僕と磁石と乾電池

断捨離中毒。焼そばおいしい。

⇒大好きパクチー

ようこそ!
ブログ版『僕と磁石と乾電池』です。
ネット上では《猫なーめん》と名乗っていますが、どちらかといえば犬派です。

《猫なーめん》の由来は某ラーメン店店員さんの言い間違い(汗。
⇒詳しくはブログ内の参考記事をどうぞ!

食べログのレビュアーに登録しました。
マイページはこちら⇒http://tabelog.com/rvwr/nekofile/
食べログのブログランキングにも登録してみました。
ぽちっと、よろしくお願いします。
食べログ グルメブログランキング

メイドイン・ベトナムなパクチーラーメンを食べてみた。


ほんの数ヶ月も前には大嫌いであったパクチー・・・。
自分に食べ物の好き嫌いがあるのが許せずに、年内でのパクチー嫌いの克服を目標に努力を続けてきた結果、少しずつですか美味しく感じるようになってきた。
コンビニのサラダを食べる時にはパクチーのドレッシングを使って食べることから習慣化してみたのですが、先日、パクチーのドレッシングを切らしてしまいサラダにデフォで添付されていたドレッシングで食べてみたら、なんだか物足りなく感じた。おもわず、パクチーのドレッシングをネットからまとめて購入してしまった。

その時に、一緒に購入してみたのが、コイツ。
商品名:『パクチーラーメン』
原産国:ベトナム、
輸入業者:株式会社アイ・ジー・エム

あ、そうそう、僕はLOHACOから購入しました。

パクチーが嫌いなひとは、パッケージに印刷された画像を見ただけでも背中がゾワゾワ~ってしてきますよね。

PA221345

先日、職場の同僚8人にパクチーポテトチップスを振舞ってみたのです。

7人は「ごめん、苦手なんだよ」といって手を出さなかった。
一人は、口に入れた瞬間に「うっ・・・」と言って、、
「わ、わかった、いるいる、いるね、カメムシ・・・」と、何も話さなくなってしまった。

みんなパクチーが苦手なんだね。

僕は、パクチーポテトチップスは初めからおいしいと思ったんだけどな。

パウチーラーメンは、どうなんだろ?

PA221347


袋を開けると、日本の一般的なインスタントラーメンと比べて細めなフライ麺が姿を現した。
そういえば、海外産のインスタント麺って細麺が多くないですか?たまたま僕が食べたことのある商品だけかもしれませんが・・・。

PA221348

そして同梱されていた小袋は3つ。粉末スープ、調味オイル、乾燥野菜(乾燥パクチー)であった。


PA221349

小さめなクッカーで湯を沸かしたら麺を入れて、麺がほぐれたならば粉末スープを溶かし、調味オイルと乾燥野菜(乾燥パクチー)を加えれば完成。日本のインスタントラーメンと同じ作り方ですね。


PA221353

スープは、やや茶色く色付きながら澄んだ色合いで、味付けは塩がベースになっている。国内のインスタントラーメンと比べると非常に素朴な味わいがする。フライ麺独特の味わいだと思っていた油ぎったところがない。スープの味付けにも、とがった主張が感じられない。ラーメンのスープでありながら、和食の吸い物的な不思議な味わいなのだ。物足りなさは感じない。ずっと飲み続けていたくなる味わいだ。

そして、かなりパクチーがきいているな。パクチーが苦手なひとは絶対に受け付けられないが、パクチー好きを確実にニンマリとした笑顔にさせるに違いない。

PA221356


麺に絡みつきまくるパクチー。
正直に書くと、パクチーの香りに、食べ始めには少し抵抗があったのだけれど、食べ進むうちに慣れてしまったのか、とても美味しく感じられてきた。

麺は、断面が丸い細麺。プリプリとした多加水麺のような味わい。食べたことのなかった独特な食感が面白い。

PA221358

パクチーの香り意外には、特徴のない素朴な味わいのインスタントラーメンなんだけど、
麺を食べ終えて、スープを飲み干した後に、もう少しだけ食べていたいような物足りなさを感じた。

次回、食べる時には酢やライムなんかを足して酸味を効かせてみたいと思っている。


パクチー嫌いでもいいじゃん。味覚なんて、人それぞれ。





日課であるAmazonのパトロール中に、この本とは別の本なのだが、気になるレビューをみつけてしまった。

池波正太郎は、著書の中で「味わい」について語っても「味」については語っていない。

池波正太郎といえば、食通として知られる作家であるが・・・

本当にそうなのか?それでもいいのか?

ブログで食に関するレビューを書くときに、以前から疑問に思っていた。
味に関して細々と書いても意味がないのではないか。
味覚や好みなんて個人によって異なるのだ。僕自身のことを振り返ってみても、そのときの体調によって味覚なんて全くことなる。
たとえば風邪をひいたときのカップ麺なんて不味くて食えたもんじゃないだろ?

僕は池波正太郎のことが気になって、以前からタイトルを知っていた『散歩のとき何か食べたくなって』をAmazonのkindleで購入してみた。


散歩のとき何か食べたくなって (新潮文庫)



そして、あのレビューは本当であった。
たしかに、味に関する詳細を語る箇所が、ほぼ見当たらない。

「これは、うまい」「うん、これはいい。これもいいな。」「ああ、これはうれしい。」
と、いう感じで味わいについて語りながら、具体的な味については語っていないのだが、周辺の語りによって、読み手の食欲を誘ってくる。

ここな。。

『今度、松栄亭へ来たとき、私は、ポテトサラダをみやげに買って帰ろうとおもっている。
そして、夜更けの腹ごしらえをするとき、やや厚めに切った食パンの中へ、これをたっぷりとはさみこんで食べながら、ビールの小びんを一本のむつもりだ』
この部分を読んだら無性に真似をしたくなって、深夜に食パンとポテトサラダを買いにコンビニにへと向かった。

・・・このときの話は、また別の機会に。。 

少しまえから、パクチー嫌いを克服してやろうとチャレンジしているのだけれど、


子供の頃に過ごした恵まれた家庭環境のおかげで、僕には食に関する好き嫌いがない・・・パクチーを除いて。

始めは、見るのも嫌なくらいに嫌いであっても、何度も食べていると、口が慣れてしまうのか、抵抗なく食べられるようになると、僕は思っている。

1日1食に1品は、パクチーを食べることにしている。毎日食べ続けることで、始めは口に入れることすら辛かったパクチーに対する拒絶感は薄れてきたけれど、うまいとは思えない。


味覚なんて、人それぞれだよな。僕が嫌いなパクチーをうまいという人間も世の中にいるのだ。
味わいを語っても、味について細々と書くのって意味ないよな・・・

もっと別の表現方法を研究してゆくのだ!

チキンとタマネギのパクチーソース炒め、パクチーのせ。。

P9030213



 

パクチーが嫌いだけど、濃いめな味付けの肉料理と一緒ならば、我慢して少しずつ食えるようになった。

ぱくちー、
ぱくちー♪
P8290190


パクチーポテトチップス、
うめえ~
P8271435


パクチーsnack、僕くらいのパクチニストには物足りないよな~

P8270153


P8270156


コリアンダー(パクチー)の粉末を使いまくり~
かけまくりぃ~

P8290186


物足りねえ~

P8300211


物足りねえ~

P8300197



でも、葉っぱはムリ…。
最近、葉っぱよりも、さらに茎の部分が無理なことを学習した。

P8290190



濃いめな味付けの肉料理と一緒ならば、我慢して少しずつ食えるようになった。

P8290189




サイゴンラーメン パクチー風味・・・好きな人は好きなんだろうなあ。


とあるエッセイで、こんな一節を目にした記憶がある。

「食は冒険だ」と、

誰だったかな?開高健?椎名誠?
だれか教えて?

そうだ、食は冒険なのだ。
ときには困難に立ち向かうのが冒険であり、食なのである。

パクチーが大嫌いな僕が、パクチー嫌いを克服するシリーズ・・・
第3弾は、『サイゴンラーメン パクチー風味』、カルディやローソンストア100(略してロースト)でも買えるらしが、僕はLOHACOでみつけて購入した。

輸入元は株式会社アイ・ジー・エム、、製造元は不明・・・

P8310212

ちなみに煮込み調理のほか、電子レンジ調理にも対応している。

P8310213

袋をあけると、細く、強めにウェーブのかかったフライ麺が姿をみせる。

P8310214


そして、粉末スープと乾燥野菜。
乾燥野菜の内容は100パーセントがパクチーだろう。

P8310215

そして、麺を茹でほぐしているとき、麺の下から姿を現した調味オイル。。

P8310216


麺が完全にほぐれたところで、粉末スープを投入し、乾燥野菜と調味オイルを入れる前の状態で、スープを味見してみた。
非常に薄味で素朴な味。
日本の一般的なインスタントラーメンとは別次元の味わいに思われた。
フライ麺から出た油の旨味がダイレクトに舌へと伝わってくるような味だ。

P8310219


調味オイルと乾燥野菜も投入。。
乾燥野菜を入れたところで、予想していた通りにパクチー独特の香りが立ち上がり、周囲にパク臭が漂う。

「タイの出身の女の子って、美味しそうにゴハン食べるよな。そしてスタイルいいよな。」と心の中で独断と偏見に満ち溢れた真言を唱え現実逃避に向かったのであるが・・・

「でも、オバさんになると反動が酷いよな!!」

すっごいくるよ、パクチーの香り。。きっとパクチー好きには堪らない香りなんだろう。
僕にとっては予想以上の難敵であった。

P8310222

元々シンプルな味わいのスープをパクチーが完全制圧。
僕にはパクチーの味しかしない。

P8310224


同じく麺も・・・

ちゃんと、全部食べた。スープも飲み干した。

お、、オイシカタテス

以前ほどは嫌な感じはしなくなった。




僕はパクチー嫌いを克服しつつある!




 

パクチーポテトチップス。僕は、パクチー嫌いを克服してみせるのだ。


今日から9月、今年も残り3ヶ月っす残り4ヶ月っす! 

期限を年内に区切り新たな目標をここに掲げる。

僕は年内中にパクチー嫌いを克服してみせるぞ!!

あの大嫌いなパクチーをパクパクと食べられるようになって、来年の元日を大量にパクチーを入れた雑煮で祝う。

どうせなら、雑煮に入れるパクチーを自家栽培するくらいのパクチー好きになってやろうじゃないか! 

あの独特なカメムシを想起させる香り・・・
僕と、パクチーとのファーストコンタクトは『らあめん花月嵐』の限定ラーメン『牛肉麺天晶』であった。

そのとき、パクチーのことを知らなかった僕は、
《なんだよ、変な匂いがするけどスープが傷んでいるんじゃないのか?》
と思い、スープをほとんど残してしまったことを憶えている。

その後、神保町のカレー屋さんで温玉に添えられていたフレッシュなパクチーを口に入れて噛み締めるという・・・トラウマな体験をしてからは頑なにパクチーを避け続けてきた。

もう、絶対に食わない。一生、パクチーなんて食わない。。

っと、思っていた。


だが、先日、悪魔のように意地が悪くゲスな先輩から・・・
パクチーポテトチップスなんてものを貰ったというか、ムリヤリに押し付けられた。

P8271435

アイツは来世でカメムシに生まれ変わればいい・・・本気でヤツを呪った。
ゴミ袋に投げ込んで捨ててしまおうかと思ったけれど、食べ物を粗末に扱うことに抵抗があってできなかった。だが、一枚だけでも食べてみて、どうしても食べられないくらいに不味かったのであれば、捨てたってしかたがないと考えて袋を開けてみた。

P8271436

袋を開けて、恐る恐る鼻を近づけて匂いを嗅いでみた。なんとなくエスニック系の香りがするが、カメムシのように不快な香りはしなかった。

さらに鼻を近づけ・・・

P8271437

大丈夫かな・・・
さらに、、

くんか、くんか、匂いを嗅ぎまくった。

P8271438


カメムシがきたら、すぐに吐き出して捨てようと思いながら小さめなヤツを一枚だけ口に入れてみた。

P8271439

そしたら、、コレはうまいよ。
ネットで調べたら、カルディでも人気商品で、パクチー好きの間でも高評価らしいのだ。

じっくりと味わってみると、日清のトムヤンクンヌードルとシンガポールラクサとで共通した風味があることに気がついたのであるが、これがパクチーの風味だったのだろうか?

もしかして、パクチーだと気がつかずにパクチー嫌いを克服しつつあったのかもしれない。

そして、どうせならば、フレッシュな葉っぱをムシャムシャと食えるくらいにまで克服してやろうと思ったのだ。


カスタム検索
広告
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
某弱小メーカーに勤めるエンジニアです。趣味はB級グルメを中心とした食べ歩き&電子工作。その他、読書、コミック、ダイエットにも興味があります。昨年に生まれて初めて経験した痔の痛みが未だにトラウマとなっています(泣)
ギャラリー
  • 麻辣おしんこ牛丼
  • 麻辣おしんこ牛丼
  • 麻辣おしんこ牛丼
  • 麻辣おしんこ牛丼
  • 麻辣おしんこ牛丼
  • 麻辣おしんこ牛丼
  • 麻辣おしんこ牛丼
  • 麺処一ぷく『カレーそば』に後めし投入です。
  • 麺処一ぷく『カレーそば』に後めし投入です。
  • 麺処一ぷく『カレーそば』に後めし投入です。
  • 麺処一ぷく『カレーそば』に後めし投入です。
  • 麺処一ぷく『カレーそば』に後めし投入です。
  • 麺処一ぷく『カレーそば』に後めし投入です。
  • 麺処一ぷく『カレーそば』に後めし投入です。
  • 創業ハンバーグビーフカレー
  • 創業ハンバーグビーフカレー
鎮痛・解熱