僕と磁石と乾電池

断捨離中毒。焼そばおいしい。

⇒なか卯

ようこそ!
ブログ版『僕と磁石と乾電池』です。
ネット上では《猫なーめん》と名乗っていますが、どちらかといえば犬派です。

《猫なーめん》の由来は某ラーメン店店員さんの言い間違い(汗。
⇒詳しくはブログ内の参考記事をどうぞ!

食べログのレビュアーに登録しました。
マイページはこちら⇒http://tabelog.com/rvwr/nekofile/
食べログのブログランキングにも登録してみました。
ぽちっと、よろしくお願いします。
食べログ グルメブログランキング

なか卯の「蒸鶏と生姜のあんかけうどん」

そういえば、昨日は記事の投稿を休んでしまいましたが、はい、僕は元気です。
昨日の朝、マンネリ気味ないつもの様に松屋ネタを投稿しようと思ったところで、松屋が「ビーフシチュー定食」の販売を休止するというネット記事が目に着いて…

理由は“好評につき原料の供給が間に合わず”だという。

少し前に、牛鍋が好評で豆腐の供給が間に合わず、豆腐を使った全メニューを休止とかやっていたよね。

はぁ?
へぇ、またか?

実際には売れ行きが伸びなかったから、一旦販売を休止して「好評につき」「原料の供給が〜」というニュースを流して仕切り直しかな?

この前の、オリジナルカレー販売終了から創業ビーフカレーのレギュラー化までの流れから、なんとなく松屋にモヤモヤとした不信感が芽生えていたのだが…

松屋の広報活動ってさあ。
わざと開店時間を遅らせたり、店内の席数を減らすことで意図的に行列を作ることで人気をアピールするラーメン屋みたいだよね。
 
なんだかシラケてしまった。

そんな訳で、松屋を通り越して『なか卯』へと行ってきた。

店頭に貼られたポスターの中から、寒い今の季節にピッタリなメニューを発見。『蒸鶏と生姜のあんかけうどん』である。

2019-12-28-08-08-33

『蒸鶏と生姜のあんかけうどん』をミニ親子丼のセットでオーダー。

ついでに書いておくが、リニューアルしたという牛丼のビジュアルが「すき家」とそっくりだよね。近いうちに確認しにゆこう。あと「和風牛丼」はなくなってしまったのか?


2019-12-28-08-08-12

生姜のあんかけ…といいながら、おろし生姜が別皿で提供されたのを見て、思わず首を傾げてしまった。ネット調べによれば、 生姜には「加熱をすると成分が変わる」特徴があり、生の時に含まれているジンゲオールは熱を通すとショウガオールに変わり、身体を温めてくれるという。

これは、「あんかけ」に入れて加熱して貰ったほうが嬉しいのだが…

2019-12-28-08-08-55

なぜ生姜が加熱されていないのだ…などとブツブツボヤいていてもしょうがない。ツユが冷めてしまう前に全量投入だ。

2019-12-28-08-09-26

軽く掻き混ぜ、グイッと麺を引き上げるとトロトロの「あん」が麺にからむ。ここで気がついたのだが、ツユの全体にトロミがつけられているのだ。
普通は「あんかけうどん」といえば「かけうどん」にトロミのついた「あん」がかけられているものという認識だったのだが…日高屋の「五目あんかけラーメン」だって、醤油スープの注がれた麺(かけラーメン?)の上から具の入った「あん」がかけられているよな。

対して、なか卯の「蒸鶏と生姜のあんかけうどん」の場合、ツユ無しでタップリの「あん」が麺にかけられているのだ。驚きであった。
「カレーうどん」というと、「かけうどん」の上からカレーがかけられているのが一般的だという認識のところに、ツユ無しの「うどん」にカレーがドバっとな感覚である。

ふむ、なか卯は「京風うどん」の店ということだから、京都周辺で「あんかけうどん」といえば、これが普通なのだろうか?たいへん気になるところである。

気になる味は…控えめにいっても凄く美味しい。トロトロ熱々だぞ。今の季節に熱々だけでも最高なのに、その上からトロトロなのだ。

あれっ、もしかして「あん」には元から生姜を風味付されていたのかな?少し味見してから「おろし生姜」を入れるのであったと少し後悔。

うーん、なか卯らしい優しげな味わい。ヤワヤワな「うどん」は最高だよなぁ。カラダがポカポカだよ。半分ほど食べ進んだあたりでジンワリと汗ばんできた。

また食べにゆこうと思う。

2019-12-28-08-09-43

もちろん、親子丼も最高であった。

2019-12-28-08-08-25








なか卯の『牡蠣とじ丼』に『こだわり卵』です。

今年も始まったね、なか卯の『牡蠣とじ丼』です。
昨年は、ちょっと牡蠣の旬には早過ぎる様な時期に発売された記憶があるけど、今年は11月に入って丁度良い季節かな。

先日、『鶏塩うどん』を食べたときに貰った無料クーポンを活用して『こだわり玉子』を付けてみた。『唐揚げ』にするかとも悩んだのだが、鶏と牡蠣とが口の中で喧嘩しそうな気がして『こだわり卵』にしたのである。

2019-11-09-10-22-26

牡蠣とじ丼には、ゴロンとした牡蠣フライが3個。
うーん、やはりな…玉子でとじきってないではないか。
玉子好きな僕としては、もっとキッチリとじきって欲しいよ。

2019-11-09-10-22-34

そんなわけで、『こだわり玉子』の出番です。

2019-11-09-10-23-28

とろ〜ん、
玉子好きにはたまらん!

2019-11-09-10-23-49

正直に書くと、生卵をプラスしたせいで薄味になってしまったけど、代わりに牡蠣フライの味が際立ったというか…牡蠣フライの下味が強めだな。
気にならなかった。

2019-11-09-10-26-26

それに、去年よりも牡蠣が大振りに思えたのは気のせいだろうか。

2019-11-09-10-26-55


今年も!なか卯の鶏塩うどん始まる。


毎年、販売開始を楽しみにしていて、今年もそろそろかなぁ〜なんて思っていたら、もう既に『鶏塩うどん』の販売が始まっていた。

最寄りの『なか卯』の前を通りかかりに店内を覗き込みながら、
「なんか、やっぱり、ここの“なか卯”って猫背率が高いよな。」
などと思いつつ、店頭に貼り出されたポスターを見て驚いた。
もう、既に『鶏塩うどん』が始まっているじゃん!
早速、僕も店内に入り、猫背仲間に加わることにした。

2019-11-03-09-30-27

店内に入った僕は、鶏塩うどんとミニ親子丼の食券を購入して空いていたカウンター席に腰を下ろして周囲を見回す。

カウンターと椅子の高さが合っていないのだろうか、やはり前客は皆、背中を丸めた姿勢で食事をしているように見えるんだよな。

2019-11-03-09-29-11

『鶏塩うどん』は味が強めなせいか、一緒にご飯物が欲しくなるのだ。それで本当はライスが欲しかったのだが、券売機の液晶画面を探しても見付からなかったのでミニ親子丼セットの食券を購入した。

だが、暫くして、鶏塩うどんを食べていた女性客が口頭でライスを注文して現金で支払うのを目撃することになるのだった。

あぁ、あの手があったかよ。次は僕も真似をしよう。

2019-11-03-09-29-18

親子丼に七味をたっぷり。
ここに納豆をのっけても美味いよなあ。

2019-11-03-09-30-09

鶏塩うどんは、鶏と節の出汁が合わさり旨味が濃厚。さらに鶏油のコクと香りが加わり最高なのだ。
そこに、小袋で添えられてくる黒胡椒を振りかけると、ピリリと味わいが引き締まって超最高な味わいを発揮する。

2019-11-03-09-30-31

この超最高なスープに合わせる麺といえば…
ふにょーん、とコシがなくってヤワヤワな京風うどんなのである。
以前は、ここに極細な中華麺を合わせたらどうなんだろうと思ったりもしたけれど、もうね、毎年食べ慣れて擦り込まれ捲ってますから…ふにょーんなヤワメン以外じゃ食べたくないですからね。

2019-11-03-09-31-24

そして、ひさびさに無料券をゲット!
『こだわり卵』と『唐あげ(2個)』の無料券である。

『こだわり卵』は、鶏塩うどんにトッピングして月見にするのだ。『唐あげ』は親子丼にトッピングかな、鶏塩うどんにトッピングしても美味しそうだよな。


2019-11-03-09-41-13

そして楽しみが増えたな。
11月7日から『牡蠣とじ丼』が発売ですよ。


2019-11-03-09-41-18

なか卯の朝そば温たまセット


土曜だ!休みだ!

天気よーし!
なか卯の無料券が財布の中にあるのを確認したなら、休日の日課としている早朝ウォーキングに出発である。

本日の目的地は“なか卯”である。

うん、毎朝の様に通い続けて見慣れた風景、
これって本当にウォーキングかよ?早朝から落ち着きのない食いしん坊ってだけなんじゃね?

そして、てくてく歩くこと10分弱で到着。
今朝のターゲットは『朝そば温たまセット』(390円)である。以前から、なか卯を美味しいと思うがコスパがサイアクだとディスってきたのだが、朝そばに白飯と温玉がついて390円というのは、なかなかのハイコスパではないか。

2019-04-20-05-59-31

さらに、前回に貰った無料券を使って唐揚げ2個を追加して貰った。
この無料券の有効期限が今月末に迫っているからか、みんな使っているね。前客、後客、みんなが唐揚げを貰っていた。ただ、カウンターの対面にいた女性客だけが貰えず、なんだか、さびしそうだった。

うん、もう全員に配っちゃえばいいのにね。

2019-04-20-05-59-47

なか卯の『朝そば』である。
揚げ玉とカマボコがのって、刻みネギが添えられている。
京風?なか卯風にいうなら『はいからそば』であって、関東風にいうなら『たぬき』だよね。

2019-04-20-06-00-16

細くて白い蕎麦で、啜るために顔を近づけると小さく黒い星がプツプツとあるのがわかる。
ツユはキリリと濃い口醤油の効いた江戸蕎麦風で、淡い味付けで出汁の風味を活かしたうどんのツユとは正反対の印象を受ける。

2019-04-20-06-00-57

温玉は、白飯の上にオーン!

2019-04-20-06-01-48

さらに、2個ある唐揚げの1個をのっける。

2019-04-20-06-02-00

そして、朝そばにも唐揚げをのっけて、
うきうき幸せ気分の朝飯タイムを満喫したのであった。

2019-04-20-06-02-11


地震前兆現象の研究家である百瀬氏のブログにて、地震の前にはコンパス(方位磁針)が狂うということを知った。
なるほど〜それなら…と、昨夜のうちにアイデアを思いつき、さっそく秋葉原にパーツを買いにゆこうと思ったのだが…

あぁ、昨日の昼にアマゾンへ発注したコンパスが届くのだった。遠出は控えるべきか、アマゾンさんをすっぽかすか…

なか卯で“朝そば”


このところ、仕事が急激に忙しくなった。

やってらんねぇ〜
なんだか疲れが取れねぇ〜

なか卯の朝食に“朝そば”というのが加わったらしいということで、ちょこっと寄り道。

注文したのは、朝そばの温たまセット
寝惚けまなこで、券売機の画面をよく見ずに注文してしまったのだが、汁そばに温たまが載っているのかと思ったら、朝そばに白飯と温たまのセットであった。

2019-04-04-05-48-56

うーん、
朝そばというが…関東における“たぬきそば”であった。なか卯的には“はいからそば”かな。


2019-04-04-05-49-10

濃口醤油がキリリと効いた関東風な味わい。

2019-04-04-05-49-45

元々は、温たまを朝そばにのっけて食べるつもりであったのだが、ここは白飯にのっけて醤油をちょろっとたらす。

2019-04-04-05-51-19

食ったぁ。
腹いっぱいだよ、帰って眠りたい…

【 #新メニュー 】炭火焼き親子丼【 #なか卯 】


前から思うのだが…
ライブドアブログのアプリから画像をアップロードするのって、時間がかかり過ぎじゃね?
僕の場合、一日の内でブログに関わる時間は長くても30分程度であって、だいたい15分から20分くらいなんだけど、そのうちの半分くらいは画像をアップするためにかかっている。ときには、画像のアップが終わる頃にはヤル気がなくなって投げ槍な気分になっている。

ブツブツ愚痴を吐きつつ…

久しぶりの『なか卯』である。
『なか卯』って、なんていうかコスパが微妙じゃないですか。それで、だいたい僕が利用する『なか卯』の近くには『日高屋』があったりするもんだから、『日高屋』に行っちゃうよなぁ。

…と、いう言い訳!

うん、近頃の僕は『なか卯』に対するチェックが甘々になっていたと反省している。コスパうんぬんはともかく、気づかないうちに面白い商品が発売されているんだよな。

『炭火焼き親子丼』って、なんだこりゃあ、

2019-03-30-06-22-20

炭火焼き親子丼…
通常の親子丼とは異なり、一つ一つを炭火で焼き上げた鶏肉が使われているという。

2019-03-30-06-22-39

なんか…鶏肉のフチが黒く変色しているのがグロめいているような気がする。
でも、こいつを口に入れると、ふんわりと薫香が鼻腔に抜けてゆく…うまい!なんだか新しい!でも、なんだか馴染み深い。

居酒屋で飲んだ帰りに、お土産で持ち帰ったヤキトリを翌朝にタマゴでとじた親子丼の味じゃん!(あたりまえだな。)

2019-03-30-06-25-15

 #なか卯 鴨そば

あぁ、大晦日に食べた年越し蕎麦の話かな。
…今頃?
ふう〜ん、なか卯で食ったんだな。

なんて邪推したアナタ!違います!

そういえば…
大晦日に年越し蕎麦は食べたっけ?

蕎麦の買い置きを忘れていたことに気がついて、コンビニへと向かったのは確かなんだが…

代わりに“中華まん”と“おでん”を食べたことは、はっきりと憶えている。大晦日は早い時間からぐだぐた酒浸りだったから、コンビニへ到着する頃には目的(年越し蕎麦)を忘れちゃったんだね。

そんな訳で、改めまして…
年越しちゃいました蕎麦を“なか卯”で頂くことに。

2018-12-07-05-43-39

昨年の秋頃だったかにきがついたのだが、なか卯は京風うどんも美味いのだが、蕎麦だって負けずに美味いのだ。そして、“うどん”と蕎麦とでは、ツユが別物なのである。

出汁の効いた優しい味わいの“うどん”に対して、出汁とカエシの醤油がキリリと効いた蕎麦のツユ。関西風の“うどん”に対して、蕎麦は関東寄りの味付けでということだろうか。関東産まれの関東育ちとしては嬉しい演出。


2018-12-07-05-43-44

それでもって、なか卯の『鴨そば』が美味い。
ツユに溢れ出した鴨肉の旨味、鴨肉の脂が舌にほんのりとした甘みを感じさせる。柚子の風味が爽やかなアクセントとなっている。

蕎麦は、ツルツルと舌触りが良く、プツプツと歯切れがよい。ほんのりと蕎麦の香りも感じられる。


2018-12-07-05-44-10


具材も豊富。
鴨肉

2018-12-07-05-48-02

つみれ

2018-12-07-05-48-19


次回は、鶏塩うどんでも…
いや、鶏塩そばなんてのもやって欲しいよな。

牛とじ丼の小うどんセットに無料唐揚げ2個 #なか卯


今朝こそ、真面目にブログを書こうと思いながら…
既に、お昼だね。
だって、近頃は毎朝が寒くって、布団の中から手を出してスマホを手にするだけでもキツいのに、ブログを書き始めるなんて…

ふと、気がつけば12月だった。
そして気がつけば、なか卯で配布されていた無料券の有効期限が終了していたのがショック!11月30日までだったのだ。“唐揚げ2個”と“こだわりたまご”の無料券が無効になってしまった…日高屋のモリモリサービス券を紛失した時よりもショックが大きいぞ。

無料2個唐揚げのない、なか卯なんて…
もう、なか卯なんていかないかんな!
 
そんな訳で…保留になっていたネタをアップしよう。

賢明な読者は既にタイトルから察していることですが、“なか卯”で“牛とじ丼の小うどんセット”が美味しかったよ。

2018-11-11-08-39-37

牛とじ丼
初めて食べてみた。
2018-11-11-08-39-57

小さいサイズの“はいからうどん”…関東では“たぬきうどん”。そして大阪出身の友人は「“はいから”なんてカッコつけてるけど、素うどんやんか!」と怒り始める。

あと、今はなき、無料の2個唐揚げ…

2018-11-11-08-39-49

“牛とじ丼”に、2個唐揚げをのっけてしまう、はしゃぎっぷりが、我がことながら大変に微笑ましいなあ。


2018-11-11-08-40-48 

なか卯の唐揚げって…コロモが竜田揚げっぽいけど、竜田揚げじゃないの?

美味しいよね。美味しかったよね。
 
2018-11-11-08-41-02

牛とじ丼って、親子丼のように具材が肉オンリーじゃなくって、シラタキや長ネギなんかが入って豪華な感じがするよな…と思ったのだが、これはヨウスルニ、なか卯の牛丼(和風牛丼)の玉子とじなんだよね。


美味しいから、文句ないです。


2018-11-11-08-44-44

なか卯の新作『牡蠣とじ丼』に『小はいからうどん』


肉も好きだが、
実は、ちょっぴりだけど魚に海老に貝といった魚介のほうが、肉よりも好き!

今月(11月)に入って、なか卯から『牡蠣とじ丼』が発売された。
牡蠣フライって、うまいよなぁ。でも、アタリとハズレの差が大きく感じるのが牡蠣フライであって…食中毒的なアタリじゃなくって、美味いのは凄く美味いのだが、そうじゃないのは…って意味。

何年か前に、某所で注文した『牡蠣とじ丼』で、思いっきりバズレを引いた経験があって、なんとなく躊躇いながら食べてみることにした。

IMG_20181102_060659

もしもハズレを引いたときのガッカリを緩和するために、小うどんセットに無料券2個唐揚げで周辺を固めてみた。

2018-11-02-05-47-04

多少、落ち込んだときでも、出汁の利いたヤワヤワな“うどん”を食べれば、“ほっこり”できる。

2018-11-02-05-47-36

そして、主役である『牡蠣とじ丼』をまじまじ観察。
おお、前日にマルエツの惣菜売り場で観たものよりも大粒な牡蠣フライが3つも載っている。

そして黄色が鮮やかな玉子からは、火の絶妙な通り加減がうかがえる。

美味い!
これは絶対に美味いヤツだ!観ただけでわかる。

2018-11-02-05-47-16

まずは、楽しみは後回しに、玉子の部分から食べる。
出汁ツユと玉子のハーモニーに、タマネギの甘味と柔らかな食感が合わさり、たまんねえやっ!止まんねえやっ!

2018-11-02-05-48-51

思わず、牡蠣フライを抜きに飯を3分の1ほど食べ進んでしまったところで、牡蠣フライを箸先で持ち上げる。結構、ずっしりとしたボリュームが感じられる。

その牡蠣フライを口元に運び、歯を当てると、サックリ、しっとり…おおー!絶妙な“とじ加減”がわかる。

コロモの中の牡蠣は、もちもち、ぷりぷり、じゅわんっとジューシー…大当たりだぜ!

2018-11-02-05-49-24

夢中になって食べ進んで、フィニッシュの寸前で唐揚げの存在を思い出した…

唐揚げも好きだけど、無料牡蠣フライサービス券を出してくれないだろうか。そうしたら、毎日1日に2回は通うのだが?

2018-11-02-05-51-31

今更ですが、最近になってインスタを始めました。

海老かきあげそば@なか卯


日曜日ぃ〜♪
ちゃっ、ちゃ、とお出かけ、遊びにゆこう。

そんな訳で、サクッと更新を終わらせよう。

ちょっと気になることがあって、なか卯で温かい蕎麦をツルツル

気になっていたこと、というのは“そば”と“うどん”で出汁ツユの味が違うよね。なか卯って。

2018-10-21-07-00-52

優しげで「ほっ」とする味わいの“うどん”に対し“そば”は醤油のカエシがキリリと利いた関東風というのだろうか、とにかく東京下町育ちの僕には好みな味なのだ。

2018-10-21-07-01-30

蕎麦は、色白だが、黒く小さな星がぽつぽつと見られる。
ツルツルと滑らかな食感で、プッツリとした心地良い歯切れのよさ。

2018-10-21-07-01-58

下手な蕎麦専門店よりもレベルが高いのではないかと思ってしまう。都心にゆけばファスト蕎麦の名店が多く存在するが、それらとだって良い勝負になるんじゃないのか。

是非にも、ファスト蕎麦業界にも進出して欲しいレベル。

2018-10-21-07-03-19

ちょっぴり残念なことは、温かい蕎麦のメニューが少ないこと。現在は「はいから(たぬき)」と「海老かきあげ」の2種類しかない。

それでも、「海老かきあげ」はうまいよ。
「海老かきあげ」は、“海老”と“たまねぎ”がメインの具材で、あとは“インゲン”の緑と、“ニンジン”の赤が目を惹く。

2018-10-21-07-03-52

えび!

2018-10-21-07-04-05

たまねぎ!インゲン!

2018-10-21-07-04-49

また食べにいこっと。

プレミアムカレーうどんセットに無料2個唐あげ@なか卯


AmazonのKINDLEからダウンロードしたままで、未読の電子書籍がスマホの残容量を圧迫…

電子データは場所を取らないから助かるよね〜などと調子にのってダウンロードしたのがまずかった。
土日は読書三昧で過ごすかな。

さて、なんだか、不思議なくらいに、
カレーが美味しい季節ですね。ついつい毎日食べてしまう。

鶏塩うどんに生卵を落としてツルンっと食べようと訪れたはずの『なか卯』で、うっかり『プレミアムカレーうどん』をポチッとな。

正確には、『プレミアムカレーうどん』にライスが付いた『プレミアムカレーうどんセット』の食券を購入して、ついでに無料サービス券を使って『2個唐あげ』を付けてみた。

2018-10-22-06-00-41

無料2個唐あげ
本当は、無料券を2枚だして4個“唐あげ”にしようと思ったけれど、無料券の使用は一度に1枚までなんだとか…
2個でも嬉しいからいいか。

2018-10-22-06-00-49

“プレミアムカレーうどん”に七味をパパっと。

2018-10-22-06-01-22

カレー汁の下から、相変わらずヤワヤワの“うどん”をグイグイと引き出して、ズボボとすする。

やわやわふわふわ、
カツカレーとは違って、甘味に頼らず旨味を感じさせる洋風な味わい。ビーフの風味が濃厚なんだせ!

2018-10-22-06-01-51

カレーうどんライスといえば、この食べ方だな。
ライスの上に、カレー汁でコーティングされた“うどん”をのっけて、ライスと“うどん”を一緒に頬張り、ハフハフもぐもぐ。
うどんめし!

寒い季節には、熱々で味の滲みた“鍋焼うどん”でやってもうまい。

2018-10-22-06-04-16

カレーうどんに、カレーのっけてウホホ。
カレー汁をまみれさせたらライスのオカズにするのだ。


2018-10-22-06-02-58

“うどん”を食べ終えてしまったならば…

分かっているよな、
オイ、そうだぜ、ちゃんとペース配分を考えて、白飯は残っているよな、

そんじゃ、せーの、


2018-10-22-06-05-39

白飯どさぁ!どぼん。
さらに“からあげ”をトッピングすることで、プレミアム感を演出してみた。
 
2018-10-22-06-06-19

箸を匙に持ち替えて、ザクザクもしやもしや
大満足でフィニッシュ!

明日は、どこでカレー食うかなぁ。
 
2018-10-22-06-06-46


3種きのこの親子丼と小そばセット@なか卯


僕は常々に思っているのだが…
カレーライスとカツカレーは全く別物だよね?

カツカレーにおける“カツ”とは単なるトッピングではないのだ!

カツカレーには、男の純粋なロマンが漲っている。

わかるよな?

つまり、カツカレーとは、“カツ”が載っかったカレーライスではなく、純粋にカツカレーライスという料理なのである。

そこで、外食チェーン店『なか卯』における24年目の親子丼革命とやらである。

Screenshot_20181020-145009

第一弾の『4種チーズの親子丼』に続く、第二弾は『3種きのこの親子丼』とのこと。
考えてみれば、“チーズ”も“きのこ”も、カレーにおいてはありきたりなトッピングではないのか…

本気で革命ヤル気あるなら、
いっそのこと、トンカツ入れちゃえよなー

既に親子の絆すらを超越した関係で…
人は、それをカツ丼と呼ぶ!…かもしれない。

ここで、若干、本記事の最初に触れた話に戻るのであるが、親子丼の鶏肉を入れなければ、人は、それを玉子丼と呼び、カツを入れればカツ丼と呼ぶ。

おかしいじゃねえか、なんでカツ玉子丼って呼ばないんだ。なんでだよ?

わかったよな?

カツカレーライスとカレーライスは、完全に独立した料理なんだよ!ややこしいからカツ煮丼とか、カツ煮定食とか言うのは禁止!!

…などと、沈思黙考を続けること、およそのファイブミニッツで僕の前に注文の品をのせた盆が運ばれてきたのであった。

3種きのこの親子丼と小さいそば(はいから)のセットである。
2018-10-20-06-46-31

まずは小そば(はいから)で舌を湿らせてと。

あら、おいしい。

なか卯で温かなカケツユの蕎麦を食べた記憶があまりないので確信ではなく、たまたまツユが煮詰まっていただけかもしれないけど、うどんを食べたときよりも出汁の味が濃いような気がした。実際に、ツユを見ても、醤油の色が濃く出ているようだ。下町育ちな僕には嬉しい味付け。

2018-10-20-06-48-52

そしたら、3種きのこの親子丼にいってみましょう。
このときになって気がついたのだが、前回の『4種チーズの〜』のときと同じく、盆の上にガーリックペッパーの小袋が置かれてあったのだ。

2018-10-20-06-46-50

正直、繊細な“きのこ”の風味を楽しむのに、ガーリックペッパーは必要だろうか、むしろジャマになるんじゃなかろうかと…

まあ、これも親子丼革命とやらの一部に違いない…と自分に言い聞かせて、振りかけて食べることにした。

個人的には、ガーリックペッパーはビミョー。どちらかといえば必要ない。そのままで食べたほうが、“きのこ”の風味を楽しめる。

2018-10-20-06-47-52

うまいな、いつもの親子丼以上に親しみが感じられるというか。僕が個人的に“きのこ”好きであって、頻繁に活用しているせいもあるのだろうか。

独り者の自炊だと、どうしても不足しがちな食物繊維を補給するのに“きのこ”は便利!特に冷凍保存が容易なのが助かる。安いときにまとめ買いして常備してあるのだ。

それにしても、なか卯の蕎麦が美味しいよね。

2018-10-20-06-48-58

なか卯の親子丼に納豆をかけたら、まさにスペシャルな納豆丼!


とあるチャットアプリのグループトークで流れてきた情報によると…

「なか卯の親子丼に納豆がバカウマ」
「二郎のニンニクは断わっても、なか卯の親子丼に納豆は絶対!」
「親子納豆丼に闇憑き…w」

なんだとよ!

かつて、すき家と松屋の牛丼に納豆をトッピングした頃から気にはなっていた。そのうちに試してみたいと思ってはいたけれど…
僕が気が付かなかっただけで、なか卯の親子丼に納豆トッピングは既にメジャー化していたらしいぞ。

僕も負けじと、早速、なか卯へと駆けつけたのであった。

そして注文したのは、親子丼(並)と鶏塩うどん(小)のセットに単品で納豆を追加。

2018-10-12-06-06-13

納豆をザクザクと混ぜる。

かつての偉大なる食通であった北大路魯山人は、納豆は混ぜるのではなく捏ねろと語ったらしいが、意味が分からない。適当に混ぜた。


2018-10-12-06-07-58

親子丼の並盛り。
玉子が黄金に輝き美しい。

2018-10-12-06-09-01

鶏塩うどん(小)
ニンニクと鶏油の香りが食欲をそそる。

2018-10-12-06-08-52

鶏塩うどんのツユで舌を湿らせ、
納豆のパックを手に取り、ダバぁ〜っと。。

親子納豆丼の完成である。

2018-10-12-06-09-48

たまんねえ、たまんねえよ、
たまんねえなあ〜

だって、納豆は大好物だもん。

軽く混ぜ合わせたら…
 
2018-10-12-06-10-05

ザクザクと掻き込んで、もぐもぐと咀嚼する。
いつもの親子丼に、納豆のネバネバと風味に旨味が加わって最高にうまい!

でも、冷静になって考えてみると、本当に納豆が好きな人向けで、なんとなく変わった親子丼が食べたいってだけならばオススメしない。
納豆の味って、地味なようで強烈なために、親子丼に対して納豆が支配的になってしまう。

納豆をトッピングした親子丼というよりも、贅沢でスペシャルな納豆ごはんのような感じがした。

うーん、
親子丼とバランス良く楽しむならば、少し食べ方に工夫が必要かもしれない。
納豆は別にすすり食べて、口に納豆の余韻を残したところで親子丼を食べるとかならどうだろ?

2018-10-12-06-11-28

鶏塩うどんは、相変わらずの美味であった。

2018-10-12-06-11-32 

ごちそうさまぁ。
近いうちに、また食べたい。

今年も『鶏塩うどん』の季節です。@なか卯

鶏塩うどんです!

ことしも、
なか卯の『鶏塩うどん』が始まりましたよ!

今年も改めて説明しよう。
なか卯公式サイトによれば『鶏塩うどん』とは…

なか卯自慢の和風出汁に、
瀬戸内の海水から生まれた藻塩(もしお)、鶏の旨みが凝縮された鶏油(チーユ)、食欲をそそるガーリック風味の塩ダレを加えました。

 つるつるのうどん、やわらかい鶏肉、シャキシャキの青ネギと一緒に、コクのある味わいをお楽しみください。

…である。

そうそう、初めて食べたときの、

旨味が濃厚でコクがあるのにスッキリした味わいで、
ほんのり和風な味わいなのに、コッテリでもあって、

なんじゃい、コリャあ

を思い出した。


今年は、ちょっぴり豪華に?
和風牛丼ミニのセットに『こだわり温玉』も付けてみたのであった。

2018-10-05-06-01-22

初めて注文してみた『和風牛丼』は、見た目、醤油の色合いが強くて、味が濃くってうまそう。あと、同じゼンショーグループである“すき家”の牛丼と比べて肉に厚みがあるようだ。
それと、どの辺りが“和風”なんだろうか。シラタキが入っているから?
僕の感覚だと、牛丼は元から日本独自のメニューだと思うのだが…わざわざ和風って。

2018-10-05-06-01-30

あと、
『鶏塩うどん』には『こだわり卵』が必須だ、と毎年の様に書きながら、初食では注文を忘れてリベンジを誓うというのが恒例になっていますが、

今年は忘れていなかった!

2018-10-05-06-01-36

忘れていなかったけど…
食券の買い間違いで『こだわり温玉』になってしまった。

これは、これでよかったなあ…って。

パカンっと殻を割ったら、温玉だった!
2018-10-05-06-02-19

まずは、丼ぶりの縁からツユを口に含めば、ガーリックのジャンクな風味、チー油(鶏油)の旨味とコク、そして後口に和出汁の風味が残る。

これだな…
これから冬を迎え、寒さが厳しくなるほどに本領を発揮して、美味しいんだよなあ。

2018-10-05-06-02-50

いつもと変わらぬ、ふわふわ柔らかなウドン。いつもの優しい味わいのツユと同じく、鶏塩のツユとも相性がバッチリ!

初めて鶏塩を食べたとき、「このツユでラーメン食いたい」なんて思ったのだが、今では、このツユには、なか卯のふわふわ柔らかウドンしか有り得ないと思っている。

2018-10-05-06-03-00

鶏は、モチモチ柔らかジューシー

2018-10-05-06-04-50

〆は、温玉の黄身を少しずつ溶きながら、じっくりと味わいながらツユを飲み干すのである。

2018-10-05-06-05-46

あと、
「和風っ?」な印象だった和風牛丼ミニだけと、食べてみたら紛うことなく和風だった!食べたら分かる和風味であった。
ネギが、タマネギではなく長ネギだっからだろうか。

2018-10-05-06-04-27

なか卯の親子丼はいからうどん


みんな聞いてるかーい、

本日、10月4日から、
なか卯の『鶏塩うどん』が始まるぞぉ〜。

正確には本日の11時からの発売開始であって、

…はい、フライングしちゃいました。

通勤の途中で「今日から鶏塩が発売じゃん」と思い出して『なか卯』に寄り道してみた。

でも、券売機のディスプレイのどこにも『鶏塩うどん』の項目が見当たらないので店員を呼ぼうかとキョロキョロしていたら『鶏塩うどん』のポスターが目について…

大きくて読みやすいフォントで親切に書いてあったよ。
“9日11時〜”って…

なんだか、ガッカリしちゃったけれど、せっかくだからと、『はいからうどん』と『親子丼』の食券を購入したのであった。

2018-10-03-05-56-30

『はいからうどん』
なか卯において、親子丼とならんで無難なメニューというか、これを食っておけば間違いなしなメニューが『はいからうどん』なのである。

2018-10-03-05-56-35

同じく、『親子丼』である。

2018-10-03-05-56-39

七味をパパパっと、
『はいからうどん』から頂きます。


2018-10-03-05-57-05

もう、何年も前にもなるが、このウドンを初めて食べたときには、「なんだ、ヤワヤワでコシのないウドンは!」と怒りが込み上げて、2度と食べないと誓ったはずが…

今じゃ、
「優しい食感が、お出汁にマッチして美味し〜」なんて思っていたりする。

2018-10-03-05-58-04

『親子丼』
なか卯の親子丼を久しぶりに食べたような気がするのだが、うまいなあ、美味しいよなあ。

この前、チーズが入った『4種チーズの親子丼』というのを食べたけど、まあ、アレも美味かった。でもさ、どうしてココにチーズを入れようと思っちゃったのだろう。僕には不思議に思えてならないのだ。別に何かを追加しなくたって既に、ムチャクチャに美味しいじゃないかよ。



2018-10-03-05-57-57

ただ、なか卯の親子丼にも、一つだけ不満があって…

美味しいものは、ずっと食べていたいと思うじゃないですか。ずっと食べていたいから、ゆっくりと味わいながら食べる。それなのに、あっという間になくなってしまう…


明日も食べたい、ごちそうさま。


2018-10-03-06-03-38

カスタム検索
広告
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
某弱小メーカーに勤めるエンジニアです。趣味はB級グルメを中心とした食べ歩き&電子工作。その他、読書、コミック、ダイエットにも興味があります。昨年に生まれて初めて経験した痔の痛みが未だにトラウマとなっています(泣)
ギャラリー
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • とんかつチェーン「かつや」で、うっかりとアジフライ定食を注文してみた。えっと、メンチカツカレーください。
鎮痛・解熱