僕と磁石と乾電池

断捨離中毒。焼そばおいしい。

2018年03月

ようこそ!
ブログ版『僕と磁石と乾電池』です。
ネット上では《猫なーめん》と名乗っていますが、どちらかといえば犬派です。

《猫なーめん》の由来は某ラーメン店店員さんの言い間違い(汗。
⇒詳しくはブログ内の参考記事をどうぞ!

食べログのレビュアーに登録しました。
マイページはこちら⇒http://tabelog.com/rvwr/nekofile/
食べログのブログランキングにも登録してみました。
ぽちっと、よろしくお願いします。
食べログ グルメブログランキング

これは本当に焼鳥なのか?エバラやきとりのたれ 

エバラといえば、超大ロングセラーな焼き肉のタレである。

…がっ、ちょっとした手違いにより“やきとりのたれ”だった。


20180311_183354597

しょうがないので、“やきとり”作ろう。

20180311_183406847

じゅ~、じゅじゅじゅ~

20180311_184344241

タレをからめるように、じゅじゅ~

20180311_184429748

ふと、いつもの疑問が頭に浮かぶ…
これは“焼き”ではなく“炒め”ではないのか。

正しい“焼き”というのは、直火もしくは炭火で焼くことであって、油を敷いたフライパンの場合は“炒め”ではないのか…

大衆中華に“肉野菜炒め”という定番メニューが存在するのであるが、この“肉野菜炒め”から野菜を除いたものを“焼き肉”とよんでよいのか。もしも、“肉野菜炒め”から野菜を除いたものを“焼き肉”とよんでしまったならば、“野菜炒め”の立場はどうなってしまうのだ。

“肉野菜炒め”から肉を除いたものを“野菜炒め”と呼ぶのであるから、野菜のない“肉野菜炒め”は“肉炒め”と呼ぶべきではないのか?


20180311_185121939

鶏もも肉のタレ炒め

20180311_185747731

厚切りポークステーキ定食@松屋


僕らの食卓、松屋から3月20日に発売された『厚切りポークステーキ定食~柑橘風味のBBQソースがけ~』を食べてきたのである。

公式サイトによれば、

   旨みが凝縮された分厚い熟成チルド豚ロースに、フルーツのさわやかな酸味と甘味が決め手の特製バーべキューソースをたっぷりかけた「厚切りポークステーキ定食」は、今までにない松屋の新作です!

ふむふむ。


20180324_084055080 

サービス期間により、ライスの大盛増量が無料であった。

20180324_084109078

うーん、
見事にというか、うっかりと、ライスの大盛と、公式サイトの情報にのせられて注文してしまってから思い出したのであるが、僕の場合、松屋の豚肉にポジティブな印象が乏しい。

牛やチキンと比べると、味わいがイマイチなのだと…

20180324_084104022

うん、まあ、いただきましょう。

まずは、いつものようにフレンチドレッシングをかけたサラダからムシャムシャと噛み締める。程好い酸味に胃が刺激され、食欲が増してくるのがわかる。

20180324_084209275

ここで思い出して、紅生姜を添える。

20180324_084347640

まずは小さめな塊の豚肉を口に入れて噛み締めてみた。


ん、んー!
サクリとした程好い歯触り、肉々しさ。噛む度にジューシーな旨味が口に広がる。

あ、うまい。
いい感じに予想が裏切られた。

まったく期待していなかったこともあってか、驚きがうまさを倍増させているようだ。



20180324_084241048

甘辛な味わいのソースもいい。ゴハンの消費が捗りまくる。捗り過ぎだ!


20180324_084443303

ゴハンとオカズの消費ペースを慎重に計算しつつ食べ進め、気づけば残りの豚肉が2欠片に。

ここで、フィニッシュに向けたフェーズへと行動を移すことにした。

20180324_084720694

残ったゴハンに肉をのっけてと。

20180324_084806221


皿を持ち上げで、肉の上から残ったソースをたらす。


20180324_084829235

ザクザクと混ぜ合わせる。

20180324_084930400

うほほぉ~
無心になって掻き込む!うまっ!

のりコロから明太弁当の大盛にカレー南蛮スープ


オリジン弁当の“のりコロから明太弁当”である!
こいつは、まるで夢のような弁当である。
しかも大盛としてもらった。

20180324_115953779

“のりコロから”というのは、“コロッケ”と“からあげ”と“のり弁当”の略である。

20180324_120105053

しかも、海苔の下には僕の大好物である明太子が仕込まれているのである!

20180324_120155335

そして、作り置きしておいたカレー南蛮スープ。
カレー南蛮スープとは、カレー南蛮の“うどん”抜きスープのことであり、ここに“うどん”を入れるだけで“カレー南蛮うどん”となる優れものである。
先日の記事で書いた“和っカレースープ”との違いは、具に長ネギが入っていること。

20180324_120258454

むっちゃ、うまい。

20180324_120356495
20180324_121051420
20180324_121138926
20180324_121054015






牛丼大盛


なんだか外食離れが顕著になりつつある。
しかし、米を炊くのがめんどくせえ~

…ってわけで、弁当をテイクアウトする頻度が増えて行く。

この日は、仕事帰りに近所の“すき家”へと寄ったのであるが、店内の奥にあるテーブル席にはママ友さんグループと思われる女性が5人と小さな子供達がいた。

なんだか嫌な予感しかしなかった。

「お持ち帰りですか~」
「はい」
「少々お待ち下さい」

女性店員さんのワンオペであった。

まず、カウンター席に座った二人の男性客へと注文した品が提供されて…

その後、ママ友グループの元へと店員さんが向かった。

(うわ、これから注文を取るのかよ…)

店員さんが注文を取りに来て、メニューを手に取るママ友さん達。。

「ねえ、何を注文するぅ~」
「えっとぉ~」

うわ、さっきからペチャクチャとお喋りしている間に注文を決めていなかったのかよ…

僕は、時計を見て、注文が完了するまでの時間を計測開始した。

計測結果は17分であった。

普通、すき家で17分もあったら食事を終えて帰っている様な時間である。

おまえら、もう来るな!とまでは言わないが、ちょっとは効率を考えて欲しかった。

そんなわけで、牛丼の大盛である。

20180325_075905014

唐辛子をバサバサ

20180325_075924220

小分けにして冷凍ストックしてあった“和っカレースープ”と一緒に頂いた。

20180325_080102521

“和っカレースープ”とは、カレーソースをメンツユとカツオ風味の顆粒出汁でのばした汁物である。うどんを入れればカレーうどんになる優れものである。

20180325_080109172

うま。

20180325_080319148

焼肉弁当


あからさまな手抜きの続く今日この頃…

忙しくてブログを書く時間がないというわけでもなくって、

最近になって、とても興味深いことを見つけてしまったのだよ。

さて、本日は…というか、本日も、“ほっともっと”でテイクアウトした弁当なのである。

インドアな傾向に、どんどん拍車がかかって休日も家にとじ込もって作業に没頭する日々なのである。

焼き肉弁当

20180315_174943010

“ほっともっと”の焼き肉弁当はコチュジャン付き。


20180315_174959923

うにゅ。

20180315_175058368

付け合わせ、
それにしても毎回のように思うのだが、ちょびっとだけ添えられてくるポテトサラダはなんなのだ。味わう以前に量が少な過ぎて全く印象に残らない。

20180315_175105069

メインの焼き肉は、安心安定の味わい。
タマネギのシャキシャキとした絶妙な炒め加減がよかったぞ。
“ほっともっと”ビギナーは、焼き肉弁当を食べれば失敗ないと思うぞ。

20180315_175109860


おまけ

ブログを手抜きしても、趣味のカレー作りは怠ってはいない。

…いやスマン、思い切り手抜きしているかもしれない。
鶏モモ肉とタマネギを炒めて、冷凍ミックスベジタブルと一緒にコトコトと煮込んだところに市販のルゥを入れただけ。

仕上げに、ガラムマサラと乾燥パセリを振りかければ完成。

20180315_185513238
20180315_185703123


ミックスベジタブルのカレーライス


やっぱ、ミックスベジタブルのカレーがうまい。

実質の調理時間は10分

20180313_051905537
20180313_051932106
20180313_052114369
20180313_051955621
20180313_052536158
20180313_051923453

『ほっともっと』の『さばの塩焼き弁当』はスペシャルなチョイの飲みアイテム



さばの塩焼き、ちくわ天、唐揚げ

…なんだぜ!

“おかず”のみをテイクアウトして宅飲みに最適。

あのな…今日はな。

心の汚れてしまった大人には読めない魔法のフォント?
おしゃけ飲んで心を純粋に洗い流すと文字が浮かび上がってくる……かも?

20180309_174231738





20180309_174300399




20180309_174319560





20180309_174347659




20180309_174352613



20180309_181627980

味染み角煮ラーメン@セブンイレブン


週の前半を風邪でダウンしていたせいで、あっという間に週末です。

わーい、憧れの週休5日制を体験してしまったぞ。

さて、仕事帰り晩酌のツマミを求めて立ち寄ったセブンイレブンで、チルドコーナーの端っこにポツーンと取り残されているのを見つけて買ってきた。
これは、人気で売れ行きが好調で、残った一つなのか、それとも不人気で端に追いやられていたものなのかの判断が着きにくい。

『味染み角煮ラーメン』
商品名には、そそられるものの見た目が茶色1色でイマイチ花がない…

20180324_050105310

我が家の古い電子の500W設定で約7分加熱。

うーん…やはり、色合いがイマイチだ。チンゲン菜が萎びて緑がくすんでしまっているのが悲しい。

20180324_050205546

容器の底に箸を突っ込み、麺を引き出そうとしたら、ボコっという感じで塊の状態で持ち上がってきた。

う…


とりあえず、ほぐす…


20180324_050258905

若干のび気味な中華麺に、
ほんのりと甘味のある醤油スープ…

普通に美味しいけれど、
“このラーメンを出している店は、都心ならば3ヶ月で潰れるに違いない”という確信が胸の奥から沸き上がってくるのであった。

20180324_050421149

この角煮は、どこかで食べたことがあるような気がする。チルドパックの角煮ではないのが…同じくセブンイレブンで売っているよね。

20180324_050531293

角煮ラーメンは微妙だったけど、
レバニラは、うまい!

20180323_182656851

セブンイレブンの『おつまみカニカマ』


こんなもんか!うまそうじゃねえか!

ロケットニュース24の記事を読み、いてもたってもいられずに…

カニカマが大好き過ぎる。
本物のカニなんかより好きだったりする。ほんと、本物のカニを食べてしまうと、興奮のあまりに味がわからないという事態に陥ってしまう。

僕だって、これまでに何度かはホンモノのカニくらいは食べたことがある。でもさ、カニの味って記憶に残らないんだよね…

その点、カニカマはいいよねえ~
安心、安定のうまさ。

さっそく買ってきたべ。
正式な商品名は『からしマヨネーズであえたおつまみカニカマ』という。

20180322_182412452

からしマヨネーズに和えられたカニカマ、試しに小さな塊を口に入れて噛み締めてみた。

からしマヨネーズの刺激は控えめで、まったりとしたコクが感じられる。それにカニカマは高級なタイプが使用されている。いつもの、馴染みの棒状で縦に裂けるタイプではなく、身が複雑に絡み合うように成形されている。それにカニらしき香りも強く、また、噛み締めるほどに甘味が強く感じられる。

これは贅沢品である。

20180322_182440813

からしマヨネーズもいいのだが、晩酌のアテにするのであれば、もっと好いものがある。

それは、“わさび醤油マヨネーズ”である。
こいつは、カニカマだけでなく、“ちくわ”、“かまぼこ”といった練り物全般と相性が宜しい。
いつもは、前出の安いカニカマをほぐしたものを、マヨネーズで和えたところに“わさび”を添えて醤油をちょろっとたらすのが定番となっている。“ちくわ”を使う場合には、3ミリから5ミリの幅で輪切りにするのが好い。

今日は、高級なカニカマを使用したセブンイレブンの『おつまみカニカマ』である。美味しくないはずがない。

チューブの“わさび”をのせたところに、チョロチョロと醤油をたらす。“カニカマ”に“わさび”を和えるようにして食べてみた。

20180322_182548352

予想していた通りだ。
いや、予想していた以上のうまさだ。僕は、こいつを『おつまみカニカマを越えた、やみつきカニカマ』と名付けることにした。

うまい!うまいぞ!

20180322_182638187


カレー南蛮と味噌ラーメンと大雪と。


なんだったのだ昨日の大雪はっ!

3月21日、春分の日の祝日といつことで、ゆっくりと起き出して、風邪のせいで本調子とまではゆかないが、景気づけに昼飯でも食いにゆくかと思ったら…

窓の外は大雪じゃねえかよ、

外食どころか、外出しようという気持ちすら湧いてきません。

こんな日は、家に引きこもって味噌ラーメン。
マルちゃんの『肉わんたん』を入れてみました。
20180321_132127973

ベースは“日清のラーメン屋さん”シリーズの“札幌みそ味”をチョイスしてみた。
粉末の味噌スープで味は、まさに、「サッポロ一番のみそラーメンをしちゃいましたかあ~」といった感じ。嫌いじゃないぜ、むしろ大好きだ!

“日清のラーメン屋さん”シリーズの特徴といえば、もっちりムチムチな麺。こいつとサッポロ一番みそラーメンライクでチープなスープの組合せがたまんねえ!

“日清のラーメン屋さん”シリーズの袋即席麺が好きで、かつては頻繁にリピートしていたのだが、ラ王シリーズの袋即席麺が登場して以来、ほとんど見かけることがなくなってしまい残念に思っている。


20180321_132207442

そして日が暮れて…

こんな冷え込みの厳しい日には、熱々のカレーうどんが食べたい!
冷蔵庫にストックされている食材と調味料を確認して“いけるぞ”と判断して調理をスタート。

しかし…

20180321_173953936

調理行程の7割が進んだところで、

いや、あとは“冷凍うどん”を温めて投入するだけの完成間際になって…

“うどん”がない。

そうだ、何日か前、空腹で深夜に目を覚ましたときに食べてしまったのだ。

「へへ~ん、うどんに麺ツユなんていらねえのさあ~」とかいいながら、鰹節とネギをどっさりとのっけて醤油をドボドボかけて、ストックしてあった4玉を全て食べてしまったのだ。


どうすれば、いいんだ!?

20180322_045836091

ごはん投入、
カレー南蛮雑炊。

20180322_045934842
20180322_050010640

天才的にうまい。

20180322_050048500

なると。

20180322_050356720

意外なうまさ?チャーハン@ほっともっと


なんだか中途半端な季節に風邪を拗らせるとか、ほんとウンザリするよな。
いや、以前にもあったような…花粉症でもないのに『これが花粉症ってヤツか!』と意味のない花粉症の薬を飲みながらグダグダしていたら風邪だったとか。

もう大丈夫!復活したぞ。

…でも、だる~い、カラダが重~い、とかいいながら、なんとく“ほっともっと”に行ってみたら新商品を見つけてしまった。

なんか、わかんないけど、“気がつけば日高屋にいる”と同じように、最近は気がつけば“ほっともっと”にいたりするのだ。

その新商品とは!チャーハンである。

20180319_102551072

明らかにレトルトなカレー弁当を販売している“ほっともっと”のチャーハン…そこはかとなく悪い予感がするのだが、いや悪い予感しかしない。

たぶん電子レンジでチンするだけの冷凍チャーハンじゃねえの?

なんてことを思いつつも、好奇心に抗えずに注文してしまった。

しかし、その後、ポジティブな方向で予想を裏切る出来事が起きたのである。

厨房から、かちゃかちゃかちゃ、と何かをかき混ぜるような音が聞こえてから少しして、じゃじゃーという炒め音が聞こえてきたのだ。

もしかして、チャーハンを炒めているのか?

そっと覗きこもうとしたのだが、棚が邪魔で作業を確認することができなかったけど、前客が注文したのは“のり弁当”であって炒め物とは関係ないはずだ。

商品を受け取った後は、思い切り自転車を漕いで帰宅。袋の中を確認すると香ばしい~、出来立てチャーハンの香りだ。

20180319_102554935

チャーハンの上には、“からあげ”がのっていたのが嬉しかった。

さっそく、プラスプーンでチャーハンを頬張ると、米が油を吸って絶妙の炒め加減で香ばしい。程よくしっとり、下手したら日高屋よりうまいんじゃねえの。

20180319_102622976

チャーハンのお供に、カップの味噌汁。具は“なめこ”

20180319_103104752

これは、しばらく週3くらいの勢いで食べてみようと考えている。

20180319_102702514

もっと!野菜「海鮮中華あんかけごはん」 


鼻水がズルズル、喉がイガイガ、

うぅ…なんだか調子悪ぅ~

これって、もしかして…

遂に、この僕も花粉症デビュー? 

…なんて思っていたのです。

ぜんぜん違ったよ、これは明らかに風邪じゃねえか!

熱っぼいしさ、

そんなわけで、野菜を摂ってビタミン栄養補給するのである。

ローソンのチルド弁当『もっと!野菜』シリーズから『海鮮中華あんかけごはん』を食べてみた。

具材が豊富で美味しかったような気がする。

いや…熱で舌がバカになって味がわからなかった。風邪が治って味覚が復活したら、絶対にまた食べてみたい。

水分補給をしたのて暖かくして寝ます。

20180317_094410972
20180317_094550959
20180317_094636396
20180317_094711302
20180317_094730565

おれの豚汁と親子丼

風邪ひいたみたいな…なんだか、ぼぉ~っとしながらの更新でごぜえます。



「えっと、親子丼ください。」

「ご一緒に、豚汁はいかがですか?」

「いりません。」

なぜなら、どっさりと作った豚汁が家にあるからさ。

20180318_105008821

ふと、ときおり味気なさが漂いがちなテイクアウトの弁当であっても、自家製の豚汁や具だくさんの味噌汁と合わせれば、ちゃんとした食事をした気分になれるのだ。

“ほっともっと”の親子丼。
正式な商品名は『極うま親子丼』
それに自家製の豚汁スナップエンドウ入り。

20180318_103508591


20180318_103512449

ふむ、タマゴがフワトロな絶妙の火入れ加減。

20180318_103849471

多めなツユがゴハンに染み込みサイコー!


20180318_104154171
20180318_105204741


もっと!野菜『ネバネバごはん』@ローソン


20180317_085448265
20180317_085503327


ローソンのチルド弁当『もっと!野菜』シリーズから発売された『ネバネバごはん』を食べたのです。
正式には、
1食分の野菜が摂れる青じそとたっぷりオクラのネバネバごはん(もち麦)
と長い。


うーん、それにしても、“もっと!野菜”といいながら、“1食分の野菜が摂れる”って、1食で1食分の野菜って当たり前ではないのかな… なんて、じんわりと問い詰めたくなりますが、含まれる食材の数が豊富なところが凄い。

なんと!

20180317_085454295


オクラ
モロヘイヤ
ほうれん草人参和え
納豆(別添)
めかぶ
たけのこ
たくあん
蒸し鶏
赤かえでのり
味付青じそ

色とりどり。

20180317_085725582

納豆がないじゃん、と思ったら小袋タイプの納豆なんてあったのですね。

20180317_085703570

納豆もトッピングしてタレをかけ、軽く混ぜ合わせてと、

20180317_085847849

ざくっと混ぜたら、ごはんにぶっかけてっと、
そういえば、お供に温かい汁物が欲しいと思い、

20180317_090000146

電気ケトルからカップ味噌汁に湯を注ぐ、このときは長ネギの味噌汁。牛丼屋の味噌汁よりも美味しかったりするのだ。


20180317_090202550

ずずっと熱い味噌汁を口に含んだら、ネバネバごはんをガツガツと掻き込んでゆく。

サクサク、シャキシャキ、むちもち、咀嚼のたびに様々な食感が感じられる。美味しいだけじゃなく、なんだか楽しくなる味わい。

これは僕が好きなヤツだな。

20180317_090220160

おまけ。

初めてスナップエンドウというのを買ってきた。
たぶん、季節外れの枝豆だろうという認識だったのだが、帰宅後に観察してみると明らかに枝豆とは様子が異なる。枝豆というよりもキヌサヤに近いような。
さて、どのように調理したら良いものか、ここでネットに頼るのは癪にさわる…

とりあえず、砂肝と一緒に太白ゴマ油で炒めて塩コショウで味付けしてみた。砂肝は、ある程度まで火を通してからキッチンハサミで食べやすくカット。

うっまい、スナップエンドウって、ほんのりと甘味があってうまい。砂肝はコリコリサクッ。

これはハマりそうだな。

20180317_185740762

はむえっぐどん~ほっともっとBIGのり弁当


ハムエッグ丼
長年の自炊経験と、その場のフィーリングから産み出された至高の逸品。

いつものハムエッグ丼に、激辛のラー油で和えた刻みネギを添えて、ステーキしょうゆ(にんにく風味)をかけて食べたら美味しかったです。

これはリピート確実なレシピ!
オススメだよ!

20180216_194024014

我ながら酷い、大概にしとけと…

すまん、週末恒例となった朝寝坊である。昼頃に再更新とも考えたのであるが、これから野暮用があって都内に向かわなければならないのだ。
明日は、ちゃんとやるから勘弁してくれ!

それと、本日の記事で絶対に伝えたかったことがある。

昨日、“ほっともっと”で“BIGのり弁当(コロッケ)”というのを買ってきたのだが…

20180316_173530957

“BIGのり弁当(コロッケ)”というのは、通常の“のり弁当”のゴハン増量に加え、白身魚フライの代わりにコロッケがのり、さらに目玉焼きとハムがのった豪華な弁当なのだ。

わーい、わーい、

…だが、僕が本当に伝えたいことは、“とっても豪華で嬉しいなあ”なんて話ではなくて、

のり弁にマヨ?

20180316_173503303

オウ、オウオウオウオウ、オイッ!

先日の記事で書いた“しょうが焼き”にマヨネーズでも驚かされたが、“のり弁当”にマヨネーズってのは、あんまりにもじゃねえのかい。

“のり弁当”には、タルタルソースというのが古から守られてきた大切な決まりごとであってさあ。気軽に侵して赦される問題じゃないんですってば。

20180316_173506808

まったく、けしからんなあ

20180316_173649278

好奇心に抗えずに、マヨネーズで“のり弁当”を食べちゃったよ。

“あり”か“なし”でいったら“あり”だな…
カスタム検索
広告
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
某弱小メーカーに勤めるエンジニアです。趣味はB級グルメを中心とした食べ歩き&電子工作。その他、読書、コミック、ダイエットにも興味があります。昨年に生まれて初めて経験した痔の痛みが未だにトラウマとなっています(泣)
ギャラリー
  • みんな仲良くカツカレー(竹) #かつや
  • みんな仲良くカツカレー(竹) #かつや
  • みんな仲良くカツカレー(竹) #かつや
  • すき家の麻辣スパイス2倍で牛あいがけカレー
  • すき家の麻辣スパイス2倍で牛あいがけカレー
  • すき家の麻辣スパイス2倍で牛あいがけカレー
  • すき家の麻辣スパイス2倍で牛あいがけカレー
  • すき家の麻辣スパイス2倍で牛あいがけカレー
  • すき家の麻辣スパイス2倍で牛あいがけカレー
  • すき家の麻辣スパイス2倍で牛あいがけカレー
  • すき家の麻辣スパイス2倍で牛あいがけカレー
  • すき家の麻辣スパイス2倍で牛あいがけカレー
  • あぶり明太マヨシビ牛丼  #すき家でシビカラレシピ
  • あぶり明太マヨシビ牛丼  #すき家でシビカラレシピ
  • あぶり明太マヨシビ牛丼  #すき家でシビカラレシピ
  • あぶり明太マヨシビ牛丼  #すき家でシビカラレシピ
鎮痛・解熱