僕と磁石と乾電池

断捨離中毒。焼そばおいしい。

ようこそ!
ブログ版『僕と磁石と乾電池』です。
ネット上では《猫なーめん》と名乗っていますが、どちらかといえば犬派です。

《猫なーめん》の由来は某ラーメン店店員さんの言い間違い(汗。
⇒詳しくはブログ内の参考記事をどうぞ!

食べログのレビュアーに登録しました。
マイページはこちら⇒http://tabelog.com/rvwr/nekofile/
食べログのブログランキングにも登録してみました。
ぽちっと、よろしくお願いします。
食べログ グルメブログランキング

マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。



うっわー!
気になりながらも、記事を書くのを先延ばしにしていたらロケットニュースに先を越されたよー

rocketnews24.com


くっそ、
東洋水産マルちゃんから新提案されたカップ麺のアレンジ『つゆたま』とは、つゆを入れた溶き卵に麺をつけて食べるというもの。でも、これって、わりとメジャーなアレンジですよね。それに、冬場ではなく夏場で食欲が落ちたときなんかの食べ方だと認識していたよ・・・なんて、グズグズと先延ばしにしていたのがいけなかった。

あと、、これってカップ麺ではなくて、袋麺でやるよね。煮込んだ麺を直に鍋から溶き卵につけて、すき焼き風に食べるのがうまい。サッポロ一番の塩でやると最高にうまい。

PC070056


PC070057


この『つゆたま』というアレンジが推奨されているのは、『おそば屋さんの鴨だしそば』と『あつあつ牛すきうどん』の二つ。
うーん。。赤いきつねもうまいんだぜ。赤いきつねの大きなお揚げに、たっぷりと溶き卵を絡ませてブシューと汁を溢れさせながら齧り付くのが好き。

しかし今は、『おそば屋さんの鴨だしそば』にゆこう。


PC070055

このまま食ってもうまいんだよな。
液体スープを入れた途端に、麺とツユの上に広がる鴨油。香りも良いんだけど、かき混ぜると、油滴がキラキラと光を反射して見た目からも食欲をそそってくる。

PC070060


こまま食ってもいいんじゃないかと思いながらも・・・

PC070061

溶き卵にっ!


PC070066


うまい。優しく、まろやかな味わい。それでいて、鴨だしの旨みと香りが生きている。

ズルズルと、食べやすいから、あっという間に食べ終わってしまう。残った溶き卵は、ツユに入れて残さずいただきました。

PC070069


続いては、『あつあつ牛すきうどん』を食らう。
これを食べたのは初めて。「すき焼きをイメージした濃厚感のある甘辛つゆ」ということで味が濃くて塩辛そうだなと思いながら手を出さずにいたのでした。

PC070070


まずは具材をチェックしてみる。 味付きの牛肉、お揚げ、ネギかな。個人的には牛肉よりもお揚げへの期待が大きかった。

PC070074


出来上がりも、期待した通りにうまそう。溶き卵なしのノーアレンジで食べてもうまいんじゃねえのか?アレンジしてしまうのが、もったいなく思われるレベル。

PC070075


味が濃いんじゃないか、塩辛いのではないか、溶き卵をまぶすのだから味を濃いめにしたほうがいい、などと悩みつつ熱湯を少なめに作ってみた。

うーん、熱湯少なめなことの影響があるかもしれないけれど、関西人がビックリするような黒いツユ。たぶん、デフォルトでも黒さはかなりなもんだろう。

そういえば、ソバは関東風の黒いツユ、ウドンは関西風の澄んだツユが主流へとなりつつあるなか珍しい組み合わせだな。関西でも、すき焼きは甘辛くて濃い汁で食べるのだろうか。

PC070077


『鴨だしそば』のとき、もうちょっと卵が欲しいと思った。僕はタマゴ好きなので、卵2個を溶き卵にした。そこに少し多めにツユを入れれば準備が完了だ。

PC070078


溶き卵をつける前に味見。 強めな味付けに、牛を始めに様々な材料の旨味が重なりあったように思われる複雑な旨味。 美味しいのだけれども、このまま単品で食べきるには味付けが濃すぎて辛い。ふと、白飯が欲しいと思った。

PC070079


でも、今回は白飯を用意していないので、溶き卵のツユ割にザブザブ。。 ズズっと、すすり頬張ると、優しくまろやかな甘味が広がる。 正直、鴨だしそばのときには、そのまま食ってもいいんじゃないかと、アレンジしてしまうことへの疑問を感じたのだが、牛すきうどんに溶き卵は絶対!!牛すきうどんを食べるときには『つゆたま』を義務づけるべきだ。

PC070082


鴨だしそばのときと同じく、
ズルズルスルスルと食べやすくて、あっという間に麺を食べきってしまい、ちょっぴりと物足りなく思えた。

PC070084


残った溶き卵をツユに入れて、チビチビと楽しむ。スープの味わいが円やかになってうまい。それに、つけ麺を食べたあとの『スープ割』のようで面白い。

PC070085


ここで、ちょっと思いついて、ツユの残ったカップを電子レンジに入れて2分半の加熱すれば…
なんちゃって茶碗蒸の出来あがり!

PC070088


これが、あっ、あっ、あ、
熱々でうまいよー!あったまるよー!
ちゃんと具材だって入っている。底に沈んでいたウドンとか…
うどんの具材としては、やや物足りなく感じられた小さな揚げが茶碗蒸しの中では大活躍。柔らかな茶碗蒸しの中では揚げの食感が面白い。さらに出汁ツユを吸った揚げからジュワっと凄いんだってば! 揚げと茶碗蒸しの相性の良さを初めて知ったよ。
小さな味付き牛肉だって大活躍。茶碗蒸しに牛肉という初めての組み合わせに驚くと同時に、うまさに感動してしまった。

牛すきうどんには『つゆたま』だけでなく、食後の牛茶碗蒸しまでを義務づけるべき!

なんだか、茶碗蒸しがマイブームになりそうな予感がしてならない。
そうだ!すき家の牛皿を具にして茶碗蒸しを作ってククッパッドにアップしてやろう。

PC070090


むちゃくちゃ、あったまるぜ!茶碗蒸し。


マルちゃん『俺の塩 うまみ塩焼そば』


マルちゃんって、いったい何種類のカップ焼そばを発売しているのだろうか?最寄りのドラッグストアのカップ麺売り場を見渡しただけでも、俺の塩、ごつ盛、昔ながらのソース焼そば、やきそば弁当、バゴーン、なんだか他にもありそうだな。。

そうそう、生麺チルド商品で、マルちゃん3食焼そばを忘れてはいけない。うまいんだよな。。
あのチープな粉末ソースがうまい。

そういえば、、
うちの叔母が、埼玉県の某都市にて小さな鉄板焼き屋を経営しているのだが、ランチメニューで始めた海鮮焼そばがうまいと評判らしい。。
それで、あのな、この前の夏、店の厨房で、これと同じ袋をみたよ。マジで・・・


マルちゃん粉末やきそばソース1kg 【業務用大容量サイズ】


ゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!

・・・・

さて、本日は『俺の塩 うまみ塩焼そば』を食べてみたのです。
ドラッグストアで、お得なバリュー価格で売られていたぞー。

スーパーでも特売品の棚に並べられているし、『俺の塩』シリーズ自体をバリュー系商品へと移行してゆこうということだろうか?
僕としていいことだと思うのです。
少し前から、コンビニのカップ麺売り場でみかけるインパクト重視な新商品に飽きてきてしまった。それに価格も上昇してきて200円台が当たり前とかになってしまいそうだし・・・。
下衆なことを書いてしまうと数週間で市場から消えてしまうカップ麺のことを書いても記事が読まれる期間が短いのです。新発売で話題になっている間は読まれても、商品が消えてしまえば読まれることがなくなってしまう。僕のブログのように、雑多なネタを扱っていると、特に、この傾向が強くなる。
系統立ててカップ麺を紹介しているブログであれば、過去の資料としての価値が残るかもしれないが・・・、たかがカップ麺を系統建てながら記事にするなんて、それは僕の大雑把な性格的に難しい。

その代わりに興味が沸いてきたのが、ドラッグストアや100円ショップ、スーパーの特売棚でみかけるバリュー系商品なのです。
ネットでは、「廉価版」とか、酷い呼び方だと「低所得者層向け商品」なんてよばれている。
日清のスープヌードルの発売が決まった時に、ネットニュースでは「日清食品が低所得者層向けのカップヌードルを商品化」と報じられていたことを覚えていませんか?

たかがカップ麺に所得なんて関係ないだろっての。。

マニアックな客層に対してはインパクトを重視した商品で購入を促し、あまりカップ麺を食べることのない客層には低価格で気軽さを重視することによりバリュー系商品の購入を促すっていうのがカップ麺メーカーの戦略である。そして最終的にはメインブランドであるレギュラー商品の購入へと繋がってゆく。

・・・ってか、
僕の考えではなく、カップ麺メーカーの偉い人がどこかで書いていた文章の内容を思い出しだけです。


さてさて、『俺の塩』ですよっと。
パッケージに印刷されたキャッチを読むと、
「ホタテと昆布の旨みが利いたコク塩味!」とある。

シーフード系の焼そばかな~

PB180766


カップの中に入っていた小袋は3つ。
液体ソースと粉末ソース、かやく

PB180770

かやく

PB180771

熱湯を注ぐ前に、かやくと麺を観察。
うーん、麺が細いなあ~

PB180772

熱湯を注いだあとの戻し時間は一分。
みじかーい。
あっと、いうまーー。

どぼどぼと熱湯を注いでフタをしたら、よっこいしょって、カップを持って流しに流しに向かう感じ。

湯切りを終えたら、粉末ソースを投入。

PB180776


さらに液体ソース。

PB180777

完成です。

うーむ、塩焼そばといいながらも、塩が主張し過ぎることなくっ!
むしろ、2歩くらい後に引いているんじゃないか。

ほんのりとスパイシーな香りと甘みが旨みを支えているような、基本はマイルドな味わいである。

麺は、断面の丸い極細であって見た目から弱々しげな印象を受けるのであるが、実際に頬張った瞬間に弱々しげな印象が打ち消される。標準的な麺と比べるには限度があるのだが、極細ながらにプリプリとしたコシが感じられる。
それに、ソースとの相性の良さもあるために、麺に対する不満が感じられないのだろう。

PB180779

半分ほど食べ進んだあたりで、ちょっとしたイタズラを思いついた。
カレー味にアレンジしてみたい。

PB180775


うひょ~い
S&Bの料理用カレーをバサバサとふりかけてみた。

PB180780

うみゃい。
自分でも、ちょっと驚くくらいに相性がよかった。

PB180782

地味ながらに、具材もいい仕事をしてくれている。

ホタテは、口に入れて噛み締めるとジュワーんと旨みがほとばしる。

PB180784


キクラゲ・・・コリコリ

PB180785

キャベツ、サクサク

PB180786

贅沢ホタテキャベツ・・・ゴージャス、ゴッ、イースっ

PB180789

 
うまいぞー
 

サッポロ一番、麺の至宝『汁なし坦坦刀削風麺』


ふむっ、刀削風麺かね!
刀削麺というのは、知っているぞ。
中国に住む伝説の料理人という触れ込みの料理人が、丸めた小麦粉の大きな塊を頭に乗せて、そいつの両手に持った刀で、ヒュンヒュンと削ってゆく。削り取られた麺はひらひらと宙を舞って、数メートルも離れたられた鍋の中へと入ってゆくのだ。コミカルな音楽合わせて、アイヤーって奇声を上げたりするのだ。何年も前に正月の特番か何かで見たことがある。

それから数年後、刀削麺の専門店がオープンしたというのでワクワクしながら食べに行ったときのガッカリと悔しさ・・・。

つまりだな、インスタント麺で刀削麺を再現したから刀削風麺ですよ~ってことだな。
律儀過ぎだと思うよ。カップ麺業界全体が、そんな調子で律儀だったら大変なことになってしまうだろう。
うどん風麺、そば風麺、焼いたそば風麺、焼いたうどん風麺・・・etc
カップ麺インスタント麺業界と客が大混乱だ。

サッポロ一番ブランド、麺の至宝シリーズ『汁なし坦坦刀削風麺』を食べてみたのです。

PB170688


キャッチフレーズは、『辛み絡む もちもちの噛みごたえ』

PB170685


どれどれ、
刀削風麺とやらを観察してみようじゃないか。

丸めた小麦の団子を刀で削るのであるから、刀の入口と出口の部分では麺が薄く細くなっているはずである。


PB170689


さらに拡大して観察してみると、幅広な平打麺の厚みが均等にはなっておらず、麺の両サイドの部分が薄くなっているようにみえる。
これでもって刀削麺を表現しているということらしい。

PB170692

カップの中には2種類の小袋が入っていて、粉末スープと液体スープであった。
汁なしだから、どちらも当然に後入れである。


PB170694

熱湯を入れてから5分後に湯切りを完了。
うーん、、
麺が膨らんだせいで、お湯を入れる前よりも、刀削らしさが曖昧になってしまった。

PB170697

刀削りをディスるのは置いておいて、肉系の具材がたくさんなのは嬉しいぞ。

PB170698

粉末スープを投入して混ぜ合わせる。


PB170700

続いて液体スープ。

PB170702


問題は、麺の食感である。刀削麺は、麺の厚みが不均等なために、モチモチとピロピロの2種類の食感が混在しているのだ。
うーん・・・ただモチモチガッチリとした歯ごたえのある麺であって、これはこれでうまい。でも刀削風ではないよな・・・

それにしても、麺なんかどうでも良くなってしまうのが花椒の風味である。舌がビリビリとして味覚が麻痺したようになるのがイヤで好きじゃないのだが、強烈に花椒が効いている。

もうね、絶対に花椒を入れ過ぎ!!お好きなひとには堪らないのかな?

PB170711

なんだかんだいっても、肉がたくさんなのは非常にうれしい。

PB170715








 

LEEビーフカレー辛さ×10倍


レトルトカレーって、独特のレトルト臭さが気になりませんか?
子供の頃はレトルトカレーが大好きだったのですが、大人になってなぜかレトルト臭さが苦手に感じるようになって、レトルトカレーは買わなくなってしまった。
今になって考えると、安物のレトルトカレーばかりを食べていたのが原因だったと確信している。

そんな頃、レトルトカレーに対する苦手意識を払拭してくれたのが、グリコのLEEシリーズであった。
友人に勧められて食べてみたら、スパイスによる効果だろうか、レトルト臭さが気にならなかった。それに、それまでに食べたことのあったカレーと比べて高級感があってうまかった。家ではもちろん、外食でも食べたことのなかった新しいタイプのカレーだと思った。

本日は、LEEビーフカレー辛さ×10倍を食べてみた。
LEEの中では最も控えめな辛さかな。

PB190812

盛り付け完了の画像。

PB190813

一般的なレトルトカレーと比べると粘度が高めな仕上がりとなっている。
たまに、温めた冷凍うどんにかけて食べたりもするけれど、ツルツルとしたうどんの表面にもねっとりと絡みつく。

PB190814

もちろん、もっともオイシイのはゴハンと一緒に。
LEEの中では辛さが控えめとはいっても、他のレトルトカレーと比べると激辛くらいに相当する。

ピリピリと爽やかな辛さと、ほんのりビターな旨味。少量のカレーであっても、ゴハンが進みまくる。


PB190816



おもわず、ゴハンを追加!!

PB190818

ついつい、ゴハンが進んで食べ過ぎてしまう。

だいたい、レトルト1袋で、米2合は余裕で食べてしまう。

恐ろしいカレーなんだぜ。

PB190821

 

セブンゴールド『金のビーフカレー』を食べてみた。


あれだな、食べようと思ったら値段とかを気にしちゃダメだな。
セブンイレブンゴールドの『金のビーフカレー』は税込398円・・・

神保町でカレーといえば「まんてん」の並カレーなんて数年前まで400円だった。それなのにレトルト(チルド)カレーに398円なんて、気楽に食べられますかい?

「これは楽しみにとっておこう」なんて思っているうち、うっかり賞味期限を大幅に超過してしまっていた。いっしょに買ってきたハンバーグの賞味期限も。。


PB120434

あなたは、賞味期限が過ぎてしまったからといって、398円もした、オイシイおいしいカレーを捨てられますか?
無理だ。僕には捨てられない!


PB120435

とりあえず、ゴハンと一緒に皿へと盛り付けた。
だいじょぶ、だいじょうぶ、だって、セブンイレブンの商品だもん。賞味期限が10日くらい過ぎていたってだいじょうぶ。


PB120436

おーい。
ビーフがゴロゴロしてるよ~


PB120439

これは・・・
絶対においしいヤツだと確信した。

PB120441

舌触りは、サラッと滑らかであり、いろいろと具材が溶け込んだカレーである。

PB120442

甘味と酸味が主体になって旨みを支えている。辛さは、ほんのり控えめ。

旨みが口中に染み渡って、ゴハンが止まらなくなる系のうまさ。


PB120445

食べ始めの印象以上に、ビーフがゴロゴロと入っていた。
こりゃ、398円だって安いのではないだろうか。
お店だったら・・・どんなに良心的な店であっても800円くらいはとるのではないだろうか?
いや、1000円はいくかな?

これからは、自分へのご褒美として、ときどきは食べたいと思うのです。

PB120446


カスタム検索
広告
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
某弱小メーカーに勤めるエンジニアです。趣味はB級グルメを中心とした食べ歩き&電子工作。その他、読書、コミック、ダイエットにも興味があります。昨年に生まれて初めて経験した痔の痛みが未だにトラウマとなっています(泣)
ギャラリー
  • マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。
  • マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。
  • マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。
  • マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。
  • マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。
  • マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。
  • マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。
  • マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。
  • マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。
  • マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。
  • マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。
  • マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。
  • マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。
  • マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。
  • マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。
  • マルちゃん新提案のアレンジレシピ『つゆたま』を試してみた。
鎮痛・解熱