ラブ、あーんどピース!
愛の言葉だ、カタコイオオメハンライス!

久しぶりの家系ラーメンだな。
JR横浜線『橋本駅』の駅前というか駅構内にある『壱角家』。店前から見えたライスバーの存在に惹かれての入店であった。

注文したのは味玉ラーメン。
味の好みは基本のカタコイオオメハンライス!
「えっと、ライスは、あちらのライスバーからどうぞ」とちょっぴり嗜められながら…

麺硬め、味濃いめ、脂多めに注文。

デデーン!
なんだか麺が太いな。家系というよりも二郎系と呼ばれるラーメン屋で使われているような極太麺。

2020-02-08-10-08-25

おっといけねえ、忘れていたぜ!
ハンライス

2020-02-08-10-08-16

ライスバーから、ちょっと小さめな茶碗に盛り放題。

2020-02-08-10-08-21

まずはスープのテイスティングである。
しっかりとアブラオオメされているので、スープの表面が分厚い油膜に覆われている。レンゲでスープを掬うのにコツがいるのだ。下手をするとアブラしか入ってこない。

さっと、スープとアブラを混ぜ合わせるように掬って口に含む。
うん、しょっぱ美味い。ミルキーな味わいのに家系スープ。

2020-02-08-10-08-39

それにしても、麺が太いな。
割り箸よりも太いな。啜るとぶるぶると暴れまわってスープが跳ねる。
食感は、硬めな指定のためか、ややゴワゴワを残したムッチリ。


2020-02-08-10-09-00

そしてズルズル、ぶるぶる、ぶるんぶるん、
ワイルドにスープを跳ね飛ばしながら味変も楽しむ。
基本はニンニクと豆板醤だよな。


2020-02-08-10-12-11

味変を楽しみつつ、ほぼ麺を食べ終えたところで、温存しておいた海苔を確認する。
いい感じにスープとアブラにまみれている。

2020-02-08-10-14-58

たっぷりとアブラとスープにまみれた海苔をライスにのっけて、マキマキなんて上品なことは言わずにガツガツと貪るのだ。

2020-02-08-10-15-15

さらに、大好物である「ほうれん草」も、ジャブジャブにスープへ浸したところで、ライスにのっけてガツガツハフハフ。

最高。

2020-02-08-10-17-31-1280x1280

続いて、ライスをお代わりして、味玉とチャーシューへと進んだのであるが…

ちょっとテンションが上がり過ぎたのか、画像が残って無かったりする。

美味かったぞ。
味玉の黄身がトロトロでなぁ、そいつをライスにまぶしたところに、スープをちょろっとたらすんだよ。

また食べに行こっと。