僕と磁石と乾電池

断捨離中毒。焼そばおいしい。

ようこそ!
ブログ版『僕と磁石と乾電池』です。
ネット上では《猫なーめん》と名乗っていますが、どちらかといえば犬派です。

《猫なーめん》の由来は某ラーメン店店員さんの言い間違い(汗。
⇒詳しくはブログ内の参考記事をどうぞ!

食べログのレビュアーに登録しました。
マイページはこちら⇒http://tabelog.com/rvwr/nekofile/
食べログのブログランキングにも登録してみました。
ぽちっと、よろしくお願いします。
食べログ グルメブログランキング

マルちゃん焼そばに目玉焼き

天気悪っ、早く雨やまないかな…

昨日の日曜日は外出する気になれず、ずっと部屋に閉じこもっていた。とくにすることもなく、とあるダイエッターのブログを読み漁っていた。ダイエット中の食事に関する内容がとても参考になったと思う。
ただ、やたらと頻繁に目玉焼きの画像が登場するのは、どうしてなんだと、記事の内容と全く関係がないではないかと…

ずっと目玉焼きの画像を見せられているうちに、無性に焼そばが食べたくなってしまった。どうして「焼そば」が食べたくなるんだと疑問に思う方がいるかもしれないけど、焼そばといえば「目玉焼き」を載せるだろ?
あと、カレーにも「目玉焼き」を乗せるよな?

実をいうと、松屋へ行ってカレーに目玉焼きとソーセージをトッピングするのもいいかなと少し悩んだけれど、思い返してみると、現在の創業ビーフカレーは、以前のオリジナルカレーと比べて目玉焼きとの相性が劣るのだ。

やっぱり焼そばだな。
焼そばといえば「マルちゃん焼そば」だ。あの粉末ソースがいいんだ。
小雨が降る中、スーパーへと買い物に行ってきた。
油は絶対にラード。肉は豚肉。野菜はモヤシ。

ここで役立つ小ネタを。
「マルちゃん焼そば」はね、焼く前に電子レンジで1分ほど温めるとスルッとほぐれるぞ。

よっしゃ、焼そばが完成だ!というところでフライパンの中で麺を片側に寄せてスペースを作る。そのスペースに生卵2個を落とす。

2020-01-26-16-21-12-1280x1280

焼そばを皿に移してから目玉焼きを作れや!と思う方がいるかもしないが、マルちゃん焼そばの場合、これが正しいのだ。

下の画像を見てくれたまえ。
目玉焼きへと程よく火が通る頃には、焼そばにパリパリのお焦げができるのだ。これが香ばしくて美味いんだぜ。

電子レンジで温めると麺が簡単に解れるとかいたけど、「マルちゃん焼そば」はフライパンを使わずに電子レンジだけでも作れる。
僕の場合、ダイソーで買った耐熱容器に麺と一緒に小さめにカットした豚肉とモヤシにラードを入れて、あとは様子を見ながら加熱して、最後に粉末ソースを混ぜ合わせれば完成。下手なカップ焼そばよりも美味いぞ。

それでも、お焦げを作りたいから、だいたいはフライパンを使うんだよな。

2020-01-26-16-28-41-1280x1280

だいたい、熱々至上主義者である僕が、焼そばを皿に移すなんて愚を犯すはずがないではないか。
焼そばとは、フライパンもしくは鉄板からダイレクトに食べるものである。

2020-01-26-16-28-45-1280x1280

そして「マルちゃん焼そば」は3食入りなのだ。当然、2ラウンド、3ラウンドへと続くのであった。

次回は、ちゃんと揚げ玉と青海苔を準備するぞ!


2020-01-26-16-45-17-1280x1280


日高屋で味噌ラーメン半チャーハン


なんだろ、急に梅雨入りしたかの天気が続くね。来週末くらいまで、こんな空模様が続くようです。
もうね、休日だというのに部屋に籠もりきりで趣味のガンプラ製作が捗ります。


さて…
久しぶりの日高屋で、味噌ラーメンを半チャーハンのセットで頂いてきました。チゲ味噌ラーメンにするかと悩みましたが、やはり味噌でしょう。

日高屋の味噌ラーメンはオーソドックスというか、昔ながらの街中華風の味噌ラーメンなのである。中華鍋をガッシャンガッシャンと振って炒めた具材とスープを合わせるタイプなのだ。最近のラーメン屋だとドンブリで味噌ダレとスープを合わせるのが主流になっているようで、日高屋みたいな味噌ラーメンは絶滅危惧種となっている。この作り方によるのだが、日高屋の味噌ラーメンの特徴はスープが熱々なのだ。寒い今の時期には大変に嬉しい。

2020-01-19-07-08-55-1280x1280

うーん、
本当は、一味唐辛子をたっぷりと振りかけてピリリと辛味を利かせて頂きたいのであるが、残念なことに一味唐辛子が置かれていなかった。なんでだろ、毎年の冬場には一味が登場していたと記憶しているのだが、昨年末から未だに見掛けていない。


2020-01-19-07-09-05-1280x1280

いつの間にか麦入りからノーマルなタイプに変更されたチャーハン。
麦入りにリニューアルされた際には、「改悪だ!もう行かねえ」など不満の声が多数ネットに挙げられていましたが、みんな〜元に戻ったよ〜。


2020-01-19-07-09-00-1280x1280

先ずは、レンゲを使いスープを口に含む。
うまい!普通の美味しい味噌スープである。この普通さが日高屋らしさなのだ。近所のオバちゃんなんかは、「家で作ったのと変わらないわよ」なんて噂をしていたりするが…

先日、カット野菜と豚肉を贅沢に使いサッポロ一番みそラーメンを作ってみたのだが、最初に思い浮かんだ言葉は「あれ、日高屋よりも美味いじゃん」だった。バターの塊をボトっと入れてチリーペッパーを振りかけたら最高だよね。

2020-01-19-07-09-32-1280x1280

コレコレ、このツルモチとして表面に透明感のある麺が良いんだよ。
なんだか、二郎ブームのせいか、ごわっと噛みごたえを優先した麺が増えてきたなかで、日高屋みたいな麺が減ってしまったもんな。


2020-01-19-07-10-20-1280x1280

そして、やっぱり少しは辛味が欲しいと思ってラー油をたらしてみた。
ああ、でも、ラー油では辛味にシャープさが物足りないよ。


2020-01-19-07-10-54-1280x1280

麺をズゾゾーっと啜るのもいいが、麺と一緒に野菜をムシャムシャと噛み締めて食べるのもうまい。麺と野菜を一緒にバランスよく引き上げでズゾゾだよな。
二郎みたいに、麺を引き出すのが困難くらいに野菜をドカっと盛られるとな…
そういえば、高校生の頃、友人に誘われて二郎へと頻繁に通っていたけれど、地元の駅前にあった中華屋のタンメンや味噌ラーメンのほうが絶対に美味いと思っていたな。

2020-01-19-07-11-41-1280x1280

さてと、麺と具を食べ終えたならば日高屋名物であるパサパサなチャーハンと向かい合うのである。

パサパサに対抗するためには、スープはある程度の量を残しておく必要があるのだ。口の中の水分をゴッソリと持っていかれるからな。

2020-01-19-07-19-36-1280x1280

それでは、ひと口…

ん?

…あれれ、


2020-01-19-07-20-09-1280x1280

しっとり、だった。
見た目からパサパサチャーハンだと判断していたのだが、実際には、しっとりチャーハンであった。
自分の好みで嬉しいような、ダマされた!という複雑な気持ち…

次回は五目あんかけラーメンに酢をドボドボ入れて食べよっと。


2020-01-19-07-20-14-1280x1280


マヨキムチ牛丼こそがトッピング牛丼の真髄なのである。


注文を受けるとき、テーブルに手をついてもたれ掛かりながらってさあ、態度が悪くねえか?
おっと、
24H営業を再開したばかりだ。すき家の新人店員である爺ちゃんを悪くいうのはやめよう。

すき家の牛丼を全種類たべるぞと思いながら、キムチ牛丼をリピートだぜ。

2020-01-24-06-29-27-1280x1280

今回は、キムチ牛丼の大盛と豚汁にマヨネーズをプラスしてみたのだ。
どうしてマヨネーズをプラスしたかというと、メニューを卓に置かれたメニューを見ると“おすすめマヨネーズ”と書いてあるから。
ほんとうは風邪の予防に納豆をプラスするつもりだったけど、せっかくオススメしてくれているのだからと。
あと、キムチとマヨネーズの相性の良さはテッパンでしょう。
キムチには脂っ気が合うのかな。マヨネーズの他に、胡麻油やラー油をちょこっとたらすと美味しいじゃん。

2020-01-24-06-28-28-1280x1280

それではっ!
マヨネーズをウニュ、にゅにゅにゅう〜

2020-01-24-06-30-17-1280x1280

は、しまった!キムチの赤い色合いがマヨで白くかくされてしまった。
そんな訳で、マヨの上から七味唐辛子を振りかける。

2020-01-24-06-30-44-1280x1280

うーん…
牛丼にキムチをトッピングしただけでもテッパンの美味さだというのに、それがマヨにより程よくコーティングされることでマイルドに、かつ、コクが加わる。

要約すると、『最高だよね!』


■今日のひまじんコーナー
少し前に、Amazonにルービックキューブという立体パズルを誤発注したことは書いたっけ?
最もオーソドックスな3✕3のバージョンだったのだが、未だに全く攻略できる気がしない。パズルマニアとしては非常に悔しいところ。
そこで、難易度が下がるという2✕2のバージョンをあらためて購入してみた。これならば、なんとか攻略できそうな気がする。


かつやで『ソースカツカレー(竹)』


市販されているソースって、なんだか甘味が気になってしまい苦手なんだよな。でも、「かつや」とか「松のや」みたいなトンカツ屋のソースはスパイシーで甘味が気にならない。

…なんて記事を少し前に書きましたよね。
そして予告した通り、「かつや」で「ソースカツ丼」を食べてきたのである。

以前にタレのかけられた「タレカツ丼」は食べたことはあったけど、カツ煮ではなくソースのかけられた「ソースカツ丼」は初めて!

わくわくドキドキだったぜ!

じゃじゃん♪
「かつや」のソースカツ丼の竹である。
ソースがドバドバだったぞ。 

まずは箸先にソースを着けて舐めてみた。

んっ?
…んーー…んーー

あぁ、ソースだよね。たぶん、卓上に置かれたものと同じソースだよね。

白飯の上に揚げたてのカツとキャベツを載っけて、ソースをドボドボとかけただけな、とてもシンプルな一品だね。
ソースカツ丼ならではの、何かしらかの工夫があるのだろうと思っていたけど、そんなの無いよ。

R2020-01-05-10-38-18-1280x1280

カツのしたの白飯をチェック。
うわ、いい感じにソースが沁みてますな。

R2020-01-05-10-38-52-1280x1280

ソースの沁みたカツを噛じり、白飯を掻っ込む。
すると、カツよりも、白飯から濃厚かつスパイシーな味わいが感じられる。

おいおい、うわぁー。
ドンブリの底にソースが溜まっているじゃないかい。
吉野家の“つゆだく”なみにソースが“だくだく”ではないか。

R2020-01-05-10-41-06-1280x1280

普段は何にでも醤油をかける醤油派であって、圧倒的にソース経験が未熟な僕には、ちょっとキツイな。気づけば、ドンブリの内側がソースまみれなんだぜ。
もっとソース経験を積んでから挑むべきであったと…

さすがに口の中が重くなってくる。水をガブガブと飲む。
そういえば、豚汁も頼めば良かったな。

カラシを活用してみた。
おお、いいなあ、ツーンとした刺激がたまんねえ、カラシはありがてえなあ。

美味しかったあ。
オススメです。僕はもっとソース経験を積んでから再食しようかと思います。

R2020-01-05-10-45-06-1280x1280


すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」


すき家…
いくら人材不足だからといっても、ヨボヨボの爺さんを使うのは駄目だろ。注文を受けた後、内容を端末へ入力するのに5分くらいかかっていたぞ。その間、ずっと目の前に立っているの…

さてと、昨日(2020-01-22)から発売を開始した「とろうま豚中華丼」を食べてきたぞ。
なんだか「生姜スープ&仙草ゼリーセット」というのがあって、ゼリーは要らないが生姜スープは飲んで見たかったのだが、生姜スープの単品販売はないというのでセットで注文した。

bnr_2020_toroumayokoku_sp

注文の完了から、爺ちゃんの端末入力タイムを含めて15 分ほどでの提供であった。
中華丼と生姜スープは、ほんの数分で厨房内のカウンターに置かれていたのだが、爺ちゃんがゼリーの準備に10分ほど手間取っている様子であった。

ゼリーなんて食後でイイんだよ!!と…

ほぅほぅ、すき家の中華丼は久しぶりの復活ですな。以前は海鮮中華丼であったが、今回は豚肉になっての登場かあ。

すき家の中華丼にこだわらず、僕は中華丼が好きなのだ。いや、中華丼だけでなく、五目あんかけラーメン、あんかけ焼そば、などなど中華あんのかけられた食べ物全般が大好物である。

2020-01-23-05-18-50-1280x1280

まずは生姜スープから…
うん、生姜が利いているな、ぬるい、味が薄い。さらにぬるい。そしてぬるい。ついでにぬるい。さらに詳しく書けば、室温に近いぬるさである。
待っている間にもヤバイな、とは思っていたんだよな。そりゃ、10分近くも放置されたら冷めるよな。

2020-01-23-05-19-14-1280x1280

これが仙草ゼリーである。
ゼリーの上からクリームがかけられているのだが、どうしてあんなに時間がかかるのか…


2020-01-23-05-19-06-1280x1280

あと、カラシの小袋が添えられてた。
当然、中華丼に使えということだろう。

2020-01-23-05-18-55-1280x1280

深呼吸をして、生姜スープに対する怒り鎮める。
ついでに怒りのツイートをアップする。

気持ちが落ち着いたところで豚中華丼を頬張る。
うん、美味い。やっぱり大好き中華丼。
日高屋みたいな中華屋と比べると優しい味がするな。

2020-01-23-05-20-01-1280x1280

なんだか使い忘れしてしまいそうなので、さっさとカラシを使う。

2020-01-23-05-21-46-1280x1280

肉だ!豚肉だ!けっこうな厚みがあって食べごたえがある。

2020-01-23-05-22-07-1280x1280

食後に仙草ゼリーをいただく。
ほんのりとシナモンのような風味がする。口の中がスッキリとするね。
でも、次回は要らない。

次回は豚中華丼に豚汁を合わせようと思う。

2020-01-23-05-25-43-1280x1280
2020-01-23-05-25-58-1280x1280

カスタム検索
広告
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
某弱小メーカーに勤めるエンジニアです。趣味はB級グルメを中心とした食べ歩き&電子工作。その他、読書、コミック、ダイエットにも興味があります。昨年に生まれて初めて経験した痔の痛みが未だにトラウマとなっています(泣)
ギャラリー
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • マヨキムチ牛丼こそがトッピング牛丼の真髄なのである。
  • マヨキムチ牛丼こそがトッピング牛丼の真髄なのである。
鎮痛・解熱