僕と磁石と乾電池

断捨離中毒。焼そばおいしい。

⇒激辛

ようこそ!
ブログ版『僕と磁石と乾電池』です。
ネット上では《猫なーめん》と名乗っていますが、どちらかといえば犬派です。

《猫なーめん》の由来は某ラーメン店店員さんの言い間違い(汗。
⇒詳しくはブログ内の参考記事をどうぞ!

食べログのレビュアーに登録しました。
マイページはこちら⇒http://tabelog.com/rvwr/nekofile/
食べログのブログランキングにも登録してみました。
ぽちっと、よろしくお願いします。
食べログ グルメブログランキング

エースコックの『勝浦タンタンメン』


勝浦タンタンメンというと、
千葉県外房の一部エリアに於けるソウルフードであって~
さらに母と弟のお気に入り。
ときどき、休日を利用して都内から食べ歩き遠征に向かうというのだ。

しかし僕は、数年前にカップ麺で食べたのが口に合わず、あれ以来、敬遠し続けてきた。あの時のカップ麺についての詳細は忘れてしまったのであるが、ボンヤリとした辛味の後から不快な甘味が口に残ったことは憶えている。

今回は勇気を出して再び食べてみることにした。
前回と同じ商品じゃないかもしれないけど、同じく勝浦タンタンメンをカップ麺化した商品として…。
エースコックの『勝浦タンタンメン』である。

P8211355


カップの中には戻し時間が4分のノンフライ麺と小袋が3つで構成されている。小袋の中は粉末と液体二種類のスープとかやくであった。

P8211357


かやくを麺の上にあけ、熱湯を注ぐ。ここで間違えそうになったのだが、2種類のスープはどちらも後入れであった。

4分後にフタを剥がし、麺をほぐしたら粉末スープを溶きいれたら液体スープを浮かべる。

P8211361


刻みタマネギが浮かぶシンプルなビジュアルから、平塚にある老郷(ラオシャン)のタンメンを思い出した。
老郷(ラオシャン)のタンメンの特徴は、お酢の効いた透明に澄んだスープで、かやくは刻みタマネギ。好みにより卓上に置かれた特製ラー油をたっぷりといれるのである。

ビジュアルだけをみると、勝浦タンタンメンと老郷(ラオシャン)の間に、なにかしらかの関係があるのではないかと探りを入れたくなってくる。

P8211363


だか、
液体スープを混ぜ合わせてゆくと、老郷(ラオシャン)との関係性は途切れ、口に含むことを躊躇させる真っ赤なスープへと変貌する。

勇気を絞り出してスープを口に含んでみたのだが、辛さは控えめである。
激辛好きな方には物足りなく感じられるだろうが、僕には、ネガティブな印象はなく、ピリリと心地よい辛味が旨味をまとめ上げているように想われた。
ときどき、舌と歯に触れるタマネギの食感が面白い。

P8211364


麺はノンフライの細麺。このスープにはコレだろうと、あたり前すぎるくらいにシックリとくる組み合わせ。

食べながら実際に店舗で食べる勝浦タンタンメンをイメージしてみたのだが、他には無い味なのに不思議とノスタルジーを感じさせるモノなのではないだろうか?

機会があれば、是非とも現地で食してみたいと思っている。

日清『激辛アラビアータとんがらし麺』を食べてみた。


最近は、食生活がガタガタに崩壊してしまって主食がコンビニアイスになりかけている。

いつもは、カップ麺なんかよりも、まともな食事をしなきゃとか考えているのが、今ではカップ麺て普通の食事じゃんとか思ってしまう。

日清の『激辛アラビアータとんがらし麺』を食べてみた。

P8051154

とんがらし麺といえば、数年前に海鮮系のスープの奴があって、アレが好きだった。また販売してもらえないだろうか。
少し前にも、海鮮スープのとんがらし麺が発売されたけれど、スーパーやコンビニではなく、ドラッグストアや100円ショップで売られる低価格なローエンド商品であった。なんか違ったんだよな。

P8051155

フタを開けると、真っ赤。お湯を注ぐ前から既に真っ赤。
とんがらし麺のシリーズって、ビジュアルからジワジワと精神的に攻めてくるところがあるよね。

P8051157

完成!!

P8051159

とんがらし麺シリーズとしては、控えめな辛さではないだろうか。

トマトとベーコンの旨味がじんわり。
半分くらい食べたところで味に飽きてきてしまったので、バターを入れてみたらうまかった。

先日の北極ラーメンとバターの相性も最高であったが、激辛系のカップ麺にバターはマストアイテムなのではないだろうか?今後の研究テーマに加えようと思う。

P8051160





P8051161




P8051162

セブンイレブンの北極ラーメンにバター入れてる?おいしいよ。


よく考えたら、昨日の予告とtwitterで完全にネタバレしているが本記事。
それにしても、最近は、記事を書き始めてから公開までのタイムラグが長すぎるな。


激辛好きに大人気の『北極ラーメン』は、蒙古タンメン中本が監修したセブンイレブンオリジナルカップ麺。

P7180708

P7180709


P7180712

以前、ちょっと体調を崩しているときだった記憶があるのですが、食べ始めてすぐに辛さに耐え切れなくてギブアップ寸前に追い込まれたのですが、でも、残すのはもったいないな~って、

凶暴な赤いスープ。
P7180716


そのとき、ちょっと閃いてバターを入れてみたのです。お店のトッピングにもあって僕のオリジナルではないのですが、バターを入れると、いい感じに辛さが中和されて旨みが増してうまくなるのです。

P7180717

試してみてね!



 

らーめん山頭火特製レンゲが欲しくって、セブンイレブンのカップ麺『蒙古タンメン中本』を食べたんですよ


セブンイレブンで対象商品のカップ麺を2つ買うと、有名ラーメン店『らーめん山頭火』の特製レンゲが貰えるのです。

でも、最寄りのセブンイレブンでは、僕が貰ったのが最後の一つであった。


P5141158

それに、らーめん山頭火の特製レンゲを貰うのであれば、らーめん山頭火のカップ麺を食べたいところであるのだが、対象商品のカップ麺も売り切ればかりで残っていたのは『蒙古タンメン中本』と『すみれ』の2商品であった。

どちらも、以前に食べたことのある商品なのだが、特にネガティブな印象はなかったので、2種類を一つずつ買ってきた。

P5141163


2食を一緒に食べようかとも思ったけれど、春の健康診断が近いので一つで我慢。蒙古タンメン中本を頂くことにしたのでした。
これって、激辛で有名なラーメン店『蒙古タンメン中本』の看板メニューである蒙古タンメンをカップ麺にしたものだと思うのだが、僕は蒙古タンメン中本では北極というメニューしか食べたことがないのでわからない。

P5141167

紙フタをペリペリ剥がすと、粉末スープとフリーズドライの豆腐が目に付く。カップ麺に豆腐の組み合わせは、初めて食べた時には意外に思ったのだが、食べてみるとスープにマッチしてうまいのだ。


P5141169

完成!豆腐と野菜でぐだくさん。

P5141174


いつも忘れがちな後入れ調味料「辛味オイル」も忘れずに入れよう。

P5141175

辛そうに見えるでしょ?
でも、辛さは控えめなのです。

P5141177

辛そうで、それほどでもない辛さ。うーん、辛いもの好きな方には物足りない辛さかも。むしろ、スープの旨味に隠れた甘味を邪魔に感じてしまうかもしれない。

P5141180


麺は、やや平打でストレートの太麺。歯を軽く当てるとブツブツと切れてゆく独特の食感を持った麺です。

P5141182


シャキシャキとした野菜と麺を一緒に頬張るとサイコーですよ。

P5141183

そして、麺を食べ終えた後のお楽しみ。
白飯をどぼーん。

P5141184

どぼーん
直前に、電子レンジで温めた熱々の白飯を入れれば、食べているうちに温度の下がったスープが熱々に蘇る。

P5141185

P5141186

 うんめーーーい!!

P5141188

 

日清のとんがらし麺 『うま辛海鮮』


昨日に引き続き、日清のとんがらし麺。今日は、『うま辛海鮮』で辛さの指標は4の大辛です。

海鮮のうまみが効いた、うま辛なとんがらし麺

自分で辛さを調節できる「辛さ調節パウダー」がつきました! スープはビーフのうまみとローストした唐辛子の風味を加えてパワーアップ。パッケージも黒を基調とした親しみやすいデザインにリニューアル。

ふむん。

P4070333

フタに貼り付けられていた『辛さ調節パウダー』を全て入れると辛さの指標(辛さレベル)が5の激辛を超えてしまうのだとか・・・

P4070331


正直いって、あまり気が進まなかったのだが、食べてみましたよ。

P4070334





P4070336



続きを読む

日清とんがらし麺『うま辛な酸辣湯』



うま辛な酸辣湯とんがらし麺

唐辛子練り込み麺と、ラー油のほどよい辛さが効いた中に、チキンの旨みを感じる事のできるスープが、相性の良い一杯。黒を基調とした親しみやすいデザインのパッケージにリニューアル

らしいけど・・・。
価格とボリュームを抑えて、以前よりもおとなしくなっていませんか?

ガツーンっと暴力的で、一度食べたら忘れられないくらいに印象的だっと記憶があるのだっけれど?

とんがらし麺、うま辛な酸辣湯麺を食べてみました。
痔による激痛を経験してから、辛いものや味の濃いものを控えてきたせいか、久しぶりのとんがらし麺。

P4070317


酸っぱさの後にじわじわと辛味が来る、酸辣味。なんだか、少し前から流行っていますよね。きっかけは、陽州商人の酸辣湯麺でしょうか?それとも、カップヌードルのトムヤンクン味だろうか?たしかに、辛さと酸っぱさの組み合わせというのはクセになりますよね。

でも、何年も前、学生時代に先輩の海外土産で貰ったトムヤンクンのカップ麺なんて、僕の周りじゃ大不評であったために、僕の周りに何個も集まってしまい(押し付けられたとも・・・)、しかたないので何度か食べているうちにハマってしまった。

P4070316

フタのところに、辛さの指標が示されているのが親切だと思った。
5段階のレベル3の辛口ということは・・・どういうことだろう?一般的な辛さということか?

P4070320

続きを読む

寿がきや『辛辛魚らーめん』を食べてみたのです。もちろん後飯をドボン。


今年も食べたぜ!
寿がきや『辛辛魚らーめん』、、
なんだか毎年のように発売を楽しみに、風物詩のようになってしまっているね。

P2282013

小さな文字で注意事項が書かれています。

辛いよ!

P2282014

『辛旨を極めた味』がキャッチフレーズ。
『豚骨×魚介×激辛』も。。

P2282015

続きを読む

【蒙古タンメン中本】北極ラーメンと白くま【セブンイレブン】


ずっと食べてみたいと思っていたセブンイレブン限定(セブンゴールド)北極ラーメンが売られているのを見つけて、さっそく買ってきた。
食べてみた。

蒙古タンメンは、程よい辛さでスープを残さずゴクゴクと飲めたのだが・・・。
北極ラーメンは予想を超えた辛さであった。

参考記事

blog.livedoor.jp



北極ラーメンも蒙古タンメンと同じく縦型カップなのですが、蒙古タンメンよりもひと回り小さなサイズ。
カップヌードルと比べてみると、蒙古タンメンがBIGサイズであるのに対して北極ラーメンはレギュラーサイズとほぼ同じ。

P7180778


ども、猫なーめん(@nekofile)でござりまする。

P7180779



ときどき、twitterでもつぶやいています!!
@nekofileをフォローしてくださいな。



(●´ω`●)
続きを読む
カスタム検索
広告
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
某弱小メーカーに勤めるエンジニアです。趣味はB級グルメを中心とした食べ歩き&電子工作。その他、読書、コミック、ダイエットにも興味があります。昨年に生まれて初めて経験した痔の痛みが未だにトラウマとなっています(泣)
ギャラリー
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家で「とろうま豚中華丼生姜スープ&仙草ゼリーセット」
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • すき家の元祖トッピング牛丼である「キムチ牛丼」を食べてきたのだ。
  • とんかつチェーン「かつや」で、うっかりとアジフライ定食を注文してみた。えっと、メンチカツカレーください。
鎮痛・解熱