僕と磁石と乾電池

断捨離中毒。焼そばおいしい。

2016年12月

ようこそ!
ブログ版『僕と磁石と乾電池』です。
ネット上では《猫なーめん》と名乗っていますが、どちらかといえば犬派です。

《猫なーめん》の由来は某ラーメン店店員さんの言い間違い(汗。
⇒詳しくはブログ内の参考記事をどうぞ!

食べログのレビュアーに登録しました。
マイページはこちら⇒http://tabelog.com/rvwr/nekofile/
食べログのブログランキングにも登録してみました。
ぽちっと、よろしくお願いします。
食べログ グルメブログランキング

年越し牛丼なんていかがっすか♪


いよいよ、新たな年明けが迫ってきたわけですが・・・

牛丼が食べたいっす!

画像は、1週間ほど前に、すき家で食べた牛丼大盛り。。
地元だと、松屋どころか吉野家すらない。

(ノд・。) グスン

image


いつものように、紅生姜をてんこ盛りにして、久しぶりの牛丼ということで素の味を味わってみようと、卵をのせずにガツガツと。。

image

牛丼チェーンの中では、もっとも、お世話になっている「すき家」。
吉野家や松屋など、他の牛丼チェーンと比べて濃いめな味付けメシが進むんだよ。

かつて、学生の頃に先輩から「すき家にはツユダクなんていらねえ!ツユダクしたけりゃ、吉野家にいけよ」なんて言われたっけなあ。などと、古い思い出が胸の奥から込み上げてきた。

ちなみに、この時の僕が食べていたのは、牛丼大盛りのツユダクであった・・・。


image


ツユダクは吉野家の食べ方だなんて言ったってさ。それはトッピング無しで食べるときであって・・・
玉子をトッピングするならば、ツユダクにしたほうが美味しいよね!

半分ほどを素で楽しんだところで卵を投入。
ドンブリの底に残ったツユと卵が合わさり最高の味わいになる。


image


ごちそうさん。
来年もよろしく。

image


さて、暇だから、
続いて年越しそばの話をしようじゃないか。

今年の年越し蕎麦は、「緑のたぬき」と悩みに悩んだ結果、コイツに決めた。

日清
貫禄の逸品 揚げ玉そば

これが好きなんですよ。
日清から低価格帯で発売されているバリュー系商品で、実勢価格が100円未満というのが嬉しい。
それにバケツ型容器に入って、麺量90グラムというボリュームにも惹かれている。

PC250547

カップに入れられている小袋が粉末スープのみというシンプルさもいい。
その他の具は麺の下に入り込んでしまって見えないが、揚げ玉とネギが少々入っている。

PC250548

ハイハイハイハイ、確かに具は貧弱です。
そんなもん、自分で工夫すればいいのです。

僕の場合、、
麺の上に粉末スープを出したら、熱湯を注いでスープを溶かす。

PC250549


スープを溶かしたならば、お湯を注ぐのをストップ!


PC250550


生卵を入れてと。
卵を温めるようにお湯注ぐ

PC250553

フタをしたら3分で完成さ。


PC250557

関東風の出汁と醤油の利いた、ドッシリとした味わいのツユ。


PC250558

田舎蕎麦が想起させられる表面にザラつきある麺。やや、ゴワっとした食感で、江戸東京風の蕎麦好きからしたら反感を買いそうなものなのだが、とりあえず理屈抜きでうまいのだ。
この麺が出汁ツユと香りをグイグイと持ち上げてきて、口の中で一体となる。

PC250560

卵は絶対に入れようぜ!

PC250562

 

缶詰の『さばの味噌煮』で猫まんま



今日の猫まんまは、コイツだい!

PA201303

マルハの月花ブランドの『さばみそ煮』缶詰で猫まんま。
もうね、、なにもいうことがない。

「新カテゴリーとして、『猫まんま』っていいよな」なんて考えているのだけれど、問題は書くことがないというか。。

「熱いゴハンに鰹節をのっけて醤油をタラタラ~して食うと、むちゃくちゃにうまい」って、文章を読んだってビンボー臭いだけじゃん。食べたひとにしかわからないじゃん。。


PA201304

うむ、、ときどきというか、かなりの頻度で僕はコイツを食べているけれど・・・
ここだけの話にして欲しい。
他にいって言わないで欲しい。

PA201309

ゴハンの上に、サバの味噌煮の缶詰の中身をドカッとのせたら、ぐちゃぐちゃに混ぜながら食う。

PA201310

すっげー、
うめーよー!


PA201311


実は。。『なか卯 鶏塩うどん』



年末年始のブログ更新計画がガタガタに・・・

いいわけをさせて頂くと、
ちょっとした思い付きで、ブログとは無関係に、千葉県南房総を放浪中・・・

旅立ちの朝、食べたのが「なか卯」の鶏塩うどん、こだわり卵付き。

image

年内に、これだけは食べておかねばと思ったのです。続きを読む

ボンカレーゴールド辛口 年明けカレーバージョン!


数年前から『年明けうどん』というのが話題になっているのだが、『年明けカレー』というのはできないものかと考えたのであります。

『年明けうどん』というのは、白いうどんに赤いトッピングをのせると紅白で縁起がいいというのであるから、とりあえず赤いものをということで、『ボンカレーゴールド』の辛口。

赤い箱に入っているじゃないですか?

PB290017


でも、食べるときには、箱から出してしまうから意味がないかな・・・

というわけで、赤いトッピングを探そう。。













これだ!!

赤ウインナー!
電子レンジに入れたら破裂したぜ。

PB290022




PB290023




PB290024





PB290031


PB290035




PB290037


この記事をアップしてしまうと、本番の『年明けカレー』を前にネタバレしてしまうような。。


PB290040

 

明治『銀座カリー辛口KINKEI BRAND』


うまいレトルトカレーは値段が高い。。そこそこの値段のヤツはソコソコなうまさ。

なんだかレトルトカレーに対する偏見を持っていたことに気づいて、ちょっぴり反省中。

そこそこな値段でも、うまいレトルトカレーは存在するぞ!

これ、近所の食品スーパーで180円くらいで買ってきたんだけど、なんだか高級感があってうまいねえ。

明治の『銀座カリー辛口』、KINKEI BRAND(金鶏ブランド)というのかな?

PB300063


レトルト温め中。
フライパンを使うと、少ない水で、あっというまに温まる。フライパンって便利だよなあ。

PB300065

レトルトから皿に盛り付けると、煮崩れて正体不明になった具が一杯なカレー
・・・画像のまんまですみません。

うーん、、家カレーに例えるならば、4日目から5日目に相当する煮込まれ加減ではないだろうか?

PB300067

カレーソースの粘度も高めで、スプーンを傾けても、すぐには落ず、ワンテンポおいてボテっと落ちる感じ。

PB300070

口に入れると、ビーフ出汁の濃厚な旨味と具材を元にした自然な甘味が下の上に広がる。
スパイシーさは控えめで、全体的にはマイルドな印象。
洋風カレーのようで、ちょっと、ちがうような味わい。
ブイヨンの旨味を生かしたコクのある味わいというのが、僕の洋風カレーに対するイメージなんだが、もっと素材がストレートに生かされた素朴な味わいというか。。。

うまく説明できないから、このネタはボツにしてしまいたいというか・・・。

ホテルの昼食ビュッフェで食べたことのあるカレーというよりも、もっと大衆的な味わい。

銀座カリーというけれど、
僕のイメージだと・・・浅草。。
レストランというよりも、街中の洋食屋のカレーって感じだ。

そうそう、浅草のちょっと寂れた場所にある老舗洋食屋さんで、800円くらいで出てきそうな味わいのカレーなのである。なぜか、ほっとして郷愁に駆られるような。


PB300071

ゴハンとの相性もいいな。
少量のカレーでも、ゴハンをたくさん食べられそうなんだけど、
お皿に盛ったゴハンの真ん中から、ドバっとかけて贅沢に食べて欲しいカレーです。

PB300072



PB300074



松屋のハンバーグカレーを食べ納め


年末の帰省やらで忙しくなる前に、これだけは食べておかなきゃだお!

実家は都内なんだけど、、
都内なのに、松屋がないから・・・
東京都内なのに、地元に吉野家なんてないから・・・
東京なのに、すき家なんてないから・・・

(/TДT)/

どこにゆこうかと迷いまくって、松屋!

松屋といえばカレー!
そして松屋といえば、ハンバーグ!!

最近は、出先でカレーが食べたくなったら松屋を探すから、
以前みたいにココイチやC&Cとか入らないから。

最近じゃ、出先でハンバーグが食べたくなってもガストとか入らないから。松屋さがすから。。

image


カレーには味噌汁ぜったい!!

和出汁の利いた松屋の味噌汁と、スパイシーでコクのある松屋のカレーを交互に口に含むと美味すぎて、脳内で謎の物質が分泌されるような気がしてきた。


image


続きを読む

ネギと大根おろしで猫まんま



PB280333



PB280334



PB280336



PB280335



PB280339



PB280340



PB280341



PB290010

明治『男の絶品 旨辛カレー』



『男の…カレー』シリーズとして、赤い箱と黒い箱の商品が売られていたが、今回は赤い箱に入った『男の絶品旨辛カレー スパイシー辛口』を食べてみることにした。

PB160634

ローストガーリックとマカが入っているところが『男の…カレー』の所以ということだろうか。

PB160636

ライスを盛った皿にレトルトの中身を移して盛りつけてみると、光の加減によっては赤みがかって見える不思議な色合いのカレーが姿を現した。
ラー油的な調味料でも含まれているせいだろうか、表面が明かりを反射してテカテカとしている。

PB160640

ややトロミが強めだろうか、スプーンを傾けると、ワンテンポ遅れたタイミングでユッタリとと落ちてゆく。

PB160645


カレーを口に入れるとまず、強めな甘味を感じた。僕にとってはマイナスポイント。ちょっと甘過ぎないかと原材料を確認すると、含有する調味料の上位に砂糖があることがわかった。タマネギなどの材料を由来とした甘味ではなく、砂糖を使った強引な甘味ではちょっとな…

PB160646


甘味の後にはニンニクとスパイスの香りが立ち上がってくる。このニンニクの香りは、かなり強めであって、人と会う前には控えたほうがいいようなレベルである。

PB160647


甘味が強く利かされているせいか、食べ始めには辛味がほんのり程度しか感じられないのだが、食べ進むうちにジワジワと口の中が熱くなってくる。食べ終わる頃にはかなりの辛さを感じていた。 それでも、なんとか飲み物なしでも食べきるけとができた。
…ってか、このカレーは、絶対に飲み物なしで最後まで食べきるべき!
食後のアイスコーヒーをブラックで飲んだら美味かったぞ!食後のアイスコーヒーの為にあると言い切ってしまっても過言ではない!

PB160648

 

日清のどん兵衛『年明けうどん 昆布だし梅うどん』


今年も売ってた。
日清のどん兵衛、年明けうどん。

去年も食べたけど、印象はイマイチだった。でも、イベントもんだってことで再食してみることにしました。

blog.livedoor.jp


ネタにして、いろいろ遊び倒した思い出も。。

blog.livedoor.jp


PC210476

続きを読む

ネギとオカカでシンプルで激うまな猫まんま



ネギとオカカの猫まんま
PB280327



PB280328



PB280329



PB280331



PB280332

ローソンストア100のオリジナルレトルトカレー『甘辛カレー』が予想を上回る驚きのうまさ


ローソン系の100円ショップ、ローソンストア100のオリジナルブランド『VL(バリューライン)』のレトルトカレー『甘辛カレー』の辛口を食べてみることにしたのですよ。

PB250178



最初はあまく、後から辛い驚きのカレー …なんだと、、
なんとなく、安っぽい洋風カレーの味わいを思い浮かべてしまうのですが…。

PB250177


ライスと一緒に皿に盛り付けてみると、
洋風カレーらしからぬ黄色いカレー。
なんとなく、もったりとした印象をうけるビジュアル。洋風カレーというよりも、日本食堂や定食屋で出されそう。

PB250182


アップで見ても、モッタリしている。
あまり詳しくないのですが、こんなカレーを膜張りカレーというのかな。

PB250184


100円のレトルトカレーとしては具が豊富

PB250186


どんなもんだろ…
恐る恐るスプーンを口に運ぶと、、
確かに甘い。だか、ニンニク風味の不穏な甘さ…
いや、
食材の旨味を伴うクドクドしさのない自然な甘味を感じた。
甘味の後からジリジリとした辛味がやってくるのと同時にスパイスの爽やかな香りが広がる。
「なんだこりゃ」と、思わず声に出しそうになる不思議な味わいだけど、これは間違いなくうまい。
100円という価格から安っぽい洋風カレーを想像していたのであるが、ポジティブな意味あいで裏切られ、さらに、斜め上方を取られた気分。。

PB250188



PB250190


PB250194


 

さっさと食ってしまおう。日清のごんぶと『年明け鶏白湯うどん』


年明け、うっどーん!
なんで年明け前に食べちゃうのかな~と思った方もいらっしゃるかと。。

でもさ、年明けてから食べたって、年明けうどん選びの参考にしてもらえないでしょ?

・・・・

うーん・・・
たぶん、どうでもいい話なんだけど、外装の表記をみたら、

日清のごんぶと『鶏白湯年明けうどん』だと思うはずだと思うんですよ。

ちょっと、下の画像を見てもらえますか。

PC240521

ねっ?
でもさ、、
記事をアップする前に、公式サイトをチェックしてみてよかった。

メーカーの公式サイトを参照してみると、、

 酉年の年明けを彩る年明け鶏白湯うどん!!
 のどごしの良い生タイプうどんを、来年の干支である「酉」にちなんでぜいたくなうまみが感じられる鶏白湯スープに合わせました。「寿かまぼこ」と「花形かまぼこ」が華やかなおめでたい一品です。  希望小売価格 270円 (税別)
 

正式には、年明け鶏白湯うどん!!なんだぜ。

希望小売価格は270円、
僕は、258円で買ったから、ちょっぴり得した気分。
200円を超える価格ということで、購入するかをめちゃくちゃ悩んだけれど。。

フタを開けようとしたら、いきなり湯切り口が出てきて驚いてしまった。
あわてて作り方の説明を読んだら、全部はがせということであった。

こんな風になっていたのか。

まるで米研ぎボールのような、、

PC240522


小袋を取り出すと、袋入り麺(うどん)が。
破裂防止のために、袋の端に切れめを入れたら電子レンジ(500w)で90秒の加熱。

電子レンジを使ったので、カップの湯切り機能は全く必要としなかった。

PC240523


麺の前に取り出した小袋3つ。
「かやく」「粉末スープ」「調味オイル」であった。

PC240524


電子レンジで温めた麺(うどん)の上に、「粉末スープ」と「かやく」を出したら熱湯を注ぐだけで完成。
あっ、調味オイルを入れるのを忘れずに!

麺(うどん)を別途に温めてあるので待ち時間なし!


PC240525


うーん・・・
正直、見ためから「なんだかコレジャナイ」、「なんかヘンダヨ」みたいな感想が浮かんできた。

関西出身の友人は、関東風で色の濃いツユに抵抗を感じるというが、、

関東風の黒いツユは、うどんの白さを際立たせるのだよ。

それなのに、こいつの場合、鶏白湯の白が、うどんの白さと一緒になって、

うどんの存在感が薄れてしまっているではないか!

主役の「うどん」さんが困っているぞ、スープ出しゃばんな。。

うまそうに見えない。

日清は、なんだか最近、狙いすぎじゃね!

それに、白湯に隠れて赤いのがよく見えないじゃん。
年明けうどんというのは、白いうどんに赤い物を合わせると紅白で縁起がいいねえってヤツなの。

ぶつぶつ、独りごちながら器に顔を近づけると、ふわっと柑橘系の香りが。。

んんん?なっだっけな?これ?

PC240527

ツユ(スープ)を口に含むと・・・
ああ、そうか、柚子かあ。

ミルキーでコクのあるツユ(スープ)に柚子の香りが加わることで、いっきに和の雰囲気が高まる。
さらに、後口が爽やかに感じられる。

永福町大勝軒の流れを汲むラーメン店で、煮干醤油のスープに柚子を合わせたのは何度か食べているけど、鶏白湯に柚子もいいですね。

ほっこりして、なんだか気持ちが暖かくなったような気がした。
少し前まで、ぶつぶつ独りごちていた自分を反省した。

PC240528

ごんぶと・・・お高いから滅多に買わないけれど、やっぱ麺がうまいよなあ。

ツルッとして、モッチリとコシがある。

似ているし、百円くらいで売っているからって、シマダヤの長持ち麺ばかり食っている場合じゃねえよ。




PC240529


シマダヤの長持ち麺もオススメさ。

シマダヤ 「長持ち麺」たぬきうどん 187g



近日の公開予定記事

1食100円のレトルトカレーで一番うまいやつを調べる!

これから注文するんだけど・・・

ハインツ ビーフカレー辛口200g×10袋



S&B ホテル・シェフ仕様 特製ビーフカレー辛口 4個P




セブンイレブンの『さばの塩焼』をほぐして猫まんま(take2)



昨日に続いて、セブンイレブンで買ってきた「さばの塩焼」で猫まんまをいただこうと。
やっぱ、こういうのがうまいんだよな。理屈ではなく本能がうまいと叫ぶ!一度食べると、すぐに、再び食べたくなってしまう。


PA131141


どんぶりに軽くゴハンを盛ったら、刻み海苔をパラりとふりかけて、海苔の上からマヨネーズをお好みで。
さらに醤油をチョロチョロたらす。


PA131139

電子レンジで温めた、『さばの塩焼』をほぐす。
もうねえ、この時点で、たまらず、おなかがグーグーとなっていたんよ。

PA131142



先ほどのドンブリの上からバサーっ!

PA131144

わっし、わっし、まぶして。

PA131145


ばばばー
3秒くらいで食い終わってしまう。

食べ終えて何もいうことがないくらいウマすぎる。

ハウス『プロクオリティ レストラン品質の濃厚ソース仕立てビーフカレー』


4袋パックで、実売価格が400円未満・・・1食あたりが約100円のレトルトカレー。少し前からスーパーで見かけることはあっても、絶対に自分から手を出すことはないだろうと思っていた。

以前からありましたよね?
格安で売られているけれど、どことなく得体のしれないレトルトカレーって。。
なんどか買ってみたことはあるけれど、不味くて食えたものではなかった。レトルト独特の香りと酸味に、ざらりとした舌触りでボンヤリとした旨みと辛さ・・・
もう、二度と買うもんかと。

ハチ食品のメガ盛カレーは、ときどき食べていたけれど、それ以外だと、ちょっと無理してLEEを買っていた。

うーん、、
とあるニュースサイトにて絶賛されているのをみかけて、興味がわいたので買ってきた。それで軽い気持ちで、なんの期待もなく食べてみたのですが、安いレトルトカレーに対する見方が大きく変わったよ!

こいつは、うまい。レトルトカレーの進化は侮れないぜ!

rocketnews24.com



たしか、4袋入りで税別で400円弱、300円台で買ってきた。
1食で約100円。Amazonにもあったけれど、いつも利用しているスーパーのほうが安かった。
ちなみに、他のスーパーなんかでも価格を調べてみたけれども、いまのところの最高値は、やっぱりAmazonである。

PB260237


PB260238


1食ぶんのレトルトパウチを袋から取り出したところ。
内容量は、170グラムで、ボンカレーの180グラムよりも少し少ない。


PB260240
PB260243


ご飯と一緒に、皿に盛り付けてみると、カレーの中には全く具が見当たらない。
この価格だと、こんなもんかな・・・と。

PB260244

スプーンで掬ってみても、やはり具は見当たらない。トロリとしたユルめな粘度で具のないカレー。

ふむ・・・このレトルトカレーを食べながら、カレーにおける3つの攻撃力と戦法について考えてしまった。
パンチ:うまみ、コク
破壊力:辛さ、スパイシーさ
有効射程距離:香り

ここまでは、有効射程距離は控えめであることがわかった。インド風カレーのように、レトルトから皿に出した時に広がるスパイシーな香りは控えめであり、洋食のデミグラスソースを想起するような甘い香りがする。
好みで、市販されているスパイスやガラムマサラを加えてみたら面白いだろう。

PB260247


うむっ、パンチはあるぞ!一撃の破壊力はないが、懐に飛び込み、コツコツと急所を叩いて相手をパンチに酔わせる。

まずね、ほんのりとした酸味と甘味を感じて、そこから濃厚なビーフの旨みが立ち上がってくるんだよ。辛さは控えめなんだけれど、食べ進むに従って口の中が熱くなってくる。
この道に入って数十年の洋食料理の職人が手間を惜しまずに作り上げたような高級感を感じさせる味わい。

ガツガツと食べ終えて、大満足で、ふぅーっと長い溜め息がでそうな。

うまいねえ。

これって、ロケットニュースにも書いてあったけれど、カツとか揚げ物と合わせたらおいしいんじゃないかな。
残りのレトルトで試してみたいと思う。


PB260251

PB260254



PB210012




 

パクチーが苦手なヤツには拷問レベル!ぺヤングやきそば『パクチーマックス』


発売日をダイヤリーの予定欄に記入するくらい楽しみにしていたんですよ。

発売日である12月9日の夕方には入手してましたから。。
それから、入手した30分後には食べ終えてましたから。
その30分後には、追加で2個買ってきましたから。。

こりゃ、パクチー好きには、たまんねえ~、でも、パクチーが苦手なヤツには拷問レベルだよ。
数ヶ月前の僕だったら、香りを嗅いだだけでも意識がフリーズしてしまっていたことだろう。

PC190437

数ヶ月前、年内にはパクチーへの苦手意識を克服してやろうと一念発起してから、、
ほぼ毎日のようにパクチーに関する食品を食べ続けた。

子供の頃、祖母から身に叩き込まれた『嫌いな食べ物』の克服方法である。

祖母の前じゃ、絶対に食べ物の好き嫌いなんて口に出せなかった!

納豆が嫌いだといえば、食卓にドンブリ納豆単品どーん!

ある夏の日、朝飯で、味噌汁の具に入っていたナスが嫌いだと口にしたら、その日から朝昼夜の3食がナス尽くし。
翌年の夏には庭でナスの栽培まで始める徹底ぶり・・・。

そういえば、子供の頃に父親がたまに買ってくるレバ刺しや生肉が大嫌いだったのだが、祖母に聞くと、祖母もレバ刺しを食べたことがないということだったので、、、
「バアちゃん、レバ刺しって、すっごい気持ち悪くてマズイんだよ!」って・・・。

翌日の晩には食卓にレバ刺しがあったのには驚いた・・・さすがに毎食は出されなかったけど、ときどき出るようになった。

あと、生のタラコとか、明太子などの魚卵とか、、

子供の頃、嫌いだったのを強引に克服させられた食べ物が、今になってみるとどれも大好物になっているのが不思議。。

ほんと、現在の大好物を思い浮かべてみると、どれも子供の頃には大嫌いだったものばかり。
唯一変わらずに好きなものといえば、カレーライスくらいだろうか。

ここで、僕がオススメするパクチー嫌い克服法を書いてみよう。

まずな、カップヌードルのトムヤムクンヌードルとシンガポールラクサを食べるとき、パクチーの存在に意識を集中して食べてみる。
次が、カルディーのパクチーポテトチップスを買い占めて毎日たべる。
コンビニサラダを食べるときには、付属のドレッシングを使わず、パクチー系のドレッシングを使う。

あと、生のパクチーを買ってきて、薬だと思って朝晩に葉っぱを1枚かじる。少し慣れたら、コンビニのサラダに混入させてみる。

とにかく、毎日、パクチーを口にし続けるのです。

それで、あるとき気が付くとパクチーが無いと物足りなくなっていることに気が付くのです。
僕の場合、パクチードレッシングを切らしたときでした。付属していたドレッシングで食べたら物足りねえの。

ドレッシングに関して、最近になって不満が爆発しそうなのが、松屋なんだけど。。
なんで、「ごま」と「フレンチ」しかないのかなあ?
パクチードレッシングのニーズに気が付いてないんじゃないの?ちょっと不勉強なんじゃない?

お気に入りを持ち込んじゃいたいよ。


アジアンテーブル かけるパクチー 75g【楽天24】[アジアンテーブル パクチー(香菜)]


かけパクはおいしいよ。
7回もリピートしている。

PC190438


さぁ~って、前置きが長くなったので、いい加減に実食レビューに行ってみっか。


PC190439



続きを読む
カスタム検索
広告
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
某弱小メーカーに勤めるエンジニアです。趣味はB級グルメを中心とした食べ歩き&電子工作。その他、読書、コミック、ダイエットにも興味があります。昨年に生まれて初めて経験した痔の痛みが未だにトラウマとなっています(泣)
ギャラリー
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • マヨキムチ牛丼こそがトッピング牛丼の真髄なのである。
  • マヨキムチ牛丼こそがトッピング牛丼の真髄なのである。
鎮痛・解熱