僕と磁石と乾電池

断捨離中毒。焼そばおいしい。

2019年08月

ようこそ!
ブログ版『僕と磁石と乾電池』です。
ネット上では《猫なーめん》と名乗っていますが、どちらかといえば犬派です。

《猫なーめん》の由来は某ラーメン店店員さんの言い間違い(汗。
⇒詳しくはブログ内の参考記事をどうぞ!

食べログのレビュアーに登録しました。
マイページはこちら⇒http://tabelog.com/rvwr/nekofile/
食べログのブログランキングにも登録してみました。
ぽちっと、よろしくお願いします。
食べログ グルメブログランキング

僕の松屋がバターチキンカレーを…



今日、松屋の券売機の前で、
ガックリと膝から崩れ落ちそうになった。

水曜日の時点で店内から『ごろごろチキンのバターチキンカレー』のポスターが姿を消し、そろそろ販売期間も終了になるのだろうと覚悟はしていたつもりであった。

でも…
券売機の前に立ち、期間限定メニューのページを表示すると、『ごろごろチキンのバターチキンカレー』が見当たらなかった。

え、あれ、あれれ…
見当たらない、

画面の上から一文字ずつ追いかける様に見直したのに、『ごろごろチキンのバターチキンカレー』がなかった。

もう終わったんだ。
元実を受け入れよう。
でもね、
『ごろごろチキンのバターチキンカレー』が発売されてから、オリジナルカレーを食っている客を一度も見かけていないほどの人気メニューなのだ。来年も必ず帰ってくるさ…

でもでも、でもぉ…

でもでも、とか諦めて、松屋オリジナルカレーのカレギュウを食おうぜ!
実は、オリジナルカレーへの離脱症状が出始めて、モヤモヤしていた。味玉もトッピングしちゃうかな。

上記のような自問自答により気持ちを切り替え、カレーのメニューページを開いたのであった。

すると…

2019-08-30-05-10-38

あったよ。
期間限定メニューではなくって、カレーのページにあったんだ。
カレーのページに、僕の『ごろごろチキンのバターチキンカレー』がありました!!!

2019-08-30-05-10-32

あまりの嬉しさにテンションが上がりまくってしまい、ほとんど変わらぬおんなじような画像かスマホのデータにたまってゆくっす!


2019-08-30-05-10-38


味噌汁!

2019-08-30-05-10-56

ライス大盛

2019-08-30-05-11-01

ごろチキ、バタチキ

2019-08-30-05-11-11

ところで…
期間限定から姿を消して、カレーのページにってことは…レギュラーに昇格ってことかな?


2019-08-30-05-11-15

松屋の『お肉どっさりグルメセット』


現在、松屋において期間限定で販売中の『お肉どっさりグルメセット』であるが、“お肉どっさり”なんだなぁ、とは思えるものの…なんだよグルメセットってよ?
ハッキリと書いてしまえば、ネーミングセンスはダメダメではないか。しかし、なんでも20年前に販売していた商品の復刻再販らしいから、当時は“ナウ”な“トレンド”だったのかも。

商品名からは全く予想のつかないグルメセットであるが、ようするに牛皿定食のことである。そういえば現在の松屋にも有りそうでなかったね、牛皿定食。
あ、グルメセットか。

さて、券売機の前で『ごろごろチキンのバターチキンカレー』のアイコンをポチッとしてしまいそうになるのをぐっと堪えて、グルメセットの画面を表示させる。そしてライスは、大盛と特盛への増量が無料とのことで特盛をチョイス。あと、豚汁も欲しいと…

えっ?お金が足りないだと。千円札を入れたのに…
追加料金を投入したら合計で1110円かよ。

2019-08-29-04-59-13

平皿に、コンモリといった感じで盛られた牛めし肉。
なんだろ、なんだか既視感がある。20年も前の松屋のことは知らないが、とあるマイナー系牛丼チェ…、いや失礼いい直そう、某インディーズ系牛丼チェーンで過去に同様の定食を気に入り何度も食べたような記憶がある。もとは松屋のグルメセットだったのか?

スンスン、すーはーすぅーはぁー、
皿に盛られた牛肉に顔を近づけて深呼吸。
うぅ〜んぅっ…熟成チルド牛肉の香ばしさに胸が震える。
あくまでも、僕の個人的な主観として受け止めて欲しい。
松屋、吉野家、すき家。三大牛丼チェーンにおいて、1杯の牛丼の完成度の高さを比較したならば、元祖牛丼チェーンにして日本最古の牛丼チェーンとして吉野家が他を圧倒している。

吉野家に行ったならば、是非とも注文時に“牛丼大盛ツユだくだくたまご2個”とコールして欲しい。
「ザクザク、ズルズル、ズロォロロォ〜」
…神。神が降臨したよ。。
僕のようなもんが気軽に食レポするには神々しく、恐れ多い美味さなのだ。


駄菓子菓子(たがしかし)…肉のカラダをまといし肉欲まみれな僕には、すき家と松屋も捨てがたい。

牛丼の完成度としては吉野家が圧倒しているものの、牛肉の持つ本来の風味と味わいによる肉欲視点では…

吉野家なんて…すき家と松屋の足下にもおよばぬのだ。
機会があれば、是非にも食べ比べて欲しい。




2019-08-29-04-59-29

ここまでに時間を使ってしまった。以下は、さらりと流して、
ライス特盛。
2019-08-29-04-59-43

豚汁

2019-08-29-04-59-34

サラダ。
このところ胡麻ドレッシングにハマっていたけど、再びフレンチドレッシングへと戻ってきた。

2019-08-29-05-00-30

お肉がたっぷりじゃん。
さあ、いただこう。

2019-08-29-05-03-48

それで結局、ライスに肉をのっけて牛めし化してしまうのが性…

2019-08-29-05-04-15

それで…
まさかと思ったのだが、途中で若干、飽きてきた。
元が、ライスにのっけて牛めし化を想定しているせいか、意外と濃いめな味付けなせいだろうか、途中で飽きが来てしまった。
豚汁も買っておいてよかった。

それにしても肉が多いな、残すのは悔しいので次の機会があればタッパーを持参で持ち帰りたいような。

2019-08-29-05-08-53

フィニッシュは、肉とライスがほぼ同量のスペシャル牛めし。

2019-08-29-05-13-17

うーん、肉が並盛の3倍とのことであったが、ほどほどがいいよな。
僕の場合には、普通に牛めし特盛がちょうどいいと思った。


続きを読む

1/2日の野菜!コクと旨味の特製中華丼@セブンイレブン

さて、暑さのピークは越えたのでしょうか。まだ昼間の最高気温にはモヤモヤと気だるい気分にされられるものの、朝夕と晩の暑さは緩み、だいぶ過ごしやすくなったのではなうでしょうか?

そしてコンビニの冷たい麺類も食べ飽きてウンザリ気味な今日この頃です。

はい、本日のネタは、当ブログにて何度も取り上げているセブンイレブンの中華丼です。

何を食べるかと迷ったときの中華丼、あと、ときどきカレー

いや、だいたい迷うことなく手に取っているような気もするけど、大好き!セブンの中華丼!

正式な商品名を書くと長いっ!
ラノベのタイトルかよ、というくらいに長い。

例)俺(勇者)の乳首が魔王を操るジョイスティックになってるんだけど誰にも言えずに魔王城直前の村まで来た。仲間を無駄死にさせたくないから仕方なくすべてを告白する。

『1/2日の野菜!コクと旨味の特製中華丼@セブンイレブン』
ラノベほどじゃないか。

2019-08-25-19-02-51

そして、セブンイレブンに行けば、ほぼ確実に買ってくるのが『味付き半熟ゆでたまご』である。
2個入と1個入の2商品があって、いつも僕が買っているのは2個入のヤツ。
仕事の出先で昼飯を食べるタイミングを逃した時なんかには、昼飯代わりに2個入✕3で6個の“ゆでたまご”をムシャムシャと食べたりしている。

2019-08-25-18-59-51

中華丼へと話を戻す。
いや、その前にセブンのチルド弁当に共通することなのだが、食べる前には絶対にレンチンするんだ。暑いし面倒だからと、温めずに常温で食べるのはお勧めできない。
白飯が、ぼそぼそ、ごわごわ、ごりごり…すっごく不味いのだ。
絶対に温めてから食べような。


電子レンジで温めて、外装のビニールを剥がしフタを開ける。
チルド弁当の容器は上下にセパレートな構成となっていて、上段にあるのはオカズだけである。

2019-08-25-19-33-13

そっと慎重に、
上段の容器を移動させると下段の容器に白飯が姿を現す。
いいか、大切なことだからな。たから、しつこく何度も書くんだ。この白飯は温めないと腹が立つくらいに不味いからな!

2019-08-25-19-33-30


白飯(電子レンジで加熱済)の上に、殻を剥いた『味付き半熟ゆでたまご』を配置する。


2019-08-25-19-37-37

そして、その上からオカズ(中華あんかけ)をドバァ!とぶっかける。

2019-08-25-19-48-13

いつもの僕であれば、あとは無心になってガツガツと貪り食って満足なのだが、ブログのネタとしてアップするには…どうなのよ?
箸先を駆使して、ゆでたまごを半玉に割デコレーションしてみた。
…どうじゃろか?

2019-08-25-19-49-22

どうじゃろか?
僕は、どうでも良くって、ガツガツもしゃもしゃ食う。
最高にうまい。
うめえなあ。

2019-08-25-19-49-45

財布を忘れて松屋…


ほほぉ〜
お肉どっさりグルメセットが20年ぶりに復刻再販ですか、いいなあ…

でもムリだ、諦めよう。
出がけに玄関で、棚の上に置かれた財布を見た記憶があるが、それをポケットに入れた記憶がない。
でも、非常時に備えてポケットに500円硬貨を入れてあるはずだから大丈夫だ。いつもの習慣。お肉どっさり…は無理でも松屋で食事をするには問題はない。

あ、390円しかない。そういえば前日にミネラルウォーターを買うために非常用500円硬貨を使ってしまったのを思い出した。

券売機の前に立ち、朝食メニューを表示させる。
定番朝定食(360円)にするか、選べる小鉢の玉子かけごはん(290円)で、選択肢は2つで…。
おっと、定食ごはん特盛変更(100円)かあ、

よし、決まったぞ!
選べる小鉢の玉子かけごはん(290円)と定食ごはん特盛変更(100円)で2枚の食券を購入したのであった。所持金390円にぴったしだったぜ。

選べる小鉢の玉子かけごはん、定食ごはん特盛。
2019-08-28-05-04-34

うん、
ごはん、味噌汁、生たまご、小鉢
シンプルな日本の朝ごはん。

選べる小鉢は牛小鉢をチョイスした。

2019-08-28-05-04-47

牛小鉢には黒胡麻焙煎七味を振りかける。
そういえば、以前はお洒落な木製の容器で提供されていたのが、いつの間にやら小袋での提供に変わっていたんだよな。それで先日、何袋も大量の黒胡麻焙煎七味を使う客を目撃した。犯人はあいつか、あいつのせいだな!

2019-08-28-05-05-40

味噌汁には七味をちょっぴり。

2019-08-28-05-06-16

そして特盛ごはんに醤油。
グルメエッセイの大家東海林さだお翁が提唱する究極の貧乏メシ『醤油かけごはん』である。
偉大なる先達を目標に、最近は僕も『醤油かけごはん』の研究に励む日々である。

今回は、センター付近にぐるぐると醤油をたらしてみた。そう、お分かりだろうか、センター付近で濃いめに醤油のかかった部分をオカズとして縁に近い白飯を食うのである。
“ごはん”をオカズに“ごはん”を食べる!
これこそが『醤油かけごはん』の真髄なのである。


2019-08-28-05-07-10

焼いていない“焼おにぎり”の味といえばお分かりいただけるだろうか、うまい!なんだか禁断の味がする。
ちょっと欲をだすと、これにマヨネーズを少々とパリッとした焼き海苔なんてあったらパーフェクトなんだが…

はっ、醤油だけで特盛ごはんを四割程食べてしまった。

2019-08-28-05-09-16

そして、『醤油かけごはん』の上に生たまご…
ナニコレ、高級食材かよ、皇室料理かよ!
『醤油かけごはん』に“生たまご”をのっけると、驚きのグレードアップ感。

このギャップが凄えなぁ。
これがよく、ラノベに描かれている『ギャップ萌ぇ〜』というヤツなのだろうか。


2019-08-28-05-10-34

さらに、フィニッシュに向けて『醤油かけごはん玉子かけ』の上から牛小鉢をドバァ。

2019-08-28-05-12-31

…あれ?
なんだろ、牛小鉢をかけた途端に訪れた日常感は。
究極の『醤油かけごはん』を探求していたはずが、いつもの牛めし(牛丼)になった。

でも、390円で、これだけ楽しめたら充分だな。

2019-08-28-05-12-56

松屋のバターチキンカレー


■AM7時35分追記
あらま、予約投稿の設定をミスって本日は2本立てとなっています。
くっそ、いつもネタがないのに…

松屋のバターチキンカレーなんだが、店舗や店員によるのか、2通りの盛り付けがあるよね。
あらかじめライスにカレーがかけられている場合と、別皿にカレーが盛られている場合がある。

下記の画像を参照
IMG_20190827_060631

それで、別皿で盛られてきたときの食べ方が独特であると、無理やりに松屋へと付き合わせた同僚から指摘されてしまったのである。

カレーをちびちびと舐めながらライスをガツガツと頬張る…なんだか貧乏っぽいぞと。

いや、これは以前、頻繁に利用していたお気に入りのカレー屋で磨かれた技であると言い訳しておいた。

そのカレー屋なんだが、注文時に接客をする店員さんから、とある注文を勧められる。
「当店は、どうしてもライスに対してカレーソースが少なめとなってしまいますので、カレーソースのみの大盛かダブルがお勧めです。」
そう、この店の店主はカレーなんかよりも、メシのバク盛りに使命を燃やしていたのだ。それを知る店員が客へと気を使い、カレーのソース増しを勧めていたのだろう。店主は、それを知ってか知らずか、カレーソースを増すと、それに従って…勝手に、許可なく、メシの量を増してゆくのだ!
カレーソースをダブルで注文してしまったら、平皿に山盛りのライスが運ばれてくる。ライスをダブルは注文していない。カレーダブルの意味がないじゃん!

客は皆、最後は卓上に置かれたラッキョウや福神漬けでメシを食べていた。それも間違いじゃない。ただし半分は不正解だ。僕は、スプーンで少量だけ掬ったカレーを口に入れ、スパイスの刺激とソースの旨味とがが舌に広がったところでガツガツとメシを食う。たまに、福神漬けとラッキョウを噛り、まったく余裕だった。

僕は、ひと袋のレトルトカレーで、どれだけのメシが食えるのかというチャレンジに取り組んでいたことがあり、標準サイズのレトルトカレーであれば3合は余裕であった。
あのカレー屋の盛りなんて、ふふふ〜ん、だった。


2019-08-27-05-15-34

またまた、飽きずに松屋で『ごろごろチキンのバターチキンカレー』である。ほぼ毎日のように食べ続け、ときには一日に2回も食べていたりする。

2019-08-27-05-15-52

今回は、カレーが別皿のセパレート盛りであった。
カレーの盛り付けに関して、特にこだわりは無いつもりなのだが、家でカレーを作ったときにはセパレート盛りが多いような気がする。ご飯をたくさん炊いて、お代わりする気マンマンなときにはセパレート盛りがいいんだよな。

2019-08-27-05-16-10

いただきマース。
先ずは、スプーンで少量のカレーを掬い、それを口の中へと、優しく舌の上を転がすように。
うーん、スパイシーさは控えめだが、トマトの酸味にバターによるコクと旨味がたまんねえや。

下の画像では見栄をはっているが、もっともっと少なくていいのだよ。だいたいカレースプーン1杯でドンブリ飯が1杯が基準な。

2019-08-27-05-17-55

舌の上にカレー味が行き渡ったところで、白飯をガツガツと頬張る。味覚に集中。カレーと白飯で、若干だがカレー味に集中を向けると美味しく感じる。

2019-08-27-05-16-02

ときどきチキン!贅沢で豪華なゴチソウ。噛み締めるとジュワッとジューシー、旨味が濃厚。

2019-08-27-05-18-50

さらに白飯をガツガツガツガツガツガツ…
なんて幸せな味わいなんだ。

2019-08-27-05-18-05

ときどき、味噌汁をクピクピと口に含み味わってみる。
うんうん、カレーと味噌汁って意外と相性がいいよね。豚汁を合わせたら…サイコーな気分に飛べるかもしれないな。

2019-08-27-05-20-52

カレーに豚汁かぁ、思い返せば、今までに一度も試してみたことがない。ここまで松屋の定食に入れ込みながら、どうして気づかなかったのか不思議でならない。
ただし、豚汁を合わせるならば、現在の僕がベタベタベチベチペロペロで前のめりに入れ込んでいる『ごろごろチキンのバターチキンカレー』よりもスパイシーな松屋オリジナルカレーではないのか、さらに突き詰めたならば『ごろごろ煮込みチキンカレー』に豚汁でブッ飛びたい。


2019-08-27-05-27-53

そしてライスを食べ終えカレーが残る。
学生時代、当時の彼女からあびせられたフレーズが思考をよぎる。
「お腹イッパイに食べられれば満足なの? 
それって発想が貧しくないかな?
わたしが作ったカレーだってイッパイ食べて欲しいんだよ」

うっせ、うるせえや、
あのとき作ってくれたカレーが、とてもとても美味しくて嬉しくて、嬉しくて、冷凍保存して、毎日、少しづつレンチンして食べていたんだよ!!

2019-08-27-05-28-08

カレーが残った。腹具合は五分目といったところで、まだ同じメニューをお代わりしても余裕でイケるだろう、だが問題は微妙に異なる。残ったカレーをパーフェクトなカタチで味わい締めたいのだ。

追加でライス(大盛)の食券を購入へと走るべきか?
だが、それは、ちょっぴり恥ずかしい。

ここで松屋の経営陣に対しての提案だ!
カレーライス定食を発売しようぜ、
カレーライスをメインにサラダと味噌汁(豚汁)にドンブリメシだ!
まさかと思うが、カレーライスをオカズに食うドンブリメシの美味さを知らねえとはいわせねえぜ。

紅生姜天そば@名代富士そば


ちょいと出先で小腹がすいて…
こんなときは!と『名代富士そば』へと入る。

注文するのは、セットメニューや限定メニューを避けてオーソドックスなレギュラーメニューの汁蕎麦を単品でゆくのが好い。

2019-08-24-08-38-12

でと…
券売機の前で暫し悩んで、『紅生姜天』の食券を購入したのであった。
この『紅生姜天』だが、以前は一部の店舗だけの限定として発売されていた記憶があるのだが、今では、だいたいの店舗で見かけるようになったね。

あと、カレーカツ丼なんか、すぐに消えてゆく色モン的なメニューだと思っていたのが、気がつけば『富士そば』の代表的なメニューになっているようだ。このときも、店頭に『カレーカツ丼フェア』なんてポスターが貼り出されていた。

2019-08-24-08-38-40

それにしても、やっぱり美味いなぁ。

なんか、紅生姜が辛めなヤツになってない?
いいよ、いいよ!


2019-08-24-08-39-13




今日は“松のや”『油淋鶏定食』

おっと、いけない。
うっかりと隣の松屋に入店しそうになりながら、きょうは『とんかつ松のや』なのである。

危うく、また『ごろごろチキンのバターチキンカレー』を食べてしまうところであった。

2019-08-24-06-48-44


本日のターゲットは油淋鶏定食。

2019-08-24-06-59-25

“松のや”って、松屋と経営母体は同じであって、松屋を揚げ物に特化させた業態と考えればオッケーかな?

公式サイトやアプリも、松屋に間借りしている感じだもんね。

でも…
松屋を基準に考えて油断していると、定食のライスが小さくてビックリガックリなんてことになるから気をつけよう。


ガックリ…


2019-08-24-06-59-33

油淋鶏というと、“餃子の王将”の油淋鶏が想起されるのだけれど、“松のや”の油淋鶏はちょっとイメージと違ったなぁ。
“餃子の王将”では、大判の鶏胸肉をカラッと揚げた後に切り分けられているのに対して、“松のや”の場合はゴロンと大ぶりな唐揚げの上からピリ辛で酸味のあるタレがかけられているのだ。

これまでに何度か食べたことのある油淋鶏は全て“餃子の王将”と同様であったので、“松のや”の油淋鶏には、ちょっぴり違和感を覚えてしまった。

2019-08-24-06-59-42

松屋と同じく標準装備の味噌汁。味も松屋と同じだと思ったら違うんだぜ。
前に、松屋と松のやでは豚汁の味が違うと書いた記憶があるのだが、味噌汁も違うのだ。

2019-08-24-06-59-54

まずは、付け合せのサラダから頂こうと思い、卓上に置かれたドレッシングを確認すると、“にんじん”と書かれた容器が目に着いた。
にんじんドレッシングというのかな?取り敢えずかけてみた。
この後で気がついたのだが、唐揚げにたっぷりとかけられている油淋鶏ダレを流用すれば、ドレッシングは要らなかっような気がする。 

2019-08-24-07-00-48

サラダを食べ終えたところで、メインの油淋鶏へと向かう。
うん、いつもの松屋ペースだと、この唐揚げを一個でライスを食べ終えてしまいそうだ。
実際に、とてもライスが捗る味付けなので、かなりセーブしながら食べすすむこととなった。


2019-08-24-07-01-37

唐揚げ2個め…
うーん、ご飯が足りない。

僕が松屋を気に入っている大きな要因が、定食ライスの盛りの良さなのであるが、この辺が受け継がれていないのが寂しい。

2019-08-24-07-03-09

でも美味いなぁ。
このネギがたっぷりな油淋鶏ダレだけでもドンブリ飯が食えそうなくらいだ。


2019-08-24-07-03-15

松屋では、相変わらず『ごろごろチキンの…』ばかりを食べている。

すみれ監修札幌濃厚味噌ラーメン@セブンイレブン


夏の終わりの秋雨前線、いまにも降り出しそうな空模様を気にしながら最寄りのセブンイレブンを訪れる。

『冷やし中華』、それとも『ザル蕎麦』にするかと頭を悩ませる。

ふと、目に付いたのは『すみれ』が監修したチルド麺…

なんだか、美味そうなんだけど、
でも、やっぱりかよ…

『すみれ』というと、何度もカップ麺で商品化されていますが、どれも味噌ばかりなんですよね。


たしかに、味噌ラーメンで有名だから、新横浜ラーメン博物館や店舗にゆくと味噌を食べなきゃ損な気持ちになるのも分かるけど、塩や醤油だって美味いんだよ。オリジナリティが溢れて、他では絶対に食べることが出来ないと思える逸品なのです。

でも買ってきた。
セブンイレブンのチルド麺『すみれ監修札幌濃厚味噌ラーメン』

2019-08-23-17-59-09

このタイプのラーメンって、ちょっと長めに加熱したほうが美味しいよね、なんて調子にのって電子レンジ加熱し過ぎたのか出来上がったらスープが少なめになっていた。

2019-08-23-18-00-28

さて、頂きますか。

うーん…

なんというか…
美味いか不味いか、どっちだ?と聞かれたならば間違いなく美味いと応えるであろう完成度であるのだが、実際に店舗で食べたのと比べるならば、ぎとぎとギラギラとした躍動感というか、『すみれ』らしさが薄いような気がするのだ。
こじんまりと優等生的に纏まっているようで、イマイチ盛り上がりに欠けるような…


2019-08-23-18-01-57



待ち合わせ場所の変更。ここを動きたくない。


本日は野暮用があって早朝からのお出かけ。
うろうろ、キョロキョロ、

2019-08-24-06-48-44 

ふむふむ。

ふぅ、小腹が空きましたが、それよりも汗をかいたせいか喉が渇きましたなぁ。

この季節というか、いつものことながら、
たまに出かけると、なかなか目的地に辿り着けないもんですよね。

このアイスコーヒーはドトールのヤツより、
美味しいかも!

2019-08-24-07-33-11

飲み物ってガブガブと急いで飲むと、すぐ汗になってしまうような気がするよね。

だから、ゆっくり、のんびり味わって飲むことにした。

たぶん約束の時間に遅刻するかもしれないけれど、
割と近くに居たりする。


久しぶりに、ごろチキカレーを食うぞ!


このところ、松屋の『ごろごろチキンのバターチキンカレー』を食べていないような気がすると思って食べに行ってきたのだが…

今さっき、スマホに保管された画像の撮影日をチェックすると、丸一日しか間が開いてなかったりする事実に慄いた。僕の体感だと一週間ぶりくらいだと認識していたんですけど。

どんだけ依存しているんだ。ジャンキーかよ!
ごろチキ依存症かよ!

このままレギュラーメニュー化してくれることを真剣に祈るしかない。販売終了後の『ごろチキロス』を想像しただけで恐ろしくなる。

ごろごろチキンのバターチキンカレー大盛。
2019-08-20-05-00-10

暑い夏場に、熱い味噌汁なんていらねえよ、なんて思うが汗をかいたあとで口にする味噌汁もオツナモノである。

2019-08-20-05-00-19

ああ、
どうして、こんなにも、
ごろごろチキンのバターチキンカレーに魅せられてしまったのだろう。

バターチキンカレーが話題に上がったのって、無印良品のレトルトカレーが切っ掛けだったきがするが、僕はそれ程には魅力を感じなかったのだが。


2019-08-20-05-00-24

いや、無印良品のレトルトカレーと、松屋の『ごろごろチキンのバターチキンカレー』は全くの別もんなのだ。

トマトの酸味をバターの旨味が中和する絶妙なバランス感がたまらない。
 
2019-08-20-05-01-01

…かと思えば、食べ進むうちにカレーが冷めるに従って、トマトの酸味が際立って感じられてくる。これはコレで好い。味わいに深みが増してくるようだ。

とにかく美味いんだよな。

そういえば、松屋の公式通販サイトをみるとトマトカレーが販売されている。夏場の期間限定メニューであるはずのトマトカレーが!!もしかして通年で購入できるのだろうか?
『ごろごろチキンのバターチキンカレー』の店舗販売を終了したあとには、せめて、通販サイトでレトルトとして販売して欲しい。


2019-08-20-05-07-57

冷やしかき揚げそば@いろり庵きらく


客先との打ち合わせに向かう途中で軽く腹ごしらえをと…
こんなときは、軽くサクッと済ませられる立食い蕎麦か牛丼なんかが最適なんだよな。へたに凝った店なんかじゃ、仕事に向かう緊張感が緩むってもんだ。

さっさと食事を済ませたら、駅前のドトールにでも入って、打ち合わせの資料に目を通しておこう。

駅の改札を出て、まず目についた立食い蕎麦店『いろり庵きらく』へ向かい、券売機で食券を購入して店内に入る。
もとは『冷やしたぬき』でも食うかと思っていたのだが、券売機に表示された商品画像を眺めるうちに心変わりして『冷やしかき揚げ』を食べることにした。

2019-08-18-07-04-17

なんか、かき揚げの存在感から華やかに思えて、でも作業工程に飾り気がないというか、大雑把というか。
茹で上げた麺を冷水で〆たのを平皿に盛った上からツユをザバっとかけた上に、かき揚げをドン。刻みネギを添えたら完成。

2019-08-18-07-04-46

ぐいぐいと蕎麦を引き上げ、ズズッと啜る。
うわっ、冷てえなあ。これは明らかに常温の水道水の冷たさじゃない。麺を冷たく〆る為に冷水を用意しているのだろうか。

麺に歯を当てると、ぎゅっと硬くゴツゴツとした食感。なんか今風だけど蕎麦らしくない食感。
元々、大晦日に蕎麦を食べるというには、蕎麦は他の麺類と比べでプツプツと切れやすいことから、その年の不運や不幸を断ち切って新年を迎えると言う意味があったというが、こんなにゴツゴツと歯応えがあったら…

まあ、立食い蕎麦に贅沢をいうほうが野暮ったいよな。

2019-08-18-07-05-11

おう、
刻みネギの下からワサビを発見。ツユに溶いてしまおう。
ワサビを溶いたツユを最後にちびちびと飲み干すのが楽しみなのだ。


2019-08-18-07-05-42

玉ネギがたっぷり入ったかき揚げは、ツユに浸してかじると口の中に甘味が広がる。
美味えなあ。

2019-08-18-07-06-20

隣に座ったオッチャンが、冷やしきつねにかき揚げをトッピングして食べるのチラ見しながら、硬い蕎麦と、なぜか敗北感を噛み締めた昼飯タイムであった。

【お持ち帰り編】うまトマハンバーグ定食@松屋

うまトマ…かあ。
たしか5月に発売された『トマトフォンデュソースのエッグビーフハンバーグ定食』は美味しかったな。

2019-06-29-05-41-07

夏メニューの定番とはいえ、この前、類似な商品が出たばっかな微妙なタイミングで…

今年も復活!うまトマハンバーグ定食。
うーん、、
本当は、『トマトフォンデュソースの…』が出たばかりだったし、そろそろトマトカレーが来るんじゃね?とか期待していたところだったのだが…
まあ、今年は『ごろごろチキンのバターチキンカレー』があるし、まあ、いっかな。

ここは多少強引にでも意識を切り替えてゆこう。
このタイミングで『うまトマハンバーグ』が発売されなかったならば、ひたすらに『ごろごろチキンのバターチキンカレー』を食べ続けることで、我が松屋人生を消費し続けてしまうところであった。
助かった。

さて、定時ダッシュで職場を離脱し、
駅前にある松屋にGoGoGo!

券売機の前に立ち、液晶パネルに表示された店外(お持ち帰り)のアイコンをタップする。

最近になって気になり始めたのだが、松屋ってさ、持ち帰りのほうが店内よりも量が多くないかな。ごろチキカレーだと、持ち帰りにしたほうがカレーの量が多いよね?

あと、ごろチキカレーもだが、松屋のトマト系のメニューって、時間をおいて冷めるうちにトマトの酸味が増して味に深みが出てくるのだ。

そんな、いろいろ諸々な理由により、『うまトマハンバーグ定食』をライス大盛でお持ち帰りしたのであった。

2019-08-20-18-46-55

帰宅後は、出かける前に冷蔵庫に入れて冷やしておいた缶チューハイを取り出し、お気に入りの大きなマグカップに氷をたっぷり入れてトクトクと注ぐ。そしてイッキに、んぐんぐんぐ…ぷふはぁ!うめえ!

さあ、『うまトマハンバーグ』にゆくぜ!
いつも店ではやらない豪快な食べ方をしよう。

ライスの上にハンバーグをのっけ、ソースをドバァっと。スプーンを使ってガツガツと食い進むのだ。


2019-08-20-18-49-03

松屋のハンバーグは、以前よりも肉々しくなったよね。うん。美味しくなった。
あぁ、トマトの酸味が肉の旨味を引き立て、さらに食欲をそそる。それに意外とニンニクの風味が効いている。トマトとニンニクのハーモニーというのだろうか。まさに男心をくすぐるハンバーグだな。


2019-08-20-18-50-42

ぶひぃ〜美味かった。

あ、温玉を使うの忘れてた。。


五目あんかけラーメン@日高屋


冷たい麺モノでも食うかな。
もう少しだけ具体的に書くと、この前も食べた“冷やし中華”っぽいヤツを食べようと思いながら日高屋に入ったのであったが…

強烈に冷房の効いた店内、シャツにしみた汗が急速に冷やされて肌に貼り付いてくる。涼しいというよりも寒い。ここで“冷やし中華”っぽいヤツを食べて、さらにカラダを冷やすのは危険ではないのか。

急遽、予定を変更して温かな麺類を注文することにしたのであった。

寒いときに食べて美味しい麺といえば…
ちょっぴり悩んで『五目あんかけラーメン』を注文することにした。
中華餡がかかっているのでスープが冷め難く、最後まで熱々で頂けるのさ。

2019-08-17-06-54-52

日高屋の『五目あんかけラーメン』は大変にハイグレードな一品なのである。なぜならば、ウズラと海老が入っているのだ。
これで610円なのだ。この価格帯だとウズラと海老の両方が入っているのは希なことだ。これに対抗できるとすれば、バーミヤンの五目麺くらいであろう。

2019-08-17-06-55-52

まずはスープから味わう。
うん、熱々だ。あっさりとした醤油ベースのスープに中華餡の旨味とコクが加わり、それにホンノリとした甘味が感じられる。

2019-08-17-06-55-08

麺は、いつものヤツだ。表面に透明感のあるツルモチ多加水麺。やや平打の中太麺が使われている。
近頃、流行りのラーメン屋さんでは全く見かけることがなくなったタイプの麺であるが、役所の食堂や学食などではときどき見かけるタイプの麺だな。あと、スーパーなどの生麺コーナーに売っていそうな気がする。


2019-08-17-06-56-10

途中、卓上の調味料、コショウ、酢、ラー油で味変を楽しむのが好い。

2019-08-17-06-58-20

ちなみに、ウズラと海老は最後まで楽しみに残して置くのが僕の流儀である。

2019-08-17-06-56-24

そして、ごちそうさまーと店を出た途端に滝のような汗が噴き出すのであった。
素直に冷やし麺を食べるべきだったのか?


冷やしたぬきそば@名代富士そば(町田)


久々にJR横浜駅の周辺を訪れたのだが、お気に入りのラーメン屋が閉店してしまっていたりと…まあ、これも時の流れってヤツだよな。

元は家系ラーメンから始めて、ラーメンを主とした食べ歩きを趣味にしていたのだが、ラーメン屋って移り変わりが早いというか、テレビや雑誌に取り上げられるような人気店であっても一年とか半年後には閑古鳥が鳴いていたりとか閉店していたりとか…

今じゃ、流行りや人気の新店を追いかけるよりも安定のチェーン店が落ち着くとか思うようになってしまった。

うん、ここは相変わらずだな。変わんねえなあ。
さてと、蕎麦でも手繰ってくかい。

IMG_20190817_083832_284

そうそう、夏の“富士そば”といったら『冷やしたぬき』だよな。
店内に入って直ぐにある券売機で食券を購入して、奥にあるカウンターへと向かう途中で、思わず心の中で“あら、まあ。”という声を上げてしまった。

店内には7人ほどの前客がいたのだが、ラーメンを啜る1人を除いた全員が『冷やしたぬき』を食べていたのだ。

うん、みんな仲良しなんかな?


揚げ玉がたっぷりな“冷やしたぬきそば”。揚げ玉の他には、ワカメと刻みネギが載せられ、器の縁にはワサビが添えられている。
2019-08-17-06-38-05

そうだよなぁ。
“冷やしたぬき”にはワサビは欠かせねえ。

2019-08-17-06-38-13

冷水でキリリと〆られた蕎麦をズズッと啜れば、ひんやりと心地が好い。
外の暑さでダレまくっていたカラダがシャッキリと蘇ってくるような気分になる。

2019-08-17-06-38-53

ワサビはツユに溶かさずに箸先に着けていたのを舐めながら蕎麦を食えとか?ワサビの使い方にイロイロという食通気取りがいるようだが、僕は乱暴にワサビをツユに溶かし入れてしまう。

2019-08-17-06-39-33

さて、蕎麦を食べ終えたならば、残ったツユは…
えっ?蕎麦湯?
ノー蕎麦湯!どうして“冷やし”でせっかく涼んだというのに、なんでお湯を飲むんだよ?

そのまんま、クピクピちびちび飲むんだよ。
うん、ツユに溶かし込んたワサビのツーンとした刺激が揚げ玉の甘味を増すかのようで美味いんだよな。

2019-08-17-06-41-24

流石に味が濃かったかなと思いながら、コップの水をお代わりしてイッキに飲み干してご馳走さま。

美味しかった。

2019-08-17-06-44-49

セブンの焼きそばパンはマヨネーズ入りなんだぜ。

これまでのあらすじ
スマホのアプリを見直したら先日の金曜日(2019-08-16)の記事が下書きのままでアップされていないことに気付いた勇者であった。
いいや、今日の記事としてアップしてしまえ。

本編

職場の昼休みにセブンイレブンの店内を徘徊していた時のことだが…

えっ、なになに、マヨネーズなの!?
思わず2度見してしまったんですが、これって画期的じゃねえのかな。

焼きそばパン(マヨネーズ入り)
あのね、焼きそばパンに予めマヨネーズが入っているんですよ!
画期的だな、セブンイレブンの焼きそばパン。

2019-08-15-17-47-56

昔、うちの高校で一時期に流行った“焼きそばパン”の食い方なんですが、購買で買った“焼きそばパン”を手に学食へ行く、“かけそば”もしくは“かけうどん”とライス大盛を注文する。

ライスの上に“焼きそばパン”をのっけたら学食に常備されているソースをドボドボとたらし、さらにマヨネーズをウニョニョ〜(以下、これをヤキパン丼と表記する)

かけそば(かけうどん)をズルズルとすすり、汁をクピクピと口に含みながらヤキパン丼を貪る。
美味すぎる!うまい!

だが…

柔道部のデブがヤキパン丼の発祥元を主張したことから抗争が勃発!
ヤキパン丼の起源は間違いなく、我が電気工作部・格ゲー研究チームなのである。それなのに、脳筋柔道部がよ!

うっせえ、弱小部が、ってか、そんな部がうちにあったか?

デーブ、デーブ、
バーカ、バーカ、
暴力反対!


その後、柔道部のヤツ(デブ)のヤツら、コロッケパンをライスにのっけて、柔道部オリジナル『コロパン丼』とか言い出してさ…

今になって思い返すと、頭が悪すぎんだろ?
焼そばパンをライスにのっけた僕らがいうのもなんだが、どうしてコロッケパンをライスにのっけちゃうかな?


無駄ばなしはおしまいにして本題に。

2019-08-15-17-48-35

やや太めな麺で美味しそうっね。
さてと、マヨネーズはいずこか?

2019-08-15-17-55-17

焼そばをどかしてゆくと、

…んん?

2019-08-15-17-56-12

あぁ…
マヨネーズは焼そばに和えるもんかと思っていたら、パンのほうに塗りたくってあんのね。

2019-08-15-17-56-26

復旧!

2019-08-15-17-56-35

復旧完了っす!

2019-08-15-18-04-13

むぐむぐ、あぐあぐ、
普通に美味しいね。

2019-08-15-18-12-24
2019-08-15-18-15-35



おまけ 
なんか、皆勤賞を目指す勢いで『ごろごろチキンのバターチキンカレー』を毎日食べ続けている。

2019-08-16-05-02-33

松屋の『ごろごろチキンのバターチキンカレー』にレッドチリペッパーを振りかけると禁断の美味しさ


2019-08-16-05-02-50
2019-08-15-19-10-17

カスタム検索
広告
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
某弱小メーカーに勤めるエンジニアです。趣味はB級グルメを中心とした食べ歩き&電子工作。その他、読書、コミック、ダイエットにも興味があります。昨年に生まれて初めて経験した痔の痛みが未だにトラウマとなっています(泣)
ギャラリー
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • マヨキムチ牛丼こそがトッピング牛丼の真髄なのである。
  • マヨキムチ牛丼こそがトッピング牛丼の真髄なのである。
鎮痛・解熱