僕と磁石と乾電池

断捨離中毒。焼そばおいしい。

2016年04月

ようこそ!
ブログ版『僕と磁石と乾電池』です。
ネット上では《猫なーめん》と名乗っていますが、どちらかといえば犬派です。

《猫なーめん》の由来は某ラーメン店店員さんの言い間違い(汗。
⇒詳しくはブログ内の参考記事をどうぞ!

食べログのレビュアーに登録しました。
マイページはこちら⇒http://tabelog.com/rvwr/nekofile/
食べログのブログランキングにも登録してみました。
ぽちっと、よろしくお願いします。
食べログ グルメブログランキング

すき家で久々の期間限定新作マーボーナス牛丼を食べてきたでヤンス



一昨年くらいまでは、数週間か月変わりくらいの頻度で期間限定の新作牛丼を発売していたすき家ですが・・・。
昨年のバイトクーデター後からは、さっぱりと・・・期間限定をやらなくなってしまった。

今年に入って初の期間限定の新作牛丼かな?




すき家の店内で写メを撮ってネットにアップするのは禁止、もう、すき家いかね、って、松屋の店内で女子高生が噂しているのを耳にしました。
まさか、客に写メやネットへのアップを禁止するとかはないだろうとは思ったのですが、店員が店内で猥褻画像を撮影してTwitterにアップするなどの不祥事があったので、もしかしたらと思って試してみたけど、店員さんから注意されませんでした。

マーボーナス牛丼を注文。
新作といっても、何年か前にもマーボーナス牛丼ってあったよね?たしか、カタカナでなく漢字で『麻婆茄子』って書いていた記憶がある。何が変わったのだろう?

すき家の公式サイトを調べてみると、2006年8月から2009年12月まで発売していた『麻婆茄子牛丼』が、より食感よく風味豊かに再登場ということだ。

さらに、

うまみを閉じ込め、くずれを抑えるために素揚げしたナスを、以前より大きめにカットし増量することで、より食べ応えのあるジューシーな食感に仕上げました。

豆板醤(とうばんじゃん)・豆鼓醤(とうちじゃん)・甜麺醤(てんめんじゃん)等をブレンドし、花山椒(はなざんしょう)を加えた特製の麻婆ソースは、ほどよい刺激で「すき家」の牛丼との相性抜群。牛肉ともよく絡み、一度食べたらクセになる味わいです。

素揚げにするという手間を増やさなくても、以前の、どろりと茄子の蕩けた食感も好きだったのですが。。
まっ、いっか。

マーボーナス牛丼大盛の健康セットを注文してから、およそ5分後に運ばれてきた!!
すき家の健康セットとは、メインの牛丼に、冷やっこ、ひじき煮、味噌汁のセットである。

P4290731


健康セッ・・・ん

小皿に、冷やっこかと思ったら、山椒の小袋だった。

P4290733


たしかに、ゴローンとした茄子の存在感がアップしていますね。

P4290732

山椒をふりかけて頂きました。
ピリ辛?後からふりかけた山椒の刺激は感じますが、麻婆餡の味付けは濃いめでも辛さは控えめでした。
これは、麻婆餡の味が強くてうまいのだけれど、牛丼肉の存在感が希薄に・・・。マーボーナスだけでも充分ではないかと思う。
マーボーナス丼のほうが割安でコスパが高いように思えてならない。
うまいけど。。

P4290734


注文したはずの健康セットのひじき煮が見当たらなかったので、紅生姜をどーん。
うめえ。

P4290736

美味しかったです。

すき家で、これまでに食べた限定牛丼の中で、もう一度食べたいと思っていたのがカレー南蛮牛丼と麻婆茄子牛丼でした。その願いの一つが叶ったのですから嬉しかったです。

カレー南蛮牛丼は、まだかなあ。もうすぐかな?
 

後めし必須!!エースコック『CoCo壱番屋 辛口派に捧げるとび辛カレーラーメン』


カップ麺の後めし。。
カップ麺を食べるとき、麺を食べ終えて残った汁に白飯を入れて食うのが好きだ。

僕の場合、「これって後めし入れたらうまそうか?」が、カップ麺の新商品を購入に至る重要なポイント。

カレーラーメン、さらに、とび辛スパイス付き・・・後めしが合わないはずがない!

そして、実際に食べてみて、こいつに後メシ入れないやつはオカシイ・・・という結論に至った。
エースコック『CoCo壱番屋 辛口派に捧げるとび辛カレーラーメン』を食うならば、白い飯を用意するのを忘れんな!

P4220568


バケツ形状の大盛パッケージ・・・量が多いから、小食なひとには後めしまで平らげるのは厳しいかもしれない。
しかし、そこは気合で、なんとかかんとかして欲しい。


P4220569


続きを読む

エースコック『スーパーカップ1.5倍鶏ガラ醤油ラーメン』と、ヤマキのだし粉


何度も、食べ過ぎてしまい、もう、飽きてしまった・・・。
鶏ガラ醤油ラーメンですが、、、

スーパーの特売で買ってきた。

P4090364


うーん、、
どうでも、いい。。


P4090365


熱湯を注いで、500Wの電子レンジで3分。。

P4090368


うまい。


P4090369


しみるぜ!

P4090370

よくある演出。
海苔の筏に、だし粉をのせる。

予想外のうまさ、びっくりしたよ。


P4090372


でも、ベヤングとだし粉の相性の良さには負ける。

P4080360



カップヌードルごはん、うまいけど。


えっと~。
カップヌードルごはんというのがあるけれどっさ。
あれだよねえ。
うん、そうだよねw。

おいしいもんねえ。


P4100435


これ、ウマ過ぎ。
日清のカップライスは全種類がうますぎる。


P4100436

カップヌードルごはんがうますぎて、ついつい、忘れがちというか、
事実を見誤りがちだと、僕は警鐘を鳴らしたいと、ずっと思ってた。


P4100438




P4100439




P4100440



P4100449



・・・・
素直な気持ちで、書きたいことを書くけど、怒らないで欲しい。
カップヌードルの残った汁に、白飯入れて食ったほうがうまくね?



P4120253





P4120262


P4120263


麺が半分くらい残った状態で白飯入れて、そば飯風にしてもうまい。
 
P4120265


 

引き寄せの法則が発動!『うまかっちゃん』を引き寄せました。


少し前に、『うまかっちゃん』の柚子コショウ味というのを食べたのですが、あれは絶対に違うよね!あんなのは『うまかっちゃん』じゃないよね?あんなに、あっさりスッキリした味じゃないよなあ。。。
・・・って、いっても、僕が『うまかっちゃん』を食べたのなんて何年も前で、味なんて覚えてないよ。

僕の住む横浜には、『うまかっちゃん』なんて売っていないのです。『うまかっちゃん』の柚子コショウ味は、同僚の出張土産で・・・どうせならば、ノーマルな『うまかっちゃん』が欲しかった。

もうね、あれから、ずっと、『うまかっちゃん』が食べたかった。

それで、LOHACOでみつけて5食パックを買ったのですよ。Amazonなんて、バブルかってくらいに高値がついているし・・・。

lohaco.jp


そしたら、、、
LOHACOからの荷物を受け取った翌日の夕方だった。マルエツのインスタント麺コーナーにゆくと、見覚えのある黄色いパッケージが・・・

近所のスーパーに『うまかっちゃん』が売っていた。
横浜で、初めてみたよ。
なにこれ、すっごい偶然、嫌がらせかな?偶然を装った嫌がらせ?いじめかも?

あれえ?ブログにマルエツの悪口書いたとかあったっけ?

これが引き寄せの法則ってヤツ?

P4200546


生玉子をトッピングして食べてみた。
うまいねえ。おいしいねえ。

・・・
LOHACOで5食パックを買って、マルエツで見つけたのが嬉しくて5食パックを2つ買って、、2食べたけど。。
まだ、うちにたくさん残っている。


でもさ、、
正直に書いてしまうと、サッポロ一番のほうがおいしいよね。

『うまかっちゃん』・・・なんだか、飽きちゃった。
なにか、オススメのアレンジとかあるのかな?

P4200549




P4200553




P4200554






 

知ってる?カップヌードルには、エビが8つに、2種類の肉が入っている。


先日、こんな記事を書いた。
おぼえてるかな?

blog.livedoor.jp


ねえ、おぼえてる?
ってか、読んでないとかいわないで。。
よ・ん・で。

どうでもいいけど。

カップヌードルのオリジナルのヤツ、世界で初めて作られたカップ麺ってヤツが好きなんですが、何年も前に、具の謎肉(通称)がコロチャーに切り替ってから一度もレギュラーサイズのカップヌードルを食べたことがなかったのです。

これって、どーなんでしょ?
意地になって一度もコロチャーを食べたことがないのですよ。。

こんなだから、粘着系AB型気質と呼ばれてしまうのです。

もっと、フレキシブルに生きようじゃないか!脱粘着系AB型気質!

食べてみました。カップヌードルのレギュラーサイズ。そして衝撃の事実に遭遇してしまったのです。

P4140292


フタをあけてビックリしたあー。
これって、謎肉っぽいね?コロチャーと謎肉って見た目が似ているね・・・っとお湯を注いで。。

P4140291



3分後・・・
謎肉(ダイスミンチ)じゃん!!
それに、見慣れぬ具も入っている。

P4140297

これは・・・
肉のようで、謎肉とはあきらかに異なる外観。。
もしかして、これが噂のコロチャーなのか、、


P4140298


間違いなく謎肉(ダイスミンチ)


P4140299


いつの間にか、、
「謎肉をやめんなら、もう買わないもんねー」って、ふてくされて不買運動を続けている間にリニューアルされていたのか。。
肉が2種類に・・・

いままでに食べてきたカップヌードルの中で一番うまかった。
僕の人生で最高においしいカップヌードルだといっても過言ではない。
最高においしかった。
今まで、不買運動を続けてごめんなさい・・・と素直に言えるくらいにうまかった。
カップヌードルを特売で大量購入してきた母を叱ったことも謝れる。

肉もいいけど、エビもいいよね。目出度い気持ちになる。数えてみたら、エビが8つも入っていた。

P4140300


それでね、、
一緒に、トムヤンクンヌードルも買ってきたのだけれど、、


P4140295




P4140296


エビが5つしか入っていない。

しょぼ・・・

P4140301


結論。
カップヌードルで一番にうまいのは、オリジナルの醤油スープのカップヌードルなのでヤンス。

カップスープに白飯を入れるよりも、カップ麺の残った汁に白飯を入れるほうがうまいんだからね!


カップスープに白飯をいれるのが、現在のマイブーム。

特に、辛王のグリーンカレーは最高です。


P4100210



P4100213


どぼん。。

P4100216


辛王のユッケジャンもいい。


P4100198


どぼん。


P4100205





P4100206

でも、なんだかんだいって、、、
カップ麺の残り汁に白飯を入れたりすると、「やっぱ、うめえなあ」とか思ったりする。

P4120252



P4120265




P4130279



P4130289



ぺヤングやきそば『マヨネーズソース風キムチ焼そば』


祖母の家にゆけば、いつでも買い置きしてあって、子供の頃にカップ焼きそばといえばぺヤングだった。テレビCMを見て、日清焼そばUFOが食べたいと駄々をこねても食べさせて貰えなかった。

子供の頃の僕は、「ぺヤングって、ずっと同じ商品だけを作っているだけで、なんだか地味だよな~、つまんねえよな~」、「大人になったら、ぺヤングなんて食わねえぞ」って思っていた。

でもね、最近は、ぺヤングさんも頑張ってんな~っと。。

ぺヤングやきそばの新商品、『マヨネーズソース風キムチ焼そば』を食べてみた。


P4220564


外装のビニールをはがしてフタをあけると、ソースとかやくの小袋が入っている。

ん、マヨネーズは?

『マヨネーズソース風キムチ焼そば』というのだから、キムチ味の焼そばにマヨネーズが付いているのだろうと思っていたので、マヨネーズを探して、麺の下まで覗き込んでしまった。
マヨネーズの小袋はない!

P4220565


『マヨネーズソース風キムチ焼そば』の小袋は2構成。


P4220566


マヨネーズソース風・・・

マヨネーズソース風って、なんっじゃ?

それはね、、、

湯切後の麺にソースを投入したときにわかる。
小袋の封を破って、ソースを麺にかけるとマヨネーズの香りが周囲に漂う。つまり、あらかじめソースにマヨネーズが混入されていたのである。

とっても、新しいね!!これまで以上にマヨネーズの香りを堪能できる新発想である。


P4220574


麺をすすれば、キムチの酸味と旨味。そして辛いっ!!
ぺヤングの劇辛や、激辛カレー程の辛さではないが、辛いモノが苦手な方には覚悟が必要な辛さだろう。

あと、マヨネーズ好きな僕としては、麺の表面がコテコテするくらい、もっとマヨネーズを増量して貰えたら嬉しいかな。




P4220576


おいしいよ!!


P4220577







 

カップ焼そばと一緒に食べた『辛王トムヤンクンSOUP』が最高に美味しかった。


カップ麺て、袋入りインスタント麺と比べると、贅沢品。
『なんだか、贅沢だな~』って思いませんか?

なんだか贅沢品なカップ麺を、さらに贅沢化する組合わせに気がついてしまった。

それは、カップ焼そばにカップスープである。
ただでさえ贅沢なカップ麺から、スープのないカップ焼そばをチョイスしておいて、「やっぱ、スープも欲しい」といってカップスープを付けてしまったら、贅沢を通り越してワガママな暴君である。

初めは、僕の暴君ぶりを記事を通して、お伝えするつもりであった。

しか~しっ、カップ焼そばに組み合わせたカップスープが予想以上にうまかった。

ポッカサッポロのカップスープ『辛王トムヤンクンSOUP』である。


P4080351

なんだか、キャンペーンをやっているようで・・・『辛萌え女子』。。

P4080350

『辛萌え女子』については、ニュースサイトでまとめられていたのでリンクを貼っておきます。

rocketnews24.com




そして、主役のはずであったカップ焼そば『DEKAYAKIソース焼そば』。

これって、安くて美味しいもんね。暴君らしからぬ大衆向けカップ焼そばでした。

P4080353

続きを読む

松屋の『ごろごろチキンカレー』と『ごろごろ煮込みチキンカレー』は違うのか?気になるので食べてきた。


4月12日に新発売になった松屋の『ごろごろチキンカレー』がなんだか話題になっている。昨年の今頃にも、同じ商品が発売されて、そのときには、誰からも話題にされず、ひっそりと消えていったと記憶しているのであるが、どうして、今年になって話題に・・・。不思議でならなかった。

有名なネットメディアで絶賛されていた。

rocketnews24.com


かつて、セブンイレブンのサラダチキンを売り切れ販売停止に追い込んだといわれる有名ブロガーまでもが!

narumi.blog.jp


ほぼ、一年前、松屋・春のよくばりカレー祭りの第2弾として『ごろごろ煮込みチキンカレー』というメニューが発売された。

blog.livedoor.jp


『ごろごろ煮込みチキンカレー』といいながら、ほとんど煮込まれた痕跡のない不思議なメニューであったことを覚えている。

松屋の公式サイトには
「鉄板でジューシーに焼き上げた鶏もも肉と松屋オリジナルカレーで食べ応え満点」と書かれて、たしかに煮込むとは書いていなかった。
実際にも、店員さんに食券を渡して少したつと、厨房からジャジャーっという炒め音が聞こえてきて、更に数分後には、カレーが運ばれてきた。

ローストしたチキンをカレーに入れただけだろ?

あきらかに煮込んでないだろ?

なんだよ!『ごろごろ煮込みチキンカレー』の煮込みって!?とても、心をかき乱されたことを僕は忘れていない。

・・・
あれから1年後の4月12日。『ごろごろ煮込みチキンカレー』が帰ってきた。『ごろごろチキンカレー』として・・・。

『ごろごろ煮込みチキンカレー』⇒『ごろごろチキンカレー』
「そういえば、なんで煮込みチキンカレーなんすか?煮込んでないんっすが?」と、現場クルーからの指摘で偉い人が、煮込んでいないことに気がついたのだと、僕は推測している。

まあ、煮込んでいないという間違いを認めてメニュー名を変更してきたのは良心的であると思うよ。


P4200556


たぶん、間違いに気がついて、メニュー名を変えてきただけで、昨年と同じだろうと思ってスルーしていたのですが、
でも、なんだか気になり出したので食べてきました。

チキンが、ごろごろして食べ応えがあるのは昨年と変わらなかったと思うのですが、松屋のカレーってリニューアルした?変わったのかな? 
 続きを読む

なんだかんだいっても、日清のカップヌードルが一番うまいんだよな。


僕のブログの目標は、一年無休で連続更新すること。

とにかく更新を続けるために、日々のネタを探すことが最大の課題となっている。連続更新のためにと、これまでに何度かの方針転換を行ってきた。

・・と、いうか、ブログのネタに困って、ずるずると流されるまま、方針の変更を行ってきただけなのだが・・・。


そもそも、このブログのタイトルって、おかしいでしょ?僕と磁石と乾電池。。
元々は、趣味の電子工作に関する記事を書くつもりで始めたはずが・・・

気が付けば、食べ歩きブログとなり、いまでは、カップ麺を食っている。

。。。。

カップ麺であれば、ほぼ、毎週のように新商品が発売されているので、ネタに困ることはない。
そして、ブログのネタとしてカップ麺を扱うのであれば、新商品を追いかけるべきだとわかっている。理解している。

でもね、、
ときどき、自分のブログを読み直していると、思うんですよ。

『オマエ、これが一番うまいと思ってんだろ!!』っと。

今日はね、チキンラーメンの新作『炭火焼チキンわさび風味』の記事を書くつもりでノートパソコンを立ち上げたのです。カップヌードルを食べながら・・・

チキンラーメンの新作『炭火焼チキンわさび風味』はおいしいよね。

P4120236

でもさ、
なんだかんだといったって、カップヌードルの醤油味を越えるカップラーメンなんてないのだと気が付いてしまった。
もちろん、焼そば、そば、うどん・・・って、カテゴリーが変われば話が変わってゆくけれど。

カップ麺のラーメンならば、カップヌードルが一番にうまい。

ただし、レギュラーサイズのはだめだ。BIGか、KINGに限る。

P4120233

なぜならば、カップヌードルに入っている肉はダイスミンチ(通称:謎肉)でなくてはならないのだ。
レギュラーサイズにコロチャーが採用されて以来、僕はKINGもしくはBIGのカップヌードルしか食べていない。

P4120232

それに・・・、続きを読む

アメリカ版おふくろの味といわれる『キャンベル・チキンヌードルスープ』を作ってみました。食べてみました。


アメリカ版おふくろの味・・・
何かの映画かテレビドラマで、たぶん、このスープを調理して食べるシーンを見たことがあって、
「うっわー、まずそうだな。日本人に産まれてよかったな。」っと、ずっと思っていたスープ。

だいたい、缶詰のスープがおふくろの味って大雑把過ぎるのではないか?

キャンベルの公式サイトにも書いてある。

鶏肉を上質のチキンストックで煮込み、ショートパスタを加えた伝統的なスープ。アメリカでは「ママの味」と言われる程、食卓に欠かせない人気No.1のベストセラースープです。

アメリカだと、『おふくろ』ではなく、『ママの味』なんだな。

P3262813

作り方とか、原材料などなどイロイロ・・・たぶん、書いてある。
英語だからワカンナイヨ!

MIX SOUP + 1CAN WATER
空き缶一杯分の水を足して温めろと書いてあるような気がする。

P3262814


フタを開けよう。

P3262815


フタを開けたとき、こんなにトキメかない缶詰も珍しい。
なんだろ、、美味しそうにみえない。


P3262816

続きを読む

ヘルシーキューピー『大人の玄米雑炊 たらこ』を食べてみました。


最近、日清から発売されているカップライスのうまさにハマっている。
どん兵衛の『鴨だし雑炊』から始まって、『UFOそばめし』『カップヌードルごはん』『どん兵衛釜めし』まで、食べてみたけれどどれもうまかった。
あと、出前一丁の『まかないチャーハン』もうまかったなあ。

参考記事

blog.livedoor.jp



日清のカップライスがうますぎる件に関して、最近になって気になり始めたのであるが・・・、
本当に日清のカップライスがうますぎて、市場が一社の独占状態になっているではないか!このままではカップライスの進歩が大幅に遅れてしまうのではないだろうか?そしてカップライスの将来が先細りになってしまうのではないか?

日清のカップライスには互いを切磋琢磨するライバルの存在が必要なのである。

そんなわけで、最近の僕は、日清とは別のメーカーが発売しているカップライスの調査を開始したのである。
本記事で取り上げるのは、ヘルシーキューピーという耳慣れないメーカーから発売されている『大人の玄米雑炊たらこ』である。


P4100398


111kcalとヘルシーさを売りにした商品のようである。


P4100399

僕に、カップライスの明るい未来をみせておくれ!続きを読む

永谷園『ぷにごはん』は、カップライスの新たな挑戦である。


カップ麺探求の日々。
やっぱり、カップライスは日清の一人勝ち状態なのだろうか?
日清の牙城を切り崩そうと、虎視眈々と研鑽を続けるライバルはいないのだろうか!?

永谷園の新食感のカップライスを紹介させて頂こう。


本当は余計な先入観を持たずに食べたほうが面白いと思うのですが・・・
公式サイトより。

ぷにっ」とした食感が特徴のリゾット風のカップごはんです。 ごはんは米粉を加工したもので、湯戻し3分でぷにっとした食感が楽しめます。ベースは、3種のチーズをたっぷり使用した濃厚なコクとクリーミーさがクセになる味わいで、黒こしょうでアクセントを付けまし ...


ちなみに、余計な情報を持たずに食べた僕の印象は、
「うっわ、やられたな!」であった。

P4100413

作り方をザックリと説明すると、
お湯を注いで約3分間かきまぜろ!

P4100416


プラシチック製で、小窓のついたフタを外すと、

P4100417



ガサッと、小袋が一つ。


P4100418




P4100419


小袋の中身をカップに移して観察すると、巷に溢れるインスタントライスにありがちな、米粒の異常が確認できないことに期待が膨らんだ。
まずいインスタントライスは、調理する前にわかってしまう。米粒か欠けていたり、大きさがバラバラなものが混ざっていたりするものは絶対にまずい。
加工の方法に問題があるのか、それとも加工前の米に問題があるのかと、非常に気になっている点である。

P4100420


お湯を注いでから3分後、スープにトロミがついてきたが、見た目からは米の状態はわからず。


P4100423


とりあえず、食べてみると・・・
『ぷに』というより、『ふにょ』かな。リゾット(おかゆ?)のようであるが、全く別の食感。

とろ~んっとしたスープと一緒に、歯を使わずに食べられてしまうのであるが、舌に意識を集中しながら味わってみた。これまでに体験したことのない新たな食感であった。

『これは本当にコメなのか?』という疑問が浮かんできた。

P4100425

 
食べ終えて、さらに、一緒に買ってきた『バター香るクリーミー明太』のカップも開けてみた。


P4100427


今度は、入念にお湯を注ぐ前のコメを観察してみた。
形と大きさが揃っている。問題ない理想的なカップライスかもしれない。
・・・って思った。

P4100428

さらに拡大して観察してみると・・・
なんだか、米粒の形が不自然なことに気がついてしまった。

米って、こんな形か?

P4100430

ここで、原材料を確認すると・・・
原材料に米はない。そして、米粉加工品とある。

米をそのままで加工するのではなく、粉状の米をツブ状に加工して、米の代用品にしているのであった。
なんだか新しい工夫ではないか?これならば、加工時の米の劣化が問題にならない。今後の工夫によっては、米を超えるコメが作り出されるかもしれない。

これは嬉しい。

P4100462


味は普通にうまかった。


P4100431



P4100434


新発売のリッチカップヌードル『贅沢だしスッポンスープ味』と『贅沢とろみフカヒレスープ味』を食べてみた。



日清から発売されたリッチカップヌードルシリーズの2商品、『贅沢だしスッポンスープ味』と『贅沢とろみフカヒレスープ味』を食べてみたのです。

でもね、、

スッポンって、カメですよね。。


ってか、かれこれ3年程前から飼っていて、既に軽く十数センチまで成長したミドリガメと呼ぶには抵抗のある巨ガメ。


カメを食うには抵抗があるな。。

P4130266

ほら、カップにカメがデザインされている。

P4130268

フカヒレのほうは、とにかくうまそう。

P4130279


続きを読む
カスタム検索
広告
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
某弱小メーカーに勤めるエンジニアです。趣味はB級グルメを中心とした食べ歩き&電子工作。その他、読書、コミック、ダイエットにも興味があります。昨年に生まれて初めて経験した痔の痛みが未だにトラウマとなっています(泣)
ギャラリー
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • マヨキムチ牛丼こそがトッピング牛丼の真髄なのである。
  • マヨキムチ牛丼こそがトッピング牛丼の真髄なのである。
鎮痛・解熱