もうね、3年くらいは、ウナギを食べていない。。

このコミック『うなぎ鬼』を読めば食えなくなる。


うなぎ鬼 (1) (ヤングキングコミックス)


以前の僕は、ウナギが大好物であったのだが・・・、
さらに、ネットで、ウナギに関する、とある話を読んだのがきっかけで食べられなくなってしまった。

その話というのは、
ウナギというのは食欲が旺盛な肉食魚であって、タンパク質であればなんでも食べてしまう。この特性を利用して、中国の貧困地域で行き倒れで亡くなった身元不明の死体はウナギの餌として、ウナギの養殖場に売られてしまうというのだ。 また、亡くなった家族を埋葬することのできない貧困家庭では遺体をウナギの養殖場に売ってしまうとか、、だから、ウナギの養殖場の関係者は絶対にウナギを食べないのだと・・・

・・・マジかよ!って、、リアルうなぎ鬼の世界があったなんて、、

ムラムラと好奇心が湧き上がってきた。

それで、中国出身の知人に電話で訪ねてみたら、

中:「ふふふ、知ってしまいましたか・・・すき家のウナギは中国産。」
僕:「ほんとうに、こんな噂があるのかよ?詳しく教えてよ」
中:「おしえられません。」
僕:「な、なんだよ・・・教えてくれよ」
中:「日本国産の美味しいウナギを奢ってください」

・・・中略・・・

僕:「おーしーえーろーよー!!」
中:「ワタシ、ニホンのウナギがタベタイヨ!!」

僕:「もう、いい!うなぎの国交断絶だ!もう、中国産ウナギなんてくわないからな!」

それで、その後、中国産ではなく、お高い国産のウナギを某スーパーの惣菜売り場で買ってきて食べた。3千円くらいしたのに・・・

身がベシャベシャで、生臭くて不味かった。

コレ、腐っているんじゃないか?と思うくらいに、、トラウマ級に不味いウナギだった。
トラウマ級に不味いウナギでも、3千円も出して買ってきたウナギを残して捨てるなんて悔しくて我慢して全部食った。 

あれ以来、ウナギを食べたいと思わなくなってしまった。
食べたいと思わないというか、食べたくない。

・・・・
・・

ところで、見た目はウナギでも実際は茄子、、
茄子の蒲焼というのを御存知だろうか?

少し前から、茄子がマイブームで、
茄子のうまい食べ方はないかと考えているうちに思い出したのが茄子の蒲焼。
ネットで検索してみたら、あったあった、すぐに見つかった。
なんでもやってんなあ、DPZ。

portal.nifty.com


さっそく、真似っ子してみた。
材料は、

茄子
P7130566

蒲焼のタレ

P7130567

完成。
仕上げに山椒粉をふってみました。

P7130569

うん、茄子だね。茄子はおいしい。
あと、蒲焼のタレの味がする。

僕はね、茄子の蒲焼よりも、竹輪の蒲焼のほうがおいしいと思う。

P7150606


 あと、大好きなローソンの海鮮かき揚げ丼に。。
天つゆの代わりに、蒲焼のタレをかけると、

P7160620

いつもより、濃厚な旨みで、

P7160621

うめえよ。