このブログは、名古屋の猫カフェねこまんまの
猫ぱぱが『猫の新しい情報の発信』の為に
立ち上げたブログです。

このブログに登場する猫達の話はノンフィクション
です。ショッキングな画像も含まれますので
気の進まない方は閲覧をご遠慮下さい。

このブログに書かれている事は紛れもない事実
ですが、決してどの意見も否定しているものでは
なく、猫ぱぱが思っている事をお話ししている
だけです。

それらの事をご了承頂けたお方様のみ、
当ブログへとお進み下さい。

皆様、お久しぶりです。

猫ぱぱです。

今回は、ちょっと趣向を変えて、
猫アレルギーのお話をしたいと思います。
宜しくお付き合い下さい。

皆さんの近くで、『猫アレルギーになった!』
というお話、聞いたことがございませんか?
そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

『猫を手放す』

そんな無責任なことは、断じて許せません!
共存できるように、努力しましょうよ!
手放す前に努力出来る事があります。
では、一体何をしたら、いいのでしょうか?

まずは、アレルギーの原因のアレルゲンを減らすことです。

アレルゲンの第一疑いを向けられるのは
猫さんの被毛=毛でしょうか?

nekomanma-美容_8113_edited-1
短毛種の猫さんです。

nekomanma-美容_8188_edited-1
長毛種の猫さんです。

これだけの毛があれば、アレルゲンの第一候補になっても
しかたがないかなぁ~と思いますが…

じゃあ、共存のために猫さんに一肌脱いで貰おうかな?

nekomanma-美容_8121_edited-1
短毛種の猫さんです。

nekomanma-美容_8205_edited-1
長毛種の猫さんです。

さっぱりしましたね。
これでアレルギーから少しは解放されるかな?

ちょっと待った!!

肝心な事、忘れていますよ!

猫さんの被毛は単に短くなっただけで
1~2ミリの被毛が残っています。
そこには、皮脂やフケがたっぷり残っています。

そして、皆さんが忘れていることがもう一つあります。
猫さんは、セルフグルーミングをしますよね。
その時、猫さんは何を使ってしてますか?

舌を使って、ベロンベロンと舐めとっていますよね。
その時には、舌から唾液を出しています。
その唾液が、アレルギーの第一のアレルゲンと
考えられているのを、ご存じでしょうか?

毛を短くしても、皮脂もフケも唾液も
除去することはできませんよね。

綺麗に除去するには、シャンプーケアが必要不可欠です。
サマーカットケア後も、定期的なシャンプーケアを
継続することが、とっても重要なんです。

人間の都合で、猫さんの大切な被毛を
刈り取ってしまう行為が、
共存以外の理由だとしたら
貴方が猫さんの立場だったら
耐えられますか?
全く無意味に突然ハゲ(裸)にされたら
貴方はどうしますか。


当然のことながら、抜け毛が嫌だからと
安易なサマーカットをすることは
断じてあってはなりません。


被毛が生えているには、意味があります。
体温調節や、紫外線、外部の脅威から
身体を守るために
毛は生えているのです。
 
キャットサロン    
    


           












人気ブログランキング
















販売/第0907046号 H26.6.2~H31.6.25
保管/第0907047号 H26.6.2~H31.6.25
貸出/第0907048号 H26.6.2~H31.6.25
訓練/第0907049号 H26.6.2~H31.6.25
展示/第0907050号 H26.6.2~H31.6.25
    動物取扱責任者 石川


当ブログ内の画像の無断転用、転載を
禁止させて頂きます。
ご了承ください。

Copyright(C)Nekomanma All Rights Reseraved.