15劼寮泙衒屬靴任蓮△世蕕世薀薀鵐縫鵐阿世辰拭
1辧5分〜5分30秒だった。

1劼困張薀奪廚鮗茲辰討い辰燭里世、どっかの給水所で紙コップを取るときに、時計に触れてしまい、変な表示になって、もう走りながらボーとする頭では直せなかった。

途中一度、何かの拍子で、めまいのようになった。
足が無意識のように横にふらふらとずれていった。
申し越しで路肩からはみ出すところだったが、正気に戻った。
それ一度だけだったが、走っているときのめまいとはこんなものかと経験した。

足は痛かったが、ラストの10劼蓮△燭世劼燭垢蕾翹して走った。
下を見たり、遠くを見たりしながら。
制限時間の2時間45分には間に合った。
タイムは、2時間42分43秒 だった。
去年よりは、2分早いぞ。

まとめ。
自分の体は、3日では疲労を回復できない。
もっと長い時間をかける必要がある。ようだ、きっと。
この疲労は、4月、5月に、月間300匐瓩走ったからだろう、きっと。
その理由は、4月のさくらマラソン30劼蓮錦秋湖よりもアップダウンが格段にきつかったのに、タイムが7分も良かったからだ。

一時間ほど休んでから、湯川温泉高繁旅館に入浴に行った。
300円という安い料金ながら、ろてん風呂がとっても良かった。
掛け流しの湯が、どんどん流れて、川に落ちていた。
気に入った。

次の日曜日は、10劵譟璽垢世、休養はどうしたらいいだろうか。

nekko55 at 18:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大会参加記