2008年02月26日

新・軟派物語

3e7891b2.jpg
昨日は大学友達と飲み会でした。

独特のユル〜い空気に安心した私は 二杯でダウン

さらに リバース


もう最悪でした。

ソース系の物をつまんでたせいで 尚更 悲惨なことになってしまいました。


でも大分スッキリして 意識もハッキリしていたので 終電で帰宅することに。

居酒屋から駅までの 徒歩8分のわずかな距離で 女五人で歩いて三回声を掛けられました。


一、ギャル男

決まり文句は
「みんな平気かなあ?!」
「みんな大丈夫かなあ?!」

バカじゃないの。
終電前に改札まで来て 何が大丈夫だと思うんだよ。


二、中年に近いサラリーマン

「あのぉー、上司に女の子連れて来いって言われてぇ。飲んだり出来ないかなーなんてぇ。」

コイツに至っては 一回シカトしたにも関わらず 懲りずにまた声を掛けて来た。

「あれぇー、シカト?シカトじゃないよね?ね??」

シカトだよ 無視してるんだよ
良い歳して解らないんですか?

よく顔見たら鼻血みたいのが付いてて

あまりにも必死だったから

それじゃ、渋谷の家出女子高生でも飲まないと思いますよ

と、一言教えてあげたくなりました。


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星