2009年01月29日

The 2009 International Builder's Show at Las Begas 


NAHBでアメリカの建築生産管理ソフトが幾つか展示してありました。建築工事の各工事数量を入力することにより工程のクリティカルパスがわかるソフトです。

管理ソフトの内容は日本のものとほぼ同じようなのですが、展示してあった管理ソフトは表計算による工期日数の表示を検討する形式で、わかりやすくビジュアルに示す日本の管理ソフトに慣れた目には、わかりづらく思えました。

日本の木造一戸建ての生産管理ソフトでは、鹿児島建築市場の管理ソフトの「ざ現場監督」がすぐれていると思います。早稲田大学の建築市場研究会のときからの付き合いですが、世界的に見てもかなり優秀な管理ソフトだということが良くわかりました。

NAHBでもらった建築生産ソフトの概念図です。



nekoinemo at 21:48│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔