元々、カレーというのは市販のルゥを使って自分で作ったほうがうまいと思っていて、あまりレトルトカレーを食べたことがなかったのです。
食べても、100円ショップなんかで売っているハチ食品の特盛カレーとか、あとはLEEの20倍か30倍くらいだったのですが・・・
最近になって、
いやいや、レトルトのカレーもなかなか侮れないぞ、なんて思い始めている。

それに、いろいろと食べてみれば、自分でカレーを作るときのヒントや参考になるかもしれませんしね。

今日は、無印良品のビーフカレーを食ってみたんよ。

PA291599

説明書きには、
『トマトの酸味とビーフの旨味、スパイスの香りが調和した欧風のカレーです。玉ねぎや人参などを加えて食べやすく仕あげました。』

ふむふむ。。。

それにしても、無印良品で売られているレトルトカレーの中では最安値だからか、非常にシンプルで、まるでNASAが御用達の宇宙食のようなパッケージになっている。

PA291600

ご飯と一緒に、お皿に盛り付けた。
特に特徴的なところのない、カレーの香り。

PA291601

ほんの少し黒みがかった洋風らしい色合いのカレーである。

PA291603

これまでに食べた無印良品のレトルトカレーの中では最もトロミが強めに仕上がっている。


PA291604

試しに、
スプーンの先を垂直に立ててから戻しても、半分ほどは残るポッテリとしたトロミ。


PA291605

ゴハンと一緒に口に入れると、ほんのりとした酸味と玉ねぎの甘みとコクが口の中に広がる。辛さは控えめだが、ほどよくスパイシーでカレーを主張している。そして舌触りは滑らかでありながら深いコクが舌に残る。

味わいのベースは玉ねぎなんじゃないのかな?以前、試しに大量の玉ねぎを炒めてカレーを作ったことがあるのだが、そのとき、こんな味わいになった記憶がある。

ほとんどの具は煮崩れてしまっているのだが、人参とマッシュルームの存在は確認することができた。

なんだか、ボンカレーの高級感を増したような、平凡なレトルトカレーのようなんだけど、じっくりと味わってみると複雑で深い味がするんだよな。。

また買ってこよっと。

PA291606


牛肉を1個はっけん。
口に入れたら、ジュワッと肉の旨みを残してとけてしまった。

PA291607