ご存じですか?川口市のヤングケアラー支援川口市 災害時のQ&A

2023年05月30日

「川口市平和都市宣言」文を市役所、公民館などに常時掲示を

かねこ3のコピー

 5月23日、原水爆禁止川口市協議会と原水爆禁止鳩ヶ谷地域協議会が奥ノ木信夫市長に対する「平和事業の推進を求める要望書」を提出、担当課長が受け取りました。原水爆禁止鳩ヶ谷地域協議会理事でもある金子幸弘市議も同席しました。

 要望
・独立した地方自治体の首長として川口市民の命と財産を守る責任のある貴職も「日本政府に核兵器禁止条約の署名・批准を求める署名」に賛同・署名をしてください。また、市役所・公民館などの公共施設や平和展会場に署名用紙を置いて、市民に署名を呼び掛けてください。

・市役所・公民館などの公共施設に「川口市平和都市宣言」文を常時掲示することやさまざまな平和事業を通じて、そのすばらしい「宣言」の理念をさらに広く市民に伝えてください。

・市民に被爆の実相を広めてください。そのために、市平和展の期間延長、宣伝強化とともに「被爆体験を聞く会」など内容の充実に努めてください。なお、多くの市民の目にふれていただくためにも、原爆パネル展示を例えば市役所2階入口付近などにて行ってください。また、以前市教育委員会が初任者教員に対して行った被爆体験を聞く研修会などは素晴らしい取り組みですので、ぜひ今後毎年行ってください。

・国民平和大行進に対して、毎年貴職による賛同署名をペナントにご記入いただいておりますが、募金についてもぜひご協力ください。また、出発集会またはペナント受け取りの場などにおいて貴職からのあいさつまたはメッセージをお願いします。

・今年も市のご理解とご協力をいただいて市役所本庁舎1階多目的ルームにて私たちが開催する「原爆と人間」展について、市の広報などで幅広く市民に宣伝してください。

neko19760607 at 00:58│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ご存じですか?川口市のヤングケアラー支援川口市 災害時のQ&A