僕と磁石と乾電池

断捨離中毒。焼そばおいしい。

2018年06月

ようこそ!
ブログ版『僕と磁石と乾電池』です。
ネット上では《猫なーめん》と名乗っていますが、どちらかといえば犬派です。

《猫なーめん》の由来は某ラーメン店店員さんの言い間違い(汗。
⇒詳しくはブログ内の参考記事をどうぞ!

食べログのレビュアーに登録しました。
マイページはこちら⇒http://tabelog.com/rvwr/nekofile/
食べログのブログランキングにも登録してみました。
ぽちっと、よろしくお願いします。
食べログ グルメブログランキング

健康診断で味噌汁の汁を飲むなと言われたから、松屋のキムカル丼特盛に豚汁


■ざくっと4行で分かるあらすじ

豚汁だもんね!
豚汁だから
味噌汁じゃないもん
豚汁なんだからね

■本編

健康診断の問診で言われた一言

「去年よりも血圧が高め!
味噌汁は、具を食べたら汁は飲まないこと!」

納得できねえ!
味噌汁から具と汁をとったら、
そりゃあ、味噌しか残んねえ


IMG_20180623_082105_399

久々に大好きなキムカル丼特盛を食べるために松屋に行ってきたのであるが…
みなさんが御存知の通り、松屋ては店内で食事をする場合には、味噌汁が強制的にサービスされてしまうのである。

IMG_20180623_082144_048

出された味噌汁の具だけを食べて、汁を残すなんてことは、僕には絶対に不可能だ…

そこで、一計案じた結果、あるアイデアに至ったのであった。

味噌汁を豚汁にチェンジすれば…

IMG_20180623_082221_388

豚汁と味噌汁は、似て非なるものである。

だって、僕はいつも豚汁には七味を入れるけど、味噌汁には七味をいれない!
だから、豚汁は味噌汁ではない。

IMG_20180623_082245_640

味噌汁ではない!
大切なのは、味噌汁ではない!と信じ抜く信念なのである。


IMG_20180623_082308_260

いつも通り、キムカル丼はうまい!

IMG_20180623_082333_300

脂とタレの滲みた白飯をワシワシと掻き込めば、美味さを越えた快楽へと至る。

IMG_20180623_082403_076

松屋の豚汁も最高だ。

IMG_20180623_082430_210










厚切りポークソテー定食@松屋

松屋から「厚切りポークソテー定食」が新発売!


IMG_20180628_174610_439


さて、松屋の公式サイトからの情報をチェックしてみよう。

2018年6月26日(火)15時より「厚切りポークソテー定食」を新発売いたします!

 旨みが凝縮された厚切りの熟成チルドポークにスパイシーな粗挽きペッパーとにんにくを使用したガーリック風味の松屋特製シャリアピンソースをたっぷりかけた「厚切りポークソテー定食」は食欲がそそるボリューム満点な逸品です。 


それにしても、少し前に見かけたような既視感が…

当ブログの過去記事を漁ってみたところ、あっという間にヒットしてきたのが、
『厚切りポークステーキ定食』であった。厚切りポークステーキの発売開始が、今年の3月だったから、まだ3ヶ月ちょっとしか経っていないのかあ。

そういえば、厚切りポークステーキでは、豚肉自体の美味しさに感激したことが印象に残っている。

IMG_20180628_175351_548

ポークステーキとポークソテーの違いって?
もしかしてソースが違うってことだけかな。そもそも、僕の知識ではステーキとソテーの違いすら曖昧だったりするのだ。

……

「(うーん、どうすっかな…)」
新メニューが気になって、松屋の前まで来て思わず考え込んでしまった。

食べてみたいが、ダイエットも気になる。

実は来月(2018.7)の中旬に、とあるイベントを控えているもので、健康診断を終えてから数日間のチートデイを挟んでダイエットを再開するつもりだったのだ。

ダイエットの状況は至って順調なんだけど…いや、順調だからこそ、計算外の食事でペースを乱したくないというのがダイエッター心というものだ。

松屋の前に立ち、店頭に飾られたポスターや幟をながめたり、スマホで商品情報を検索したりしながら悩むこと数分!

そうだ!テイクアウトすればいいんだ。一度にドカ食いしないで2回に分ければ、ダイエットへの影響も最小限で済むぞ!

そんな、一人でなんだかんだの、のち、店内に入り、『厚切りポークソテー定食』をテイクアウトして帰宅したのであった。

ちなみに、新発売記念でライス大盛無料期間中ということだった。
ほぼ無意識にライス大盛のアイコンをタップしていたことは反省している。

IMG_20180629_051506_979

松屋のテイクアウトは、他の大手牛丼チェーンと比べて容器が洗練されているというかオシャレな気がしている。
チャンネル登録しているユーチューバーさんが、ときどき松屋からテイクアウトしているのをみている影響だろうか。

まずは血糖値のスパイク防止の為に、サラダを食べて胃に草を敷くのがいつもの習慣。
IMG_20180628_181325

ドレッシングは、これまた、いつものフレンチ。
店内で食事をするときには、ここに紅生姜を添えて酸味を増すのが好きな食べ方なんだけど…紅生姜の小袋を貰ってくるのを忘れてしまった。

IMG_20180628_181350

そしてお待ちかね、
豚肉を一欠片、口に入れて噛みしめる。

IMG_20180629_051818_345

やや強めにニンニクの効いたパンチのある味わい。
口に入れると、タマネギが由来と思われる風味とコクが感じられる。

豚肉は、程よい噛み応え、噛みしめるごとに豚肉の旨味が口の中に溢れるようだ。
やっぱり松屋は肉がうまい!

さすがだ、熟成チルド豚ロース!

IMG_20180629_051918_448

たっぷりとソースをからめた豚肉を味わい、白飯をガツガツと頬張れば、胸の奥から多幸感が溢れ出すうまさ!

たまんねえなあ。


IMG_20180629_052003_435

ガツガツ…ん。
テイクアウト容器の中には、たっぷりのソースが…

こいつは…


IMG_20180629_051857_167

せっかくテイクアウトしてきたのだ。
他の客や店員の目を気にする必要なんてねえんだぜ!
(いつも、そんなに気にしてませんが)

IMG_20180629_052328_360
  
残った肉とソースをライスの上から、
どばーっ!
 
IMG_20180629_052348_836

ざっく、ざっく、


IMG_20180629_052416_201

こいつは、上品な箸使いで食べている場合じゃない!

紅生姜は貰い忘れてきたが、スプーンは貰ってきた。


IMG_20180629_052437_654

こりゃ、気にいったなあ。
発売期間中に、もう一回は食べにゆかなくては。

一度にドカ食いしないで…
2回に分ければ…
そんなこと、食べ始めたらケロッと忘れてしまう美味さであった。

IMG_20180629_052507_856

七品目の中華丼@キッチンオリジン


今月の16 日からキッチンオリジンから『七品目の中華丼』が新発売に!

中華丼好きとしては、
こいつを食べずにいられっかい!


“中華丼が好き”というか、牛丼やカレーにカツ丼などブッカケ、ノッケ飯の全般が大好物。

IMG_20180618_145948_039

七品目の内容は、白菜・人参・青梗菜・きくらげ・豚肉・うずら卵…

うんうん、うずら卵が入っているのは、とっても好感度アップ!

しかし…中華丼といったら、海老やイカなどの魚介も欲しいかな…


IMG_20180618_150041_314

「中華丼ください」

カウンターで注文を済ませたあとで、厨房内を観察していると、調理を担当するオバちゃん店員さんが冷蔵庫の中からカット野菜と思われるビニール袋を取り出して、袋の中身を鍋に移していた!

OH!受注生産!

『もしかして、レトルトかも?』という予想はハズレたのであった。


IMG_20180623_082908_255

完成後には商品を受け取り、イートインスペースの利用も一瞬は考えたが、寄り道することなく最短距離で帰宅した。

そして、どきどきしながらフタを開けた第一印象は、

『具が、おっきいね!』

あと気になったのは、中華餡が白飯へと直にかけられていることだった。これはコンビニや“ほっともっと”の中華丼と比べてなんだけど、コンビニの中華丼は上下に仕切られた2段構造の容器が一般的だし、“ほっともっと”の中華丼は白飯と中華餡が別容器での提供であった。

うーん、
汁気を多く含む中華丼は、時間が経つと飯が汁気をすって食感が重くなってしまう。やはり、中華餡と白飯は別容器で提供して貰えたら嬉しかった。
いや、それよりも…商品を受け取ったら、イートインスペースを利用して時間を置かずに食べるべきだったか。。

IMG_20180623_082949_737

容器の端に紅生姜が添えられていた。
中華丼に紅生姜は珍しいと思ったが、途中で味覚をリセットするのに好い感じで活躍してくれた。考えてみると、中華丼を食べるときに、途中で味変の為に酢をたらすことがあるが、アレと同じだな。中華餡に酸味の相性は抜群なのだ。


IMG_20180623_083020_449

うん、中華丼に『うずら卵』は正義!!

ビックリマーク(!)を2個でも足りないほどに…

正義!!!!!

それにしても、
以前から気になっているのだが、中華丼一杯に『うずら卵』は1個という決まりでもあるのだろうか。バーミヤンであろうが、日高屋だろうが、中華丼に入っている『うずら卵』の数は頑なに1個なのである。たまには、うっかり2個くらい入っていてもいいじゃないかと…

卵好きな僕の希望をいえば、ごろごろと数えきれないほどに『うずら卵』が入った中華丼を食べてみたい。


IMG_20180623_083050_523

そして実食!

う、うまいぞ!
気にいった。

味付け、シャクシャクとした野菜の炒め加減。いずれも最高だ。

やっぱ、うちの婆やの作る料理は、何を食ってもウマイのだ。

僕はいつも、キッチンオリジンの店員を心中で“うちの婆や”と読んでいる。
ちなみに、日高屋は“うちの第一食堂”、松屋は“うちの第二食堂”…、あと、セブンイレブンは“うちの倉庫(冷蔵庫付)”とよんでいる。

IMG_20180623_083119_186
IMG_20180623_083151_811
IMG_20180623_083229_898

おうち蕎麦(流水麺)

■あらすじらしき…

暑い…えっ、梅雨明け?
冷たいお蕎麦が美味しいね。

※手抜きっす。


■本編
ダイソーで蕎麦皿と蕎麦猪口を見つけたので買ってきた。


IMG_20180624_181958
IMG_20180624_182032

蕎麦というのは、日本古来のサプリメントと呼ばれるほどに豊富なミネラルを含む。

白い蕎麦は血圧を下げて、黒い蕎麦は血管を強化するという…

血圧を下げてくれるのは嬉しい。だが、多少は無茶しても耐え抜く強靭な血管も捨て難い。

白と黒、どちらを食べるべきか!
結局は、どちらと決めかねて、どちらも食べようと、ほぼ毎日、蕎麦ばかりを食べている。

水で、ザザッとすすぐだけで食べられる流水麺を重宝している。

あと、乾麺を茹でるときは、パッケージに記載された茹で時間の1.5倍から2倍かけて、茹で過ぎかってくらい茹でる。その代わりに、氷を活用したりして、出来るだけ冷たい水ですすぎ、キリリと〆るとうまいぞ。


IMG_20180624_191310

ツユは試行錯誤した結果、市販の麺ツユに顆粒だしを加えて少し煮詰めたものが、気軽で口に合うことが判明。
そこに小口切りのネギをどっさり加えてラー油をチョロっとたらす。

IMG_20180624_191314

これでツユは完成。

IMG_20180624_191349
IMG_20180624_191354

うまいぞ。

IMG_20180624_191417

夏場の暑い日なんかだと、冷たい炭酸のお酒をガブガブと飲み過ぎてしまったりしがち、そこで考えたのだが、お酒の前に冷たい蕎麦でクールダウンなんていいかも。

IMG_20180624_191421

松屋のオリジナルカレー大盛


さあーって、
健康診断も終わったってことで、

そうそう、健康診断後の一服がウメェのなんのってさあ、これからは、毎年、健康診断前の禁煙を恒例にしようかと思うダメ人間です。

あと、健康診断の前から、たまらなく松屋のオリジナルカレーが食べたくてしょうがなかった。バリバリに禁断症状がでまくりだったぜ!

そんな訳で、松屋にGoGoゴー!

久しぶりにハンバーグカレーにするか、それとも…

ちょっぴり悩んで、オリジナルカレー大盛とソーセージ目玉焼きの食券を購入したのであった。

IMG_20180624_084906_588

以前は、レギュラーメニューに“ソーセージエッグカレー”というのがあって、当時は僕の定番となっていた。
それが、いつの間にかメニューから消えてしまい寂しく思っていたのだが、少し前に券売機を弄り回しているときに“ソーセージ目玉焼”の存在に気がついたのであった。

そうだ、メニューから“ソーセージエッグカレー”は消えてしまったけれど、オリジナルカレーに“ソーセージ目玉焼”をトッピングすればよかったんだ!

IMG_20180624_085023_951

僕が、心中では松屋ブラックと呼んでいる松屋のオリジナルカレー。その濃い褐色のソースは、牛丼屋さんのカレーと信じ難いほどにスパイシーでコクのある味わいであり、かつ、強烈な依存性を秘めているのである。

IMG_20180624_085049_804

そして松屋といえば、店内で食事をするときには必ずついてくる味噌汁。

先日の健康診断における“去年より高い〜”疑惑によって、味噌汁は具だけを食べて汁は飲むなといわれた、忌々しげな味噌汁である。


…… 


禁断の…背徳の味噌汁

ずず…ずずっ

沁み渡るぅ〜

うまあ〜、

背徳感も相俟ってか、いつもの5割増くらいにうまかった。

IMG_20180624_085158_010

さっそく、パクパク…

やっぱ、松屋のオリジナルカレーはうまいわあ。
大手牛丼チェーンの中では飛び抜けている。もう、カレーをメインにしちゃってもいいんじゃないかってくらい。

IMG_20180624_085302_311

おっと、
トッピング画像を撮る前に食べ始めてしまったことに気づき、もしかして自分はグルメブロガーには向いていないのかも…と一瞬の反省のち、再び食べ始める。


IMG_20180624_085335_967

ウインナーうめえ、
パキっとした食感がたまんねえや。

IMG_20180624_085400_413

さらに、スパイシーなカレーと黄身がトロトロな目玉焼きの相性がたまらない。

IMG_20180624_085436_140

…んーんー
言葉になんねえ
(手抜き…)

IMG_20180624_085501_782
 
ふぅ〜

ダイエット明けに大盛は、ちょっとキツかった。
 
IMG_20180624_085527_344

うめえよ〜、
うめえよ〜
(手抜き…)

IMG_20180624_085601_292

お腹がイッパイだから、味噌汁の汁をちょっと残した。
健康診断で言われたからじゃないもんね!

IMG_20180624_085623_703

そういえば、
健康ヲタクというか、健康法ヲタクのヤツって、健康診断で不健康さや問題点を指摘されると妙にイキイキしちゃったりするよね!なんて、以前から、周囲にいる健康法ヲタクを観察しながら思っていた。

ああ、また、サプリを何種類も机に列べてニヤニヤしてるよ…

…なんて、影で噂をしつつも、なんか分かるなあ〜って思っていたりする。

なぜならば、僕自身も健康法ヲタクだったりするから。。。

IMG_20180626_053813_900

お弁当屋さんのラーメン?キッチンオリジンの『濃厚鶏そば』を食べてみた。


■ざくっり分かるあらすじ

前置きが長くなりそうなのを自重できたのが、我が事ながら、とても好かったと思います。



最近は、朝のウォーキング帰りというか、ウォーキング途中でキッチンオリジンのイートインスペースで、まったりのんびり優雅に朝飯というのがお気に入りなのであるが…

いま、キッチンオリジン(オリジン弁当)で最も気になるメニューというのは、ライス単品ではないだろうか。

ライス単品
小ライス108円(税込)
中ライス194 円(税込)
大ライス270円(税込)
各サイズにプラス54円で『のりおかかごはん』にできるのだ。最高ではないか!
また、さらにプラス74円で『のり明太ごはん』にできるなんて、まるで夢のようではないか!

おいおい、ライス増量に“大盛”と“特盛”なんてのまであるみたいだぜ。
IMG_20180624_144537_768

“のり明太ごはん特盛”に、“アジフライ”と“海老とブロッコリーのサラダ”、それに豚汁を付けちゃったりしたら!

たまんねえよなあ。


“のり明太ごはん”プロジェクトは、近いうちにも実行に移すとして、この日のターゲットはテイクアウトがメインなはずの“お弁当屋さんのラーメン”であった。

そして僕が注文したのは『濃厚鶏そば』580円(税込)であった。
テイクアウトも可能とのことであったが、せっかくなので出来たてを熱々のうちにイートインスペースでいただくことにした。

IMG_20180624_152328_728

できあがったら席までお持ちします…とか、なんだか、いつものオリジンとことなる扱いに、若干にオロついてみたりしながら席に座っていると、それほど待たされることもなく、『濃厚鶏そば』をのせたトレイが運ばれてきた。

IMG_20180624_144625_400

おぉ、お弁当屋さんのラーメンらしからぬ本格的なビジュアル。それに、使い捨てのプラ丼での提供だろうと思っていたのだが、予想に反して磁器製の丼ぶりでの提供に本気さが感じられた。


IMG_20180624_144645_759

中心に盛られた柚子皮の鮮やかな黄色が目に映える。
水菜の青に、刻みタマネギの白、メンマの茶色。

スープは見るからに濃厚に白濁し、うっすらと茶褐色に色付いている。

『さて、スープを一口…』と思ったところで気がついたのだが、レンゲがない。
ラーメン専門店ではないのだから、あまり多くを望むのは野暮ってことで、両手で丼ぶりを持ち上げ、縁に口をつけてズズっとすすってスープを口に含んでみた。

『予想した以上に濃厚、OH!へいへい』
若干の獣臭を感じさせながら、舌の上にコッテリと広がる旨味。

天下一品の“こってり”には遥かに及ばないまでも、何年か前に流行った鶏白湯ラーメンと比べれば上位に位置づけされるであろう濃厚な鶏白湯スープである。

食べ進むうちに、口の周りがペトペトしてくる濃厚さ!

なぜ、テイクアウトがメインの弁当屋さんに…と考え込みそうになる。

IMG_20180624_144709_069

麺は、これといった特徴のない中華麺なのだが、そこに濃厚なスープがからんで文句のつけようのないうまさなのである。


IMG_20180624_144729_630

ちょっぴり不満に感じたのは…
コレ、絶対にコショウや豆板醤にニンニクみたいな味変アイテムが欲しくなるよ!
そして、ハマる人間はガンガンのガチにハマりまくると思う。

次回は、味変アイテムを持参するか、それとも素直にテイクアウトしてみようと思う!

ちなみにチャーシューも美味しかったぞ。

IMG_20180624_144750_952


もうすぐ、冷やしの季節だなあ。

IMG_20180624_144559_581

春の健康診断が完了しました。

よっしゃ!
今年の僕は、例年と比較してもかなり頑張った…つもり。

昨年より5キロもダイエットしたし、禁煙したし!

それなのに…
健康診断のなにが嫌かっていうと、最後の問診が嫌でしょうがないんだよ!
僕が頑張ったことに関しては、さも当然といった態度で、なにかしら小さなことを見つけてはネチネチネチネチネチネチと、ネガティブに洗脳しようとしてくる。

今年は、血圧についてであった。

「去年より、血圧が高めですねえ〜
塩辛いものとか、好きなんじゃないの〜
まずは食生活の改善から始めましょう。」

「ラーメンのスープを残さずに飲んでませんかあ。
ラーメンは麺とチャーシューを食べてスープは残して下さい。
味噌汁も具を食べたら汁は残して下さい。」


……先生、えっ?

味噌汁の汁を飲むな、
減塩どころか、味噌汁の汁を飲まずに残せと…

既に味噌汁ですらない。
味噌汁から汁を取ったら、ただの味噌ではないか、いや、それすらも怪しい。

あんまりだ。

「昨年よりも、血圧が、ちょっと高いと言いますが」

僕は反撃へでることにした。

「あの血圧計の精度というのは、どの程度なのでしょうか」

「うんうん、それだと『昨年より、ちょっと高い』は測定誤差の範囲に入るのでは?」

「こんな結果は誤差じゃん、誤差でも、味噌汁の汁を残すんですか」

「ヘー、へー、へーほぉー、へー」


そして現在の僕は、自宅に待機して、Amazonに発注した血圧計が到着するのを待っている。


「血圧計を買って、自分で測って持ってこい!」
と、医者から半ギレで言われてしまったのだ。

僕も黙ってはいられない。
「はあっ!、Amazonで一番イイヤツを買って測るよ!」

ムカつく!

一般的な正常値ぐらいで済ますつもりはない。さらに3歩ほど進めて、

低血圧で貧血寸前、
ヤバイ、血液足りてますか!
ここに、AB型のRH+の患者さんはいらっしゃいますか〜

くらい医者を慌てさせてやるつもりだ。


…っと、ここで終わってしまってもいいのだが、曲がりなりにも食い物系思い出消費ブログとして如何なものかと考えてしまったのであるよ。

それでは、最後に“ウナギの蒲焼もどき”画像を。

IMG_20180617_194505

コイツ、見た目にはウナギの蒲焼なのだが。

IMG_20180617_194728

思わず、ごはんにのっけてウナ丼にしたくなるほど、でも味は明らかに白身魚の練り物なんです。

あの、おでんに入れる“魚河岸揚げ”の味。目を閉じて味わうと、魚河岸揚げとしか思えない美味しさ。

魚河岸揚げが好きならオススメ!

IMG_20180617_212942
IMG_20180617_194323

缶コーヒーが美味しくなってないかな?


数年前から、コンビニに置かれたコーヒーマシーン(?)で気軽に淹れたての美味しいコーヒーが飲めるようになり…

今でも、缶コーヒーなんて飲んでるヤツってバカなの?みたいな風潮がひしひしと感じられるのですがどうなんでしょう。

僕もコンビニの淹れたてドリップコーヒーにはまってしまい、もう何年も缶コーヒーを飲んでなかった。


IMG_20180623_074322_282

先日、仕事の出先にて久しぶりに、缶コーヒーを口にする機会があったのです。

その日、同伴した同僚が喫煙者でして…

僕は禁煙初心者のせいか、喫煙者である同僚が一服しているときに、どの様に過ごすべきかという間が気になってしょうがない。そこで近くにあった自販機でコーヒーのショート缶を買ってみたのです。

プルトップを開けて、口元に飲み口を近づけたときの甘い香り、口に含んだときのコク…

おいおい、いつの間にか缶コーヒー進化してっぞ。
うめえなあ〜

コンビニのドリップコーヒーにだって負けてねえ!

本当だよ。





以上、小ネタですまん。
すっかり予約投稿を済ませたつもりになっていたのが、実は予約投稿どころか全く記事を書いていなかったという現実…ちょっぴり現実逃避しちゃったよ。

てへぺろ。

なんだかヘルシーな昼めし『山椒とラー油のピリッとシビから麻婆豆腐』@バーミヤン

■あらすじ…っぽく

春の健康診断までのラストスパート…
ヘルシーに。

■本編

電子レンジでチンしたお豆腐に、桃屋の食べるラー油をのっけて、山椒をふりかけて…

あっ、麻婆豆腐の味がする!


なんだか麻婆豆腐に飢えた今日この頃。

最近のお気に入りであるバーミヤンに行っても『食べ旅バーミヤンワールドツアーアジア編』からの『山椒とラー油のピリッとシビから麻婆豆腐』である。

卓上に置かれたメニューのままに、オススメの『山椒とラー油のピリッとシビから麻婆豆腐』に餃子・半チャーハンセットを注文してみた。

そして、注文を済ませてから思い出したのだが、以前からメニューに麻婆豆腐があったよね。メニューを確認したら『山椒とラー油のピリッとシビから麻婆豆腐』って、グランドメニューにあるじゃん。フェアとか関係なくない?

まあ、いいや、食べるの初めてだし…

IMG_20180618_073645_983

まず、
セットの3個餃子が運ばれてきてと。


IMG_20180618_073743_329

続いて麻婆豆腐と半チャーハン
わーい、わーい、
心の声)なんか少なくない…

IMG_20180618_073854_007

麻婆豆腐というと、僕の中じゃ、代表的なダイエットメニューという認識。大学時代にボクシング部や柔道部のヤツが減量のとき、例の中華屋で麻婆豆腐を食べているのを頻繁に目撃したものだ。

あと、甘いモノが欲しくなったら限界まで牛乳で嵩増ししたフルーチェだな。



IMG_20180618_074036_448

バーミヤンの麻婆豆腐だけど、辛さはほどほどで、これといった特徴もなく、
まあ、ファミレスらしく、万人受けするような味わいだね。

でも、あと、ちょっと辛さというか刺激が欲しいかな…と思っていたところに、店員さんが少し慌てた様子で山椒の小瓶を持ってきてくれた。

たっぷり、ふりかけてと、

うっまあ。

IMG_20180618_074102_620

バーミヤンの餃子は、汁がたっぷり。

うまあ。
 
IMG_20180618_074130_441

半チャーハン…小さい。
自分で注文しておいてアレだが、ダイエット中の女子大生かよっ!と、ツッコミを入れたくなる。
一般的な成人男性ならばフルサイズでも余裕で食べ切れるだろう。

なんだかんだと言っても、うっまあ。

 
IMG_20180618_074158_044

食後、
一時間くらいで腹が減ってしまい、ローソンの海苔弁を食べた。

“ほっともっと”の『おろしチキン竜田弁当』の食レポでもするつもりだったけど


“ほっともっと”の『おろしチキン竜田弁当』がリニューアルしたってよ。


IMG_20180618_144706_443

 
まず、ちょっと気になることを。

まさかと思いながら、『大阪、買占め』でネット検索してみたら…

やっぱり、そうなるか、と。

大阪北部で今月の18日に発生した地震の影響より、被災地域のスーパーやコンビニにおいて食料品や飲料水などの大量買いや買占めが発生しているらしい。

東日本大震災の後、直接的な被災の影響はなかったのだが、僕の暮らす横浜でも、食料品などの買占めに悩まされたことをおぼえている。

大好物の納豆が入荷すると聞いて、会社の帰りにコンビニへとよると…
食品棚はガラーンとしていて何もない。
あまりにも棚が殺風景なので、お花くらいは飾っておけよ、と店長に話かけると、トラックの到着と同時に押し掛けたババアが買い占めていったのだと。

さらに、その、コンビニの店長によると、
「買占めは止めてもらいたいけど、
『次は関東、こっちにくるかも!!』
なんていいながら、ヒステリックになってて止められない。完全に目がイッちゃった。怖かった。」
ということだった。

今度は、南海トラフ地震の噂なんかもあって、不安になるのも分かるけど…

なんだかな…

備えるにしても、コンビニの弁当や菓子パンなど日保ちしない食品の買い占めは違うよね。

コンビニ店長によると、大量の食料を買い占めていたのは、たぶん一般家庭の主婦と思われる年配の女性ということだったのだが、大量の納豆や卵に弁当オニギリを買い占めてたって食べ切れるはずがない。近所に配っても捌ききれないだろう。

実際、家庭ゴミ収集日の朝、袋に入ったままの菓子パンが大量に廃棄されているのを目撃した。

不安になる気持ちもわかるけど、周りの迷惑も考えて自重しようぜ。

そして話を『おろしチキン竜田弁当』に戻してと。
健康診断に向けて、コンディション調整もラストスパートってところなんだが、キッチンオリジンと“ほっともっと”で弁当のテイクアウトばかりをローテーションして全く自炊をしていない。

友人曰く、
インスタントやコンビニ飯が続くと、なんとなく罪悪感が生じてくるけど、出来たて弁当ならば罪悪感が軽くなるような気がするよね。

たしかに…。

20180619_180755540

チキンが予想を越えてムチムチでジューシーで美味しかった。
“おろし”で、さっぱりも好かったけど、こいつをタルタルソースでビタビタにして食いてえなあ。

20180619_180814413


晩ごはんは、たぶん、おとうふ…




国産うなぎ無双


なにか面白そうで、無双できそうなネタはないものかと探している間にブログを更新する間を逃してしまった。

今日は簡単な記事ですんません。

好奇心がそそられれるネタはいくつもあるのだが、なかなかに絞り込むことができないのだ。  

ところで、コレコレっ!
キッチンオリジンで販売がスタートした“うな重”なんだけど、その価格の設定にビックリしてしまった。


IMG_20180620_062951_179


うな重(中国産うなぎ)が税込980円なのに対して、鹿児島県産うな重が税込2100円って!

国産と中国産とで、価格に倍以上の開きがあるなんて驚くでしょ。

これは…国産うなぎ無双で勇者になるチャンス!

キッチンオリジンで国産と中国産の“うな重”を食べ比べ…ってさあ。

そんな訳で昨日、キッチンオリジンに行ってきました。

でも、いざ、サイフの中身を確認すると冷静になっちゃうよね。

国産うな重と中国産うな重を合わせたら、3000円をオーバーしちゃうんだよ。

無理…

食べ旅バーミヤンワールドツアー・アジア編『海老トムヤムラーメン』

◆4行で、だいたい、なんとなくあらすじ

バーミヤン
トムヤムラーメン
パクチーだ!
予想した以上にパクチーだった。


◆本編

バーミヤンにて、新たなフェアー(メニュー)が始まった。
『世界の美味しいを
バーミヤンで味わう』をキャッチに、
題して『食べ旅バーミヤンワールドツアーアジア編』である。

IMG_20180616_101229_890

今回、僕のターゲットは海老トムヤムラーメンだったのだが、その他のメニューには、

シンガポール風揚げ鶏の海南チャーハン(シンガポール)
山椒とラー油のビリッとシビから赤麻婆豆腐(中国)
肉盛りつけ麺〜ゆず風味〜(日本)
たっぷり野菜の濃厚冷やし坦坦麺(中国)
たっぷり野菜の濃厚坦坦麺
シビッ!からっ!山椒とラー油の坦坦麺

…と、なんだか坦坦麺がダブっているような気もするけど、豊富なメニューが揃っている。

僕が注文したのは、もちろん、
世界3大スープ!海老トムヤムラーメン(タイ)である。

IMG_20180616_101150_000

メニューの説明を読むと、

世界を代表するスープを
ラーメン仕立てにしました。
病みつきになる旨さ、酸っぱさ、辛さをお楽しみ下さい!

だってよ!こいつは期待が高まるってば。

あと、120円でパクチー盛が追加できるようだ。

IMG_20180616_101308_141

注文を終えて、メニューを撮影したり、ドリンクコーナーに水を取りに行ったりしているうちに、それほど待たされることなく運ばれてきた海老トムヤムラーメン。

はやっ、


IMG_20180616_131913_523

一緒に注文したのは、餃子半チャーハンのセット

IMG_20180616_131707_044

そういえば、トムヤムクン好きを自称しているけど、カップヌードルでトムヤムクンヌードルくらいしか食べたことがなかったような…

よっしゃ、恥ずかしながら、これが初のトムヤムクンだぜい。

目の前に丼ぶりが置かれた瞬間から周囲に、酸味を感じさせる香りが感じられる。

IMG_20180616_131746_461

それに、パクチーの特徴的でパンチのある香りも…
パクチー嫌いは、克服したつもりだったけど、口にする前から、この香りは少し厳しいかと不安になるレベル。

レンゲを使ってスープを掬いあげると、どろりとトロミがつけられていることが分かる。

スープを口に含むと、ピリ辛の酸味に濃厚な旨味が感じられる。
うまいわあ〜
そしてパクチーの風味がキツイや…


IMG_20180616_131837_358

尾頭付きの海老が2匹。

IMG_20180616_131953_095

パクチーがどっさり。

IMG_20180616_132024_688

丼ぶりの底に箸を差し入れ、麺を持ち上げようとすると…

どろりとしたスープが麺に絡みまくって、重たい、重たい。麺へのスープのからみが、中華餡がかけられた五目麺どころじゃねえ。
 
IMG_20180616_132106_547

途中、モヤシのシャキシャキの歯ごたえがいいなあ、なんて思いながら食べ進んだ。


IMG_20180616_132144_193

あの、不思議というか、面白いと思ってしまったのだが、食べ始めには、“キツイ”、“ヤバイかも”なんて思ったパクチーの風味が、食べ進むに従って物足りなくなってきた。

もっとパクチー、もっと責めて、もっとパクチりたいんだよ!って感じ。

次回は、確実にパクチー盛(120円)を追加しちゃうんだろうな、と思っている。

IMG_20180616_132308_752

それにしても、麺を主に食べ進めてもスープの減りが早い。麺にスープがからみまくりなんだよ。

実際のトムヤムクンスープも、こんな感じでトロミのあるスープなのかな?
食べてみたい。

IMG_20180616_132216_847

もちろん、スープに餃子を投入するのは恒例ということでと。

IMG_20180616_132248_145

大満足だった。

気にいった。


でこぴんギュギューとグリコ常備用“温めずにおいしく食べられるカレー職人(中辛)”

◆なんとなく4行で分かってしまうあらすじ

スロースリップ(スロー地震)怖い
地震嫌い
地震怖い
食料の備蓄します。

◆本編

東京の下町、地盤が弱く大正の関東大震災では最も被害が大きかったという場所で育ったせいか、子供の頃から防災意識に関する英才教育を受けているのである!
ただ、土地柄から、いろいろ恐ろしいことを聞かされながら育ったせいで、極端な地震嫌いというか、地震恐怖症なんだけどね。


千葉県房総半島沖のスロースリップが怖い。

千葉県房総半島沖でスロースリップが観測され始めたのは、今月の始めである6/3頃からであり、6/8まで続いた。
 防災科学技術研究所のチームは、この群発地震が通常とは異なる地殻変動をとらえているとして、6/11の政府の地震調査委員会で発表した。 その後6/12に千葉県東方沖でM4.9の地震が発生。 地震調査委員会の平田直委員長は、今後より大きな地震がある可能性があるとして注意を呼びかけている。

スロースリップ(スロー地震)というのは、文字通り、地殻に蓄えられた歪み(地震エネルギー)がゆっくり(スロー)と放出される現象である。
イッキに放出されたら大地震になってしまうが、ゆっくりと放出されてくれるのだから、イイんじゃねえの?このまま全部放出しちゃって、とか、ずっと思っていたけど…

これって、僕の勘違いだったらしい。

スロースリップ(スロー地震)というのを“でこぴん”に例えてみよう。

“でこぴん”というのは、ご存知の通り、親指でギューっと抑える時間に比例して破壊力が増してゆく。ここでスロースリップというのは、親指と人差指もしくは中指の力が拮抗して、じりじりプルプルしている状態らしい。このプルプルを堪えるほどに破壊力が…

千葉県房総半島沖のスロースリップ(スロー地震)だって、もしかすると、首都圏で震災級地震の可能性もあるとか?

怖すぎる。

そんなわけで非常用持出しバッグの中身を点検。

カセットガスのボンベ
アルコールバーナー
燃料用アルコール2本
万能ハサミ
ダンボールノコギリ
軍手
食器類と調理器具
ミネラルウォーター
無洗米、缶詰、食料、飴ちゃん、チョコレート、
常備薬etc 

可愛いペットの亀さんフードも忘れずに

あと、もう少し食料の備蓄も買い足しておかなくては。

そんなわけで買ってきた。
グリコの常備用レトルトカレー
『温めずにおいしく食べられるカレー職人(中辛)』
IMG_20180616_120937

さてさて、それでは…


おっと、そうはいかないぜ。
こいつは非常用の備蓄なんだからな。

今回の食レポは無しだ。

参考までに書いておくと、“温めずに”というのがポイントで、油脂分が少なめなのか、あっさりとした味わいで、後味もスッキリとしている。

初めは、なんとなく物足りなさを感じたのだが、家飲みの〆カレーに丁度よくって、僕のお気に入りのレトルトカレーなのだ。

家飲みの〆カレーに、ぴったり…と、非常用備蓄のつもりが、ついつい誘惑に負けてしまい食べてしまって、これまでに何度も買い直しているのだよ。


今度は、ちゃんと備蓄しておくつもり……。

雨が鬱陶しいから引き籠もる!セブンの夏丼『旨辛!豚キムチ丼』を食べた。


◆4行で、だいたい分かるあらすじ

雨が嫌いで鬱陶しい。
なんだか肌寒い。
遠くに行きたくない!
やっぱ豚キムチおいしいね。

◆本編

セブンイレブンから、チルド弁当の新シリーズ“夏丼”として『旨辛!豚キムチ丼』が発売された。
一時期、ほぼ連日で豚キムチばかりを続けた豚キムチ研究家としては非常に興味深く思われたのだが…
たぶん、うちの近所にあるセブンイレブンでは売っていないだろうと思っていた。駅前の繁華街にあるセブンイレブンまで行けばあるんだろうな…とも思っていた。

あのさ、セブンイレブンって店舗によって品揃えが違うよね。
うちの近所、駅から離れた住宅街にあるセブンイレブンと、駅前の繁華街にあるセブンイレブンとでは明らかに品揃えが異なる。特に新商品の入荷に関してである。
ネットで気になる新商品を見つけても、うちの近所のセブンイレブンには、なかなか入荷してこない。それなのに、駅前のセブンイレブンには発売日の初日からサクッと入荷していたりするのだ。

同じセブンイレブンなのに、店舗ごとの差別でもあるのかよ!?

…なんて不満を胸に滾らせながら近所のセブンイレブンに行ったら、しれっと、うふふ、えへへ、おほほ、なにごともなく棚に並べられいた。

一瞬、和風カレーうどんでも買って帰り、

差別!差別よくない!
などとブログに書き殴ってやろうかとヘソ曲がりなことを考えてしまったが、

いや、ここは大人になろう、素直になろう。

僕は、大好き豚キムチ丼!

とっても大好きセブンイレブン!
でも、バイト女子はローソンのほうが可愛いよ(素直な気持ち)。

IMG_20180616_071712_989

旨辛!豚キムチ丼は、他のチルド丼ぶりと同じく、白飯の盛られた容器の上に豚キムチのトレイが嵌め込まれた上下のセパレート構造となっている。

IMG_20180616_071745_587

我が家の古く出力の弱った電子レンジ(500W)で約5分間の加熱後、

アッ、熱い、あちちち

と、いいながらトレイの豚キムチを白飯にぶっかければ準備完了。

いや、ちょっと待てよ

IMG_20180616_071820_254

昨年末あたりから健康に気を使って、コンビニ飯には、必ず茹で玉子を付けることにしているのだ。

卵は栄養バランスのとれた、ほぼ完全食だからね。その卵を最もヘルシーに食べる方法が茹で玉子なのだ。


IMG_20180616_071917_825

そ・し・て…
これだけは絶対に譲ることはできない。
絶対、絶対だ!

僕の豚キムチにはマヨネーズが欠かせない。


IMG_20180616_071951_028

うまい。
この世に、おいしくない豚キムチ丼なんてあるのだろうか、いや、ありえない。

少し汁気が多め、ツユダクな豚キムチ丼である。
ピリ辛な味わいで白飯の消費が捗る。
まだフレッシュなキムチを使っているのだろうか、もっと酸味がでるまで熟成を待ったほうが味わいに深みが出るだろうに。でも、うまい。

IMG_20180616_072027_152

この茹で玉子、
いつもは10個パックで買ってきた卵をまとめて茹でたのを常備しているのだが、たまたま切らしているのを思い出してセブンイレブンで買ってきた。

なかなかに贅沢品の茹で玉子である。2個で146円もするのだ。
僕は以前から、セブンイレブンの“茹で玉子”は世界一美味しい“茹で玉子”ではないのかと思っている。

IMG_20180616_071505_102

この黄金に輝く黄身の断面!
僕だって何度も試行錯誤を繰り返しているのだが、この茹で上がりは滅多に再現することはできない。

豚キムチ丼と絶品な茹で玉子で大満足であった。

IMG_20180616_071539_841

【日高屋と私】初心に帰ろうと、僕は『W餃子定食』を食すことにした。


◆あらすじ

なにかってえと、日高屋ばかりじゃねえか!
脱・日高屋すっぞ!

…なんていいながら、
やっぱり大好き日高屋。

◆本編

さて、なにを食べようかと考えて

……んんん?
…んっ!

そうだ、日高屋といったらアレじゃねえか。

かつて、数年前、まだ日高屋ビギナーだった僕の定番といえば…

IMG_20180610_102235_023


僕にとって、日高屋の原点といえば!

そうだ!初心に帰りW(ダブル)餃子定食を食べよう。


IMG_20180610_104817_737

W餃子定食とは、
ノーマルの6個餃子に対して、餃子がW(×2)の12個も装備されたボリューム満点の定食なのである。


IMG_20180610_104854_057

そして更に1品として、唐揚げ(2個)もしくは韓国キムチが選べるのである。あと、中華スープも付いてくるんだぜ。

僕の定番は唐揚げである。

IMG_20180610_105034_998

まずは、
タレを着けずに食べて〜
それから酢オンリー…
次が酢醤油で、
それからそれから
最後にラー油を足すのがツウな食べ方なんだぜぇ〜

酢と胡椒で食べるのも、まあまあイイんじゃな〜い、

〜なんて、かつての僕は粋がったことを主張しておりました。

…が、いろいろと試して結局は酢醤油にラー油というオーソドックスな食べ方が一番だという結論に至ったのであった。

でも、それでも、後半になると飽きがきてしまうというのがW餃子の宿命であって…そんなときには、タレに醤油や酢をチョイ足しするという地味な味変で乗り切るのである。

IMG_20180610_104951_204

食べ始めには、タレに餃子を2個漬けが基本!

IMG_20180610_105129_905

餃子にタレが染みるのを待ちながら、最初の1個はタレを着けずに食べる。

やっぱ、日高屋の餃子は普通にうまい!!

白飯を頬張ったり、中華スープで口をリセットした後に、2個めの餃子を食べる…と、やっぱタレをつけると普通にムチャうまい!

IMG_20180610_105201_274

W餃子定食には、ライス大盛がデフォルトなのである。

IMG_20180610_105228_297

もちろん、中華スープにも餃子を投入したりする。

店内で餡を皮に包む王将とは異なり、工場(セントラルキッチン)で製造される日高屋の餃子はスープに投入したくらいで皮が開いてしまったりはしないのだ。

IMG_20180610_105323_827

何度も書くけど、タレには餃子を2個漬けが基本!

IMG_20180610_105306_809

餃子のタレにつけた唐揚げも好き。

IMG_20180610_104552_461

ライスの上に餃子をのっけ、皮を破ってライスにまぶして食べるのもいいよなあ。

IMG_20180610_104635_229

僕は、この食べ方を密かに“餃子まぶし食い”と呼んでいる。

IMG_20180610_104722_248

W餃子定食のフィニッシュは、“餃子まぶし食い”の上から中華スープを垂らして食うのが、いつもの定番なのである。

IMG_20180610_104510_909

カスタム検索
広告
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
某弱小メーカーに勤めるエンジニアです。趣味はB級グルメを中心とした食べ歩き&電子工作。その他、読書、コミック、ダイエットにも興味があります。昨年に生まれて初めて経験した痔の痛みが未だにトラウマとなっています(泣)
ギャラリー
  • デミたまメンチカツ丼とん汁(小)
  • デミたまメンチカツ丼とん汁(小)
  • デミたまメンチカツ丼とん汁(小)
  • デミたまメンチカツ丼とん汁(小)
  • デミたまメンチカツ丼とん汁(小)
  • デミたまメンチカツ丼とん汁(小)
  • すき家のモーニングセット
  • すき家のモーニングセット
  • すき家のモーニングセット
  • すき家のモーニングセット
  • すき家のモーニングセット
  • すき家のモーニングセット
  • すき家のモーニングセット
  • バクテーうどん、ミニ豚しゃぶ丼
  • バクテーうどん、ミニ豚しゃぶ丼
  • バクテーうどん、ミニ豚しゃぶ丼
鎮痛・解熱