僕と磁石と乾電池

断捨離中毒。焼そばおいしい。

2019年09月

ようこそ!
ブログ版『僕と磁石と乾電池』です。
ネット上では《猫なーめん》と名乗っていますが、どちらかといえば犬派です。

《猫なーめん》の由来は某ラーメン店店員さんの言い間違い(汗。
⇒詳しくはブログ内の参考記事をどうぞ!

食べログのレビュアーに登録しました。
マイページはこちら⇒http://tabelog.com/rvwr/nekofile/
食べログのブログランキングにも登録してみました。
ぽちっと、よろしくお願いします。
食べログ グルメブログランキング

日高屋の餃子がリニューアル?


僕らのみかた日高屋が餃子をリニューアルってことで、さっそく、おっとり刀で行ってきたぞ。

当然、餃子は注文します。
2019-09-28-06-45-06

はじめに思い浮かんだのはダブル餃子定食だったのだが、やはり餃子を堪能するのであれば、街中華としてオーソドックスなメニューと組み合わせたい。

暫し熟考…これだ!
味噌ラーメンに半ライス、そこにプラス餃子でゆこう。


2019-09-28-06-41-13

餃子のタレに関して、最近は酢と胡椒で食べるなんてヤツがいるようだが、やはり昔ながらで定番のタレが一番だと考えている。
酢醤油にラー油で食べるのが最高っしょ。カラシ醤油で食べるのも捨てがたいけど…
僕の場合は、酢と醤油を2対1にラー油を適量というのが定番となっている。

2019-09-28-06-46-18

味噌ラーメンには軽くラー油をたらしてと。

2019-09-28-06-41-46

うーん、うまい。
でも、一味唐辛子が欲しいかな。


2019-09-28-06-42-26

もしゃもしゃ、もしゃもしゃ

2019-09-28-06-43-00

餃子はリニューアルにより、皮を薄くして焼き目のクリスピーさを増したということ。
皮を薄く…ちょっと不安であったが、味噌ラーメンのスープへのダイブも試そう。
全く問題無し。

2019-09-28-06-47-06

ズブズブと沈めてしまえ。

2019-09-28-06-49-29

さらに半ライスにのっけて、餃子丼…

2019-09-28-06-57-09

ここまで試して思ったのだが、リニューアルといっても、これまでの餃子との違いが全く分からないよな…なんて思いながら食事を終えて帰るときにレジ横に貼られた告知に衝撃の事実があった。

餃子のリニューアルって、10月1日からじゃん!
思い切り勘違いしてフライングしてたよ。

この投稿をInstagramで見る

僕らのみかた #熱烈中華食堂日高屋 が餃子をリニューアルすると言うので行ってきた。 餃子を合わせるならば、街中華的にオーソドックスなメニューが好い。 味噌ラーメン半ライスに餃子を注文。 餃子のタレは、酢2に対して醤油1でもって、ラー油を適量。 皮を薄くすることでクリスピーさを増したとのことで、味噌ラーメンのスープに餃子ダイブするのは不安であったが、これまでと変わらず全く問題なし。 肉の量を増したことで旨味が… うーん、まったく以前との違いが分からない。 帰りがけに、レジ横の貼り紙を見て納得。 リニューアルは10月に入ってからじゃん! まあ、リニューアル前の食べ納めということで。 #餃子 #餃子リニューアル #味噌ラーメン #日高屋 #日高屋ありがとう

猫氏さん(@nekofile)がシェアした投稿 -

牛めし特盛とん汁味玉マヨネーズ


通信容量を使い切ってしまったために、速度制限がかけられて画像のアップができない。インスタにはサクサクとアップできるのに、ポンコツ過ぎるぜLivedoorブログ。

そこで今日も、過去に画像をアップ済みだがモチベーションが上がらす放置していた没ネタを記事に仕上げようと思う。

ふむ、
松屋で、沖縄ラフテー風『牛と味玉の豚角煮丼』というのが販売されていたけど…
あれって、牛めしに味玉と豚角煮をのっけただけだったよね。たしかに、味玉と豚角煮がのっかったら嬉しいけど、なんだか味わいがバラバラで、一体感がなかった様に思えた。

それで思ったんだけど、豚角煮は要らなくないかな?

2019-09-19-05-10-50

そんなわけで、券売機の前で熟考していたときに閃いた。
これだ!!

いつもの牛めし特盛と豚汁に味玉マヨネーズを追加してみたんだ。
たぶん、マヨネーズが牛めしと味玉の繋ぎとなって新たなハーモニーを奏でるに違いない…と思ったんだ。

2019-09-19-05-11-21

まずは、豚汁に七味をたっぷり投入。
うん、当たり前にうまい。

2019-09-19-05-12-23

そして、牛めし特盛には黒胡麻焙煎七味を3袋
 
2019-09-19-05-12-28

さらに味玉とマヨネーズをトッピングする。
店内アナウンスに『とろとろ味玉〜』と流れていたけど、どのへんが『とろとろ』なんだろう。

2019-09-19-05-15-09

さて、頂こう。
うんうん…

うーん、

…。

牛めしに味玉は要らないかな。
でも、牛めしにマヨネーズは正義だと思う。



2019-09-19-05-15-47



松のや ロースかつ&茄子フライ定食


ブログを書きたくても画像がアップできない。
通信容量を使い果たして速度制限がかけられているのだ。テキストがメインのサイトを閲覧するには問題ないのだが…あと、インスタに画像をアップするのにも問題ないのだが、どうして駄目なんだよ!Livedoorブログに画像をアップできない。

たしか無料のWi-Fiが飛んでいたはずだと、駅前のドトールへと行ったのだが、なぜかログインできずに諦めて帰宅した。

そういえば、既に画像をアップ済みだが記事を書いていないネタがあったことを思い出した。

おまえだ!松のや!
そうだ、松のやの茄子フライのことだよ!

少し前のことになるが、『松のや』で『ロースかつ&茄子フライ定食』を食べたのである。
券売機で定食の食券を購入するとき、ふと『茄子フライ単品100円』のアイコンに目が止まった。
〈これって…茄子フライがダブルになるってことか。凄い贅沢じゃん、シアワセじゃん〉
当然、茄子フライ単品の食券も購入した。

……ん?
別皿で提供されたのが、追加した茄子フライ単品なのかな。
2019-09-14-06-34-42

単品で追加した茄子フライが小さくないか?
なんだか、ガッカリ。
これって、せめて置き位置を入れ替えてくれていたならば、〈追加してよかったな〉と思ったかもしれないなあ。

そっか、そっかぁ。
定食の茄子フライよりも、単品の茄子フライは小さいのかぁ…ガッカリだあ。

※上記の理由により、モチベーションが急落し、記事を書かずに放置されることになったのである。

本当に小さかったんだ。

2019-09-14-06-35-07

でも、食事は美味しく頂いたのである。

2019-09-14-06-35-12

いつもの松屋の特盛基準からすると飯の盛りが少ない。その気になれば、3口くらいで食べ終えそう。

ちみちみと味わって食べよう。

2019-09-14-06-35-20

揚げたて熱々サクサク、
そして、松のや特製ソースがうまい。

2019-09-14-06-36-32

やっぱり小さいよなぁ…
ブツブツブツブツ…

2019-09-14-06-35-53

でも、うまい!

2019-09-14-06-36-57

さっさと食べて、無かったことにしよう。
うまあい。

2019-09-14-06-37-25

ロースかつも美味い。
すまん、語彙が死んでるっす。

2019-09-14-06-38-38

うまぁい、うまい、美味い…
気がつけば、戦力(ルビ:おかず)を大幅に温存した状態で白飯を食べきる。

『もしかして、小さい頃のおうちが貧しかったのかな?』
昔、心ない彼女から言われた言葉が脳裏をよぎる…

2019-09-14-06-40-07

だって、茄子フライもロースかつも美味しかったんだもん!

お好み牛玉丼@すき家

今日、すき家にバイクでやって来た後客がベロンベロンに酔っ払っていて…そういえば、あれって警察に通報するべきなんじゃ?

牛カルビ焼丼を食べようと、最寄りのすき家を訪れたのだが、

「牛カルビは売り切れです。
あと、
ご参考にウナギと豚生姜もお出しできません。」

だってさ…

〈松屋にすればよかった〉などと思いながら、今年は未食であった『お好み牛玉丼』を注文した。


2019-09-27-05-10-53

うん、マヨネーズとオタフクソースの味が支配的だな。

牛丼マニアな僕としては、〈僕の牛丼をこんなにしやがって…〉と憤りを感じる。
これは牛丼とは関係のない、全く別の食べ物なんだと自分に言い聞かせて食べると、まあまあに美味しい。


2019-09-27-05-13-40

それにしても、3枚画像をアップするのに30 分もかかった。
たちの悪い通信障害か?
大きな地震の前兆現象だったりするんじゃね?
いろいろと考え込んでしまったのだが、データ容量がオーバーして速度制限がかけられているだけだった。
製作中のキットを仕上げる参考にと、ガンプラ製作動画を見すぎたのが原因だろう。

明日は土曜、土日はフリーのWi-Fiスポットを求めてウロウロするんだろうな。



2019-09-27-05-14-17

鶏のバター醤油炒め定食@松屋

今日も松屋!
今月9月24日から発売の『鶏のバター醤油炒め定食』を食べてきたのだ。

2019-09-26-05-11-46
Screenshot_20190919-125000

いつもの様に、味噌汁を豚汁に変更、七味をたっぷりと投入

2019-09-26-05-12-53

ライスはプラス40円で特盛に増量

2019-09-26-05-11-57

サラダにはフレンチドレッシングをタップリ。

2019-09-26-05-12-48

これがメインディッシュである『鶏のバター醤油炒め』
バター醤油といいながら、ふんわりと漂うニンニクの香りが食前から食欲を刺激する。正確には“ガーリックバター醤油炒め”だよな。

2019-09-26-05-13-00

ごろごろチキンの…シリーズと比べるとチキンが小ぶりにカットされているのかな。


2019-09-26-05-15-34

ぱくっと口に入れて噛みしめるとジュワッと濃厚な旨味があふれ、更にニンニクの風味が…

そして思い出した。
これって、去年も食べたよな。

2019-09-26-05-15-44

そして後半…


2019-09-26-05-24-40

皿に残ったチキンとタマネギにタレをオンザライス!

2019-09-26-05-26-54

うまいわぁ。
あと、ちょっとショッパイ


“コロッケカレーそば”と“一膳ごはん”


この前、アップしたばかりな気もするけど、
『箱根そば』の『コロッケカレーそば』を再びである。
いや、ちょっと、
どうしても心残りがあってさ、

2019-09-01-07-08-52

うん、
おい、しってるか?
元バイトだからとか関係なくって、『コロッケそば』が一番うまい立ち食いそば屋は『箱根そば』だよ。

そしてバイト時代、僕の定番であった賄いメニューがコイツだ。

コロッケカレーそば&ごはん
2019-09-21-08-15-31

正式なメニューとして存在するわけではないが、カレーそばにコロッケをトッピングすれば、コロッケカレーそばなのである。

2019-09-21-08-15-50

先日の記事で心残りだったのは、ごはん…

でも、シャケフレークは要らなかったな…

2019-09-21-08-16-01

さて、いただきましょう。
まずはカレーを避けてツユをクピクピと味わってゆく。これによってカレーの濃度を好みに調整する。


2019-09-21-08-17-17

カレーの濃度を調整しつつ、麺をすする。
たっぷりとカレーをからめると最高に麺がうまい!

下の画像はカレーをからめてないけど…

2019-09-21-08-18-24

だいたい麺を食べ終えたならば、お楽しみにしていた後めしタイムなのであるが、なんだかシャケフレークがもったいない。
シャケフレークだけをチミチミと食べる。

2019-09-21-08-21-13

こんなもんで、いいかな。

2019-09-21-08-21-59

それではっ!!
コロッケを半分ほど残してあるのがポイントよ。

2019-09-21-08-22-04

後めしをどっぼーん。

2019-09-21-08-22-28

たとえどんなに満腹であったとしても!!
後飯の投入だけは欠かせないんだ。

コロッケを軽くほぐしつつ、ザクザク、ズルズル
胃に流し込むように掻き込むのだ。


2019-09-21-08-22-59

大満足。

鶏から揚げそば@あじさい茶屋(成瀬)


大きな鶏から揚げがのった蕎麦!

2019-09-23-08-00-42

休日の野暮用にて目的地へと向かう途中、ふらりと通りかかった立ち食い蕎麦屋『あじさい茶屋』の店頭にて見知らぬメニューを発見したのであった。

2019-09-23-07-55-23

鶏から揚げそば…
こんど食べよう、いや帰りにでも、
いや、やっぱり今食べよう。

誘惑に抗うことが出来ずに、ふらふらと店内に入り食券を購入する。


2019-09-23-07-38-16

目的であった『鶏から揚げそば』にミニカレーも追加してみた。

2019-09-23-07-59-33

ミニカレーは、皿ではなく椀に盛られているのであった。某居酒屋店でいうところの“〆のお茶碗カレー”風である。
見た目からもわかるドロリモッタリ系だな。


2019-09-23-07-59-53

『鶏から揚げそば』には、想像していたよりも大きな唐揚げがドドーンと乗っている。
まずはドンブリの縁からズズッとツユを味わう。
うん、とても馴染み深い味がする。
同系列である『濱そば』と同じだな。関東風で濃口醤油の利いたどっしりとした味わい。


2019-09-23-08-00-10

蕎麦も『濱そば』で馴染のあるソフト麺。
唐揚げは…可もなく不可もなく。

2019-09-23-08-00-54

カレーが美味しい。
ベースは旨味が濃厚な洋風なのだが、そこに残ったそばツユをたらして食べるとうまいんだよな。

2019-09-23-08-02-34

後客が注文した『中華そば』が気になって…

食欲と睡魔の秋?


このところ、暑さが和らぎ、
食欲が全快!かつ睡魔が暗躍する季節…

ぐぐぅ、すぴぃ〜

……ですね。

〈は、こんな時間!
でも、あとちょっだけ…すぴぃ。〉
なんてことを繰り返して、
昨日なんて、気がつけば18時以上も眠り続けてしまったわけっすよ。


そりゃ、ブログの更新とかムリっしょ。

2019-09-20-05-13-15


牛丼大盛とん汁おしんこセット

なんだか、お疲れな3連休…

何も考えずに、すき家で牛丼を貪る。

注文したのは、いつもと変わらず牛丼大盛とん汁おしんこセット

昨年から、こればっかだな。
すき家の新メニューとか興味ないしな。

2019-09-22-06-43-06

なんか、進撃の巨人とコラボキャンペーン中らしくって…
何しにきたのか、よくわからない女性客が騒いでいた。

リヴァイさま〜
エレン〜エレン〜

なんだありゃ?

僕は牛丼に集中する。

2019-09-22-06-43-13

おしんこに七味唐辛子をタップリと振り掛けて、醤油をチョロっとたらす。このまま直ぐに摘んでもよいが、少し時間をおいたほうが辛味が出てうまい。

禁煙してからか、やけに辛さに対する耐性が落ちて敏感になってしまった。唐辛子というのは振りかけた直後よりも、しばらく時間をおいたほうが辛さを強く感じることに気がついた。出汁のようなもんで、唐辛子の辛味成分は時間をかけて抽出されてゆくのだろう。

2019-09-22-06-44-04

とん汁なんかに七味唐辛子をいれるとき、直後はよくても、時間が経つと辛過ぎて飲めなくなるという失敗を何度かしている。

2019-09-22-06-44-09

まずは、素の状態で牛丼を食う。
生玉子はいらない。紅生姜もいらない。
肉と脂のコクと旨味を味わうのには、玉子と紅生姜は邪魔でしかない。
以前は、玉子をのっけた上に、紅生姜を山盛りにしていたのだが、本気で邪魔、牛丼に紅生姜をのっけるヤツて、バカなの?ビンボーなの?っとか思っていたりする。
これって、禁煙効果で味覚が気が変わってしまったからなのかな?

そして後半に差し掛かるところで、おしんこの小皿を手に取り、バサッと牛丼の上に投入。

この食べ方が一番うまいんだよな。


2019-09-22-06-48-03


カレーぶっかけかま玉うどん


めん処一ぷく橋本店
JR横浜線『橋本駅』の駅チカというか駅ナカにある立ち食い蕎麦屋さんなんだけどね、

2019-09-08-10-52-59

この前、なんだか気になるメニューを見つけちゃったのさ。
“メガ盛そば/うどん”も気になるけど…

2019-09-08-10-53-16

こっち、こっちの“カレーぶっかけかま玉”のほうが気になっていた。

2019-09-08-10-52-44

JR横浜線『橋本駅』で途中下車。
隣のホームに日高屋があるけど、その隣が『めん処一ぷく』で、店内がホームと水平に仕切られていて、ホーム内と駅外からの利用が可能となっている。

2019-09-21-07-22-16

これが、『カレーぶっかけかま玉うどん』かぁ。
深さのある不思議な形状のドンブリで提供される。
ドンブリの横にはスプーンが添えられている。


2019-09-21-07-27-22

カレーぶっかけかま玉うどんとは…
その前に“かま玉うどん”とは、釜から揚げたての熱々うどんに生玉子をからめたものでいいのかな?

2019-09-21-07-27-37

ほほぉ〜
生玉子を絡めた熱々うどんにカレーをぶっかけたから『カレーぶっかけかま玉うどん』なんだな。

2019-09-21-07-27-52

ぐいぐいと、うどんを引き上げて、
カレーがシャツに飛ぶのを無視して、ズボぞぞぉ〜とすすり上げる。

うん、
玉子をからめたうどんの優しい味、なんだか薄味。

2019-09-21-07-28-18

ああ、理解した。
これは、よく混ぜて食えってこと。
縁の高い、深さのあるドンブリで提供されるのは、混ぜやすく、さらにカレー飛ぶのを防止するためか。

2019-09-21-07-28-38

僕は、ぐいぐいとかき混ぜ、うどんにカレーをからめる。
そして再び、ズボぞぞぉ〜とすすり上げる。
うん、うん、
うまいぞぉ〜

でも、辛味とスパイシーさが控えめで優しい味のカレーなんだな。こんなカレーも嫌いじゃない。

あと、
券売機で確認したのだが、カレーそば/うどんもメニューにあるようだ。次回は…

それと、かき揚げ丼も気になるな。


2019-09-21-07-28-42

また3連休ですね。




意味もなく、朝から忙しく駆け回る。
休日の恒例である野暮用です。


2019-09-21-07-22-16

絶賛、お出かけ中。

2019-09-21-07-41-01

ブログは後で書く。
ちゃんと書くから…

2019-09-21-07-25-59

納豆メシに豚汁ぶっかけ


徹夜明けで、
おつかれちゃーんな朝。

さっさと帰宅して寝床に潜り込んでしまいたいのだが、その前に空腹を満たしたくもある。

そんなわけで、久々に『すき家』で朝飯を摂ることにした。

2019-09-20-05-11-31

納豆朝食をご飯大盛、味噌汁を豚汁へと変更。
自分で注文しておいて、なんだが…パックの納豆を開けて混ぜんのが面倒くさい。

自分で思っていたよりもくたびれていたようだ。


2019-09-20-05-07-56

納豆を後回しにして、TKG。

2019-09-20-05-13-15

うまい。沁みる美味さだ。

2019-09-20-05-13-38

おおざっぱに混ぜた納豆。

2019-09-20-05-16-22

納豆をドバっとやって、

2019-09-20-05-18-08

残っていた豚汁をザバっと。

2019-09-20-05-19-37

行儀は悪いが、うまいんだよな。
納豆メシに豚汁ぶっかけ。



おやすみ。。

ラ・餃・チャ!な、おやつタイム

うん、このタイミングだと“おやつ”だな。

〈ちょっと小腹が空いたかなぁ、〉なんて気分で周囲を見渡したところで、新たな発見がないどころか、小さな冒険心すら持ち合わせない僕は、いつもの日高屋で“おやつタイム”をエンジョイすることに。

注文したのは、ラ・餃・チャセットである。

2019-09-14-07-10-17

ラ・餃・チャセットとは…
説明しよう。

半ラーメンと半チャーハンに3個餃子を組み合わせたセットメニューである。
単品を合わせて頼むよりも20円もオトクなんだぜ。

2019-09-14-07-02-32

半ラーメン。
うん、いつもの中華そば
レギュラーサイズで注文しても390円。
以前は幸楽苑の中華そば290円に圧されて中途半端なイメージだったけど、幸楽苑の中華そば290円なき今なんだから、もっとアピールしてもいいと思うんだよ、中華そば390円な!

2019-09-14-07-10-30

3個餃子(130円)
レギュラーサイズの餃子(6個)を注文すると、関東では『餃子の王将』よりも10円も安い230円。
また、王将の餃子は各店にて手作業で仕上げるのに対し、日高屋は埼玉県の自社工場にて製造しているので品質が均等化されている。

『餃子の王将』にてラーメンのスープに餃子を投入すると、皮の合わせが剥がれて、あわわわぁ〜なんてのは想定の範囲内であるが、日高屋であれば問題なし!

あと、『餃子の王将』の餃子は旨味調味料ガッツリなのと比べて、日高屋の餃子はアッサリと自然で飽きのこない味わい。


2019-09-14-07-10-44

半チャーハン
日高屋のチャーハンって美味くなったよな?

以前のパラパラ、カサカサとしたチャーハンと比べて、モチモチ、しっとり…うめえなぁ。

2019-09-14-07-10-52

餃子のタレに関しては、いろいろと試しているうちに一周まわって酢醤油にラー油をチョロっとたらすオーソドックスなものに戻ってきた。

やはり、長年に渡って親しまれてきた食べ方が一番なんだと言いたい。でも、カラシ醤油もチョット捨てがたい。

2019-09-14-07-13-08

はじめは、おやつタイムのつもりだったのだが、

これは、極端に腹くちくなる量でもなく、会社帰りのチョイ飲みに合わせるのに最適なセットメニューではないだろうか、なんて思えてきてしまった。
外飲みは、あまり…な僕だけど、
軽くビールが欲しかったな。

2019-09-14-07-13-29
2019-09-14-07-15-32


カレーかつ丼セット(名代富士そば)


今日も『富士そば』である。
券売機の前で、何を食べようかと考え込んでいたところで『カレーかつ丼セット』のボタンに目が止まる。

おっ、確か発売開始の直後に食べたきりだな。
そのときの印象は…
〈ついつい好奇心で食べちゃったけど、なんだか頭の悪い大学にある学食の裏メニューって感じだな…〉
数年後になって、〈あぁ、そんなのあったね〉みたいに語られるのだろう。と思ったのだが…

それが今では『富士そば』の代表的なメニューとなってしまったのだ。

なぜだ、カレーかつ丼の何が…

改めて、カレーかつ丼を味わってみることにした。

『カレーかつ丼セット』を温かいソバで注文し、さらに紅生姜天をトッピングした。

2019-09-16-06-50-15

カレーかつ丼と数年ぶりに対峙し、真っ先に浮かんだ言葉は…〈なんで、かつ丼にカレーをかけちゃったかなぁ〉

券売機のボタンに、『カレーかつ丼』とあったら普通は、カツカレー的なメニューを頭に思い浮かべるでしょうが?トンブリに盛った飯の上に、カラッと揚げたてのカツをのせた上からドロリとカレーをかけたのを思い浮かべるよね。
でも、違うんだよ!
『富士そば』の『カレーかつ丼』はね、トンカツを出汁ツユで軽く煮立てたのを玉子でとじた『かつ煮』タイプのカツ丼…平皿に盛ったカツ丼にカレーがかけられているんだ。

そういえば、『富士そば』のメニューには『かつカレー』が存在しない。『かつ丼』はともかく、『かつカレー』は揚げたての『かつ』でなくてはならないという『富士そば』のコダワリらしいけど、だからって『かつ煮』タイプの『かつ丼』にカレーをかけちゃうかなぁ。

2019-09-16-06-51-14

まずはソバから頂くことに…
蕎麦屋で、汁ソバとカレーのセットを食べるときには、ソバから食べることにしている。
ソバツユの出汁が舌に残ったところで食べるカレーが美味いのだよ。

2019-09-16-06-51-18

なんだか、『富士そば』の天麩羅というと紅生姜天ばかりを食べているような気がする。
このときは、〈絶対に紅生姜天じゃないのを食べる〉と誓ってカウンターへと向かったのであったが…

〈ああ、春菊天がないわあ〉
〈富士そばのかき揚げって…〉
〈ちくわ天、ちっせー〉etc…

いろいろとワケがあって、紅生姜天をのっけることに。


2019-09-16-06-52-02

しってるか?

昔、風水占いだったかな、当時メイドイン中国の迷信にハマった知人から聞いたハナシなんだけど、同じものばかりを食べているのは身体によろしくないだけでなく、運気も下がるらしいぞ。

金運が上がるからと、黄色いものばかり食べちゃダメというハナシだった。

でも、僕は同じものばかりを食べている。
『富士そば』にくれば紅生姜天…

まあ、風水とか関係なくって、
紅生姜天をのっけた汁ソバはウマイよな。
ピリリと爽やかなあと口がたまんねえ。


2019-09-16-06-52-59

そして…
メインディッシュである『カレーかつ丼』に戻る。


2019-09-16-06-50-41

『富士そば』のカレーは、たぶん、業務用の大型缶詰めではないだろうか。

レトルトっぽくはないのだが、店舗によるブレが小さいことから推察できる。

『富士そば』の場合、希釈するまえの蕎麦ツユ(原液)は全店舗で同じだが、蕎麦ツユを割る出汁取りは店舗に任されているため、汁ソバのツユは店舗ごとによるブレがあるのだが…カレーに関しては、ほぼ全店舗共通となっている。


べつに、ディスってないよ。


2019-09-16-06-55-04

『富士そば』のカレーってウマイよな!
ドロドロの上位互換のモッタリとしたカレーなんだぜ。

スプーンの皿でカレーを口に含めば、モッタリ、ズズん、ヘビー味わいが味覚を占領する。

2019-09-16-06-55-10

ずっしーん、ずっしーん
カレー味が僕の味覚を支配する。

かつ丼の存在感が薄い。

2019-09-16-06-57-51

カレーかつ丼…カレーとかつ煮とでは、どうしてもカレーが勝って支配的になる。

これって、お腹に余裕があれば、
カツ丼とカレーを注文したほうが両方の味を楽しめやるのではないかな。

こんど注文するならば、かつ丼とミニカレーを一緒にしようと思った。

2019-09-16-06-55-44

【きょうも松屋!】未食だった『うまトマチーズハンバーグ定食』を食べてきた‥


連休明けのクサクサ気分振り切って、時間がないぞ、サクッと更新。

そういえば食べたことがなかった
…ような気がする。

松屋で『うまトマハンバーグ定食』は何度も食べているが、『うまトマチーズハンバーグ定食』は食べたことがないような…

だってな。
ほら、価格をチェックしてみて欲しい。
Screenshot_20190916-075941

『うまトマハンバーグ定食』が630円であるのに対して、
『うまトマチーズハンバーグ定食』は750円もするのだぞ!
なんで、『うまトマハンバーグ定食』にチーズをのっけただけで価格が120円も跳ね上がってしまうのだ。
プラス40円でポテサラが追加できるというのに…

はい、ケチで、ちっさいオトコっす。

そんな僕が松屋で大奮発してきた。

2019-09-10-05-01-23

ででででん!
うまトマチーズハンバーグである。

それにしても、いつも僕がオツマミ用に買ってくるスライスチーズは一袋で100円なんだよな…

2019-09-10-05-01-42

さらに、
味噌汁⇨豚汁変更

…180円の価値はある。絶対!

2019-09-10-05-02-47

ライスは特盛増量。
これは譲れぬ。

2019-09-10-05-03-08

よし、食うぞ。
まずは恒例となっているサラダからのスタート。

サラダ→白飯→豚汁→サラダ→白飯→白飯→豚汁→サラダ→白飯→豚汁→豚汁→白飯→豚汁→サラダ…

つまり、サラダで舌をリセットしてからの、白飯→豚汁が最高ってこと。多少の変化もつけたり。

2019-09-10-05-03-33

サラダを食べ終えたところで、メインディッシュである『うまトマチーズハンバーグ』と向き合う。

ムニュッ!

2019-09-10-05-09-36

あぁ、ハンバーグに箸先を入れることで溢れる肉汁、

チーズと、トマトソースのタップリと絡んだハンバーグを口に入れれば、

トマトの酸味にチーズのコク、それにハンバーグの肉汁が…うまいわあ。

特にトマトとチーズの組み合わせは正義だな。


2019-09-10-05-10-15

そうだ、

スプーンを使って、温玉を白飯の上に移動するんだ。

2019-09-10-05-11-50

ぷるぷる、ぷるぷる

2019-09-10-05-11-57

どっ、せーい、

2019-09-10-05-12-16

さらに、トマトソースとハンバーグ…
ザクザク、ザクザク。

2019-09-10-05-13-08

あっというまに、ご飯がなくなった。

うまかった。

残ったハンバーグと、トマトソースをチミチミと味わってフィニッシュ!

2019-09-10-05-13-20

美味かったな…でも、既に順次販売終了の告知があって。

また来年な!
カスタム検索
広告
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
某弱小メーカーに勤めるエンジニアです。趣味はB級グルメを中心とした食べ歩き&電子工作。その他、読書、コミック、ダイエットにも興味があります。昨年に生まれて初めて経験した痔の痛みが未だにトラウマとなっています(泣)
ギャラリー
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • とんかつチェーン「かつや」で、うっかりとアジフライ定食を注文してみた。えっと、メンチカツカレーください。
鎮痛・解熱