このブログは、名古屋の猫カフェねこまんまの
猫ぱぱが『猫の新しい情報の発信』の為に
立ち上げたブログです。

このブログに登場する猫達の話はノンフィクション
です。ショッキングな画像も含まれますので
気の進まない方は閲覧をご遠慮下さい。

このブログに書かれている事は紛れもない事実
ですが、決してどの意見も否定しているものでは
なく、猫ぱぱが思っている事をお話ししている
だけです。

それらの事をご了承頂けたお方様のみ、
当ブログへとお進み下さい。

皆様、お久しぶりです。

猫ぱぱです。


唐突ですが、猫にシャンプーケアって本当に必要なんでしょうか?

皆様は、どうお考えでしょうか?

とある獣医さんが言いました。

『猫はセルフグルーミングがするから、シャンプーケアは必要が無い!』

これは、本当なんでしょうか?

確かに、猫さんの舌はザラザラとしていて

汚れを舐めとるのには、天下一品だと思います。

が、汚れを舐めとるという行為は

体内に取り込むということになりますよね。

これって、いいことなのでしょうか?

被毛を舐める→被毛を体内に取り込む→毛球症になりやすい?

被毛を舐める→身体に付着したウイルスを体内に取り込む?

仮にシャンプーケアをしたと想定しましょう。

シャンプーケアをする→被毛の抜け毛が抜け落ちる→体内に取り込む被毛の量が激減する

シャンプーケアをする→被毛や皮膚を洗う→体表の汚れやウイルスが流れ落ちる

この様なことが、想像できます。


この前、こんなケアをさせて頂く機会がありました。

彼に合ったのは、数か月前だそうです。

出会った場所は、屋外。

夏場の炎天下や風雨にもさらされ、

保護できたのはかなりの時間を要したそうです。

そんな彼が保護され、ケアの依頼が舞い込んだのです。

実際の彼を見ていただきましょう。

IMG_7951_edited-1


IMG_7953_edited-1

言葉がみつかりません。

セルフグルーミングだけで十分なら、

こんな姿にはなるはずがありません。

この様な結果になるのは、決して長毛種はだけではありませんよ。

短毛種も同じように毛玉が発生します。

セルフグルーミングでは、毛玉を解すことは不可能です。

貴方は、どうお考えでしょうか?

キャットサロン    
    


           











ねこまんま猫専門美容室がご利用できる猫さんの条件です。

☆完全室内飼い(継続して6ヶ月以上)
☆避妊去勢施術済(幼猫は除く)
☆10歳未満(当店美容室利用歴がある猫さんは除く)
☆健康状態が良好であること


人気ブログランキング
















販売/第0907046号 平成21年6/26~令和6年6/25
保管/第0907047号 平成21年6/26~令和6年6/25
貸出/第0907048号 平成21年6/26~令和6年6/25
訓練/第0907049号 平成21年6/26~令和6年6/25
展示/第0907050号 平成21年6/26~令和6年6/25
動物取扱責者石川


当ブログ内の画像の無断転用、転載を
禁止させて頂きます。
ご了承ください。

Copyright(C)Nekomanma All Rights Reseraved.