僕と磁石と乾電池

断捨離中毒。焼そばおいしい。

⇒サッポロ一番

ようこそ!
ブログ版『僕と磁石と乾電池』です。
ネット上では《猫なーめん》と名乗っていますが、どちらかといえば犬派です。

《猫なーめん》の由来は某ラーメン店店員さんの言い間違い(汗。
⇒詳しくはブログ内の参考記事をどうぞ!

食べログのレビュアーに登録しました。
マイページはこちら⇒http://tabelog.com/rvwr/nekofile/
食べログのブログランキングにも登録してみました。
ぽちっと、よろしくお願いします。
食べログ グルメブログランキング

サッポロ一番、麺の至宝『汁なし坦坦刀削風麺』


ふむっ、刀削風麺かね!
刀削麺というのは、知っているぞ。
中国に住む伝説の料理人という触れ込みの料理人が、丸めた小麦粉の大きな塊を頭に乗せて、そいつの両手に持った刀で、ヒュンヒュンと削ってゆく。削り取られた麺はひらひらと宙を舞って、数メートルも離れたられた鍋の中へと入ってゆくのだ。コミカルな音楽合わせて、アイヤーって奇声を上げたりするのだ。何年も前に正月の特番か何かで見たことがある。

それから数年後、刀削麺の専門店がオープンしたというのでワクワクしながら食べに行ったときのガッカリと悔しさ・・・。

つまりだな、インスタント麺で刀削麺を再現したから刀削風麺ですよ~ってことだな。
律儀過ぎだと思うよ。カップ麺業界全体が、そんな調子で律儀だったら大変なことになってしまうだろう。
うどん風麺、そば風麺、焼いたそば風麺、焼いたうどん風麺・・・etc
カップ麺インスタント麺業界と客が大混乱だ。

サッポロ一番ブランド、麺の至宝シリーズ『汁なし坦坦刀削風麺』を食べてみたのです。

PB170688


キャッチフレーズは、『辛み絡む もちもちの噛みごたえ』

PB170685


どれどれ、
刀削風麺とやらを観察してみようじゃないか。

丸めた小麦の団子を刀で削るのであるから、刀の入口と出口の部分では麺が薄く細くなっているはずである。


PB170689


さらに拡大して観察してみると、幅広な平打麺の厚みが均等にはなっておらず、麺の両サイドの部分が薄くなっているようにみえる。
これでもって刀削麺を表現しているということらしい。

PB170692

カップの中には2種類の小袋が入っていて、粉末スープと液体スープであった。
汁なしだから、どちらも当然に後入れである。


PB170694

熱湯を入れてから5分後に湯切りを完了。
うーん、、
麺が膨らんだせいで、お湯を入れる前よりも、刀削らしさが曖昧になってしまった。

PB170697

刀削りをディスるのは置いておいて、肉系の具材がたくさんなのは嬉しいぞ。

PB170698

粉末スープを投入して混ぜ合わせる。


PB170700

続いて液体スープ。

PB170702


問題は、麺の食感である。刀削麺は、麺の厚みが不均等なために、モチモチとピロピロの2種類の食感が混在しているのだ。
うーん・・・ただモチモチガッチリとした歯ごたえのある麺であって、これはこれでうまい。でも刀削風ではないよな・・・

それにしても、麺なんかどうでも良くなってしまうのが花椒の風味である。舌がビリビリとして味覚が麻痺したようになるのがイヤで好きじゃないのだが、強烈に花椒が効いている。

もうね、絶対に花椒を入れ過ぎ!!お好きなひとには堪らないのかな?

PB170711

なんだかんだいっても、肉がたくさんなのは非常にうれしい。

PB170715








 

復活?『サッポロ一番焼きそばバソキヤ』を食べてみた。

サッポロ一番焼きそばバソキヤ?復活?

復活・・・とあるけれど、過去にあった商品をリニューアルして再販したってことかな?
過去に、バソキヤという商品があったと?

すまん、まったく記憶になかった。販売地域が限定された『やきそば弁当』や『BAGOOON』よりも馴染みのない商品ってことか?
ネットで検索して、ザザザっと画像を見回したりしてみたけれども、まったく記憶に残っていなかった。

どんだけ、マイナーな商品であったのか。。そのマイナーな商品を復活させるとか?

P6040154

フタを開けて麺をみたとき、、
むっ、むむむっ!
この麺は、なんとなく見覚えがあるぞ。

角の立ったガッチリ中太麺。そして調味料が混ぜ込まれているのか、やや茶色く色づいている。

たしかに、この麺は記憶に残っている。

・・・よく考えたら、昨日の記事に書いたマルちゃんの『富士宮焼きそば』であった。メーカーも違うし・・・。

P6040160

麺と同梱されていた小袋は3つ。あとのせかやく、液体ソース、スパイスであった。

P6040161

完成!
かやくは、乾燥タマネギとカリカリのポテト。そして、カレー風味のスパイスであった。

P6040163


麺を頬張った第一印象は、カレーが強さ。カレーの風味が、ソースを押さえつけているいるような印象を受けた。
そして、麺・・・マルちゃんの麺に、見た目だけではなく、食感も似ているなあ。

角が立って、コシのある麺。。うまいね。
僕は好きです。

あと、ポテトのボリボリとした食感が麺に合わさってよかった。




・・・・でも、カレーは要らないかな。。

P6040170
















 

焼肉のタレの味。。サッポロ一番みそラーメン味焼肉風味焼ラーメン



昨日の記事に書いたサッポロ一番塩らーめん味焼肉風味焼ラーメンと一緒に買ってきたので・・・
このまま、賞味期限が切れるまで放置するのもどうかと思って食べてみた。

サッポロ一番みそラーメン味焼肉風味焼ラーメン。。

やっぱりねえ、甘いよ~。
焼肉のタレの原液を麺にぶっかけたような甘さで・・・
ただ、昨日の塩とは異なり、微かにサッポロ一番味噌ラーメンらしさが感じられたのが救いであった。
以前にブログにも書いたサッポロ一番みそラーメン味の焼そばが好印象だったので、残念でたまらない。

blog.livedoor.jp



CIMG6970


調味だれと七味スパイス。
この甘さを迎え撃つには、七味スパイスを10倍くらいに増やすべきではないだろうか。

CIMG6977


具は、キャベツとミンチ肉。
熱湯2分の割には、しっかりとした食感の麺です。

CIMG6979

完成。。。
うまそうだろ?
こってり、くどくどした甘さなんだぜ。
絶対に食えないというレベルではないけれど、僕には苦手な味わいである。

そういえば、うちで肉を焼くときにも、タレは使わずに塩コショウで食べるのが好きなんだよな。。

CIMG6981
CIMG6983


 

これは焼肉のタレ味であって、焼肉ラーメンではない!甘いぞ!『サッポロ一番塩らーめん味 焼肉風味焼ラーメン』


だ、、だまされた?大企業の思惑に、まんまと・・・

これ、作っているところで、うすうすと気がついていたけれど・・・
完成したところで確信をした。

やられたよ。。

すっかり、大好きなサッポロ一番塩らーめん味の焼肉ラーメンだと勘違いして買ってきたけれど、
違ったてばよ。

このパッケージをみたら、僕のように焼肉ラーメンだと勘違いするヤツもかなりいるんじゃないの?
日本全国各地からつどえば、年に一回は武道館を貸し切って被害者による決起集会を開くくらいの勢いでいると予想しているはずだ。


うーん、、
サッポロ一番、塩らーめん味、、
焼肉風味・・・焼ラーメン。。


CIMG6984

まあ、嘘は書いてないな。。勘違いした僕が悪いのか、、

・・・

フタを開けて、麺と小袋を観察。
熱湯2分で完成ということで、きっと細い博多ラーメンのような麺を想像していたのですが、意外としっかりとした麺であった。


CIMG6988

小袋は、調味たれと切り胡麻の2つ。ここで、ちょっと変だな~と気がついた。
焼肉の要素が見当たらないのだ。


CIMG6987


完成したところ・・・
焼肉要素・・・ゼロ。ここで気がついた!これは焼肉ラーメンじゃないぞ。

だが、カップ焼そばで焼肉を表現するには無理があるのではないか。すごくムズカシイのではないかと冷静に考えている自分もいた。

CIMG6989


とりあえず、麺を頬張ると、、
口の中に広がるコッテリとした甘味。

サッポロ一番の塩ラーメン味といいながら、こってりとクドクドとした甘さは裏切りではないのか。胸の奥から沸き上がってくる怒りを抑えて味覚に集中した。どこにも、サッポロ一番の塩らーめんらしさがないね。

なんていうか、
これって、焼肉のタレを麺に絡めて食べているんじゃないか?
焼肉風味というより、焼肉のタレ味?


正直に書くけど、うまかねえなああああ。

CIMG6995











 

うま過ぎ!こんな焼そば、縁日で食べたことがない!サッポロ一番『縁日の焼そば、東味』


サッポロ一番 縁日の焼そば カップ 東味。

東味・・・
西味というのもあるらしいのだが入手できなかった。

この商品で、焼そばにも東西の違いがあるらしいということを知った。
いったい、どのような違いがあるのだろう?

東味

 麺は、当社独自の特殊製麺技術による、コシとしっかりとした重量感のある食べごたえ十分な
 中太麺です。

 麺にウスターソースを練り込むことでソースとの一体感を生み出しています。
 ほどよい酸味とスパイス感のあるウスターソースと焦がした醤油とエビの香ばしさが特徴の風味
 豊かな関東風焼そばソースです。焼そばに定番のキャベツを具材に使用しました。
 かつお節、いわし煮干し、さば節、きりごま、アオサを使用した別添「特製ふりかけ」付きです。

西味

麺は、当社独自の特殊製麺技術による、コシとしっかりとした重量感のある食べごたえ十分な中太麺です。

麺にウスターソースを練り込むことでソースとの一体感を生み出しています。
ほんのり甘めのウスターソースと野菜やフルーツの甘みと旨みが特徴の甘みのある関西風焼そばソースです。焼そばに定番のキャベツを具材に使用しました。かつお節、いわし煮干し、さば節、きりごま、アオサを使用した別添「特製ふりかけ」付きです。

西の味付けは甘いということだろうか?機会があれば是非にも食べてみたいものだ。


P4010142




P4010143




P4010145

食べてみたけれど・・・


続きを読む

サッポロ一番『博多とんこつ味焼そば(明太子ソース付き)』


豚骨を表現しようとしたのかな?
ツーンとした獣臭っぽい味がワザとらしく感じた。

確かに、ツーンとした獣臭のする豚骨ラーメンってリアルでもありがちだけど、あれをカップ麺で表現する必要ってあるのだろうか?
仕事の丁寧なラーメン屋さんだと、こんな香りはしないだろ?

あと、少し前に、煮干しのエグミが出まくった失敗作みたいなスープのカップ麺があって・・・ネットでの評判は良かったみたいだけれど、僕は途中で食べるのをやめて捨てた。

カップ麺メーカーは多少のリスクを犯したとしても《わかり易さ》を優先しているのだろうが、僕にはワザとらしく感じられて食欲がなくなってしまう。

PB151388




PB151389



PB151390


PB151391



PB151395





PB151398


 
PB151399

サッポロ一番焼そば みそラーメン味


しばらくはカップ麺を控えようと思いつつ、こいつの記事だけはアップしておきたかった。

まったく期待していなかった。

サッポロ一番の焼そば・・・みそラーメン味。。。サッポロ一番といえば塩ラーメンに決まっているだろうと!

サッポロ一番といえば、僕は塩派・・・塩派というか塩が絶対なのです。

それで以前には、塩ラーメン味のカップ焼そばを紹介しているのですが、再現性の高さに驚かされた記憶が・・・。

blog.livedoor.jp



たぶん、みそラーメン味でも高い再現性で攻めて来るであろう。
しかし、僕にとっては塩絶対!どのようにディスってやろうかとゲスな考えで買ってきたのだった。

PA190900


まず、カップ内に添付されている調味材をみると、液体ソースと七味。。。
液体ソース?僕はてっきり粉末ソースだと思っていたのに液体ソース。

サッポロ一番みそラーメンのチープでケミカルな味わいを出すには、粉末ソースであるべきではないのか!

さらに・・・

PA190902


麺をみると、、
茶色く色づいている。もしかすると調味料が練りこまれたタイプか!
液体ソースだけでなく、麺にまで細工をしてくるとは!!


PA190906

湯切り後、ソースを混ぜ合わせる前に具を確認すると、キャベツとニンジン、肉っけのある具材は入っていなかった。

PA190907

液体ソースを投入。
液体ソースというよりも、味噌だれっぽい。

ジャージャー麺風の画像を添付

PA190908

よく、混ぜ合わせて、七味を振りかけて完成。

PA190909

食べてみての感想・・・。
これはディスりどころのないうまさ。サッポロ一番の味噌ラーメンを素で食べるよりも複雑な味わい。
野菜やソーセージだとか、具をたくさん入れて作ったサッポロ一番みそラーメンのような・・・。

それに、塩味のカップ焼そばは普通にあるけれど、味噌味のカップ焼そばは始めてかな?

これは再購入どころか、ネットで箱買いしてもいいかな。。





 

サッポロ一番『青森十和田バラ焼き風焼そば』


やっちまった。。。
365日休まず更新という記録が一昨日で途切れてしまった。

なんだか最近はバタバタと忙しくて・・・。
予約投稿を設定したつもりで忘れていたのです。

本日も、簡単投稿で失礼します。(スマン!


PA070835

サッポロ一番のカップ焼そば、
青森十和田バラ焼き風焼そばは、文句なしの美味しさでした。 


PA070836

甘辛でニンニク風味の醤油味なところがポイント!

これは絶対に食べなきゃ損ですよ。

PA070840


 

オタフクお好みソース焼そば


ども、猫なーめん(@nekofile)でござりまする。

更新する時間がありません。
画像だけをアップしますので、後は自由に想像してください。

ひと言だけ!ソースが甘いんじゃい。

CIMG5759


CIMG5760




ときどき、twitterでもつぶやいています!!
@nekofileをフォローしてくださいな。



(●´ω`●)
続きを読む

サッポロ一番塩ラーメン焼そばを食べてみたよ。


サッポロ一番ならば塩が好き!
あのスープに玉子を溶き入れたらサイコーっすよね。

ども、猫なーめん(@nekofile)でござりまする。

サッポロ一番塩ラーメンが焼きそばになった。

なんだか不思議な違和感のある商品だなっと。

CIMG3332


ときどき、twitterでもつぶやいています!!
@nekofileをフォローしてくださいな。



(●´ω`●)
続きを読む
カスタム検索
広告
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
某弱小メーカーに勤めるエンジニアです。趣味はB級グルメを中心とした食べ歩き&電子工作。その他、読書、コミック、ダイエットにも興味があります。昨年に生まれて初めて経験した痔の痛みが未だにトラウマとなっています(泣)
ギャラリー
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • とんかつチェーン「かつや」で、うっかりとアジフライ定食を注文してみた。えっと、メンチカツカレーください。
鎮痛・解熱