僕と磁石と乾電池

断捨離中毒。焼そばおいしい。

2016年06月

ようこそ!
ブログ版『僕と磁石と乾電池』です。
ネット上では《猫なーめん》と名乗っていますが、どちらかといえば犬派です。

《猫なーめん》の由来は某ラーメン店店員さんの言い間違い(汗。
⇒詳しくはブログ内の参考記事をどうぞ!

食べログのレビュアーに登録しました。
マイページはこちら⇒http://tabelog.com/rvwr/nekofile/
食べログのブログランキングにも登録してみました。
ぽちっと、よろしくお願いします。
食べログ グルメブログランキング

主役は仕上げオイル。プーパッポンカレーヌードルを食べてみた。


ロケットニュース24で再現度が凄いと紹介されていて、ずっと気になっていたプーパッポンカレーヌードルを食べてみたんです。

rocketnews24.com


P6230004

プーパッポンというのは、蟹と卵の甘辛カレーのことで、タイ人に人気の料理なんだそうだ。
本格的なタイ料理とは全く無縁な生活を送る僕にとっては、これが初のプーパッポンであった・

P6230006


最近の縦型カップ麺では常識になりつつあるフタに着いた小袋
仕上げオイル。。

P6230005


フタを開けると、、
カレーの香り。

P6230008


熱湯を注いでから3分後。
蟹と卵・・・というけれど、蟹はカニカマボコであった。

P6230009

 
まずは、仕上げオイルを入れずに素の状態で味わってみた。
なんとなくツウぶったことを書いてしまったが、単純に入れ忘れただけだが。。

うん、まるでカレーヌードルだ。
カップヌードルの定番であり、食べ慣れたカレーヌードルの味だった。タイ人に人気の味というのはカレーヌードルの味だったのかと・・・驚いたぜ。

ただし、完璧にカレーヌードルというのではなく、微妙な甘さが口に残る。食べ進もうとすると後口の甘さが強い違和感を引き寄せてきた。もしかしたら好みが分かれる味かも。

P6230012


カレーに甘さを求めるタイ人の味覚に疑問を抱きつつ、仕上げオイルを混入。


P6230013

ぐるぐるぐる。。

仕上げのオイルを入れると、蟹とガーリックの香りが漂い始める。
そしてスープを口に含むと・・・うまっ!
うまいよ、コイツうまい。

仕上げオイルを入れる前後じゃ、まるで別モンだよ。

小袋に依存し過ぎじゃないのか?
主役は間違いなく仕上げオイルだな。

P6230014

あっというまに、麺を食べ終えてしまった。

P6230016

そして恒例の白飯ドボン。

P6230017
 
スープと白飯のマリアージュも最高。
だって、カレーだもんね。

これさあ。
仕上げオイルだけをとっておいて、ノーマルのカレーヌードルに入れたらどうなんだろ?
絶対にうまいと思うのですが、でも、確実に、コイツの本体を持て余すことになるので実現は難しいな。
 

すき家の店員さんが....。


う~ん、
僕が、すき家を利用する深夜や早朝は外国人の店員さんが多いじゃないですか?
 
P6250043



きっと、トムヤンクンが母の味だったりするような店員さんとか多いじゃないですか?なんか、みんな同じ顔にみえませんか?

言葉の拙い外国人が深夜のワンオペとかたいへんだな・・・とか思うけれど、ときどき外国人店員さん2人で営業していて、まったく理解のできない言葉が店内に飛び交っていたりすると落ち着かないというか・・・ 

それと、
顔なじみになったつもりでも、本当に同じ人かな?違う人かも?って話しかけにくいじゃないですか? 

・・・・

マーボーナス牛丼をテイクアウトしたら山椒を付けるのを忘れられた。
山椒を忘れられたのは、これで2度目だ。
くっそ~、覚えてやがれ!と思うが、僕には、どの店員さんだったのかがわからない。

P6250044

まあ、いいさ。。
僕には、マイ山椒がある。

すき家のマーボーナス牛丼には、山椒をたっぷりとふりかけたほうがウマいのだ。
山椒をたっぷりかけて食べたかったから、マーボーナス牛丼をテイクアウトしてきたのである。

P6250045

舌が痺れるくらいに、たっぷりの山椒をふりかけて食うマーボーナス牛丼のおいしさを知ってしまった僕は、店で食べる時に添えられてくる小さな小袋入り山椒だけでは満足できなくなってしまった。
 
P6250046

 うめえぞ!!

P6250048

・・・・

あとさ。。。
これは、文句をいうのもどうかと思うのだが、、
外国人店員さんは、仕事がしっかりし過ぎではないかと思うのです。早朝の客の少ない時間帯くらいテーブルの上に食器が片付けられずに放置されていたっていいんだ。僕は気にしないぞ。すき家らしくていいじゃないか。
もうちょっと、手を抜くべきではないかと、やんわりと訴えさせていただきたい。

僕はね、
煮込まれ過ぎてしまって、舌の上でホロホロとくずれて蕩けるような肉の載った牛丼が食いたくて、早朝の微妙な時間帯を狙って牛丼を食いにゆく。深夜のワンオペによる疲労により、肉の煮込みまで注意が回らずに煮込まれすぎてしまった肉を食いにだ。
僕の経験によると、早朝の4時から5時くらいが狙い目だ。

狙い目であった・・・。

最近、、、外国人店員さんが、きっちりと仕事こなしているせいか、肉が煮込まれ過ぎてないんだ。

(≧ヘ≦) ムゥ
 

こんなのブタメンじゃない!エースコックのブタメンBIGがうますぎる。



懐かしのブタメン。。
カップが小さくて1個だけだと満腹になれないんだよね。
そして、、、
いつか、ブタメンで満腹になるまで腹を満たしたいなんて夢みた少年時代。。

なんと、あのブタメンにBIGサイズが登場したんですってば。

image

ブタメンのクセに熱湯3分とか、生意気だぞ。

熱湯を注ぐ前にフタを捨てちゃって、お湯を注いだら割り箸でバキバキやってぐるぐるかき混ぜたら完成じゃなかったか?

image




帰りに買って帰りたいけど、売り切れちゃいそうですね、
なんて店員さんの会話が。



たしか、180円くらいしたけれど、
ブタメンって、具が入ってなかったよね。
具の無いカップ麺に180円って・・・ありえなくないですか?

どうなの?具は入っているの?

image


フタを開けたら、粉末スープと麺。具が見当たらなかった。

image

原材料を確認したら、
かやく(ごま)・・・あ、ごまが入っているんだ。

価格だけをみると100円台後半のミドルエンドなカップ麺にも関わらず、具が(ごま)しか入っていない。
エースコックの商品だからと期待したのですが、、

寂しいから、卵を入れた。

image





麺もスープも、ブラッシュアップされた印象でうまかった。
オススメですよ!

豚骨ラーメンだと、「うまかっちゃん」は確実に超えてきているのではないだろうか?



ごつ盛り《味噌コーン》ラーメンが半端で許せねえよな?

まちまとスマホなんかで、ブログを書く気にならねえや、、
…っと、思います。
でも、スマホからの更新ができるようになれば、すきま時間を有効に活用して更新の頻度を上げられるかもしれない。

初めてのスマホアプリによる更新です。


大盛バケツ型容器の商品にも関わらず、100円未満の価格帯で販売されている…ハラヘリ貧乏な若者の強い見方な『ごつ盛り』シリーズのカップ焼そばとラーメン。。

『ごつ盛り』シリーズで絶対的なオススメはカップ焼そばなのですが、『ちゃんぽん』と『コーン味噌』のラーメンが捨てがたい。
『ちゃんぽん』は、チューブの生姜をスープに溶いて、さらに大量のコショウを振りかけてスパイシー仕立てにするとサイコーにうまい。さらに最先端研究成果を開かしてしまうと、適量のワサビを溶き入れてキザミ海苔をトッピングすると、ウルトラの上位互換でスーパーうまい!現在、スープに対するワサビの最適な混入量を試行錯誤を繰り返しつつ、調査研究を進めているところである。

そして『コーン味噌』、、
image

なに?コーン味噌って中途半端じゃね?
だから僕はバターを加える。
味噌バターコーン、、バターを加えただけで言葉の響きから伝わるコンプリート感がハンパない。さらに、蒸し焼きにしたモヤシとチューブの生姜を加えたら、、、

ムチャクチャにうめ~よぉ~

下の画像はシンプルにバターをドボンと入れました。コッテリとした味わいがサイコーです。

image


いつもは、上に書いたようにモヤシと生姜を入れる。そして、ときどきコーンも追加増量する。

そういえば、200円くらいするハイエンドなカップ麺よりも、100円未満で売られている大衆向けカップ麺のほうが内容がシンプルでアレンジする楽しみがあるよね。

うわ、また食いたくなってきた。

…。

大量に余って冷蔵庫に保管してある揚げ玉を入れるのを忘れた。

日清焼そばUFO『わさびマヨ』とスクランブルエッグ


食った。食った!


P6210041

今日の話のメインは日清焼そばUFOの新作である『わさびマヨ』なのであるが、、、

あのさ、宿泊費が少しお高めなホテルのスクランブルエッグって美味しいよね。
仕事で地方に出張へゆく時には、素泊まりで一泊3000円とかの安い宿ばかりを利用しているのですが、何年か前に、仕事先が観光地に隣接していたせいか、安宿がみつからずに一泊(朝食付き)7000円近くもする高級ホテルに宿泊したことがあるのですが、、あのとき、朝飯で食べたスクランブルエッグがうまかったんだあ。

スクランブルエッグの材料って、卵にバター、調味料は塩コショウ。。これだけで、どうして、あんなにうまいもんが作れるのだ?

とろ~りとしながら、ふっくらとした食感。口の中に広がる玉子の旨みとバターの香り。シンプルなのにうまいんだよね。

あれから、何度も試行錯誤を繰り返しながら挑戦しているのですが、ぜんぜんダメだ。
再現できない。

なんとなく分かってきたのは、バターをケチケチしてはいけないということ。。
あと、コショウは、おしゃれなブラックペッパーを使うことだろうか。

P6200040

あと、卵かけゴハンに、すこしバターをのせてブラックペッパーをふると、ホテルのスクランブルエッグ風になるよね。

 さて、
日清焼そばUFOの新作である『わさびマヨ』にゆこう。


続きを読む

夏が来るなあ。冷たいウインナーが美味しくなるね。






ウインナーの食べ方といえば、ほとんどのひとは、『焼き』と『茹で』の2大派閥のどちらかに属していると考えられる。2大派閥の一方を選べといわれたならば、僕は『焼き』を選択することだろう。ただし、単純に焼けばいいというのではなく、調理器具を限定させていただきたい。どういうことかと具体的に説明すると、ウインナーを焼くために使用するフライパンによって味わいが大きくことなることに僕は気がついてしまったのだ。

もっとも、いけないのは一般家庭にありがちな20センチサイズでテフロン加工されたフライパンである。ウインナーへの火の通りがイマイチなのである。ウインナーを焼く場合、強火で一気に表面を焼き上げ、その後は余熱でじっくりと火を通すのがベストである。そのためには、アウトドアで使用される小ぶりな鉄製のフライパンやスキレットを使うのがいい。
本当ですよ。ニトリでワンコインで購入できるスキレット、通称ニトスキを使って焼いたウインナーと愛用の22センチフライパンで焼いたのとでは味わいが全くことなる。スキレットってすごい。


・・・・

でも、最近・・・
ウインナーを焼くのがメンドクサイ。。
電子レンジでチンするのもいいけれど、、

そのままでも美味しいことに気がついてしまった。

夏場だったら、冷蔵庫でキンキンに冷やしておいて、そのまま食べればよくないか?

最近の朝食の定番は、ウインナー丼。

P6180457


セブンイレブンに売っている『国産野菜を使ったわさび昆布』
2日に1パックのペースで食べている。

うまいよ。

P6180458

そのまま白飯にかけてもうまいのだが、おかず力をアップさせるために醤油をたらす

P6180461

がっ、がっ、とかきまぜて。。

P6180462

オンザライス。。


P6180463

ウインナーとの相性もサイコー。

P6180465





 

昨日、ぺヤングやきそばに、、あげたまを入れようと。。


2日連続でぺヤングやきそば。。。

昨晩、布団に入ってから、ぺヤングに入れようと思って買ってきた揚げ玉を入れ忘れていたことを思いだして・・・

今朝は寝不足気味であった。

P6190518


普通につくったぺヤング。。。


P6190519


・・・を、
覆い隠す勢いで揚げ玉かける。

P6190520

激辛スパイスソースもだい。

P6190521

うまいぞ。

でも、この食べ方は、ぺヤングらしさを完璧に殺すな。

P6190523


 続きを読む

ダイコクの『激辛スパイスソース』知っているかい?


僕は、昨年の夏くらいから定期的にリピしているのですが、、


大黒屋 激辛スパイスソース500ml


知ってる?
昨年から、僕のブログを見てくれているひとは知っているような・・・いや、知られてしまっているような気がする。
なぜならば、昨年にも紹介したような記憶がうっすらある。
しかし、細かいことを気にしてはネタ切れでブログを続けられなくなってしまう。


P6180476

主に肉類を焼いたときの味付けに使っているのですが、かけ過ぎるとヤバイくらいの辛さなんですが、なんだかクセになる味なんです。

カップ焼そばに、チョイ足ししてもうまい。

ごく普通のぺヤング。。

P6180474

たら~り、たらあ~り、、

P6180477

ちょっと、かけ過ぎてしまった例。。

P6180478


こんなときには、冷蔵庫に常備してある大好きなポテトサラダで中和します。

P6180480

これは違う。

P6180481


間違えてマカロニサラダを買ってきていたという、痛恨のミス。。

P6180482

ウインナーをのせて、マヨネーズをかけた。


P6180484


うまい・・・そして、、
食べ進むと、後半になって自分が何を食べているのかわからなくなるメタメタ感がいい。

P6180486


スーパーカップ1.5倍『ポークジンジャータンメン』を食べてみた。


タンメンって、こんな味だったっけ?


P6180443


ブログを書くために画像をチェックしていて、ポークジンジャータンメン・・・タンメンであったことを思い出して不思議な気分に。。

あんまり、タンメンっぽくはない味だったな。
塩豚骨といわれたほうが、しっくりとくる味ではないだろうか?

P6180451


ポークジンジャーというのだけれど、ジンジャーは隠し味なのかな?あまり生姜の風味は感じられなかった。

P6180454


なんとなく、どこかで食べたことのあるような味がする。
ローカルの資本家が、地味に展開しているファミリーレストランで提供している豚骨ラーメンのような味だった。

コショウを多めにかけて食べた。

P6180456

 

エースコック『バター醤油味ラーメン』は、なんだか普通だな


バター醤油味ラーメン・・・すっきりとした商品名がいいと思うよ。
最近、だらだらと長い商品名の付けられたカップ麺が多いけれど、僕の研究によると商品名に使われる文字数と商品寿命が反比例する。有名なラーメン店とのコラボ商品なんてサイアクにだらだら長いタイトルで売られているけれど、たいがいは数週間くらいで消えてゆく。

ブログでレビューを書いても、記事をアップする頃にはコーナーから完全に姿を消していることも度々あって・・・

・・・・


バターといえば、塩か醤油じゃねえの?と思いながら食べてみました。

P6190504


作業机のカオスぶりが半端ない。。

いちいち場所を変えずに、一箇所で全ての作業を済ませたいタイプなのだ。だから作業机がカオスになる。

P6190502


続きを読む

なんだろう?不思議な違和感。日清名店仕込み「一風堂 極からか麺」

本日も手抜き更新。。

セブンイレブンで売られている日清名店仕込みシリーズの「一風堂 極からか麺」を食べてみたのです。
一風堂ですから、博多風豚骨スープなのだろうと思いながら食べ始めたら、なんだか違和感・・・

なんだか、豚骨のようで豚骨ではないような不思議なクセのある香りと味。僕は平気でしたが、なんとなく食べてを選ぶような味なのです。

日清のカップ麺といえば、ずば抜けた美味さよりも万人に好まれる味づくりという印象を持っているのですが・・・

《この香りは、なんだっけかな~》っと、モヤモヤとした気持ちで半分ほど食べたところで思い出した。

モツだ、ホルモンの味と香りなのだ。
なんとなく、日高屋のモツ野菜ラーメンの面影の感じられる味わいなのだ。

うまかったよ。

P6120341


できあがりの画像。

なんだか豚骨のようで、豚骨でないような不思議な香りに微妙な違和感を覚えたのであった。


P6120348

辛さは、それはどでもなく、よっぽど苦手なひとでもなければ問題のない辛さ。


P6120349

麺は平打の中太麺。舌触りの滑らかさが印象に残った。

P6120351

残ったスープと後飯の相性は抜群であった。

P6120352



P6120353


マジでうまい。ローソンの「でからあげクン ゆずポン酢味(一味入り)」


ほんと、マジでうますぎる。

そして手抜き・・・すまん

(2016.6.19.13:00追記)

さすがに、テキストが1行しかないというのは手抜きすぎると思って・・・

ローソンの『でからあげクンゆずポン酢味(一味入り)』は本当においしかった。なんだかんだで3日連続で食べてしまったほどだ。

ポン酢風味で酸味の効いた味わいに一味のぴりっとした辛味が最高であった。
酸味と辛味の組み合わせに、少し前に販売されていたトムヤンクン味を思い出したのであるが、こちらのほうが酸味と辛味のメリハリが明確になっていて好印象であった。

こいつは是非にもレギュラーとして長く販売を続けて欲しかった。

P6110320





P6110323



P6110324




P6110325


明星一平ちゃん夜店の焼そば『明太チーズ味』


明星一平ちゃん・・・他のメーカーから発売されているカップ麺と比べると麺が貧弱。。
日清焼そばUFOと比べると絶望的に麺が貧弱。。

あまり気が進まなかったのだが、明太子とチーズという絶対にハズレのない組み合わせということで食べてみた。
明星一平ちゃん夜店の焼そば明太チーズ味・・・。

P6180433


そういえば、最近の僕がハマり始めている食べ物にウインナーがある。
ウインナーといえば、焼きで食べるか、それとも茹でで食べるかで好みが分かれるのだが、
僕は以前に当ブログにて、電子レンジで温めて食べるのが最高だと書いた記憶がある。だが、しかし、最近の僕は少し意見が変わってしまった。

ウインナーといったら、そのまま食べるのが最高なのだ!

ウインナー丼、、が、さりげなくうまい。
P6170432

本当だ。近いうちに追求してみたいと思っている。

・・・・

話を一平ちゃん明太チーズ味に戻そう。

麺の貧弱な一平ちゃんだから、戻し時間は半分の1分半で湯切りした。そしてソースを和えたのが下の画像。
この時点で、ソースに混じりチーズの香りが周囲に漂い始めた。後からチーズを振りかけるのではなく、ソースにチーズがブレンドされているのですね。とても斬新なアイデアだね。

P6180437

明太子風味のふりかけとマヨネーズをかけたら完成。

P6180439

うまかった。
想像した通りのうまさであった。




P6180442





























そして麺が貧弱・・・
細くてフニャフニャしてコシのない麺だな。


日清焼そばUFOのソースが入った小袋が変わったよね。


いつの間にか、日清焼そばUFOのソースが入った小袋がリニューアルされているのです。

P6110312


どうでもいいっちゃ、どうでもいいこだけれど、、

僕にとっては、おもわずブログを書き始めてしまうくらいに大事件であったんだよ。


ほら、新しくなっているだろ?

P6110313

UFOのロゴの部分が透明になっていて、中身のソースの色を確認できるようになっていて
とっても、斬新なデザインだな・・・っと

P6110315


ん、、、







・・・・

すいません、、やっぱり、どうでもいいです。

味は、いつもどおりの美味さであった。

P6110316

ローソンのからあげクンと一緒に食べたら最高にうまかった。


P6110318





P6110317




























 

白飯とココナッツミルクのマリアージュ、明星『カトンラクサ』を食べてみました。


明星から発売されているカトンラクサ、、
日清カップヌードルのシンガポールラクサとは違うのだろうか?

公式サイトをみて驚いた。
これの正式な商品名って「明星 シンガポールシーフードリパブリック カトンラクサ」というのだ。なんじゃ、長いなしかもカタカナばっかだ。


P6050186

調味油付き。

P6050188


P6050189

続きを読む
カスタム検索
広告
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
某弱小メーカーに勤めるエンジニアです。趣味はB級グルメを中心とした食べ歩き&電子工作。その他、読書、コミック、ダイエットにも興味があります。昨年に生まれて初めて経験した痔の痛みが未だにトラウマとなっています(泣)
ギャラリー
  • デミたまメンチカツ丼とん汁(小)
  • デミたまメンチカツ丼とん汁(小)
  • デミたまメンチカツ丼とん汁(小)
  • デミたまメンチカツ丼とん汁(小)
  • デミたまメンチカツ丼とん汁(小)
  • デミたまメンチカツ丼とん汁(小)
  • すき家のモーニングセット
  • すき家のモーニングセット
  • すき家のモーニングセット
  • すき家のモーニングセット
  • すき家のモーニングセット
  • すき家のモーニングセット
  • すき家のモーニングセット
  • バクテーうどん、ミニ豚しゃぶ丼
  • バクテーうどん、ミニ豚しゃぶ丼
  • バクテーうどん、ミニ豚しゃぶ丼
鎮痛・解熱