僕と磁石と乾電池

断捨離中毒。焼そばおいしい。

⇒醤油らーめん

ようこそ!
ブログ版『僕と磁石と乾電池』です。
ネット上では《猫なーめん》と名乗っていますが、どちらかといえば犬派です。

《猫なーめん》の由来は某ラーメン店店員さんの言い間違い(汗。
⇒詳しくはブログ内の参考記事をどうぞ!

食べログのレビュアーに登録しました。
マイページはこちら⇒http://tabelog.com/rvwr/nekofile/
食べログのブログランキングにも登録してみました。
ぽちっと、よろしくお願いします。
食べログ グルメブログランキング

ノンフライ麺?日清ラ王 1992年復刻版しょうゆ


2018年1月8日、日清ラ王1992年の発売当初に爆発的にヒットした初代の味が復刻されて発売された!

もうね、発売を知った昨年末から、ずっと楽しみにしていた。 発売日には、仕事帰りにコンビニ3店舗をまわっても見つからず、さらに駅の向こう側のスーパーまで行って、やっと見つけて買ってきたのであった。


DSC_3932

日清のラ王、カップ麺なのに、お店で食べるのと同じ麺!爆発的にヒットした大きな要因は、間違いなくレトルトパウチの生麺だよな…

でも…

スーパーで手に取り、パッケージをみた瞬間に嫌な予感がしたのだ。
ん?レトルト生麺が入っているにしては、妙に軽いぞ。軽く振ってみるとカサカサと乾いた音がする。

こ、これは…
昨年の8月に、ラ王25周年を記念して限定復刻されたラ王焼そばの苦い思い出が甦る。

日清ラ王といえば、レトルトパウチの生麺ではないのか…
本気で日清ラ王を復刻するならば、あのレトルト麺からではないのか!
なぜ、わざわざ、ノンフライ麺と書いてあるのか…

今になって画像を確認すると、
「発売当時のパッケージと味わいをイメージして作りました。」「当時の生タイプめんとは異なります。」と書いてあるのだが…

よく確認するとこなく、
どうするか、ラ王焼そばと同じように生麺ではないのなら、買うのを止めるか…いや、生麺に決まっている!僕は日清を、日清ラ王を信じるぞ!と迷いを振り払い、買い物カゴへとブツを入れてレジへと向かったのであった。

DSC_3933

そして家に帰り、フタを開けたときの、膝から崩れ落ちそうになるガッカリ感を味わったのである。

DSC_3935

カップを振ったときのカサカサと乾いた音は、ノンフライの乾麺がカップに擦れる音だったのだ。

DSC_3937

非常にガッカリ気分であった。
かやくをカップの中に出し、熱湯を注いで5分間を待つ。


DSC_3939

フタの上で余熱を利用して温めた液体スープと粉末スープを投入したら、適当にかき混ぜたら完成。

爆発的にヒットした初代の味だ。
わーい、懐かしいーって気持ちにはならなかったな、
こんなもんだったかな?ザンネンながら、そんな昔に食べたカップ麺の味なんて覚えていない。生麺だつたよな~って程度しか覚えていない。

そして、生麺じゃないんだよな…

カップ麺なんて、あくまでも嗜好品であり、メインの食事にはなりえない。なぜならば、麺がうまくないからである。カップ麺で、日高屋のツルモチ多加水麺よりもうまい麺を食べたことがない。大勝軒よりもうまい麺を食べたことがない。
熱湯調理、湯戻し時間における制限…カップ麺の限界である。

…ブチブチグチグチ


DSC_3940

いかん、雑念を振り払って、目の前の一杯に向き合うのだ!

うん、普通にうまい。

しかし、どうしても麺のアラ探しをしてしまう。
ツルツルとした舌触りはいいのだが、歯を当てたときの、ぐにゃりと潰れて歯に貼り付くような歯切れの悪さが気になる。


DSC_3943

そういえば、アレを試してみようじゃないか。
YOUKIの『ちょいたしラーメンこしょう』である。胡椒にガーリックパウダーなんかがブレンドされていて、平凡な醤油ラーメンをバカウマに変容させてしまう実力を持っている。

DSC_3945

うん、大正解!
YOUKI「ちょいたしラーメンこしょう」によって、うまさのレベルが三段階くらいアップする。

こいつは他の醤油ラーメンでも試してみたい。カップ麺のラ王は、もう買わないけどね!

DSC_3950

ニュータッチ『竹岡式らーめん』梅乃家店主推奨

実は、先月末に訪れていた竹岡式ラーメン発祥の店『梅乃家』…
夏と同じく、今回も臨時休業のためにフラレて、コンビニで購入したカップ麺を食べたのであった。

このニュータッチから発売されている『竹岡式らーめん』だけど、横浜や都内では見かけることが、ほとんどないのだが、千葉県南房総・竹岡の周辺では頻繁に見かけるのである。地元のスーパーだけでなく、セブンイレブン、ファミリーマートなどの大手コンビニでも売られている。

続けて2回もフラレてしまった僕からすれば、リアル店舗の梅乃家なんかよりも愛着が湧きかけているような気がしている。

[画像:03bd8ab0-s.jpg]

カップの中に入った調味具材は3袋構成である。
まず、後入れの液体スープ、かやく。

そして…


[画像:8508bab1-s.jpg]

レトルト調理品である。

[画像:f4c3dfc0-s.jpg]

かやくの内容は、乾燥したタマネギオンリー
麺は、とくに特徴のないフライ麺。

梅乃家では、市販されているのと同じ都一の乾麺が使用されているのは有名な話である。
このカップ麺を食べる前にも、なんどか都一の乾麺を食べたことがあったのだが、初めて、このカップ麺を食べたときには食感の違いにガッカリとしたのであった。自分で茹でた都一の乾麺と、味わいがまるで違う!と…

[画像:555e5163-s.jpg]

でも、その後、実際に食べたラーメンの味わい、麺の食感はカップ麺のほうが忠実に再現してしていたのだ。

僕が都一の乾麺を調理するときには、パッケージに書かれた時間よりも茹で時間を短くしていたのだが、梅乃家では、かなり茹で時間が長いのではないだろうか。

僕は、都一の乾麺に対して、ゴワゴワとモチモチの中間的なワイルド食感という印象を持っていたのに対して、梅乃家の麺は柔らかな茹で加減のせいでか、いかにもインスタント麺らしい味わいとなっていたのであった。

そして心の中で呟いた。
「もしかして、あのカップ麺の再現度が高いんじゃね。」

スープにおける醤油の存在感や、麺のチープな食感とか、
ただし、これがカップ麺の限界か、具材が貧弱過ぎる。

レトルトのチャーシューにメンマ…

[画像:1ec87690-s.jpg]

梅乃家のラーメンの美味さの本質は、醤油とチャーシューにあると、僕は考えている。

その特徴が前面に押し出されていながらもカドのない醤油の味わい。そして惜しみなく大量に盛られたチャーシューをかじりながらススル麺とスープのうまさ!

うーん、
もっとチャーシューが欲しい!


[画像:480fb721-s.jpg]

カップヌードルナイス濃厚!ポークしょうゆ


まだ油断はできないけれど、徐々にダイエットの停滞期を抜け出しつつある。。
体重の減少が停滞していた理由に気がついたのだ。

水分の取り過ぎ…
血液をサラサラに保つために、さらに尿酸を薄めて排出するために、1日に2Lの水分を飲めというのを信じて、毎日、500mLのペットボトル5本から6本のお茶などを根性で飲んでいたのがいけなかったようだ。
これを2本以下に減らしたら、1k近くスルっと減ってしまった。
それに全身のムクミがとれていい感じ。
水も過ぎれば毒なるっていうんだぜ!

さて、日清から新たに発売された健康志向のカップ麺、カップヌードルナイスというのを見つけたので買ってきてみた。

P4090203


こってりなのに、
脂質50%オフ
糖質40%オフ…19.9g
レタス4個分の食物繊維…15.1g

うん、糖質オフだけでなく、血糖値のスパイクを抑え、腸内環境を整える食物繊維が15g以上というのが、ダイエッターには嬉しい。
ダイエット中に不足しがちな食物繊維、1日に20gが目標なのだが、食事だけで食物繊維を15gもとるなんて大変なんだぞ。
コンビニにゆくと、ファイブミニという食物繊維補給ドリンクが売られているが、あれだって1本あたりの食物繊維は6gしか含まれていない。

ダイエッターには、ファイブミニより、カップヌードルナイスの方がオススメだぞ。

P4090204


早速、食べてみようとフタをはがすと…

P4090207


ふわふわタマゴに、謎肉、キャベツ…

あら、あれれ、エビが入っていないぞ。
カップのデザインからオリジナルのカップ麺を健康志向に改良したものと思っていたのに…

違うのか、、ああ、「濃厚!ポークしょうゆ」と書いてあるね。

お湯を注いで3分でと、、
うまそう、エビは入ってないけど。

P4090211


カップの底の方からかき混ぜながらスープを口に含むと、しっかりとしたポークの旨味の効かせつつスパイシーな醤油ベースのスープ。ライザップとか、健康志向系のカップ麺にありがちな物足りなさは感じられない。
それに、ほんのりとトロミがつけられているようだ。

P4090213


麺は、オリジナルのカップヌードルと比べて細めな平打ち。
低糖質なカップ麺の麺はフカフカとスポンジのような食感で、あまり好きではないのだが、これはイイ。オリジナルのカップヌードルと比べても不満は感じられない。

トロミのあるスープが細めな麺にからんでうめえ!

P4090214


麺は味見だけして残すつもりだったけど、気がついたら完食完飲してしまっていた。

この次は同時に発売されたシーフードを買ってこよう。

ファミマのライザップ!『生姜醤油ラーメン』『辛味噌ラーメン』がおいしくない


ダイエット中のブタが贅沢いうんじゃないわよ!

っと、いうことだな。。

でも、減量が進むと味覚が変わるのか、カップラーメンなんて不味くて食いたくなくなるでしょが?

うん、、

ファミリーマートとライザップのコラボによる低糖質商品。
『生姜醤油ラーメン』と『辛味噌ラーメン』の2種類の商品が売られていて、

まずは『生姜醤油ラーメン』

P1220044

特徴は、
生姜の香り、鶏の旨みのスープと糖質を抑えたノンフライ麺
1食当たり180kcal、糖質13.0g

へ~糖質制限としては非常に優秀ですね。たしか、糖質制限の目安としては1食当たりで40g~50gに糖質を制限しようということでしたので、1食で2つ食べてもオッケー!

P1220046


完成画像
見た目は、フツーというか特徴のない・・・

P1220049

スープは淡い醤油色。口に含むと、コクのない薄っぺらな味わい。
もしかして、かき混ぜ方が悪くて調味料が下の方に集中しているのかと思い、さらにかき混ぜてみたけれど、相変わらずの薄っぺらさ。。
たぶん、メーカーさんも薄っぺらでパンチのない味わいだとはわかっていて、生姜の香りを増すことでカバーしようとしているのだろう。
でも、なんか違う。


P1220052

麺は低糖質のノンフライ麺だというけれど、なんか違う。

麺をひと口・・・もう、いらね。2度と買わね。

P1220053


続いては、『辛味噌ラーメン』

P1220055


P1220059

うーん、、、
やはり、薄味でパンチのない。。

P1220060

カラダとダイエットのことを考えて真面目に作っていることがわかるのだけれど、

正直に書いてしまうと美味しくないです。食えないほど不味くはないけれど、おいしくない。

僕もね、最近になってコツコツとダイエットを始めたところで、
貴重な1食を、このカップ麺で済まして食欲を満たしてしまいたくないという気持ちが湧き上がってきた。

スープを半分弱と麺をひと口食べたところでやめた。


P1220061


いかにも代用品的で中途半端なもんを食べるくらいならば、1食を抜いて日高屋へゆく!

ダイエットに関しては、記録を付けながら色々と試してみたけれど、単純にカロリーや糖質を減らしたからって、簡単に体重が減るわけじゃないのだ。

大切なのはバランスだ。


ダイエット中に、どうしてもラーメンが食べたくなったとき、
僕ならば、熱血中華食堂日高屋へゆき、野菜たっぷりタンメンと餃子のセットを注文する。

昼飯を抜いて、「腹減ったー。今日は野菜たっぷりタンメンと餃子くうぞー」と夕飯を楽しみに午後を過ごすのも楽しい。それと、翌日になったら結果的に体重が落ちていたりするのです。

image


ライザップ繋がりで、ダイエットの参考になればと思って、
こんな本を呼んでみた。
堀江式ライザップ。。


みるみる痩せる!!堀江式ライザップ (幻冬舎plus+)


読み物、ダイエット体験記としては面白いのだけれど、まったく響いてこない。



ベビースターラーメンBIGチキン味、新しいのに、なんだか懐かしい味


うーん。
食べたことがないはずなのに、食べる前から味の想像がついてしまうような・・・
セブンイレブンでみつけて「食べてみる必要もないな」とか思って一度は棚に戻したのであったが。。

最近、
圧力鍋で炊いたゴハンのうまさにドハマりしていて、あと、家カレーと猫まんまの研究に夢中になっているせいか、外食やカップ麺なんかで腹をふくらませるのがモッタイなくてしょうがないのだ。出先でお腹がすいても、家まで我慢して、ゴハンを炊いて食べる。たいして、うまくもないカップ麺なんて食ってしまったときなんて、途中っで怒りが込み上げてトイレに捨てたくなる。

ベビースターラーメンBIGチキン味。
おやつカンパニーとエースコックの共同開発商品です。


PA141160

お湯を注いでから3分。
カップを中心に周囲に漂う香りは、まるで、日清チキンラーメン。

日清チキンラーメンのスープを創業者である安藤百福が「安藤家のチキンスープ」と書いているの何かで読んだ記憶があるのだが、周囲が、まさに安藤家の食卓と化したかのような。。


PA141163

フタをとると、黄色い似顔絵付きのカマボコが目に付く。そして細かな鶏肉そぼろが散らばり、緑色のネギが自然に目を引きつける。
麺は茶色く色づいており、駄菓子のベビースターラーメンにお湯を注いでも、こんな感じになるのだろうかと考えさせられる。

PA141164

スープは、醤油色に色づけられ、澄んだ色合い。口に含む前の、この時点で、淡い味わいのチキンスープを想像していたのであるが、、
実際にスープを口に含んでみると、チキンの旨みが濃厚で、塩気がキリっと効いたシャープな味わいであった。


PA141166

麺を頬張ると、フライ麺独特の香りを強くしたような・・・
まさにベビースターをザラザラと口に入れてボリボリと頬張ったときのような風味が口に広がる。

ベビースターを食べるとき、歯茎や頬に刺さって痛むのを嫌ってチビチビと食べていると友人達から馬鹿にされるものだから、袋から直接にザラザラ~と口に流し込むように食べてみたり、、
いかに豪快に食べるかを競い合った懐かしい風景が脳裏に浮かんだ。

うまいよなあ、コレ。


PA141170

なんとなく、短調になりそうな味わいなのだが、ポツポツと混入されている鶏そぼろが味わいに変化を添えて、ときどき、カマボコをクニクニと噛み締めることで小休止をはさんでみたりしながら、最後まで飽きることなく食べ進めることができた。
最後にはスープを全て飲み干してしまった。

これは、なんだか、懐かしさを感じさせながらも新しい。。いや、新しいのに懐かしいということだろうか。。
どちらでも、構わないのだがおいしいよね。

PA141168


日清リッチカップヌードル『贅沢とろみフカヒレスープ味』


リニューアル?マイナーチェンジ?

以前に発売された当初に食べていて、もう一度は食べてみたいと思っていたので買ってきた。
日清からリッチカップヌードルシリーズとして発売されている「贅沢とろみフカヒレスープ」。

今回、リッチカップヌードルシリーズとして発売されたのは、この「贅沢とろみフカヒレスープ」、そして新たなラインナップとして加わった「無臭にんにく卵黄牛テールスープ味」の2商品である。「無臭にんにく卵黄牛テールスープ味」は明日もしくは近日中に記事をアップする予定です。

やはり・・・。
「贅沢だしスッポンスープ味」は消えてしまったか。。僕なんて、スッポンを食べたことがないので、食べても本当にスッポンの出汁が利いているのかわからなかった。ちなみに、僕の周りいる貧乏エンジニアに対して聞き込み調査を行った結果、スッポンを食べたことのあるヤツなんて一人もいなかった。日本に、スッポンの味のわかる人間なんて、ほんのひと握りなのではないだろうか?
スッポンを食べたことがないのが悔しくてウジウジ書いているわけじゃありません。僕はですね、日本民族の民族性と特性から考え、スッポンスープはコケるだろうな~っと思っていたのです。
日本人って、カメが好きじゃん。うさぎとカメが競争する童話とかも好きじゃん。あと、あまり表には出てこない情報なんだけど、外国なんかと比べると、日本人ってペットにカメを飼っているが多いだってさ。そういえば、僕も飼ってますし。。。

いやいや、今回は「贅沢とろみフカヒレスープ」のおはなし。

PA060958

フタを開けると、粉末スープが多め。特徴的な香りなどは感じられなかった。

PA060962

熱湯を注いでから3分後にフタを開けると、粉末が多めな様子から予想していた通り、スープの溶け残りが目立った。それに、品名に「贅沢とろみ」とあるにも関わらず、スープはさらさら・・・。

PA060963

粉末スープが完全に溶けきるように、カップの下のほうからじっくり丁寧にかき混ぜてゆくと、徐々にスープにとろみが出てきた。麺を持ち上げると、とろみのあるスープにコーティングされた麺の表面がヌラヌラとしてうまそうだった。


PA060967

最後の仕上げに、香味オイルを投入するとうまそうな香りが広がった。
麺の戻し時間以上に、スープをかき混ぜるのに時間を使ってしまった為に、麺の食感が、かなり柔らかめになってしまったのは少しだけザンネンであった。

PA060968


スープを口に含むと、ほんのりとした甘味が旨味を引き寄せてくる。
そして微かにスパイスの刺激が感じられる。この、なんというか、さりげな~いスパイスの使い方の妙技は、日清のカップ麺の特徴の一つだと僕は思っているのです。

PA060970

麺をすするたび、ずろろろ~っとスープが着いてくる感じがいい!
僕はねえ、餡のかかったラーメンが大好きなんです。この商品は、餡かけ好きの気持ちをわかっていらっしゃる。気持ちを理解していらっしゃる。
僕は、ありがとー、と素直な気持ちをお伝えしたい。

もちろん、麺を食べ終えたあとでゴハンを投入して食べても最高にうまかった。

PA060975


あんがとーー

PA060976


近日公開予定『リッチカップヌードル無臭にんにく卵黄牛テール味』


PA060944



PA060945


 

カップヌードルKING、私ならば、このように食う


僕は、このようにしてカップヌードルKINGを食う。

・・・ってか、
子供の頃から親にも内緒で続けてきた内緒の食べ方をシェアしようではないか。

用意するのは、KINGサイズのカップヌードル。味は、各人のお好みでチョイスして頂ければいいだろう。
僕は、オリジナルの醤油か、シーフードが好きだ。

P9230610


まずは、フタを剥がす。
もう、必要ないし、中途半端にピラピラしていると邪魔なので全部剥がしてしまおう。

P9230612

ここまで書いて思い出したけど、、
前にブタメンで、同じような記事を書いたような気がするけど、微妙に違うから。

ここに熱湯を注ぐ。
時間をチェックする必要はない。
必要なのは経験とカンだけである。

P9230614

お湯を注ぐと、謎肉にタマゴ、エビ、ネギといった具が浮かび上がってくる。
さらに、その数秒後、、、

スープの表面に浮かんだ具を、さらに持ち上げるかのように、麺が浮かび上がってくる。

さあ、ここだ!ここが始めの食べどきだ。

グイっと、箸先を突き刺し、

P9230615

まだ、かたくてゴワっとした食感の麺を食う。フライ麺独特の香ばしさが感じられてうまいんだぜ。

おおっと、まちな、まだまだ続きがあるんだぜ。

P9230617

3分なんて、もともと、たいした時間ではないのだ。 
それでも、ぼーっと出来上がりを待つのではなく、敢えて食べ始めてしまい、徐々に完成に至るまでの変化を楽しむというのが、ここまでの趣向なのである。
子供のように純真な心で味わってみて欲しい。

じっさい、子供の頃の僕も大いに感動したことを憶えている。

そしてだ。
3分の2ほどまで食べたところで手を止めて欲しい。

はいっ、いったん、ここで放置します。
ホコリの混入などが気になる場合には、ラップをかけても構いませんので放置です。

最短でも30分、できたら1時間ほどは放置しましょう。

P9230618
 

そして、1時間後・・・
子供のように純粋な気持ちでカップを覗き込んでみましょう。

そして、ひと言!ご一緒に!

P9230620

「うわ、さっき食べたのに、麺が増えてるぞ!」

さっき食べたはずの麺が増えている。
まるで魔法のようではないでしょうか?
発売時には魔法のラーメンと呼ばれたカップヌードルの真骨頂であります。

いやいや、冗談とか遊びで、ここまで書いたのではないのです。
僕はね、長時間を放置して麺が伸びきってしまったカップヌードルも好きなんです。

大量にスープを吸って、ぶわぶわになって見た目は少しザンネンですが、食べてみると意外なほどにうまい。

例えるならな、鍋のスミのほうで忘れさられて数日間に渡り、煮込み続けられて原型のなくなったオデンのチクワブ、ハンペンのような味わいでうまいのです。


よーっし、
特別サービスだぜ!
シーフードヌードルもいっちゃうぜ。


P9220570



P9220574

お湯を注いで、麺が浮かび上がってきたら食べごろだ。

文句をいわずに食え。変化を楽しめ。
食べているうちに好みの麺になる。

P9220576





P9220577





P9220578





P9220581

あっ、さっき食べたのに、増えてるぞ

P9220583

作りたてで、アツアツの温玉のせたらサイコーにうまかった。

P9220586


P9220587

 

謎肉10倍、謎肉祭。カップヌードルBIGペッパーしょうゆ


おう、おう、
売れ過ぎちゃって製造が追いつかねえってんで、トムヤンクンヌードルの時のように販売停止になったらしいね。
BIGカップヌードル謎肉祭「肉盛りペッパーしょうゆ」。。

「ああ、これは、きっと売れそうね~」っと、
発売日に耳にした、コンビニの店員さんの言葉にピーンときて、みかける度に買い占めていたから、うちには、たくさんある。
小さな個人商店の軒先を借りて、これまでに全く脚光を浴びることのなかった商品と抱合せにして売り飛ばしてもいいくらいだ。

・・・なんて、ことを考える下賤な方もいらっしゃるかもしれませんが、、
僕は、違いますからね。


うん、そう、そう、さらに増えて20個もある。
真っ赤なオハナのトナカイさんの背中に揺られながら、
世界中の愛に飢えた子供たち、ひとり、ひとりに手渡しで、謎肉を一粒ずつ配り歩きたい!
楽しみだな、クリスマス。

僕にとってのBIGカップヌードル謎肉祭「肉盛りペッパーしょうゆ」とは、愛なのです。。

愛なのです。

P9130398

謎肉10倍!!
・・・っと、ありますが、一時期、製造販売元の日清では謎肉に代わって「ダイスミンチ」という呼称を定着させようとしているように見受けられたのは気のせいだったのだろうか?
謎肉というのは、元々は、なんの肉だかわからない謎の肉というところから来ていて、一部の心無い人々の間では「食用ねずみ」とか「食用ミミズ」などという都市伝説クラスの噂が吹聴されていた。このプチネガティブな噂に対するカウンターとして「ダイスミンチ」という呼称を定着させようとしたり、ダイスミンチをやめてコロチャーに変更しようとしたと僕は認識していた。なんだか寂しい思いをした。

よかった。ありがとう。謎肉を残してくれて。。

そして、僕らのカップヌードルには謎肉じゃないとダメなんだ。

P9130399

紙フタをペリペリと剥がし、わくわくとしながら中を覗き込むと、
おおおおおおお、祭りじゃ、ほんとに祭りじゃい。

乾燥した状態の謎肉がゴロゴロと入っていらっしゃる。



P9130400

お湯を注いでから3分後、なんとなく存在感をました謎肉。

P9130407

ところで、「ペッパーしょうゆ」とは如何なるものかと考えつつ、
謎肉の間から麺を引き上げ、一口すすると、うん、いつも食べ慣れたレギュラーの醤油味。ひとによっては、カップヌードルORIGINなどと読んだりするヤツ。

高校時代の昼休み、
2度目の高校2年生を謳歌していたA君が、「コンビニまで行って、カップヌードルを買ってくれ給え」とT君をパシらさせたとき、
T君なりに気を使って「カップヌードルといったら、シーフードが一番うまいっすよね。えへ、えへへ、、」と言って、シーフードヌードルを買ってきたT君に対して、
「バカヤロウ!これはシーフードヌードルだ!カップヌードルといったらカップヌードルだろ!取り換えに行ってこい!」
自分では金も払わないクセに激怒して、取り換えにまでいかせたA君のカップヌードル。

アレだよ、アレ。

そういえば、T君はパシらされる度に独自の解釈によって、ナゼか、いつも頼まれたものとは異なるものを買ってくるのであった。
アサリのカップ味噌汁を買ってきてくれと頼まれたはずが、なぜかシジミの味噌汁を買ってくる。
そして、
「アサリよりも、シジミが体にいいって、うちのオヤジが言ってて、うちは毎朝の味噌汁がシジミっす。」
とか、堂々と確信犯的に開き直るのであった。

そんなT君は、我がクラスの学級委員長であった。

P9130408


麺をガバっと引き出し、謎肉を麺の下に沈める「天地がえし」の技を使うことによって、謎肉の出汁がスープに行き渡るような気がした。

P9130410


麺を食べ終えたならば、残ったスープと具をチマチマと楽しむ通称謎肉タイムへと自動的に移行する。
いつもであれば、謎肉との間にエビやタマゴが挟まれるのであるが、ずっと謎肉が続く。

謎肉を一粒齧って、スープをクピっ、また謎肉、スープ・・・
うーん、ずっと謎肉。

ちょっぴりメンドクサクなって、謎肉を2、3個をまとめて口に入れると、肉の味が濃厚に口の中へと広がる。
うまいね。


あのさ、
45周年で謎肉10倍ならば、50周年には、エビ10倍を楽しみにしている。
大きなエビをたくさん入れてください。


☆近日公開予定の記事の紹介
 
おいおい、明日から3週間くらいは、毎日、謎肉祭りに決まってるじゃん。

 

コイケヤのチキンラーメンポテトスナックは替え玉やトッピングにしても違和感のない完成度だというから。



いい加減に背景である作業机を片付けろと・・・

P8250141


話題にするには、既に出遅れて今更な気がしますが、勇気を出していってみよう!
オー!

コイケヤのチキンラーメンポテトスナックが、トッピングや替え玉にしても違和感のない再現性の高さだというので実際に試したくなってしまった。

P8250143


まず、単体でポテトスナックを味見してみた。
うーん、、あまりチキンラーメンらしくもないような気がしたのだけれど、これはこれでうまい。
あっさりしていて飽きの来ない味ではないか、ポリポリ。

P8250142

替え玉のベースになるチキンラーメンをつくろう。ぽりぽり、ムシャムシャ。

P8250145

完成したぜ。むしゃむしゃ・・・

P8250146

あっ、、、

P8250147

チキンラーメンが出来上がる前に、ポテトスナックをほとんど食べてしまったことに気がつき愕然としながら、替え玉ではなく、トッピングに作戦を変更。。

P8250149

ちびっとしか残ってなかった。

P8250150



そのまま食ったほうが、絶対うまいよ。

マルちゃん『ごつ盛りワンタン醤油ラーメン』を食べたでヤンス。


いつの間にか、200円オーバーの価格で販売されるカップ麺が当たり前のようになってしまいましたが、

100円未満の価格帯で販売されているローエンド商品ながら侮れない実力を秘めた『ごつ盛り』シリーズは、ガンダムでいうところのジム的な商品である。

ごつ盛りワンタン醤油ラーメンを食べてみた。

P8051174

うん、うん、、

P8051175

ほうほう、、
粉末と液体のダブルスープの商品である。


P8051176

具のワンタンを、よく見て欲しい。
なんと、ワンタンに具が包み込まれているのである。

素晴らしい。税抜き85円で買ってきたカップ麺に入ったワンタンに具が包み込まれているのだ。

P8051177

僕は、さらにリケンの本かつおだしを混入させていただいたのであった。
これさえあれば・・・チープなローエンドカップ麺が、ハイエンドな味わいに変貌するのである。

ザクに対するサイコなんちゃらデバイスのようなものである。

P8051178

豪快にスティック1本ぶんの粉末だしを混入した。

P8051179

完成!

すごく美味しい。


P8051182

今日のガンプラ。。。
ジム・・・

僕にはセンスがないのかもしれない。
ネットの動画で知ったネタをイロイロと試そうとするほどに、ザンネンな結果へと・・・


あと、
朝、起きたら頭の部品がなくなっていて見つからないんだよ!
気になって、ブログの更新どころでないというか、うわのそらでの更新ですた。

すまん。

P8051185


サッポロ一番の名店の味シリーズ『福島白河とら食堂中華そば』



昨日の記事のタイトルへんなの。。



ポケモンGOにハマっているわけではないのですが、
さいきん、なんでも最後にGOと付けておいたほうがいいような気がするGO。


暑いですよねえ。
さいきんは、冷やし茶碗蒸しかけゴハンが主食になっています。

・・・

はああああああああああああああああああああああああああああああああ。

いつもの更新時間を前に、頭の中が真っ白で、まったくネタが思いつかないのです。
 
こんな時には、、
画像フォルダからテキトーに未使用の画像を貼り付ける。

P7090452

サッポロ一番の名店の味シリーズ『福島白河とら食堂中華そば』。
これは、うまかった。でも、ちょっと納得のゆかない部分があって、放置をしているうちに記事にまとめる機会を逃してしまったのであった。

カップをみると、「手打ち風めん」とあるのですが、カップ麺のフライ麺で、生麺風を飛び越えて手打ち風に至るという冒険心溢れるチャレンジですね。

でもさ、、

P7090453

厚みのある平打麺で、、
これって、ウドンではないだろうか?

美味しかったです。

P7090455


スープは、動物と魚介のバランスの取れたじんわりと深いあじわい。
かやくのキザミメンマにキザミチャーシューにネギ・・・。

P7090456


これって、ほんとにおいしかったけれど、、
なんだか前にも食べたことがあったような気がして、前に他の店名で発売した商品の麺を変えただけかも?
なんとなく、くじら軒の醤油ラーメンだったような気がして、モヤモヤして記事にでなかったのでした。。

よっしゃ、セーフ!


いつもの更新時間の3分前なのでした。(おしまい。

イカニボ?明星・麺の底力『烏賊煮干醤油』を食べてみたのだ。


2016年は、イカニボがアツい!
・・・かキャッチフレーズ。。いま、流行ってんのかな?

たしかに、インスタントラーメンや焼そばなんかに、お好み焼き用の細切りのスルメなんか入れるとサイコーにうまいですよね。

P7180704



明星・麺の底力『烏賊煮干醤油』
発売直後から気になっていたのですが、なんとなく手を出せずにいたのですが、値引きされてドラッグストアに売られているのをみつけて買ってきました。

P7180695


フタをあけると・・・
うーん、なんだか平凡な具です。ネギ、玉子、肉かな。。
麺は断面の丸い細麺。

P7180701

驚くのは、このあと・・・
お湯を注ぐと、イカの美味そうな香りが部屋中に漂う。これ、職場なんかで食べると確実にイカの香りテロへの認定間違いなしです。

カップとフタの隙間に鼻を近づけて、香りを堪能した3分間。。

P7180705

調味オイルを混入すれば完成。

P7180706

 
食べ始めて、気がついたのだが、
あまりイカの香りがしない。

出来上がりを待つあいだに、香りを嗅ぎすぎて鼻が慣れてしまったのか・・・

うーん、、
香りに慣れてしまうと、シンプルで平凡な醤油ラーメンとしか表現しようのない味わい。
麺の食感も面白くないし・・・。

P7180707


食べ進みながら、これは、もしかして、うまい家系ラーメンの法則の逆パターンなのではないかと思ってしまった。
うまい家系ラーメンの店は物凄く臭い。(現在は色々と工夫されて、それほどでもありません。)
そして、うまい家系ラーメン屋にゆくには地図は必要ない。おおよその場所がわかれば、あとは匂いを頼りに辿り着けるのだ。ときには道ですれ違った歩行者から漂う濃厚な豚骨臭から進路を見極めることもある。

店の前に立っても、入店を躊躇う豚臭。。それでも、注文を済ませてラーメンが運ばれてくる頃には鼻が慣れてしまうのか全く気にならない。


そうそう、このカップ麺では、香りに鼻が慣れてしまうと、つまんねんだよなー。



P7180702

 
次回予告。
北極ラーメンにはバター入れてる?

P7180708

 

 

これって二郎系??エースコック『ニンニク・ヤサイ入り豚骨醤油ラーメン』


エースコック『ニンニク・ヤサイ入り豚骨醤油ラーメン』なんだけど、、
うーん、、
ニンニク、ヤサイのロゴが、なんとなく二郎系というか・・・
二郎ものまね系を連想させる。

「ニンニクいれますか?」
「ヤサイ、マシマシ、アブラ、カラカラ」

ラーメン二郎は好きですが、あの独特のコールが苦手というか馴染めない。

あれって、なんか変ですよね?

まずさ、「ニンニクいれますか?」と聞かれて、「ヤサイマシマシ」はないだろ。。

「ニンニクいれますか?」と聞かれたならば、社会人の常識として、まず「はい」か「いいえ」で答えるべきではないだろうか?

店「小豚のかた~ニンニク入れますか?」
客「はい、多めにお願いいたします。あと、野菜とアブラも多めで味も濃いめでお願いします。」

だよな??


・・・・・

このカップ麺を食べた感想だけど、
二郎系をカップ麺で表現するのは諦めろって、思った。
あの味わいと雰囲気をカップ麺で表現するのはムズカシイだろ。
ってか、不可能じゃん。

P6270110





P6270109

続きを読む

サッポロ一番『極出汁あさりガーリックバター風味醤油ラーメン』が売っていない


これ、食べたら気に入って、もう一度買ってこようと思っていたのですが・・・

どこにも、売ってねえよぉ~。


サッポロ一番のカップ麺の新商品『極出汁あさりガーリックバター風味醤油ラーメン』。。

あのね、、本気で『これは!うめえぞ!』って思ったものは3回食べてからブログに書くことにしている。なんとなくね、グルメ系のブログを見ていると、ネタにするのは一度だけという流れがあるような気がしているのです。特にカップ麺をレビューしているブログから強く感じるのです。

ネタにするのは一度だけ、常に新しい商品を追い求めるのが義務のような流れ・・・僕は嫌いだな。

それでも、流行りというかニーズを考えて、同じものばかりをネタに書いていちゃいけない。。

だからというか、、気に入ったものは3回食べてから記事にすることにしている。
なんだか、自分でも何を書いているのかわからなくなってきたので先に進みます。

売ってない!売ってない!売ってないんだ!

サッポロ一番の『極出汁あさりガーリックバター風味醤油ラーメン』が売っていないんだ!

P6010106


うまいんだよ。

続きを読む

ほどよい煮干だね。『ご当地最前線 新潟燕三条系煮干しょうゆラーメン』を食べてみました。


エースコックのカップ麺。
『ご当地最前線 新潟燕三条系煮干しょうゆラーメン』というのを食べてみました。
(これも長いタイトルのついたカップ麺だな。。)
これまでに何度か煮干の出汁を売りにしたカップ麺を食べてきたけれど、あんまりウマいと思えたことってなかった。どれもさ、煮干のエグ味が出てしまっていて・・・本当にうまい煮干スープにはエグ味はないと思っているのは僕だけでしょうか?

煮干のエグ味とか、豚骨のツーンとした刺激臭って、ありがちだけれども、なくてもいい。煮干や豚骨の調理を極めたような老舗の人気店にゆくと、エグ味も刺激臭も感じられない。それなのに、どうしてカップ麺で、それを再現してくるのだろうかと不思議でならなく思っているのだ。

完璧を目指すよりも、多少のリスクにはなっても、わかりやすい特徴を残したほうがクチコミで噂が広がりやすいからだという意見があるようだけれど・・・
・・・いや、いらないから。。


これもね、正直、あまり気は進まなかったのだけれど、他に食べてみたいと思えるような新商品がなかったので買ってきた。


P5191309

ご当地最前線・・・おおおお。
でも、だからなんだと、、何が、って思ってしまう。

素直になれない僕のようなヤツの為にか、

カップの下の方に小さな文字で説明が書いてある。


P5191304

太麺に絡む、背脂の浮いたまろやか煮干醤油スープが最前線!!
ほうほう、、新潟の燕三条に住む親戚は、もう何年か前の時点で既に飽きたといっていたのだが、未だに最前線で有り続けているのか。。すごいじゃん!

ラーメンの流行りって、回転が速いですよね。たとえば、家系だとか淡麗系とかガツン系とか人気のジャンルが現れると、それを模倣したような店が次々に乱立し始めて、ほんの数年のうちに淘汰されていってしまう。


P5191306

新潟燕三条系というのは、僕の地元における横浜家系のようなものなのだろうか?

続きを読む
カスタム検索
広告
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
某弱小メーカーに勤めるエンジニアです。趣味はB級グルメを中心とした食べ歩き&電子工作。その他、読書、コミック、ダイエットにも興味があります。昨年に生まれて初めて経験した痔の痛みが未だにトラウマとなっています(泣)
ギャラリー
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • マルちゃん焼そばに目玉焼き
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • 日高屋で味噌ラーメン半チャーハン
  • マヨキムチ牛丼こそがトッピング牛丼の真髄なのである。
  • マヨキムチ牛丼こそがトッピング牛丼の真髄なのである。
鎮痛・解熱