2005年04月04日

ねむっている猫は幸せの象徴!!「ねこねんね」

2013c5d8.jpgご存じ板東寛司の子猫写真の
寝こけている子猫ばっかりバージョン!。
しかも絵本サイズ!!
いや〜〜〜ん可愛い〜〜(><)

これを幸せの象徴と呼ばずに、何を幸せと言いましょうか!!

いや本当に子猫ってこんなにカラダ柔らかかったですか?
猫背にしなくて大丈夫なんですか?
大人のニンゲンみたいに。両手両足を伸ばして
く〜〜〜すかとみなさん寝こけていらっしゃる。

そんな写真ばっかりです。

「うちの猫の方が可愛いモン」とか仰らずに、
どうぞお手元に一冊。

いつでもドコでも幸せになれること請け合いです!。

ねこねんね
お値段は¥2,000
写真:板東寛司
発行:人類文化社 発売:桜桃書房


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/neko_no_hon_de/18008514
この記事へのコメント
これは可愛い
Posted by tak_director at 2005年08月01日 19:54
yfyだtgfytyyuadyfydtffttqラrfdxzoldfjhixojopfdiugiyaudYHうyふgxgyhcygぢゅhyudeyufyuyfyugfygyyfeyueyufeydygtcydgdyyudysuuyfyftyyyye ft yayertywyyry ry y


gffggsa7dzxdzdads
Posted by yfyづy具gfygs不アygだういfyhgふyfdyぐyhぐゆy at 2005年10月19日 18:30
ふぃひぐふぢfg不イオうh儀d不yh氏うgう冬dふひづy不hjfふづfhvhジュb慈雨h食いjhs儀ジュfジュh具jdgf慈雨うジュhjっ不g氏h慈雨h時hジュg期hbgジュhgjjhhjdjjhjkjhj期jkjffjkjkうh時lf不言うアjSジュfジュhd不jdfジュfジュhfジュk授受中jhj、kj、jkbjんjhhjjjhfhjhj
Posted by yfyづy具gfygs不アygだういfyhgふyfdyぐyhぐゆy at 2005年10月19日 18:31
今般、当院では「犬のフリ見て我がフリ治せ!」という本を出版しました。
動物病院における25年間の仕事の中で、動物たちから教えられた情報を集大成したものです。
ご一読いただければ幸いです。
amazon.co.jpでは表紙の写真もご覧いただけます。
目次は次のとおりです。

1  まえがき
2  ヒトは本当に特別な動物か?
3  串カツを丸飲みした犬に学ぶ
4  消毒すると傷の治りが悪くなる
5  心とは何か?
6  愛されている生き物は長生きする
7  症状を薬で抑えてはいけない
8  心の力はこんなにすごい!
9  動物(ヒト)の生きる目的とは
10 ストレスに向き合おう
Posted by 永田 高司 at 2005年10月26日 11:17

11 いい薬と悪い薬を見分ける方法はあるか?
12 動物(ヒト)はなぜ病気になるのか?
13 早期発見・早期治療をしてはいけない
14 健康食とは何か?
15 「手遅れになるところでした」のウソとホント
16 親孝行をする動物はいるか?
17 知っていますか?定期検診の危険性
18 手術をする外科医の気持ち
19 抗生物質が救った命と奪った命
20 天敵にはどんな効果があるのか?
21 性格は何で決まるか?
22 医者がストライキをしたらどうなるか?
23 輸血はありがたい医療行為か?
24 病院では最善の治療をしてくれるか?
25 動物(ヒト)はなぜ死ぬのか?
26 動物の死ヒトの死
27 医療界の販売促進活動に惑わされてはいけない
28 病気になったらどうしたらいいか?
29 あとがき
永田動物病院
永田高司
Posted by 永田 高司 at 2005年10月26日 11:18
私の猫『カロータ』は昨年の秋、17歳半で大往生しました。
死ぬ前はすっかり子供にようになって。
猫って、死ぬ前に自分のこと分かっているって感じです。
あれほど、獣医院に行くのを嫌がっていたのに、
ちっとも抵抗しないで、抱かれたまま、そして注射をうってもらって
死んでもらいました。長いこと肝臓をやられていたのです。
もう猫は飼うまいと思ってますが、知人の猫を見るとつい気持ちが・・・
Posted by すむらけんじ at 2009年02月27日 00:25
思わぬところで、私のカロータの思いでのことが出ていて感激、シミジミしたきもちです。ありがとう。今、ごくごく最近、人工内耳を埋込む手術を終えたことのエッセイを更新しています。けんじ
Posted by すむらけんじ at 2011年01月28日 10:50