猫と犬との保護日誌

あなたと共に。。

ボクたちはただ生きていたい、それ以外は何も望んでいないよ。
瞳を輝かせてステキなご縁を待っています。

○咲妃と子犬

狭くない?

澪は咲妃ママがやっぱり好きなのね。
というか、誰でも大好きで誰とでも仲良くなりたい澪くん。
今日は咲妃とふたりでお昼寝してました。
狭いよ・・・って思っているのは、、、澪?それとも咲妃?
01

02

03

夜はこんな状況になりました。
minna
みんな仲良し☆
狭い方があったかいんだよね。

どうなんでしょ?

55

11

1ヶ月ほど前から、毎日こうして咲妃ママ(犬)のおっぱいに吸い付いてきたキララ。
幸せそうな顔をしているし、キララが甘えたくて咲妃がそれを許すなら、これはそのままにしておこうと、ずっとそのまま毎日を過ごしてきたのですが、、、とうとう咲妃ママのおっぱいは膨れて母乳がたくさん出るようになってしまいました。
それをキララが毎日グイグイ飲んでいます。
こうしている今も、キララは咲妃のおっぱいに吸い付いて、母親の温もりを感じています。
見ていてとても微笑ましく、私まで幸せな気持ちになります。

でも、、、これってどうなんでしょ?
離乳の済んだ仔猫に犬の母乳って、、毎日たっぷりと飲ませても平気でしょうか?
それから仔犬と離れて4ヶ月も経過してから乳腺が張ってくるって、、咲妃の体にとって有害ではないんでしょうか?
咲妃ママの体は母猫の体の何倍も大きいので、キララが咲妃の母乳を飲み干す事はありません。
少し触ると水鉄砲のように母乳が吹き出てきます。
ふむぅー、どうなんでしょ?

ネットで調べていたら、逆に仔猫を失った母猫が母犬を亡くした仔犬を育てたという記事にぶち当たりました。
が、特に問題な点は書かれてなくて、やっぱり微笑ましい出来事としての記事内容でした。

咲妃ママ復活

8be07592.jpg

赤ちゃん猫の世話で、何が一番大変かと言うと、それは排泄です。
こっちが思うようにはしてくれず、いつもウンチまみれ。
タオル、毛布の洗濯は毎回だったし、それをペットシーツで包んでもその交換も毎度で、多いときには取り替えたと思ったらまた・・・といった具合でした。
いつもいつも仔猫の世話をするときに興味津々だったのが咲妃ママ。
仔猫の鳴き声に真っ先に気が付くのも咲妃ママ。
一日に何度も仔猫を見に行くのも咲妃ママ。
そこで思い切って咲妃ママに頼んでみると、、、私がティッシュなどを使ってもお湯を使っても、この世の終わりのように大騒ぎだった仔猫は、どういうことか、咲妃ママにお尻を舐められても嫌そうでもなく、ウンチもおしっこもちゃんとできる!
それに咲妃ママは、顔に仔猫のおしっこがかかってもヘッチャラだし、ウンチもキレイにペロペロしてくれて、早いしゴミも出ないし、私は楽だし、もうこれに決めました!
咲妃ママ復活です!!
というわけで、授乳時にかかる時間も半分に短縮されました。
こんなことならもっと早くに頼めばよかったわ。
咲妃ママが仔猫を死なせてしまうのではないかととても心配だったのですが、母性本能ってスゴイですね。
私は感動で泣いてしまいました。
人間が何かをするときにはたいがい頭で考えますが、やっぱり大事なのは心ですね。
それを見せ付けられちゃいました。

最後の最後のお別れ

c739261e.jpg

咲妃の息子で一番最後まで残っていた通称:クマの引き取りに手を上げてくださった方が昨日自宅に見に来て、我が家で啓発資料を読んでいただいて、アンケートに記入していただいて、いろいろと小難しいお話をして、誓約書のサインも頂いて、今回の譲渡に至った経緯もご理解いただいて、同じ目にあわせる事をしない(終生飼養)、同じ目に合う可能性のある命を作らない(繁殖制限)というお約束もしていただいて、、、譲渡先が決まりました。
少し前からお話だけはあったのですが、実際にお話しするのがやっと昨日になって実現し、本日夕方にお届けしてきました。
就学前のお子さんがお二人、奥様、ご自身のご両親の6人家族のお宅です。
犬を飼った経験もあります(15年ほど生きて、数年前に老衰で亡くなったそうです)。
こちらもその後を見に行く事ができるので、時々近況を報告いたします。


お届けして自宅に戻ったのが夜の10時ごろだったのですが、ホッとしたのもつかの間・・・今度は咲妃が寂しい声で、それも仔犬のように泣きまくり・・・・・
今までそんな事はなかったのに、いったいどうしたと言うのか・・・
咲妃から子供を取り上げて勝手に離れ離れにして勝手にあっちこっちへやっちゃって・・・咲妃に申し訳ないことをしてしまった・・・と思いました。
咲妃には発情期の前に家に入ってもらおうと、徐々に慣れてもらおうと考えていたのですが、今夜からにしました。



咲妃ありがとう

a3a53725.jpg

今日は、咲妃とその子供たちと出会って1ヶ月の記念の日です。
今日、咲妃は正式にうちの家族になりました。
市役所へ出向いて事情を話し、狂犬病の予防接種を受けないままでの登録を許可していただきました。
咲妃は保護時、極度の栄養失調・極度の貧血・脱水があり、フィラリア陽性、産褥出血がひどく、あれから1ヶ月が経過しても、まだとても狂犬病の予防接種を打てる状況ではありません。
予防接種等が打てるのは、早くても6月ごろだそうです。
4月には次の発情が来る事が予測されていますが、咲妃にはまだ麻酔が打てないために手術もできません。
市の職員の方に咲妃の体調を説明し、先に登録だけをさせていただきました(本来は、先に登録を認めるとお金のかかる狂犬病予防接種を逃げる人が存在するので、一般的には医師の指示書が無い限りは認められません)。
お誕生日の欄には、出会った日からちょうど2年前の「平成17年2月9日」と記入しました。


旅立ち

fd0f44e2.jpgbutu

今朝、咲妃の息子2匹が旅立っていきました。
通称ブーツは秩父へ、通称マックは横浜だそうです。
この子達がなぜ今“譲渡”という立場で存在しているのか、それを本当に理解され、遺棄する者に対して「それはあってはならない事」と言い放ってくれる飼い主さんになってくれたらいいなぁと思います。

母犬とその仔犬6匹の合計7匹で我が家にやって来たときには、ちゃんと幸せになれるのだろうか・・・と気をもみましたが、次々と譲渡が決まってホッとする一方で、何か寂しい気持ちも感じています。
全部まとめて面倒見ると言ってあげられない歯がゆさ、母親と離れ離れにし、尚兄弟とも離れ離れにしてしまう事に少々胸の痛みも感じます。

おうち探し

e87a87a3.jpg

今日面接だったはずの仔犬譲り受けの申し出さん、「やっぱりまだ仔犬をもらう資格はない、飼い主になる資格はない」とのご連絡がありました。
先にお読みくださいとお送りした啓発用の資料(センターから出されているもの)を読んで、ご家族で話し合った結果だそうです。
私自身は仔犬に申し訳なかったと思ったのですが、センターの方からは「犬を飼う事が簡単ではないとわかっていただけてよかった」との事でした。
そんな中、通称ブーツ君の旅立ちが火曜日に決定しました。

里帰り?

69c2c642.jpg

咲妃ちゃんの息子たち3匹がまた戻ってきました。。(引っ越していった5匹のうち2匹(通称:ムックとライン)は譲渡されました)
なんでも、次の預かりさん宅で「今月一杯で預かりはできない」と言ってきたとの事で、とりあえず次の預け先(譲渡先)が見つかるまでは咲妃ちゃんに面倒を見てもらうことになりました。
たった1週間でこんなに大きくなってて、あまりにもいっちょまえなのでビックリでした。
早くここを出て行けるようにしないとね。
あちらこちらに仔犬情報をばらまいていますが、どうでしょう。。

ミルクお届け

5963897b.jpg

咲妃ちゃんの息子(通称:ミルク)を譲渡しました。
小学校2年生と保育園年長さんの二人の娘さんと、そのご両親とその祖父母方6人家族のお宅です。
日曜日にちょっと様子を見に行って来たら、まったく心配なさそうでした。
夕べもまったく鳴かず、おりこうに一人で寝れたとの事でした。
新しい名前は『ふぶき』君だそうです。


譲渡正式決定

先週の日曜日、先方宅へ行って、白い天パの子の譲渡の書類を交わしました。
「メスは嫌だ。オスなら術しなくていいんでしょ。」とか、「散歩も時々は行きますよ」等と言うので、ご理解いただくまでにだいぶ時間を費やしました。
茨城の現状をお話し、なぜこの子が今ここで譲渡になっているのかの経緯や私たちがなぜこうした活動をしているのかを理解してもらい、「約束が守られないときには犬を返してもらう」という注意書きの入っている誓約書にサインをいただき、なんとか成立しました。
時々会いに行く事ができるので、今後を見守りたいです。

月別アーカイブ
記事検索
カテゴリ
卒業生の“わ”
☆琳ちゃんと恵ちゃん
  猫と昼寝三昧
☆温っくん
  ただいまぁ
☆愛ちゃん
  La faim de loup !
☆代理募集のくびくろちゃん
  Kanta's Diary
☆紗ちゃん
  ちゅらりずむ
☆蕗ちゃんと露ちゃん
  長男坊‘蕗’ママのつぶやき部屋
☆代理募集の茶白くん&蕾ちゃん
  梅蔵猫日記
☆代理募集のピンちゃん
  小雪と家族の10の約束
☆駿ちゃん
  ねぎまの部屋
☆吟ちゃん&唄ちゃん
  迷走よろずごと
☆麗ちゃん
  常世百景
☆あっくん
  アルバム
☆樹&幹
  dramatiq
☆進
  ぬこぬこパンチ
☆風・昇
  猫と神様と約束・・・・時々あたし
☆天
  ことら王子
☆代理募集のTちゃん
  グレーな娘(こ)
☆実
  み〜ちょこけんたん
☆陸&海
  そらまめブログ



猫簡易型ネコの年齢計算機
簡易型イヌの年齢計算機
自己紹介
pf
HN:Hisamatsu(kotoko)
猫や犬を取り巻く現状などの知って欲しい事やお伝えしたい事を、私と出会ってくれた猫と犬とを通じて発信しています。
みなさんと共に考え、共に悩み、共に泣き、共に笑い、共に怒り、共に祈り、共に喜びを分かち合うことができましたら幸いです。
すべての猫と犬たちに素敵なご縁と末永い幸せがありますように。
プロフィールページへ




◆メールアドレス

maminyan222-web2
  ★yahoo.co.jp
★を@に変えてください
お返事はとても遅いです。
ゴメンナサイ

※譲り受けのお申し込みは、譲り受け申し込み専用フォームからお願いします。




↓虹色リボンを発起しました





◆よろしくお願いします


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ




無断で勝手にリンクを大歓迎!
bana


ハッピーアニマルは「チーム地球の卵」の活動です
rogo
うちのヤツら
♪草むら出身、
ちょぉ〜わがままな魔女猫、
葵姫(キキ)♀
2004.08生まれ
2017.06.18天へ
キキ
紹介ページ→コチラ



♪隣市公園出身、
下半身不随でもボス猫、
蓮貴(はずき)♂
2004.05生まれ(推定)
2013.12.24天へ
はずき
紹介ページ→コチラ



♪無責任飼い主より「こんなのいらない」と捨てられた、
オモシロメタボブラザーズ
香貴(こうき)♂&奏貴(ひびき)♂
2005.09生まれ
こうき
ひびき
紹介ページ→コチラ



♪14歳でセンターに捨てられたおしゃべりおばあちゃん
穏(しず)♀
1992.11生まれ(推定)
2012.08.12天へ
しず
詳細は保護ブログにて



♪隣市の会社倉庫出身、
永遠の無垢な天使、
踊(よう)♂
2009.04生まれ
2017.02.10天へ
よう
詳細は保護ブログにて


♪センター出身、
前左足が骨折で不自由も
元気いっぱい甘えん坊
真(まな)♀
推定2010.05生まれ
2015.08.28天へ
まな
詳細は保護ブログにて



♪雑木林出身、真冬に6頭の子犬を育てた肝っ玉母さん
子猫の保育助手、
咲妃(サキ)♀
2005.02生まれ(推定)
さき
詳細は保護ブログにて
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

いつもありがとうございます