学校のトイレに生理用品の配置を防災公園としての沼田公園の整備進む

2022年02月20日

2021年12月市議会 金子幸弘一般質問問答

●住宅だけでなく事務所、工場での省エネ、再エネ拡充を
問 省エネと再エネ拡充を進めてきたかわぐちグリーン・エナジー戦略をさらに進化させて住宅への助成に限らず事務所、工場へも助成を求めた。

答 環境部では「エコリサイクル推進事業所制度」で支援しているが、今後は補助金制度を含めて支援の在り方を調査研究していく。


●徴収強化だけでなく、生活再建と営業再建の立場を
問 様々な知識を持った市の職員が、縦割りを排して連携して、滞納している市民と伴走型で解決に向かうことが必要。

答 ファイナンシャルプランナーによる納税相談会とともに、職員研修としてファイナンシャルプランナーの折衝技術や各種制度に関する知識を身に着けてスキルアップを図っている。


●市として障害者短期入所施設を増やすこと
問 川口市としての障害者短期入所施設しらゆりの家があるということはとても大切。利用者も多く、市としての2つ目の障害者短期入所施設をつくること。

答 多くの利用ニーズに応じるためにさらなる整備が必要と認識している。


●川口市でも補聴器購入に助成制度を
問 医師が補聴器を認めた住民税非課税世帯の高齢者に購入の2万円〜3万5000円の助成をおこなうなど、東京23区の6割で助成制度がある。川口市でも実施を。

答 難聴の高齢者からの相談に対して当事者の要望や生活状況等の把握に努めると共に、助成制度について他の自治体の事例等を調査研究する。


neko19760607 at 08:01│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
学校のトイレに生理用品の配置を防災公園としての沼田公園の整備進む