川口市議会 9月14日(木)10時から金子幸弘が一般質問を行います道理ある提案と政治を変える闘いでより良い川口市政に

2023年10月27日

市産品を「知ろう、使おう、広げよう」をテーマに〜自立した地域循環型の川口市の街づくりを〜

IMG_2642

市産品を「知ろう、使おう、広げよう」をテーマに
自立した地域循環型の川口市の街づくりを

10月27日、28日、29日に川口市市産品フェア2023が開催されました。今年で9回目となり、市内の製造業、緑化産業を中心とした市内で生産される製品や市内で営業するあらゆる業者のサービスなどを市内外の企業や市民に広く周知するとともに発注が進むよう川口市職員および近隣自治体に対しても公共事業への活用を促すことにより市内企業の販路拡大と発展を図るとともに地域経済の発展をさせることを目的としています。
開会式に日本共産党川口市議団、山すなお県議も参加しました。
川口市は市内中小企業の振興と地域経済活性化を柱に据えていて、その取り組みにおいて川口市の市産品の活用をはかっています。
そして、公共調達や公共工事において市内企業を優先的に活用していることに加え、地球温暖化対策活動支援金制度において太陽光発電システムや雨水貯留施設、定置用リチウムイオン蓄電池の設置の際に市内業者を活用するとより多くの支援金を市民が受け取ることができます。さらには、これまで商店リフォーム助成制度、住宅リフォーム助成制度の予算も拡充。農業においても川口市産の農産物を学校給食に一部活用しています。今年度からは市独自に奨学金の返還支援制度をスタートさせ、市内中小企業に就職することで市が返還支援の補助金を出すことになりました。
このように、川口市は市独自に自立した地域循環型の経済を柱に街づくりを進めています。こうした市政を特徴的に表しているのが市産品フェアであるともいえます。
日本共産党川口市議団はこうした川口市の市政をさらに発展させるため、再生可能エネルギーや食糧自給率の向上との関係からも川口市議会9月定例会において「川口で学び、川口で働き、川口でくらす」自立した地域循環型の街づくりについて提案しました。



neko19760607 at 17:53│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
川口市議会 9月14日(木)10時から金子幸弘が一般質問を行います道理ある提案と政治を変える闘いでより良い川口市政に